INFJ(提唱者)

INFJは許さない?心の広さと狭さのバランスについて徹底解説!

INFJは、MBTIという性格分類法で、内向的・直観的・感情的・判断的なタイプの人を指します。

INFJは、思いやりが深く、理想主義的で、自分や他人の成長を応援する人です。

しかし、INFJは、自分の価値観や信念に反することや、人の心を傷つけることに対しては、とても厳しく、許さないという一面も持っています。

この記事では、INFJの心の広さと狭さのバランスについて、以下のような観点から考えてみます。

  • INFJが許さないこととは何か?
  • INFJが許さない理由とは何か?
  • INFJが許すこととは何か?
  • INFJが許すために必要なこととは何か?

提唱者型(INFJ)女性の特徴や性格、恋愛や仕事における傾向について徹底解説

INFJが許さないこととは何か?

INFJは、自分の内面や感情を大切にするタイプです。

そのため、自分の心に関わることには敏感で、自分の心を傷つけることや、自分の心に反することには許容できません。具体的には、以下のようなことがINFJが許さないことの例となります。

  • 自分や他人の感情を無視したり、軽視したり、否定したりすること
  • 自分や他人の価値観や信念を侮辱したり、攻撃したり、押し付けたりすること
  • 自分や他人の理想や夢を馬鹿にしたり、妨害したり、壊したりすること
  • 自分や他人の信頼や約束を裏切ったり、裏切られたりすること
  • 自分や他人の秘密やプライバシーを暴露したり、暴露されたりすること

これらのことは、INFJにとっては、心の奥底にある大切なものを踏みにじられるような感覚になります。

INFJは、自分の心を守るために、これらのことをした人やされた人とは、距離を置いたり、関係を断ったりすることがあります。

INFJが許さない理由とは何か?

INFJが許さない理由は、主に以下の二つに分けられます。

  • 自分の心の安定と平和を保つため
  • 自分の理想と現実のギャップに苦しむため

INFJは、自分の心の安定と平和を保つことを重視します。

自分の心が乱れると、自分の能力や判断力が低下したり、自分の人生の目的や方向性が見失ったりすることを恐れます。

そのため、自分の心を傷つけることや、自分の心に反することには、強く拒否反応を示します。

INFJは、自分の心を守るために、自分の心に関係のないことや、自分の心に負担のかかることには、無関心になったり、避けたりする傾向があります。

INFJは、自分の理想と現実のギャップに苦しむことがあります。

INFJは、理想主義的で、自分や他人、世界に対して高い期待や要求を持ちます。

しかし、現実は、INFJの理想とはかけ離れていることが多く、INFJは、自分や他人、世界に対して失望や不満を感じることがあります。

INFJは、自分の理想を実現するために、努力や犠牲を惜しまないタイプですが、それでも理想と現実のギャップが埋まらないと感じると、悲しみや怒りを抱きます。

INFJは、自分の理想に反することや、自分の理想を妨げることには、許せないと思うことがあります。

INFJに関する全記事はこちら

INFJが許すこととは何か?

INFJが許さないことが多いように見えますが、INFJは、決して心が狭いわけではありません。

INFJは、自分の心や理想に関係のないことや、自分の心や理想に反しないことには、寛容で柔軟な態度を取ることができます。

具体的には、以下のようなことがINFJが許すことの例となります。

  • 自分や他人の感情を尊重したり、理解したり、共感したりすること
  • 自分や他人の価値観や信念を尊重したり、理解したり、受け入れたりすること
  • 自分や他人の理想や夢を尊重したり、理解したり、応援したりすること
  • 自分や他人の信頼や約束を守ったり、守られたりすること
  • 自分や他人の秘密やプライバシーを守ったり、守られたりすること

これらのことは、INFJにとっては、心の奥底にある大切なものを認められるような感覚になります。INFJは、自分の心を開くために、これらのことをした人やされた人とは、親しくなったり、関係を深めたりすることがあります。

INFJが許すために必要なこととは何か?

INFJが許すために必要なことは、主に以下の二つに分けられます。

  • 自分の心の余裕と平和を作ること
  • 自分の理想と現実のバランスを見つけること

INFJが許すためには、自分の心の余裕と平和を作ることが大切です。自分の心が余裕がないと、自分の心を傷つけることや、自分の心に反することに対して、過敏に反応してしまうことがあります。そのため、INFJは、自分の心の余裕と平和を作るために、以下のようなことをすると良いでしょう。

  • 自分の心の状態を客観的に観察すること
  • 自分の心の感情や思考を素直に表現すること
  • 自分の心のニーズや欲求を満たすこと
  • 自分の心のストレスや負担を軽減すること
  • 心のリラックスや癒しを求めること
  • 心のバランスや調和を保つこと

INFJが許すためには、自分の理想と現実のバランスを見つけることも大切です。

自分の理想と現実が乖離していると、自分や他人、世界に対して不満や不信を抱くことがあります。

そのため、INFJは、自分の理想と現実のバランスを見つけるために、以下のようなことをすると良いでしょう。

  • 現実的に見直すこと
  • 理想を現実に近づけるための具体的な計画や行動を立てること
  • 理想に対する妥協や譲歩をすること
  • 理想に対する信念や情熱を失わないこと
  • 理想に対する感謝や喜びを感じること

INFJは許さないに関する体験談①

INFJタイプは、その理想主義と倫理的な価値観に基づいて行動することで知られています。職場でのエピソードとして、INFJの人物が自分の価値観や信念に反する行動を目の当たりにした時の反応は、非常に強いものになることがあります。

例えば、私が知るINFJの同僚は、会社の不正行為に直面した時、その行為を看過することができませんでした。彼は自分の倫理観に従い、問題を上司に報告しましたが、その結果、職場の雰囲気が悪化し、彼自身が孤立することになりました。彼の行動は、正義感から来るものでしたが、組織の中での彼の立場を脅かすことになりました。

このような体験は、INFJがどれほど自分の内なる価値観に忠実であるか、そしてそれが職場での関係や環境にどのような影響を与えるかを示しています。INFJは、自分の信念を守るためには大きなリスクを冒すこともいとわないという特性を持っています。 このエピソードは、INFJが直面する可能性のある職場での課題と、彼らが持つ強い倫理観と理想主義がどのように行動に影響を与えるかを示しています。彼らはしばしば、自分の価値観が尊重されていないと感じるとき、あるいは自分の直感が誰かの意図が純粋ではないと感じた場合に、自身の意見を撤回したり、抑圧する傾向があります。

INFJは許さないに関する体験談②

INFJタイプは、その理想主義と強い価値観で知られています。彼らはしばしば深い共感力と内省的な性格を持ち、他人との関係において非常に真剣です。しかし、これが裏目に出て、許容範囲を超えたと感じた場合、INFJは「ドアスラム」と呼ばれる現象を起こすことがあります。これは、相手を自分の人生から完全に切り離す行動を指します。

学校でのエピソードとして、あるINFJの生徒が、友人との関係においてドアスラムを経験したことがあります。この生徒は、友人が自分の善意を当たり前のように受け取り、感謝の気持ちを示さないことに失望しました。また、友人が人を貶すことでしか笑いを取ろうとする行動や、人の扱いが雑であることにも心を痛めていました。これらの行動が積み重なり、INFJの生徒はついに友人との関係を断ち切る決断をしました。このような体験は、INFJがどれほど深く他人との関係を考え、一度裏切られた信頼を取り戻すことがいかに困難であるかを示しています12

INFJの生徒は、この経験を通じて、自分の内面と価値観を再評価し、より健全な人間関係を築くための学びを得ました。彼らは、自分自身を守るために必要な境界線を設けることの重要性を理解し、自分にとって有害な関係から距離を置くことが、時には必要な選択であることを学んだのです。このような体験は、INFJタイプの人々が直面する課題と成長の機会を示しています。

INFJは許さない?心の広さと狭さのバランスについて徹底解説!まとめ

この記事では、INFJの心の広さと狭さのバランスについて考えてみました。

INFJは、自分の心や理想に関わることには敏感で、許さないという一面も持っていますが、それは、自分の心の安定と平和を保つためや、自分の理想と現実のギャップに苦しむためです。

INFJは、自分の心や理想に関係のないことや、自分の心や理想に反しないことには、寛容で柔軟な態度を取ることができます。

INFJが許すためには、自分の心の余裕と平和を作ることや、自分の理想と現実のバランスを見つけることが必要です。

INFJは、自分の心や理想を大切にするタイプですが、それだけで人を判断することはできません。

人は、MBTIタイプによって決まるだけではなく、個人的な経験や環境によっても影響されます。また、MBTIタイプは、固定的なものではなく、変化する可能性もあります。

したがって、INFJについて学ぶことは、自分や他人を理解するための一つの手がかりとして使うことができますが、それにとらわれることなく、柔軟に対応することが大切です。

INFJについて学ぶことで、自分の個性や強みを発揮し、幸せに生きることができます。

INFJに関する全記事はこちら

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)