INFJ(提唱者)

INFJはなぜ傷つきやすいのか?その原因と対処法について徹底解説!

INFJは、内向型(I)、直観型(N)、感情型(F)、判断型(J)の4つの性格特性を持つタイプです。

INFJは、理想主義で繊細な心の持ち主で、自分の信念や価値観に基づいて行動します。

他人の感情やニーズに敏感で、人間関係や調和を重視します。

自分の内面や想像力に豊かで、独創的なアイデアや洞察力を持ちます。

自分や他人の成長や発展に貢献することを目指し、社会的な意義や目的を持った活動に傾倒します。

INFJは、世界で最も少ない性格タイプであり、全人口のわずか1.5%しかいないと言われています。

この希少性は、INFJの魅力でもありますが、同時に苦しみの源でもあります。INFJは、自分の性格や感情を理解してくれる人が少ないと感じることが多く、孤独や孤立を味わうことがあります。

また、INFJは、自分の理想や目標に対して高い基準を持ち、自分に対して厳しいこともあります。そのため、自分の期待に応えられないときや、他人から批判や反対を受けたときに、深く傷つきやすいのです。

この記事では、INFJが傷つきやすい原因と対処法について紹介していきます。

INFJの性格や感情を理解し、自分の強みや価値を認めることで、傷つきにくく、幸せに生きることができるようになりましょう。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJが傷つきやすい原因①自分の内面と外界のギャップ

INFJが傷つきやすい原因①自分の内面と外界のギャップ

INFJは、自分の内面に豊かな世界を持っています。

自分の感情や価値観、理想やビジョンなどを大切にします。

しかし、外界はINFJの内面とは必ずしも一致しません。

現実はINFJの理想に反することも多く、INFJは自分の内面と外界のギャップに苦しむことがあります。

自分の内面を表現したり、他人と共有したりすることが難しいと感じることもあります。

自分の内面を理解してくれる人が少ないと感じて、孤独や孤立を味わうことがあります。

INFJが傷つきやすい原因②自分の理想と現実のギャップ

INFJが傷つきやすい原因②自分の理想と現実のギャップ

INFJは、理想主義者であり、自分の目標や計画に対して集中力と効率性を発揮します。

自分の可能性を広げることに熱心で、前向きで永続的な影響を与える力の持ち主です。しかし、INFJの理想は高すぎることもあります。

自分の理想に固執し過ぎることがあります。I

自分の理想と現実のギャップに苦しむことがあります。

自分の期待に応えられないときや、他人から批判や反対を受けたときに、深く傷つきやすいです。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJが傷つきやすい原因③自分の感情と他人の感情のギャップ

INFJが傷つきやすい原因③自分の感情と他人の感情のギャップ

INFJは、感情型であり、他人の感情やニーズに敏感です。

INFJは、人間関係や調和を重視し、他人の成長や発展を支援します。

INFJは、自分の感情や価値観を理解し、自己分析や自己啓発に努めます。

しかし、INFJの感情は複雑であり、他人には理解されにくいこともあります。

自分の感情と他人の感情のギャップに苦しむことがあります。

自分の感情を表現したり、他人の感情に寄り添ったりすることが難しいと感じることもあります。

自分の感情を理解してくれない人や、自分の感情を無視や否定する人に、深く傷つきやすいです。

INFJが傷つきにくくなる対処法

INFJが傷つきにくくなる対処法は、以下のようなものがあります。

自分の内面と外界のギャップを埋める

INFJは、自分の内面と外界のギャップを埋めることで、自分の世界を表現したり、他人と共有したりすることができます。INFJは、自分の内面を表現する方法を見つけることが大切です。例えば、文章や絵画、音楽などの創作活動や、ブログやSNSなどの発信活動などがあります。INFJは、自分の内面を表現することで、自分の感情や価値観、理想やビジョンなどを整理したり、発展させたりすることができます。また、INFJは、自分の内面を共有する相手を見つけることも大切です。例えば、同じ性格タイプや似た性格タイプの人、自分の興味や趣味を共有する人、自分の理解者や支持者となる人などがあります。INFJは、自分の内面を共有することで、自分の世界を理解してくれる人とのつながりや信頼関係を築くことができます。

自分の理想と現実のギャップを埋める

INFJは、自分の理想と現実のギャップを埋めることで、自分の目標や計画に対して現実的かつ柔軟に対応することができます。INFJは、自分の理想を見直すことが大切です。例えば、自分の理想が高すぎる場合は、自分の能力や環境に合わせて、適切なレベルに調整することがあります。また、自分の理想が固定化されている場合は、自分の状況やニーズに応じて、柔軟に変更することがあります。INFJは、自分の理想を現実に近づける方法を探すことも大切です。例えば、自分の目標や計画を具体的に明確にすること、自分の進捗や成果を定期的に評価すること、自分の強みや弱みを認識すること、他人の意見やフィードバックを受け入れることなどがあります。INFJは、自分の理想と現実のギャップを埋めることで、自分の目標や計画に対して、自信と満足感を持つことができます。

自分の感情と他人の感情のギャップを埋める

INFJは、自分の感情と他人の感情のギャップを埋めることで、自分の感情を表現したり、他人の感情に寄り添ったりすることができます。INFJは、自分の感情を表現する方法を見つけることが大切です。例えば、自分の感情を言葉や行動で伝えること、自分の感情を日記や手紙などで書き出すこと、自分の感情を音楽やアートなどで表現することなどがあります。INFJは、自分の感情を表現することで、自分の感情を整理したり、解放したりすることができます。また、INFJは、自分の感情を受け入れる相手を見つけることも大切です。例えば、自分の感情を理解してくれる人、自分の感情を尊重してくれる人、自分の感情を支えてくれる人などがあります。INFJは、自分の感情を受け入れることで、自分の感情に安心感や自信を持つことができます。

INFJはなぜ傷つきやすいのか?その原因と対処法について徹底解説!まとめ

この記事では、INFJはなぜ傷つきやすいのか?その原因と対処法について述べてきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)