INFJ(提唱者)

INFJの不健全な状態とその克服法について徹底解説!

INFJは、内向的・直感的・感情的・判断的な性格タイプの略称です。

MBTIでは、16種類の性格タイプのひとつとして分類されています。INFJは、理想主義者であり、人間の本質や意味を探求することに情熱を持っています。しかし、INFJは自分の感情や価値観に強く囚われやすく、ストレスやトラウマなどの影響で不健全な状態に陥ることがあります。

INFJ不健全の特徴としては、以下のようなものが挙げられます。

提唱者型(INFJ)女性の特徴や性格、恋愛や仕事における傾向について徹底解説!

【INFJの不健全】自己犠牲

INFJは、自分の理想や信念に従って、他人のために尽くしたり、正義のために戦ったりすることが多いです。

しかし、INFJ不健全では、自分のニーズや欲求を無視して、自己犠牲の姿勢をとりすぎることがあります。これは、自分の価値を他人の評価や承認に依存しているためです。INFJ不健全は、自分の幸せや満足を他人に委ねてしまい、自分の感情や体調を軽視してしまいます。

【INFJの不健全】孤独

INFJは、内向的な性格であり、深い関係を築くことを好みます。

しかし、INFJ不健全では、自分の感情や考えを他人に理解されないと感じて、孤独になることがあります。これは、自分の視点や価値観が一般的でないと思い込んでいるためです。INFJ不健全は、自分の内面を表現することを恐れてしまい、人との交流を避けてしまいます。

【INFJの不健全】恨み

INFJは、感情的な性格であり、人との関係を大切にします。

しかし、INFJ不健全では、自分の期待や要求に応えてくれない人に対して、恨みや怒りを抱くことがあります。これは、自分の感情や価値観を他人に押し付けているためです。INFJ不健全は、自分の感情や価値観を尊重してくれない人に対して、冷たくしたり、攻撃したり、無視したりすることがあります。

INFJに関する全記事はこちら

【INFJの不健全】対処法

INFJ不健全の特徴を改善するためには、以下のような対処法が有効です。

自分のニーズや欲求を大切にする

INFJは、自分のニーズや欲求を無視して、自己犠牲の姿勢をとりすぎることがあります。これは、自分の価値を他人の評価や承認に依存しているためです。INFJは、自分の価値を内面から見出すことが必要です。自分のニーズや欲求を大切にし、自分の幸せや満足を他人に委ねないことが大切です。自分の感情や体調を軽視せず、自分のために休息や娯楽を取り入れることが必要です。

他人とのコミュニケーションを増やす

INFJは、自分の感情や考えを他人に理解されないと感じて、孤独になることがあります。これは、自分の視点や価値観が一般的でないと思い込んでいるためです。INFJは、自分の内面を表現することを恐れないことが必要です。他人とのコミュニケーションを増やし、自分の感情や考えを分かち合うことが大切です。自分の視点や価値観が一般的でなくても、理解や共感を得られる人は必ずいると信じることが必要です。

他人の感情や価値観を尊重する

INFJは、自分の期待や要求に応えてくれない人に対して、恨みや怒りを抱くことがあります。これは、自分の感情や価値観を他人に押し付けているためです。INFJは、自分の感情や価値観を尊重してくれない人に対して、冷たくしたり、攻撃したり、無視したりすることをやめることが必要です。他人の感情や価値観を尊重し、自分の期待や要求を抑えることが大切です。自分の感情や価値観と異なる人とも、寛容に接することが必要です。

INFJの不健全な状態に関する実体験エピソード

私はINFJ(洞察力豊かで感情的な側面を持つ)の性格タイプであり、職場での経験において不健全な状態に陥ることがありました。以下に、その実体験エピソードを共有します。

1. 過度な責任感とストレス

INFJは他人の感情に敏感で、責任感が強い性格です。私も職場でプロジェクトやチームの成功に対して強い責任を感じていました。しかし、過度な責任感はストレスを引き起こし、自分を犠牲にすることがありました。仕事のミスや失敗が自己評価に影響を与え、不健全な状態に陥ることがありました。

2. 孤独感と自己評価

INFJは内向的で、深いつながりを求める傾向があります。私も職場で孤独感を感じることがありました。同僚とのコミュニケーションが不足すると、自己評価が低下し、不安や抑うつ症状が現れることがありました。

3. 理想主義と現実のギャップ

INFJは理想主義的で、社会的な問題に熱心に取り組むことがあります。私も職場で理想と現実のギャップを感じることがありました。組織の問題や不公正に対してストレスを感じ、不健全な状態に陥ることがありました。

INFJは感情豊かで洞察力がありますが、過度な責任感や孤独感、理想主義と現実のギャップが不健全な状態につながることがあります。職場での経験を通じて、自己理解とストレス管理が重要であることを学びました。

INFJの不健全な状態とその克服法について徹底解説!まとめ

INFJ不健全の特徴としては、自己犠牲・孤独・恨みが挙げられます。

これらの特徴は、自分の感情や価値観に強く囚われやすいINFJの性質が、ストレスやトラウマなどの影響で歪んでしまった結果です。INFJ不健全の特徴を改善するためには、自分のニーズや欲求を大切にする・他人とのコミュニケーションを増やす・他人の感情や価値観を尊重するという対処法が有効です。INFJは、自分の価値を内面から見出し、自分の感情や考えを分かち合い、自分の感情や価値観と異なる人とも寛容に接することで、健全な状態に戻ることができます。

INFJに関する全記事はこちら

 

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo