INFJ(提唱者)

INFJの希死念慮とは?理由や特徴と対処法について徹底解説!

MBTIとは、人の性格を16種類に分類する方法です。MBTIでは、以下の4つの二項対立の組み合わせで性格タイプを表します。

– 外向(E)と内向(I):自分のエネルギーをどこから得るか
– 感覚(S)と直感(N):情報をどのように受け取るか
– 思考(T)と感情(F):判断をどのように下すか
– 判断(J)と知覚(P):生活をどのように組み立てるか

例えば、内向・直感・感情・判断のタイプはINFJと表記されます。MBTIは自分の性格を理解したり、他人との相性やコミュニケーションを改善したりするのに役立つと言われています。

この記事では、MBTIの中でも特に希死念慮を持ちやすいと言われるINFJタイプについて解説します。希死念慮とは、死にたいと願うことです。

INFJの希死念慮とは、どのような理由や特徴、対処法を持つのでしょうか?

INFJの希死念慮の理由

INFJの希死念慮の理由は、以下のようなものが考えられます。

– 自分の理想と現実のギャップに苦しむ
– 自分の感情や価値観を理解してくれる人がいないと感じる
– 世界の不正や苦しみに対して無力感や憤りを抱く
– 自分の存在意義や目的を見失う
– 自分の能力や貢献に自信が持てない
– 自分の人生に満足感や喜びが感じられない

INFJは、理想主義者であり、自分の内面に深い感情や価値観を持っています。しかし、INFJは内向的で控えめであり、自分の思いや考えを表現するのが苦手です。そのため、自分の理想と現実のギャップに苦しんだり、自分の感情や価値観を理解してくれる人がいないと感じたりすることがあります。

INFJは、直感的であり、世界の不正や苦しみに敏感です。INFJは、自分の能力や貢献を通して、世界をより良くしたいという強い使命感を持っています。しかし、INFJは判断的であり、自分に厳しい基準を設定します。そのため、自分の能力や貢献に自信が持てなかったり、世界の問題に対して無力感や憤りを抱いたりすることがあります。

INFJは、感情的であり、自分の存在意義や目的を重視します。INFJは、自分の人生に満足感や喜びを感じるためには、自分の内面と調和した生き方をしたいと思っています。しかし、INFJは知覚的であり、自分の人生に対して迷いや不安を抱きます。そのため、自分の存在意義や目的を見失ったり、自分の人生に満足感や喜びが感じられなかったりすることがあります。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJの希死念慮の特徴

INFJの希死念慮の特徴は、以下のようなものが考えられます。

– 自分の希死念慮を隠す
– 自分の希死念慮を理性的に分析する
– 自分の希死念慮を芸術的に表現する
– 自分の希死念慮を他者に寄り添うことで和らげる

INFJは、自分の希死念慮を隠す傾向があります。INFJは、自分の感情や価値観を理解してくれる人がいないと感じることが多く、自分の希死念慮を打ち明けることができません。また、INFJは、他人に迷惑をかけたり、心配させたりしたくないという思いから、自分の希死念慮を隠すことがあります。

INFJは、自分の希死念慮を理性的に分析する傾向があります。INFJは、自分の希死念慮の原因や背景を探ろうとしたり、自分の希死念慮の合理性や非合理性を考えたりします。しかし、INFJは、自分の希死念慮を理性的に分析することで、自分の感情や価値観を無視したり、自分の希死念慮を強化したりすることがあります。

INFJは、自分の希死念慮を芸術的に表現する傾向があります。INFJは、自分の感情や価値観を言葉や行動で表現するのが苦手ですが、音楽や絵画や文学などの芸術的な手段で表現することができます。INFJは、自分の希死念慮を芸術的に表現することで、自分の内面を発散したり、自分の希死念慮に美しさや意味を見出したりすることがあります。

INFJは、自分の希死念慮を他者に寄り添うことで和らげる傾向があります。INFJは、自分の希死念慮を理解してくれる人がいないと感じることが多いですが、他者の希死念慮に対しては共感力や理解力が高く、助けや支えになろうとします。INFJは、自分の希死念慮を他者に寄り添うことで、自分の希死念慮を忘れたり、自分の希死念慮に意味や価値を見出したりすることがあります。

INFJの希死念慮の対処法

INFJの希死念慮の対処法は、以下のようなものが考えられます。

  • 自分の希死念慮を打ち明ける
  • 自分の希死念慮を感情的に受け入れる
  • 自分の希死念慮を芸術的に表現するのをやめる
  • 自分の希死念慮を他者に寄り添うのをやめる

INFJは、自分の希死念慮を打ち明けることが大切です。INFJは、自分の希死念慮を隠すことで、自分の感情や価値観を抑圧したり、自分の希死念慮を孤独に抱え込んだりすることがあります。そのため、自分の希死念慮を信頼できる人に話すことで、自分の感情や価値観を共有したり、自分の希死念慮に対する理解や支援を得たりすることができます。

INFJは、自分の希死念慮を感情的に受け入れることが大切です。INFJは、自分の希死念慮を理性的に分析することで、自分の感情や価値観を無視したり、自分の希死念慮を強化したりすることがあります。そのため、自分の希死念慮を感情的に受け入れることで、自分の感情や価値観を認めたり、自分の希死念慮を和らげたりすることができます。

INFJは、自分の希死念慮を芸術的に表現するのをやめることが大切です。INFJは、自分の希死念慮を芸術的に表現することで、自分の内面を発散したり、自分の希死念慮に美しさや意味を見出したりすることがあります。しかし、自分の希死念慮を芸術的に表現することで、自分の希死念慮を美化したり、自分の希死念慮に固執したりすることがあります。そのため、自分の希死念慮を芸術的に表現するのをやめることで、自分の希死念慮を客観的に見ることができます。

INFJは、自分の希死念慮を他者に寄り添うのをやめることが大切です。INFJは、自分の希死念慮を他者に寄り添うことで、自分の希死念慮を忘れたり、自分の希死念慮に意味や価値を見出したりすることがあります。しかし、自分の希死念慮を他者に寄り添うことで、自分の希死念慮を他者に押し付けたり、自分の希死念慮を他者に依存したりすることがあります。そのため、自分の希死念慮を他者に寄り添うのをやめることで、自分の希死念慮を自分で乗り越えることができます。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)