INFP(仲介者)

INFPはなぜ聞き上手なのか?その理由とコミュニケーションのコツについて徹底解説!

あなたは自分の性格タイプを知っていますか?

MBTIという性格診断テストでは、人の性格を16のタイプに分けています。

この記事では、その中のひとつであるINFPの性格タイプについて、その特徴や魅力、そして聞き上手な理由とコミュニケーションのコツを紹介します。

INFPの性格タイプの人は、どのような人なのでしょうか?

INFPはなぜ聞き上手なのでしょうか?INFPの性格タイプに興味のある方は、ぜひ最後までお読みください。

INFPの性格タイプとは?

INFPの性格タイプは、内向的、直感的、感情的、認知的の4つの特徴を持ちます。INFPの性格タイプの人は、以下のような性格をしています。

– 自分の内面や感情に敏感で、理想主義的な人
– 他人の気持ちや価値観に配慮し、思いやりが深い人
– 創造力や想像力が豊かで、独自の感性やアイデアを持つ人
– 柔軟で自由な発想を好み、型にはまらない人
– 調和や平和を求め、対立や争いを嫌う人
– 計画やルールよりも流れや感覚に従う人

INFPの性格タイプの人は、仲介者という呼び名で知られています[^3^]。これは、彼らが人々の間に理解や協力を促し、世界をより良くすることに情熱を持っているからです。INFPの性格タイプの人は、自分の信念や理想に基づいて行動し、自分の役割や使命を見つけることに意味を感じます。彼らは、自分の周りの人々に対しても同じように尊重し、受容します。

INFPはなぜ聞き上手なのか?

INFPの性格タイプの人は、聞き上手として知られています。彼らは、相手の話に耳を傾け、共感や励ましを示すことができます。INFPはなぜ聞き上手なのでしょうか?その理由は、以下のようなものが考えられます。

– 感情に敏感で、相手の気持ちを察することができる
– 他人の価値観や視点を尊重し、偏見や批判をしない
– 創造力や想像力が豊かで、相手の話に入り込むことができる
– 柔軟で自由な発想を持ち、相手の話に飽きない
– 調和や平和を好み、相手との関係を良好に保とうとする
– 計画やルールよりも流れや感覚に従い、相手のペースに合わせる

INFPの性格タイプの人は、聞き上手であることで、多くの人から信頼や好感を得ることができます。彼らは、相手の話を聞くことで、相手の人となりや考え方を理解し、自分の知識や感性を豊かにすることができます。また、相手の話を聞くことで、自分の感情や考えを整理し、自己分析や自己表現に役立てることができます。

INFPの聞き上手なコミュニケーションのコツ

INFPの性格タイプの人は、聞き上手であることで、人間関係やコミュニケーションにおいて多くのメリットを享受できます。しかし、聞き上手であることにも、注意すべき点や改善すべき点があります。以下では、INFPの聞き上手なコミュニケーションのコツを紹介します。

自分の意見や感想も積極的に伝える

INFPの性格タイプの人は、相手の話に対して、自分の意見や感想をあまり言わないことがあります。これは、相手の気持ちや価値観を尊重し、対立や争いを避けたいという気持ちからくるものです。しかし、自分の意見や感想を言わないと、相手に自分のことを理解してもらえなかったり、自分の存在感が薄くなったりすることがあります。また、自分の意見や感想を言わないと、相手に自分に興味がないと思われたり、自分に自信がないと思われたりすることもあります。そこで、INFPの性格タイプの人は、相手の話に対して、自分の意見や感想も積極的に伝えることが大切です。自分の意見や感想を伝えることで、相手とのコミュニケーションがより深まり、自分の魅力や個性をアピールすることができます。自分の意見や感想を伝えるときは、相手の気持ちや価値観を否定しないように注意し、自分の考えや感じ方を誠実に表現しましょう。

相手の話に対して、質問やフィードバックをする

INFPの性格タイプの人は、相手の話に対して、質問やフィードバックをあまりしないことがあります。これは、相手の話に集中しすぎて、自分の反応を忘れてしまったり、相手の話を中断したくなかったりすることが原因です。しかし、質問やフィードバックをしないと、相手に自分が話に興味がないと思われたり、自分が話を理解していないと思われたりすることがあります。また、質問やフィードバックをしないと、相手とのコミュニケーションが一方的になったり、盛り上がらなかったり

することがあります。そこで、INFPの性格タイプの人は、相手の話に対して、質問やフィードバックをすることが大切です。質問やフィードバックをすることで、相手に自分が話に興味や関心があることを示すことができます。また、質問やフィードバックをすることで、相手の話をより深く理解し、自分の知識や感性を豊かにすることができます。さらに、質問やフィードバックをすることで、相手とのコミュニケーションがより活発になり、自分の意見や感想を交換する機会が増えます。質問やフィードバックをするときは、相手の話を否定しないように注意し、相手の話に対する自分の感想や疑問を丁寧に伝えましょう。

相手の話に対して、感謝や称賛を表す

INFPの性格タイプの人は、相手の話に対して、感謝や称賛をあまり表さないことがあります。これは、相手の話に対して、自分の感情や評価を抑えてしまったり、相手に気を使ってしまったりすることが原因です。しかし、感謝や称賛を表さないと、相手に自分が話に満足していないと思われたり、自分が話に対して無関心や冷淡だと思われたりすることがあります。また、感謝や称賛を表さないと、相手の自信やモチベーションを下げたり、相手との関係を損ねたりすることがあります。そこで、INFPの性格タイプの人は、相手の話に対して、感謝や称賛を表すことが大切です。感謝や称賛を表すことで、相手に自分が話に感動や感銘を受けたことを示すことができます。また、感謝や称賛を表すことで、相手の努力や成果を認め、相手の自信やモチベーションを高めることができます。さらに、感謝や称賛を表すことで、相手との関係をより親密にし、相手の信頼や好感を得ることができます。感謝や称賛を表すときは、相手の話の中で自分が感心したり感動したりした点を具体的に挙げて、自分の感情や評価を率直に伝えましょう。

INFPはなぜ聞き上手なのか?その理由とコミュニケーションのコツについて徹底解説!まとめ

INFPの性格タイプの人は、聞き上手として知られています。

彼らは、相手の話に耳を傾け、共感や励ましを示すことができます。INFPは聞き上手であることで、人間関係やコミュニケーションにおいて多くのメリットを享受できますが、同時に注意すべき点や改善すべき点もあります。INFPの聞き上手なコミュニケーションのコツは、自分の意見や感想も積極的に伝えること、相手の話に対して質問やフィードバックをすること、相手の話に対して感謝や称賛を表すことです。INFPの性格タイプの人は、聞き上手であることを自分の強みとして活かしつつ、自分の弱みとして改善することで、より豊かなコミュニケーションを楽しむことができます。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)