INFP(仲介者)

ISFPとINFPの似てるところと違うところってなに?意外なポイントについて

ISFPとINFPは、MBTI診断の16タイプのうちの二つで、内向型(I)、感情型(F)、知覚型(P)の3つの指標を共有しています。

このタイプは、敏感で優しく、自分の感情や価値観に忠実で、自由で柔軟な性格です。しかし、その一方で、直観型(N)と感覚型(S)の違いによって、世界の見方や行動の仕方には大きな差があります。

この記事では、ISFPとINFPの似てるところと違うところについて以下の項目で詳しく解説します。

  • ISFPとINFPの似てるところ
  • ISFPとINFPの違うところ
  • ISFPとINFPの相性
  • ISFPとINFPのコミュニケーションのコツ

ISFPとINFPの似てるところ

ISFPとINFPの似てるところについては、以下のようにまとめることができます。

  • 内向的で、自分の内面や思考に没頭する
  • 感情的で、自分の感情や価値観に忠実である
  • 知覚的で、自由で柔軟で変化に富んだ生活を好む
  • 創造的で、芸術や美に対する感性が高い
  • 優しいで、他人の気持ちに寄り添い、協力的である

これらの特徴は、ISFPとINFPの性格の傾向や気質として捉えることができるという見方もできるでしょう。ISFPとINFPの似てるところは、その共通する心理機能によって説明することができます。ISFPとINFPは、以下の心理機能を持っています。

  • 第一機能(主機能) – 内向的感情(Fi)
  • 第四機能(劣勢機能) – 外向的思考(Te)

内向的感情(Fi)は、自分の感情や価値観を重視し、自分の内面と調和することを求める心理機能です。ISFPとINFPは、この心理機能を最も発達させており、自分の感情や価値観に忠実で、個人主義的で、自分らしさを大切にする傾向があります。また、他人の感情や価値観にも敏感で、共感的で、寛容である傾向があります。

外向的思考(Te)は、客観的な事実や論理を重視し、効率的で合理的な結果を求める心理機能です。ISFPとINFPは、この心理機能を最も未発達で、自分の感情や価値観に優先するため、客観的な事実や論理にはあまり頼らない傾向があります。また、効率的で合理的な結果にはあまり興味がなく、自由で柔軟で変化に富んだ生活を好む傾向があります。

ISFPとINFPの違うところ

ISFPとINFPの違うところについては、以下のようにまとめることができます。

  • ISFPは感覚型(S)で、目に見える現実や具体的な事実に基づいて判断する
  • INFPは直観型(N)で、目に見えない可能性や抽象的な理論に基づいて判断する
  • ISFPは外向的感覚(Se)を第二機能(補助機能)に持ち、現在の環境や体験に敏感で、刺激を求める
  • INFPは外向的直観(Ne)を第二機能(補助機能)に持ち、未来の展望やアイデアに敏感で、創造を求める
  • ISFPは内向的直観(Ni)を第三機能に持ち、自分の直感や洞察力に頼り、目標を持つ
  • INFPは内向的感覚(Si)を第三機能に持ち、自分の記憶や経験に頼り、安定を持つ

これらの違いは、ISFPとINFPの性格の違いや特徴として捉えることができるという見方もできるでしょう。ISFPとINFPの違うところは、その異なる心理機能によって説明することができます。ISFPとINFPは、以下の心理機能を持っています。

  • ISFPの第二機能(補助機能) – 外向的感覚(Se)
  • ISFPの第三機能 – 内向的直観(Ni)
  • INFPの第二機能(補助機能) – 外向的直観(Ne)
  • INFPの第三機能 – 内向的感覚(Si)

外向的感覚(Se)は、目に見える現実や具体的な事実を重視し、現在の環境や体験に敏感で、刺激を求める心理機能です。ISFPは、この心理機能を発達させており、目の前にあるものに注意を向け、五感を使って世界を楽しむ傾向があります。また、新しいことや変わったことに興味を持ち、冒険的で行動的である傾向があります。

外向的直観(Ne)は、目に見えない可能性や抽象的な理論を重視し、未来の展望やアイデアに敏感で、創造を求める心理機能です。INFPは、この心理機能を発達させており、目に見えないものに注意を向け、想像力を使って世界を探求する傾向があります。また、新しいことや変わったことに興味を持ち、創造的で思考的である傾向があります。

内向的直観(Ni)は、自分の直感や洞察力を重視し、自分の目標や意味を求める心理機能です。ISFPは、この心理機能を発達させており、自分の内面にあるものに注意を向け、自分の目的や方向性を探る傾向があります。

ISFPとINFPの相性

ISFPとINFPの相性については、以下のようにまとめることができます。

  • 恋愛や友情では、互いに敏感で優しく、自分の感情や価値観を尊重し合うことができる
  • 仕事や学業では、互いに創造的で柔軟で、自由で変化に富んだ環境を好む
  • しかし、直観型(N)と感覚型(S)の違いによって、コミュニケーションや価値観のずれが生じることもある
  • INFPは、ISFPに対して、現実的でないと思ったり、理想主義的でないと思ったりすることがある
  • ISFPは、INFPに対して、非現実的であると思ったり、頭でっかちであると思ったりすることがある
  • このような場合、互いに相手の視点や考え方を理解しようと努めることが大切である

ISFPとINFPのコミュニケーションのコツ

ISFPとINFPのコミュニケーションのコツについては、以下のようなことができるでしょう。

  • 互いに内向的であることを理解し、一人になりたいときや黙りたいときは無理に話させないこと
  • 互いに感情的であることを理解し、自分の感情や価値観を素直に伝えるとともに、相手の感情や価値観を尊重すること
  • 互いに知覚的であることを理解し、自由で柔軟で変化に富んだ生活を楽しむとともに、計画や決断にはプレッシャーをかけないこと
  • 互いに創造的であることを理解し、芸術や美に対する感性を共有するとともに、新しいアイデアや可能性に興味を示すこと
  • 互いに優しいであることを理解し、他人の気持ちに寄り添うとともに、協力的であること
  • 直観型(N)と感覚型(S)の違いを理解し、相手の世界の見方や行動の仕方を否定せず、受け入れること
  • INFPは、ISFPに対して、現実や具体に基づいて判断することの重要性や有用性を認めること
  • ISFPは、INFPに対して、可能性や抽象に基づいて判断することの意義や魅力を認めること

ISFPとINFPの似てるところと違うところってなに?意外なポイントについてまとめ

以上が、ISFPとINFPについての記事でした。

この記事を参考に、ISFPとINFPの特徴や性格をもとに、なぜISFPとINFPが似ているのか、その理由と違いを理解してみてください。ISFPとINFPは、共通点が多いタイプで、良好な関係が築きやすい相性です。しかし、直観型(N)と感覚型(S)の違いによって、コミュニケーションや価値観のずれが生じることもあります。性格タイプは多様であり、お互いの違いを尊重し、理解することが大切です。

MBTIの知識を活用して、自分自身や周りの人々とのコミュニケーションや関係性を向上させることができれば、より充実した人間関係が築けるでしょう。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)