16タイプ性格診断

MBTIと自己肯定感の関係とは?自分の性格を理解して自信を持とう

自己肯定感とは、自分自身を肯定的に評価し、自信を持つことです。

自己肯定感は、人生のさまざまな場面で重要な役割を果たします。

自己肯定感が高い人は、自分の能力や価値を認め、目標に向かって積極的に行動することができます。自己肯定感が低い人は、自分の欠点や失敗に焦点を当て、自分を責めたり、他人と比較したりすることが多くなります。

では、自己肯定感はどのように形成されるのでしょうか?自己肯定感は、幼少期の親や周囲の人からの影響や、自分の経験や成果などによって変化します。しかし、自己肯定感には、もう一つ重要な要素があります。それは、自分の性格です。自分の性格を理解することで、自己肯定感を高めることができるのです。

自分の性格を理解するためのツールの一つが、MBTIです。MBTIとは、人間の性格を16タイプに分類する理論です。MBTIは、以下の4つの次元によって、人間の性格を区別します。

  • 外向性(E)と内向性(I)
  • 感覚(S)と直感(N)
  • 思考(T)と感情(F)
  • 判断(J)と知覚(P)

MBTIの16タイプは、これらの4つの次元の組み合わせによって決まります。例えば、外向的感覚思考判断型はESTJと表記されます。MBTIは、自分自身や他人の性格を理解するためのツールとして、世界中で広く利用されています。

MBTIと自己肯定感の関係は、以下のようになります。

MBTIと自己肯定感の高いタイプ

MBTIと自己肯定感の高いタイプは、以下の4つのタイプです。

  • ESTJ-幹部型
  • ESFJ-領事官型
  • ENTJ-指導者型
  • ENFJ-教育者型

これらのタイプは、外向性(E)と判断(J)を持っています。外向性(E)は、社交的であり、人との関係やコミュニケーションを重視します。判断(J)は、計画的であり、目標や規則に従います。これらのタイプは、自分の能力や価値を認め、自信を持って行動することができます。また、他人からの評価やフィードバックを受け入れ、自己肯定感を高めることができます。

MBTIと自己肯定感の低いタイプ

MBTIと自己肯定感の低いタイプは、以下の4つのタイプです。

  • INFP-仲介者型
  • INFJ-提唱者型
  • ISFP-冒険家型
  • ISFJ-保護者型

これらのタイプは、内向性(I)と感情(F)を持っています。内向性(I)は、内省的であり、自分の内側や感情に向きます。感情(F)は、感受性が高く、他人の感情や価値に配慮します。これらのタイプは、自分の欠点や失敗に焦点を当て、自分を責めたり、他人と比較したりすることが多くなります。また、他人からの批判や否定に傷つきやすく、自己肯定感を低下させることがあります。

MBTIと自己肯定感の中間のタイプ

MBTIと自己肯定感の中間のタイプは、以下の8つのタイプです。

  • ESTP-起業家型
  • ESFP-エンターテイナー型
  • ENTP-討論家型
  • ENFP-探検家型
  • ISTJ-管理者型
  • ISTP-職人型
  • INTJ-建築家型
  • INTP-論理学者型

これらのタイプは、外向性(E)と内向性(I)のどちらかと、思考(T)と感情(F)のどちらかを持っています。これらのタイプは、自己肯定感の高さに個人差があります。一般的に、外向性(E)と思考(T)を持つタイプは、自己肯定感が高い傾向があります。外向性(E)は、社交的であり、人との関係やコミュニケーションを重視します。思考(T)は、論理的であり、客観的に分析し、合理的に判断します。これらのタイプは、自分の能力や価値を認め、自信を持って行動することができます。また、他人からの評価やフィードバックを受け入れ、自己肯定感を高めることができます。

一方、内向性(I)と感情(F)を持つタイプは、自己肯定感が低い傾向があります。内向性(I)は、内省的であり、自分の内側や感情に向きます。感情(F)は、感受性が高く、他人の感情や価値に配慮します。これらのタイプは、自分の欠点や失敗に焦点を当て、自分を責めたり、他人と比較したりすることが多くなります。また、他人からの批判や否定に傷つきやすく、自己肯定感を低下させることがあります。

自分の性格を理解して自己肯定感を高める方法

自分の性格を理解することは、自己肯定感を高めるための第一歩です。自分の性格を理解することで、自分の強みや弱み、好みや嫌い、価値観や目標などを明確にすることができます。自分の性格を理解することで、自分に合った生き方や働き方、人間関係などを見つけることができます。自分の性格を理解することで、自分を肯定的に評価し、自信を持つことができます。

MBTIのような性格診断を利用することで、自分の性格タイプを知ることができます。自分の性格タイプを知ることで、自分の性格の特徴や強み、弱み、相性などを理解することができます。自分の性格タイプを知ることで、自分の性格に合った自己肯定感の高め方を見つけることができます。

自分の性格に合った自己肯定感の高め方とは、以下のようなものです。

  • 自己肯定感の高いタイプは、自分の能力や価値を認め、自信を持って行動することを続けることです。自分の目標や規則に従って計画的に進めることで、自己肯定感を保つことができます。また、他人からの評価やフィードバックを受け入れ、自己肯定感を高めることができます。
  • 自己肯定感の低いタイプは、自分の欠点や失敗に焦点を当てず、自分の強みや成功に焦点を当てることです。自分の感情や価値に配慮しつつ、自分に合った目標や方法を見つけることで、自己肯定感を高めることができます。また、他人からの批判や否定に傷つかず、自分を肯定的に評価することができます。
  • 自己肯定感の中間のタイプは、自分の性格のバランスをとることです。自分の性格の強みを活かしつつ、自分の性格の弱みを補うことで、自己肯定感を高めることができます。また、自分の性格と異なるタイプの人と協力や協調することで、自己肯定感を高めることができます。

MBTIと自己肯定感の関係とは?自分の性格を理解して自信を持とうまとめ

MBTIと自己肯定感の関係は、自分の性格を理解することで、自己肯定感を高めることができるということです。MBTIは、自分の性格を16タイプに分類する理論であり、自分自身や他人の性格を理解するためのツールです。MBTIと自己肯定感の高いタイプは、外向性(E)と判断(J)を持っています。MBTIと自己肯定感の低いタイプは、内向性(I)と感情(F)を持っています。MBTIと自己肯定感の中間のタイプは、外向性(E)と内向性(I)のどちらかと、思考(T)と感情(F)のどちらかを持っています。

自分の性格を理解するためには、MBTIのような性格診断を利用することがおすすめです。自分の性格を理解することで、自分の性格に合った自己肯定感の高め方を見つけることができます。自己肯定感を高めることで、自分の能力や価値を認め、自信を持って行動することができます。自己肯定感を高めることで、人生のさまざまな場面で幸せになることができま

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)