その他

MBTIでわかる!マッチングアプリで出会う相性の良いタイプと悪いタイプ

MBTIは、人間の性格を16種類に分類する心理学的な指標です。MBTIには、4つの次元があります。それぞれ、外向性(E)と内向性(I)、感覚(S)と直感(N)、思考(T)と感情(F)、判断(J)と知覚(P)です。これらの組み合わせによって、16種類の性格タイプが生まれます。

MBTIは、自分や他人の性格を理解するだけでなく、恋愛やパートナー選びにも役立ちます。MBTIには、相性の良いタイプと悪いタイプがあります。相性の良いタイプとは、自分と似ている部分や補える部分が多いタイプです。相性の悪いタイプとは、自分と違う部分や衝突する部分が多いタイプです。

MBTIを知ることで、マッチングアプリで出会う相性の良いタイプと悪いタイプを見分けることができます。マッチングアプリでは、自分の性格や好みをプロフィールに記入したり、相手の性格や好みをメッセージやデートで探ったりすることができます。

MBTIを活用して、マッチングアプリで出会う相性の良いタイプと悪いタイプについて解説します。

【MBTIマッチングアプリ】相性の良いタイプと悪いタイプの見分け方とは?

MBTIの相性の良いタイプと悪いタイプは、以下のように見分けることができます。

  • 相性の良いタイプは、自分と同じ次元が2つ以上あるタイプです。例えば、自分がENFP(外向性・直感・感情・知覚)のタイプであれば、相性の良いタイプは、ENFJ(外向性・直感・感情・判断)、ENTP(外向性・直感・思考・知覚)、INFP(内向性・直感・感情・知覚)などです。自分と同じ次元が2つ以上あるタイプは、自分と似ている部分が多く、共感や理解がしやすいです。
  • 相性の悪いタイプは、自分と同じ次元が1つ以下あるタイプです。例えば、自分がENFP(外向性・直感・感情・知覚)のタイプであれば、相性の悪いタイプは、ISTJ(内向性・感覚・思考・判断)、ISFJ(内向性・感覚・感情・判断)、ESTJ(外向性・感覚・思考・判断)などです。自分と同じ次元が1つ以下あるタイプは、自分と違う部分が多く、衝突や誤解が起きやすいです。

MBTIの相性の良いタイプと悪いタイプは、あくまで目安であり、決定的なものではありません。

自分と相性の良いタイプと出会っても、必ずしも恋に落ちるとは限りません。

MBTIは、自分や相手の性格を理解するためのツールであり、恋愛やパートナー選びのためのルールではありません。

自分や相手の性格に対して、固定観念にとらわれずに、柔軟に対応することが、恋愛やパートナー選びのためには必要です。

【MBTIマッチングアプリ】相性の良いタイプと出会うときのコツ

MBTIの相性の良いタイプと出会うときのコツは、以下のようなものがあります。

  • 相性の良いタイプと出会うためには、自分の性格や好みをプロフィールに記入することが大切です。自分の性格や好みをプロフィールに記入することで、相性の良いタイプの相手が自分に興味を持ちやすくなります。また、自分の性格や好みをプロフィールに記入することで、自分が相性の良いタイプの相手にアプローチしやすくなります。
  • 相性の良いタイプと出会ったときには、自分と似ている部分や補える部分を見つけることが大切です。自分と似ている部分や補える部分を見つけることで、相手との親近感や信頼感が高まります。また、自分と似ている部分や補える部分を見つけることで、相手との会話やデートが楽しくなります。
  • 相性の良いタイプと出会ったときには、自分と違う部分や衝突する部分を受け入れることが大切です。自分と違う部分や衝突する部分を受け入れることで、相手との尊重や理解が深まります。また、自分と違う部分や衝突する部分を受け入れることで、相手との関係や成長ができます。

【MBTIマッチングアプリ】おすすめ

Pairs(ペアーズ)

会員数が2,000万人以上と最も多く、恋活から婚活まで幅広い目的に対応できるオールマイティなアプリです。内面重視の出会いを求める方におすすめです1

with(ウィズ)

性格や価値観に基づいて相性の良い相手を紹介してくれるアプリです。心理学の専門家が監修しており、自分や相手の性格を深く理解できます。

tapple(タップル)

外見重視の出会いを求める方におすすめのアプリです。趣味やライフスタイルなどのカテゴリーで相手を探せるので、気軽にコミュニケーションがとれます。

Dine(ダイン)

食事を通じて出会いを楽しめるアプリです。マッチした相手と日程調整するだけで、お店の予約までしてくれます。デートに行きやすいアプリです。

これらのアプリは、無料でダウンロードできますが、有料会員になると機能やサービスが充実します。自分の目的や予算に合わせて、お試しください。

MBTIタイプのマッチングアプリ実体験エピソード

私はINFJタイプであり、マッチングアプリを利用した経験があります。

  1. アプリの選定
    • マッチングアプリを利用する際、私はいくつかのアプリを比較しました。プライバシー、セキュリティ、利用者数、機能などを考慮し、最適なアプリを選びました。
  2. プロフィールの作成
    • アプリに登録すると、プロフィールを作成する必要があります。私は自己紹介文を綿密に考え、自分の趣味や興味を正直に記載しました。
    • INFJタイプは、深いつながりを求める傾向があるため、プロフィール文には自分の価値観や理想を表現しました。
  3. マッチングとメッセージ
    • アプリで他のユーザーとマッチングすると、メッセージのやり取りが始まります。私は興味を持った相手にメッセージを送り、共通の話題を探りました。
    • INFJは深い洞察力を持ち、相手の感情やニーズを理解しようとします。そのため、相手のプロフィールを注意深く読み、質問を投げかけました。
  4. デートの実施
    • メッセージのやり取りが進展したら、実際にデートを計画しました。INFJは感受性が高く、相手との一対一の時間を大切にします。
    • デートでは、相手の話を聞き、深い対話を楽しむことを重視しました。
  5. 成功と失敗
    • マッチングアプリを通じて、素晴らしい人々と出会いました。しかし、すべてが成功するわけではありませんでした。
    • 失敗から学び、自己成長につなげることが大切です。INFJは自己啓発を重視します。

マッチングアプリは、新しい人々との出会いを提供する素晴らしいツールですが、自己理解と相手への理解を深めることが重要です。

MBTIでわかる!マッチングアプリで出会う相性の良いタイプと悪いタイプまとめ

MBTIは、自分や他人の性格を理解するだけでなく、恋愛やパートナー選びにも役立ちます。

MBTIには、相性の良いタイプと悪いタイプがあります。相性の良いタイプとは、自分と似ている部分や補える部分が多いタイプです。相性の悪いタイプとは、自分と違う部分や衝突する部分が多いタイプです。

MBTIを知ることで、マッチングアプリで出会う相性の良いタイプと悪いタイプを見分けることができます。マッチングアプリでは、自分の性格や好みをプロフィールに記入したり、相手の性格や好みをメッセージやデートで探ったりすることができます。

MBTIを活用して、マッチングアプリで出会う相性の良いタイプと悪いタイプの見分け方とコツについて解説しました。

MBTIは、自分や他人の性格を理解するためのツールであり、決して固定的なものではありません。自分や他人の性格に対して、固定観念にとらわれずに、柔軟に対応することが、恋愛やパートナー選びのためには必要です。

MBTIを活用して、マッチングアプリで出会う相性の良いタイプと悪いタイプとの恋愛を楽しんでみましょう。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)