その他

MBTIの真逆のタイプとの相性はどうなの?メリットとデメリットを徹底分析

MBTIとは、人間の性格を4つの指標(外向性・内向性、感覚型・直観型、思考型・感情型、判断型・知覚型)で16通りに分けるものです。

MBTIの診断を受けると、自分の性格タイプが分かります。例えば、INTJ型は、内向型(Introversion)、直観型(Intuition)、思考型(Thinking)、判断型(Judging)の4つの性格特性を持つタイプです。

では、自分の性格タイプと真逆のタイプとの相性はどうなのでしょうか?真逆のタイプとは、すべての指標が逆になるタイプのことです。例えば、INTJ型の真逆のタイプはESFP型です。ESFP型は、外向型(Extraversion)、感覚型(Sensing)、感情型(Feeling)、知覚型(Perceiving)の4つの性格特性を持つタイプです。

真逆のタイプとの相性は、一概に良いとも悪いとも言えません。相性は、個人の性格や価値観、環境や状況、目的や関係性などによって変わります。

しかし、一般的には、真逆のタイプとの相性にはメリットとデメリットがあります。この記事では、それぞれのメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

メリット:お互いを補い合える

真逆のタイプとの相性のメリットの一つは、お互いを補い合えることです。真逆のタイプは、自分が持っていない能力や視点を持っています。

そのため、真逆のタイプと協力することで、自分の弱点を補強したり、自分の見落としていたことに気づいたりすることができます。

例えば、INTJ型は、論理的で客観的な思考を持ち、計画的に物事を進めることが得意ですが、感情や人間関係にはあまり配慮しないことがあります。

一方、ESFP型は、感情的で主観的な思考を持ち、臨機応変に物事に対応することが得意ですが、論理や計画にはあまり関心がありません。

このように、INTJ型とESFP型は、自分の得意なことと苦手なことが真逆です。

しかし、それゆえに、INTJ型はESFP型から感情や人間関係の重要性を学び、ESFP型はINTJ型から論理や計画の有効性を学ぶことができます。

このように、真逆のタイプとは、お互いに成長させ合うことができるのです。

デメリット:衝突しやすい

真逆のタイプとの相性のデメリットの一つは、衝突しやすいことです。

真逆のタイプは、自分とは異なる価値観や行動スタイルを持っています。

そのため、真逆のタイプと意見や感情がぶつかることが多くなります。

例えば、INTJ型は、自分の考えや判断に自信があり、自分の信念に従って行動します。

一方、ESFP型は、自分の感情や気分に従って行動し、自分の考えや判断に迷いや後悔を感じることがあります。

このように、INTJ型とESFP型は、自分の行動の基準や動機が真逆です。

しかし、それゆえに、INTJ型はESFP型を不安定で無責任だと感じ、ESFP型はINTJ型を頑固で無感情だと感じることがあります。

このように、真逆のタイプとは、お互いに理解し合うことが難しいのです。

MBTIの真逆のタイプとの相性はどうなの?メリットとデメリットを徹底分析まとめ

以上の分析から、MBTIの真逆のタイプとの相性は、メリットとデメリットがあると言えます。メリットは、お互いを補い合えることです。

デメリットは、衝突しやすいことです。真逆のタイプとの相性は、個人の性格や価値観、環境や状況、目的や関係性などによって変わりますが、一般的には、真逆のタイプとは、成長させ合える関係や刺激的な関係になりやすいと言えます。

真逆のタイプとの相性を良くするためには、お互いの違いを認めて尊重し、コミュニケーションをとって理解し合うことが大切です。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)