その他

16種類の性格のうち人口に占める割合はどれくらい?日本と世界の違いや性格の特徴も紹介

あなたは自分の性格を知りたいと思ったことはありませんか?

自分の性格を知ることで、自分の強みや弱み、適職や相性などを見つけることができます。

性格を知る方法の一つとして、MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーター)という性格診断があります。MBTIは、人の性格を4つの指標によって16種類に分類する方法です。MBTIは世界中で広く使われており、ビジネスや教育、カウンセリングなどの分野で活用されています。

では、16種類の性格のうち、人口に占める割合はどれくらいなのでしょうか?日本と世界ではどのような違いがあるのでしょうか?

また、各性格の特徴や相性はどのようなものなのでしょうか?

この記事では、16種類の性格の人口比や性格の特徴について紹介します。

【16種類の性格のうち人口に占める割合はどれくらい?】16種類の性格とは?

MBTIは、カール・ユングの心理学をもとに、キャサリン・ブリッグスとイザベル・マイヤーズが開発した性格診断です。MBTIでは、人の性格を以下の4つの指標によって分類します。

  • 外向性(E)か内向性(I)か:自分のエネルギーをどこから得るか
  • 感覚(S)か直感(N)か:情報をどのように受け取るか
  • 思考(T)か感情(F)か:判断をどのように下すか
  • 判断(J)か知覚(P)か:生活をどのように組み立てるか

これらの指標の組み合わせによって、16種類の性格が生まれます。各性格には、頭文字をとった4文字のコードと、わかりやすいニックネームがつけられています。例えば、外向性・感覚・思考・判断のタイプはESTJと呼ばれ、幹部というニックネームがついています。以下に、16種類の性格とそのニックネームを示します。

  • ESTJ(幹部):責任感が強く、組織や秩序を重んじるリーダー
  • ESFJ(領事官):協調性が高く、人の世話をすることに喜びを感じる支援者
  • ISTJ(管理者):真面目で几帳面、信頼できる実務家
  • ISFJ(擁護者:忠実で思いやりがあり、伝統や家族を大切にする保護者
  • ESTP(起業家):行動力があり、チャレンジや冒険を楽しむ挑戦者
  • ESFP(エンターテイナー):社交的で陽気、人生を楽しみながら生きるパフォーマー
  • ISTP(巨匠):論理的で冷静、手先が器用で分析力がある職人
  • ISFP(冒険家):自由奔放で感性豊か、美や芸術に敏感な芸術家
  • ENTJ(指揮官):自信があり、戦略的思考で目標を達成する指導者
  • ENFJ(主人公):魅力的で情熱的、人を動かすことができるカリスマ
  • INTJ(建築家):独創的で洞察力があり、ビジョンを実現するために努力するイノベーター
  • INFJ(提唱者):理想主義で献身的、世界をより良くするために行動する改革者
  • ENTP(討論者):知的好奇心が強く、新しいアイデアや可能性を探求する発明家
  • ENFP(広報活動家):創造的で情熱的、人とのつながりや自己表現を大切にするインスピレーター
  • INTP(論理学者):論理的で分析的、知識や理論に深い興味を持つ学者
  • INFP(仲介者):理想主義で調和を求める、自分の価値観や感情に忠実なメディエーター

16種類の性格のうち人口に占める割合はどれくらい?

16種類の性格のうち、人口に占める割合はどれくらいなのでしょうか?

この質問には、一様な答えがあるわけではありません。

なぜなら、性格の割合は、調査の方法や対象や時期によって変わるからです。

例えば、インターネット上で自主的に性格診断を受けた人のデータと、無作為に抽出した人のデータでは、割合が異なる可能性があります。

また、国や地域や文化によっても、割合は異なる可能性があります。

したがって、性格の割合は、あくまで参考程度に見るべきものであり、絶対的なものではありません。

日本の性格の割合

日本の性格の割合について、いくつかのデータを見てみましょう。

以下の表は、[16パーソナリティ]と[日本版MBTIマニュアル]のデータをもとに作成したものです。

表中の数字は、性格の人口に占める割合(%)を示しています。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)