MBTIランキング

MBTI診断の性格が悪いランキングTOP16について徹底解説!

秘書(ENTP)
秘書(ENTP)
MBTIに性格が悪いと言われしまうタイプってあるんですか?
管理人(INFJ)
管理人(INFJ)
性格や行動の傾向を知って、それの良し悪しは関係する人たちが判断するってところかな。MBTIだけで確定させることはおすすめしない。参考になればと思うよ。

MBTIとは、自分の性格を16種類に分類することができる心理学的なツールです。

MBTI診断では、自分の性格を4つの指標(内向・外向、直感・感覚、思考・感情、判断・知覚)によって表現します。

例えば、内向的で直観的で思考的で判断的なタイプはINTJ型と呼ばれます。

MBTI診断は、自分の性格を理解したり、他者との相性やコミュニケーションの方法を知るのに役立ちます。しかし、MBTI診断には、性格が悪いと思われるタイプも存在します。

性格が悪いと思われるタイプとは、周囲からの評判が悪かったり、人間関係にトラブルが多かったり、自分の行動や発言が他者に不快感を与えたりするタイプのことです。

では、MBTI診断で性格が悪いと思われるタイプはどのタイプなのでしょうか?

この記事では、MBTI診断で性格が悪いと思われるタイプをランキング形式でご紹介します。

また、性格が悪いと思われる理由や、周囲とうまく付き合っていくための対処法も解説します。

ぜひ最後まで読んでみて、自分の性格がどういう傾向にあるのか知るきっかけにしてみてください。

MBTIで嫌われるランキング!性格悪いタイプはどれ?SNSの声も紹介

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • 16位:ISFJ(優しい親切型)、15位:ISTP(独立心が強い冒険家型)、14位:ISFP(感情を内に秘める芸術家型)、13位:ENFP(社交的な探求者型)、12位:INTP(感情を表現するのが苦手な分析家型)。
  • 11位:ENTJ(自己主張が強い指導者型)、10位:INTJ(自己主張が強い戦略家型)、9位:ISTJ(感情を内に秘める分析家型)、8位:ENTJ(自己主張が強い指導者型)、7位:ENFP(社交的な探求者型)、6位:ISTP(独立心が強い冒険家型)。
  • 5位:ENFJ(主人公型)、4位:ESTP(起業家型)、3位:ENTP(討論者型)、2位:ENTJ(指揮官型)、1位:ESTJ(幹部型)。
MBTI診断でわかる!性格が悪いと思われるタイプランキング

MBTI診断の性格が悪いランキング第16位:ISFJ

MBTI診断の性格が悪いランキング第16位:ISFJ

ここでは、性格が悪いと思われるタイプの中で、最も穏やかであるとされるタイプを紹介します。

第16位は、優しい親切型(ISFJ)です。

ISFJ(擁護者型)は、MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーター)の性格タイプの1つで、優しい親切型とされています。しかし、なぜISFJが性格が悪いと思われることがあるのでしょうか?以下に、ISFJが性格が悪いと言われる理由をいくつか紹介します。

他人に干渉しすぎる

ISFJは立てた計画に合わせて行動することを重視する側面があります。しかし、臨機応変さが必要な場面で計画通りに動こうとするため、「人に合わせられない性格悪い人」と見られてしまうこともあります。ただし、本質的には人に合わせるのが得意な性格です。

傷つきやすく顔に出る

ISFJは他者の批判に傷つきやすい傾向があります。傷ついた瞬間に顔に出てしまうと、周囲の人は嫌な気持ちを隠さない性格悪い人と感じることがあります。傷ついていても、顔に出さないよう気をつけている人は少なくありません。

八方美人に見える

ISFJは周りの人を幸せにしようと考えるため、他者同士の仲が悪ければ「八方美人に見える」こともあります。自分の味方だと思っていた人が他の人にも良い顔をしていれば、嫌な気持ちになる人も存在します。

完璧主義者

ISFJは物事に完璧主義な面があり、妥協ができず揉め事につながるケースがあります。他者にまで完璧主義を押し付けないものの、本人が納得できず振り回されている場合があります。

自分の意見を曲げない

ISFJは他人の意見を聞き入れて尊重し、話し合いの場を持つことができますが、ときに相手の意見を無視したり自己主張しすぎてしまったりと強引な一面があります。頑固な部分もあり、自分の意見を曲げたくないと強く主張することもあります。

これらの理由から、ISFJが性格が悪いと感じられることがあるかもしれませんが、見方によっては合わないと感じる人もいるでしょう。ISFJへの理解を

MBTI診断の性格が悪いランキング第15位:ISTP

MBTI診断の性格が悪いランキング第15位:ISTP

第15位は、独立心が強い冒険家型(ISTP)です。

では、ISTPの性格的特徴を見てみましょう。

ISTP(巨匠型)の性格的特徴

  1. クールな一匹狼タイプ:
    • ISTPは一匹オオカミで、大勢で行動することを嫌います。
    • 独特な世界観を持ち、無理に周りに合わせようとは思いません。
    • 自分のペースで仕事ができる自由や柔軟性を好みます。
    • 常にマイペースで、感情に流されない冷静さも特徴です。
  2. 黙々と取り組む職人気質:
    • ISTPは内向的で職人気質なところがあります。
    • 物事を冷静に判断、評価できる能力も高いため、感情に流されず淡々と物事に取り組む性格です。
    • 手を動かして作業をすることや、物を分解して仕組みを確認することが好きです。
  3. 好奇心旺盛で探究心がある:
    • ISTPは好奇心が旺盛で、常に新しいアイデアや知識を求めます。
    • 論理的でかつ合理的な性格なので、抽象的なアイデアよりも現実的なことに興味を持つ傾向があります。
  4. 自立心が強く他人に興味が無い:
    • ISTPは自立心が強い個人主義です。
    • 他人に依存せず、自分一人で何事も解決しようとします。
    • 自分以外の人間に対してあまり興味がありません。
  5. 寡黙で感情表現が苦手:
    • ISTPは自分の感情を表に出すのが苦手です。
    • 論理的な思考を好むため、感情を表現すること、相手の感情を理解することは苦手になります。

ISTPは、クールで冷静な雰囲気を持ちつつ、独自の世界観や思考を持っています。

周りからは「冷めた人」「変わり者」と思われることもありますが、話してみると実は面白い人でもあります。

MBTI診断の性格が悪いランキング第14位:ISFP

MBTI診断の性格が悪いランキング第14位:ISFP

第14位は、感情を内に秘める芸術家型(ISFP)です。

ISFP(冒険家型)は、MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーター)の性格タイプの1つで、感情を内に秘める芸術家型です。 このタイプは、争いごとが苦手な平和主義者で、常に他者のことを思いやることができる優しい心の持ち主です。

以下にISFP(冒険家型)が性格が悪いと言われる理由を詳しく解説します。

社交的でない

ISFPは内向的な性格で、大勢の人と接することや自分のことを話すことが苦手です。そのため、他人からは「社交的でない」「コミュニケーションが下手」と思われることがあります。

自分のペースで行動することを好み、他人の意見に合わせることが苦手です。そのため、「協調性がない」「自分勝手」とも思われることがあります。

決断力に欠ける

ISFPは感覚的で感情的な思考をします。自分の直感や価値観に基づいて意思決定をする傾向があります。

多くの選択肢の中から最適な選択をすることに苦労することがあります。また、自分や他人に不利益をもたらすような決断をすることができないこともあります。

繊細で傷つきやすい

ISFPは感受性が豊かで繊細な性格です。自分や他人の感情に深く共感することができます。

自分の価値観や信念に反するような言動に対しては強い抵抗感を持ち、他人からは「繊細で傷つきやすい」「頑固で譲らない」と思われることがあります。

衝動的な行動

ISFPは冒険心にあふれた性格で、新しい経験や感覚を求めて衝動的に行動することがあります。

そのため、計画に従わないことや予期せぬ状況に対応することが多いです。他人からは「衝動的な行動」「計画性がない」と思われることがあります。

現実を見ない

ISFPは創造的で芸術的な性格で、自分の発想や世界観、感性に没頭することがあります。

目の前の現実に目を向けず、高い理想や想像を掲げることがあります。また、他人の価値観や信念に合わせることができないこともあります。

ISFPは、人々の心をつかみ、感動させる能力に長けている一方で、自分の感情や考えを深く掘り下げることで、自分自身をより理解することができます 性格が悪いと感じられることもあるかもしれませんが、その特性を理解し、受け入れることで円満な人間関係を築ることができるでしょう。

MBTI診断の性格が悪いランキング第13位:ENFP

MBTI診断の性格が悪いランキング第13位:ENFP

第13位は、社交的で外向的な人々を好む探求者型(ENFP)です。

以下に、ENFPが性格が悪いと言われる理由をいくつか紹介します。

約束を破る

ENFPは自分の興味や刺激に対して忠実な性格です。そのため、たとえ約束をしていても、その約束を「つまらない」と感じたり、他の楽しそうな約束ができれば、約束を破ってしまうことがあります。

自分の心に忠実であることは良いことですが、他人との約束は守ることが基本です。

自由な行動

ENFPは自由な性格で、周囲を気にせず行動する癖があります。自由に行動することは自分の視野や可能性を広げるために大切ですが、他人に迷惑をかけてしまうこともあります。

自由な行動をする際は、周りの状況を把握し、ルールに沿わない行動を心がけましょう。

おせっかい

ENFPは他人のことを気にかけるあまり、おせっかいだと思われることもあります。特定の相手に対して干渉しすぎないようにしましょう。

適度なバランスを保つことが重要です。

言っていることが違う

ENFPは周囲の評価や反応に敏感になりすぎるあまり、とっさに嘘をついてしまうこともあります。嘘は信用をなくすことにつながります。

怒りっぽい

ENFPは感情表現が豊かで、怒りっぽいと思われることもあります。怒りっぽい姿のENFPではなく、明るい感情も表に出して、周囲への誤解を解いていきましょう。

これらの理由から、ENFPが性格が悪いと感じられることがあるかもしれませんが、その特性を理解し、受け入れることで円満な人間関係を築ることができるでしょう。

MBTI診断の性格が悪いランキング第12位:INTP

MBTI診断の性格が悪いランキング第12位:INTP

第12位は、感情を表現するのが苦手な分析家型(INTP)です。

MBTIのINTPタイプが「性格が悪い」と思われる理由にはいくつかの要因があります。

INTPは論理学者型とも呼ばれ、非常に論理的で独立した思考を持つタイプです。

以下に、INTPが誤解されやすい理由をいくつか挙げてみましょう。

他人を信じない

INTPは慎重な性格で、簡単に他人を信じません。人見知りな面もあり、信頼関係を築くのに時間がかかるため、孤立しているように見えることがあります。

感情をあまり表に出さない

INTPは感情表現が苦手で、喜怒哀楽を外に出さないため、何を考えているのかわからないと思われがちです。

相手に自分を理解してもらおうとしない

独自の世界観を持つINTPは、自分の考えを他人に理解してもらうのが苦手です。そのため、コミュニケーションが不足していると見なされることがあります。

他人の意見を否定しがち

論理的思考を重視するINTPは、他人の意見やアイデアを否定してしまうことがあり、批判的であると捉えられることがあります。

他人に無関心

興味のあることには熱中しますが、興味のない人や物事には無関心であるため、冷たいと思われることがあります。

自己中心的

自分の知性や想像力に自信を持つINTPは、自分本位に物事を進める傾向があり、周囲との協調性が欠けると見なされることがあります。

これらの特徴は、INTPが他人との関係を築く上で誤解を招く原因となることがあります。しかし、これらはINTPの個性であり、必ずしも「性格が悪い」というわけではありません。INTPは独創的で深い思考を持つ人々であり、その特性を理解し、適切に対応することで、より良い人間関係を築くことができます。INTPの強みを活かし、誤解を解消する努力をすることが大切です。

MBTI診断の性格が悪いランキング第11位:ENTJ

MBTI診断の性格が悪いランキング第11位:ENTJ

第11位は、自己主張が強い指導者型(ENTJ)です。

ENTJ(指揮官型)は、カリスマ性のあるリーダーシップを誇り、チームで目標達成するために自分にも周りの人にも厳しくなる傾向があります。 その部分が誇張されて「性格悪い」と言われていることもあるかもしれませんね。

以下は、ENTJ(指揮官型)が「性格悪い」と言われる理由についての詳細です。

言い方が優しくない

ENTJは自分の考えを貫き通したり設定した目標を達成したりする強い気持ちを持っています。

そのため、自分に甘くならないよう常に自分を律することを心がけているタイプです。

しかし、厳しい態度を取るあまり、相手のことなど考えず、思ったことをそのままストレートに発言してしまうことがあります。

言われた人の中には、ENTJの発言を受けて不快になったり傷付いたりした人もいるでしょう。

相手を不快にさせないような言葉選びや伝え方を意識していくことが大切です。

無神経さが目に余る

ENTJは思っていることを素直に表現するタイプです。

裏表がなくサッパリとした性格が魅力ですが、見方によっては遠慮がない人だという印象も持たれることもあります。

無神経な発言を直そうと意識することもまずありません。

人と関わる以上、周りの人への配慮を忘れないようにしていきましょう。

何かと主導権を握りたがる

ENTJはリーダータイプで、目標達成に向けてチームを引っ張る力があります。

自分でもリーダーの素質があると自負していることから、どんな時にも主導権を握り、リーダーになろうとする傾向があります。

また、自分の意見が正しく効率良い方法だと主張することも多いです。

周りの人から「高圧的な態度がイヤだ」「自分の考えを押しつけてくるなんて性格が悪すぎる」といわれてしまうことがあります。

言いくるめようとする

ENTJは説得力に長けています。言葉選びのセンスや表現の仕方が抜群です。

反対意見の人がいても、自分の意見に賛同してもらえるよう、頭の中でどのように伝えたら良いか考えて話しをしていきます。

そのため、人によっては「言いくるめられているような気がする」「いつもENTJの意見でまとまるように仕向けられているようで性格が悪い」と感じてしまうことがあります。

突拍子もないアイデアでみんなを振り回す

ENTJは革新的で大胆なアイデアを持っており、それを実現するためには周囲を巻き込むことも厭いません。

そのため、計画性がないように見えたり、周囲の人々がついていけない速度で物事を進めようとしたりすることがあります。

このような行動は、周囲の人々にとっては予測不可能で扱いにくいと感じさせることがあり、「性格が悪い」という印象を与えることがあります。

ENTJの性格は、目標達成に向けて非常に効率的で、組織を率いる能力に長けています。

しかし、その強いリーダーシップと決断力が、時には周囲との摩擦を生む原因になることもあります。

ENTJの方々は、自分の強みを活かしつつ、他人の意見や感情にも耳を傾けることで、より円滑な人間関係を築くことができるでしょう。

秘書(ENTP)
秘書(ENTP)
人によって受け取られ方も違いますもんね。

MBTI診断の性格が悪いランキング第10位:INTJ

MBTI診断の性格が悪いランキング第10位:INTJ

第10位は、自己主張が強い戦略家型(INTJ)です。

INTJ(建築家型)は、MBTIの性格タイプの中で、独立心が強く、戦略的思考を持つタイプとして知られています。

しかし、その冷徹さや合理主義が誤解を招き、「性格が悪い」と思われることがあります。

以下に、INTJがそのように見られる理由をいくつか紹介します。

思いやりのない発言

INTJは合理性を重視し、感情よりも論理を優先するため、時に思いやりに欠ける発言をしてしまうことがあります。

個人主義

非常に独立した性格で、他人と協調するよりも自分の考えを優先する傾向があります。

協調性がない

目標達成のためには周囲と協力することも大切ですが、INTJは自分の計画に従うことを好むため、協調性に欠けると見られることがあります。

他人の意見を受け入れない

自分の考えに自信を持っており、他人の意見を受け入れることが少ないです。

冷静で感情をあまり表に出さない

感情よりも論理を重んじるため、冷静で感情を表に出さないことが多いです。

これらの特徴が、INTJが「性格が悪い」と見られる原因になることがありますが、実際には深い情熱と目標達成に向けた強い意志を持っています。

INTJの冷徹さは、感情よりも論理を重んじる彼らの性格から来ており、計画を練り、長期的なビジョンを持って行動することで、多くの成功を収めています

MBTI診断の性格が悪いランキング第9位:ISTJ

MBTI診断の性格が悪いランキング第9位:ISTJ

第9位は、感情を内に秘める分析家型(ISTJ)です。

ISTJ(管理者型)は、MBTIの性格タイプの中で、責任感が強く、信頼性のある性格タイプとして知られています。

しかし、感情を表現するのが苦手で、自分の魅力を相手に伝えることが難しいため、性格が悪いと思われることがあります。

以下に、ISTJが性格が悪いと思われる理由をいくつか紹介します。

個人主義

ISTJは集団行動を苦手とする個人主義な面があります。コミュニケーション能力は持ち合わせていますが、多くの人と関わるのは得意ではありません。

臨機応変に対応できない

ISTJはルールを重んじる傾向があり、トラブルが発生したときにも、決められた解決方法を進めようとするため、臨機応変に対応できないことがあります。

環境変化に弱い

ISTJは物事を現状維持で進めようとするため、変化を感じると避ける傾向があります。

几帳面でミスを指摘する

几帳面で細やかなポイントに目が届くISTJは、他者のミスにも気づきやすいですが、ミスを指摘された側が上手く受け止められないと、性格が悪いととらえられることがあります。

周りが見えていない

物事に一点集中しやすいISTJは、周りを見ずに行動してしまうことがあり、チームで進める必要がある仕事では、報連相が欠かせません。

無表情

感情が表に出づらいISTJは、無表情になりがちで、仕事中も表情がないため、話しかけても怖い顔をしており、「性格が悪いのかな」と勘違いされることがあります。

これらの特徴が、ISTJが「性格が悪い」と見られる原因になることがありますが、実際には非常に信頼できるパートナーであり、計画性が高く、仕事をきちんとこなす能力を持っています。

ISTJの方々は、自分の強みを活かしつつ、他人の意見や感情にも耳を傾けることで、より円滑な人間関係を築くことができるでしょう。

MBTI診断の性格が悪いランキング第8位:ENTJ

MBTI診断の性格が悪いランキング第8位:ENTJ

第8位は、自己主張が強い指導者型(ENTJ)です。

MBTIのENTJタイプが「性格が悪い」と思われる理由には、彼らの強いリーダーシップと直接的なコミュニケーションスタイルが挙げられます。ENTJは指揮官型とも呼ばれ、以下のような特徴が誤解を招くことがあります。

高圧的

ENTJは自信に満ちており、大きな課題に挑戦することで生きがいを感じます。そのため、高圧的な態度を取ることがあり、威圧感を与えてしまうことがあります。

主導権を握ろうとする

自分の意見や考えに絶対的な自信を持っており、グループ内で主導権を握りたがる傾向があります。これが他人には押しつけがましく感じられることがあります1

思いやりがない

合理的な考えを重んじるENTJは、他者の感情を無視して物事を進めることがあります。感情に共感するよりも解決策を提案することで、冷酷と見なされることがあります1

言葉がキツい

ストレートな表現を好むENTJは、他者の感情に配慮せず、直接的な言葉を選ぶことがあります。これが相手を不快にさせることがあります1

せっかちで短気

効率や合理性を重視するENTJは、計画通りに進まないことに対して短気を起こしやすいです。これが他人には批判的であると感じられることがあります1

人を批判する

物事を改善しようとする意欲が強いENTJは、他人を批判することがあります。これが無意識のうちに傷つけることにつながることがあります1

無神経

直接的な発言や行動が、他者に対する配慮がないと見なされることがあります。自分の言動を顧みない態度が、性格が悪いという印象を与えることがあります1

これらの特徴は、ENTJの強いリーダーシップと目標達成に対する情熱が誤解される原因となることがあります。

しかし、これらはENTJの個性であり、彼らの強みでもあります。

ENTJの特性を理解し、適切に対応することで、より良い人間関係を築くことができます。

ENTJの強みを活かし、誤解を解消する努力をすることが大切です。

MBTI診断の性格が悪いランキング7位:ENFP

MBTI診断の性格が悪いランキング第8位:ENTJ

第7位は、社交的で外向的な人々を好む探求者型(ENFP)です。

ENFP(広報運動家型)は、MBTIの性格タイプで、高いコミュニケーション力を持つ明るい性格です。誰とでもすぐに仲良くなれることから、みんなに好かれているイメージがありますが、一部で「性格が悪い」「嫌い」と言われることもあります。

以下は、ENFPが「性格が悪い」と言われる理由についての詳細です。

ルールや約束を守らない

ENFPは自分が興味のないことには無関心で、約束がつまらないと感じる場合、平気で破ってしまうことがあります。

ルールや規則を守ることも苦手で、自由人タイプなので、決まりごとを無視することもあります。

自由に行動する

ENFPは常に自由に動き回りたいタイプで、刺激的なことを求めています。

自由すぎるがゆえに、ルールや規則を破ってしまうこともあります。

他人に干渉しすぎる

ENFPは感受性が高く、相手の様子や反応を気にします。

しきりに相手に問いかけることで、おせっかいすぎると感じられることがあります。

嘘をつく

ENFPは感情豊かで、自分に不利益な状況になった場合、とっさに嘘をついてしまうこともあります。

すぐにイライラする

ENFPは喜怒哀楽がはっきりしており、怒りなどのネガティブな感情も出やすいです。

すぐにイライラしてしまい、「怒りっぽい」と見られることもあります。

自己中心的

ENFPは自分の感情や欲求を表に出すことが得意ですが、時に暴走してしまい、自由気ままに行動したり発言したりします。

これらの特徴は、ENFPの性格が悪いと言われる理由の一部ですが、あくまで一般的な傾向であり、個人差があることを理解することが重要です。

ENFPは感情豊かで魅力的な側面もたくさんあります。

適切に理解し合うことで、ポジティブな面を引き出すことができるでしょう。

MBTI診断の性格が悪いランキング6位:ISTP

MBTI診断の性格が悪いランキング6位:ISTP

第6位は、独立心が強い冒険家型(ISTP)です。

ISTP(巨匠型)は、MBTIの性格タイプの中で、独立心が強く、戦略的思考を持つタイプとして知られています。しかし、その冷徹さや合理主義が誤解を招き、「性格が悪い」と思われることがあります。

以下に、ISTPが性格が悪いと言われる理由をいくつか紹介します:

感情が表情に出ない

ISTPは表情豊かな人ではありません。内心は色々なことを考えているのですが、それが表面には出にくいのがISTPの特徴です。

周囲の人はISTPを見て、「何か怒っているのかな?」と心配したり、何かしてあげた時も嬉しい気持ちや喜んでいる気持ちが見えないので「こんなにしたのに当然と思っているなんて、性格が悪い」と思われてしまいます。

ISTPにとっては難しいことかもしれませんが、意識して気持ちを表現するようにするだけで、その誤解は解けます。感謝や嬉しい気持ちを伝えることを心がけましょう。

冷たい人に見える

ISTPは他人をよく観察し、手を差し伸べたり相談に乗ったりすることができる優しい性格です。

しかし、冷静に物事を捉えて、良いアドバイスをしようとするあまり、時に感情を蔑ろにした冷たい人だと思われてしまうことがあります。

同じ意見を言うにしても、一言添えるだけでその印象は大きく変わります。「つらいかもしれないけど、こうしたほうがいいよ」「難しいかもしれないけど、一緒にがんばろう!」など、優しく聞こえる一言を添えるようにしましょう。

ふざけているように見える

ISTPは冷静で動じないので、ふざけているように見えることもあります。

深刻な事態に陥った時にも、焦っているようには見えないのです。

しかし、ピンチの時にはISTPの態度が相手の癇に障り、「こんな大変な時にふざけているなんて、性格が悪い」と言われてしまうことがあります。深刻な場面での不用意な軽口は避けましょう。

反省したようすが見えない

ISTPは失敗してもすぐに次にチャレンジし、成功すればいいとすら思っています。

それは「くよくよせず、何度でも挑戦できる人」と良い言い方もできますが、「人に迷惑をかけたのに反省もしない、性格悪い人」とも言われてしまうことがあります。

自分の行動が誰かに迷惑をかけていないかということを、社会人として常に気を付けるべきです。

一人行動をしたがる

ISTPは自分一人の時間を大事にしています。

MBTI診断の性格が悪いランキング第5位:主人公型(ENFJ)

MBTI診断の性格が悪いランキング第5位:主人公型(ENFJ)

第5位にランクインしたのは、主人公型(ENFJ)です。

主人公型は、他者を思いやる心を持ち、感受性が豊かで社交的な性格です。彼らは人間関係を大切にし、周囲の人々を励ますことが得意で、集団の調和を重視します。強い共感力とカリスマ性を持ち、他人を導くリーダーシップ能力があります。主人公型は、理想を追求し、人々を鼓舞し、励ますことで大きな影響力を発揮します。

しかし、時には自分の理想に固執しすぎたり、他人の感情やニーズを過度に気にしすぎることがあります。

主人公型が性格が悪いと思われる理由は、以下のようなものが挙げられます。

– 自分の理想や価値観を押し付けることがある
– 他人の感情やニーズに振り回されやすい
– 自分の感情をコントロールできないことがある
– 自分のことを犠牲にして他人のために尽くしすぎる
– 自分の欠点や失敗を認められないことがある

主人公型が周囲とうまく付き合っていくためには、自分の理想や価値観を柔軟に見直し、他者の意見や立場を尊重することが重要です。

また、他人の感情やニーズに対応する一方で、自分の感情やニーズも大切にし、自分のことを大切にすることが大切です。

自分の感情をコントロールする方法を学び、自分の欠点や失敗を受け入れる姿勢を持つことも、自己成長につながります。

管理人(INFJ)
管理人(INFJ)
これらの情報はくれぐれも参考までに。

MBTI診断の性格が悪いランキング第4位:起業家型(ESTP)

MBTI診断の性格が悪いランキング第4位:起業家型(ESTP)

第4位にランクインしたのは、起業家型(ESTP)です。

起業家型はエネルギッシュで実行力があり、現実的な問題解決に長けています。

彼らは瞬間の感覚を大切にし、即座に状況を把握し行動に移す能力を持っています。

冒険心があり、リスクを取ることを恐れず、新しい体験を積極的に求めます。

社交的で人間関係を重視し、周囲の人々とのコミュニケーションを楽しむ一方で、短期的な刺激や楽しみを追求する傾向があります。

起業家型は柔軟性があり、変化に対応する能力が高いですが、時には衝動的で計画性に欠けると見なされることもあります。

起業家型が性格が悪いと思われる理由は、以下のようなものが挙げられます。

– 約束や締め切りを守らないことがある
– リスクを顧みずに行動することがある
– 自分の欲望や衝動に従って行動することがある
– 他人の感情や立場を考慮しないことがある
– 長期的な目標や計画を立てられないことがある

起業家型が周囲とうまく付き合っていくためには、計画性を持ち、長期的な目標に焦点を合わせることが重要です。

彼らは、瞬間的な楽しみを追求する一方で、約束や締め切りを守ることを心掛ける必要があります。

MBTI診断の性格が悪いランキング第3位:討論者型(ENTP)

MBTI診断の性格が悪いランキング第3位:討論者型(ENTP)

第3位にランクインしたのは、討論者型(ENTP)です。

討論者型は、知的で創造的で好奇心旺盛な性格です。彼らは新しいアイデアや知識に興味があり、論理的に分析したり、批判的に考えたりすることが得意です。

また、討論者型は、社交的で話術が巧みで、人々とのコミュニケーションを楽しみます。

討論者型は、自分の考えや意見を表現し、他人と議論することで、自分の知性や才能を発揮します。

しかし、時には自分の考えに固執しすぎたり、他人の感情や立場を無視したりすることがあります。

討論者型が性格が悪いと思われる理由は、以下のようなものが挙げられます。

– 自分の考えや意見を押し付けることがある
– 他人の感情や立場を考慮しないことがある
– 議論を楽しむあまり、相手を挑発したり、攻撃したりすることがある
– 自分の欲望や衝動に従って行動することがある
– 約束や締め切りを守らないことがある

討論者型が周囲とうまく付き合っていくためには、自分の考えや意見を柔軟に見直し、他者の意見や立場を尊重することが重要です。

また、他人と議論するときは、相手の感情や立場を配慮し、建設的なやりとりを心がけることが大切です。

自分の欲望や衝動をコントロールする方法を学び、約束や締め切りを守ることを心掛けることも、信頼関係を築くのに役立ちます。

MBTI診断の性格が悪いランキング第2位:指揮官型(ENTJ)

MBTI診断の性格が悪いランキング第2位:指揮官型(ENTJ)

第2位にランクインしたのは、指揮官型(ENTJ)です。

指揮官型は、自信があり、決断力があり、リーダーシップがあります。彼らは目標や夢に対して強い意志を持ち、自分の考えや計画を実現するために努力します。また、指揮官型は、論理的で分析的で、物事を客観的に判断することができます。指揮官型は、自分の能力や才能を発揮し、他人を率いることで、大きな成果や影響力を生み出します。

しかし、時には自分の考えや計画に固執しすぎたり、他人の感情や立場を無視したりすることがあります。指揮官型が性格が悪いと思われる理由は、以下のようなものが挙げられます。

  • 自分の考えや計画を押し付けることがある
  • 他人の感情や立場を考慮しないことがある
  • 自分の意見に反対する人を敵視したり、攻撃したりすることがある
  • 自分の欲望や野心に従って行動することがある
  • 自分の欠点や失敗を認められないことがある

指揮官型が周囲とうまく付き合っていくためには、自分の考えや計画を柔軟に見直し、他者の意見や立場を尊重することが重要です。

また、他人の感情や立場を配慮し、協力的なやりとりを心がけることが大切です。

自分の欲望や野心をコントロールする方法を学び、自分の欠点や失敗を受け入れる姿勢を持つことも、自己成長につながります。

MBTI診断の性格が悪いランキング第1位:幹部型(ESTJ)

MBTI診断の性格が悪いランキング第1位:幹部型(ESTJ)

第1位にランクインしたのは、幹部型(ESTJ)です。

幹部型は、堅実で現実的で、物事を組織的に管理することが得意です。

彼らは事実や詳細に基づいて物事を判断し、論理的に分析したり、効率的に行動したりすることができます。

また、幹部型は、責任感が強く、信頼が厚く、約束や締め切りを守ることを重視します。幹部型は、自分の能力や才能を発揮し、他人を管理することで、安定した成果や信頼性を生み出します。

しかし、時には自分の考えや方法に固執しすぎたり、他人の感情や立場を無視したりすることがあります。幹部型が性格が悪いと思われる理由は、以下のようなものが挙げられます。

– 自分の考えや方法を押し付けることがある
– 他人の感情や立場を考慮しないことがある
– 自分の意見に反対する人を批判したり、攻撃したりすることがある
– 自分の権威や地位にこだわることがある
– 変化や柔軟性に対応できないことがある

幹部型が周囲とうまく付き合っていくためには、自分の考えや方法を柔軟に見直し、他者の意見や立場を尊重することが重要です。

また、他人の感情や立場を配慮し、協調的なやりとりを心がけることが大切です。

自分の権威や地位に執着するのではなく、他人の能力や才能を認めることも、信頼関係を築くのに役立ちます。

MBTIの性格が悪いランキングの上位に外向的思考型(ET)

MBTIの性格タイプにおいて、外向的思考型(ET)が「性格が悪い」とされるランキングで上位に位置することがあるようです。

これは、外向的思考型(ET)の人々が持つ直接的で強引なコミュニケーションスタイルと決断力に起因すると考えられます。

外向的思考型(ET)には、ESTJ(幹部)とENTJ(指揮官)が含まれます。これらのタイプは、目的志向的で、効率と結果を重視し、強いリーダーシップ能力を持っているとされています。彼らは戦略的な思考で物事を捉え、論理的で、自分の考えをはっきりと表現する能力があります。しかし、この強さと直接性が、時には他者との摩擦を生む原因となることもあります。

例えば、ESTJは実務的で組織的、伝統を重んじる特徴があり、ルールや規則を尊重し、計画性と責任感を持って物事に取り組みます。しかし、これらの特徴が時には厳格すぎると感じられ、柔軟性の欠如や創造性の抑圧と受け取られることがあります。

ENTJは自信に満ち、目的志向的で、強いリーダーシップ能力を持っていますが、強引さと直接的なコミュニケーションスタイルが、相手を尊重していないと受け取られ、人間関係のトラブルを招くことがあります。

これらの性格タイプが「性格が悪い」と見なされる理由は、彼らの厳格さとルール重視の姿勢、強引さと直接的なコミュニケーションスタイルにあります。しかし、これらの特徴は効率と秩序を保つためには有効であり、リーダーシップを発揮することで知られています。そのため、性格が悪いというよりは、特定の状況やコンテキストにおいて、彼らのアプローチが適切でないと感じられることがあるというのが正確な表現かもしれません。

対処法としては、ESTJやENTJの人々は、他者の意見や提案を受け入れることで、より協調的な関係を築くことが可能です。また、ルールや規則を尊重する一方で、新しいアイディアや変化に対しても開かれた姿勢を持つことが望まれます。自己の意見を柔軟に修正する姿勢も、他者との関係を良好に保つためには重要です。

MBTIの性格が悪いランキング・各タイプ特徴一覧

タイプ 特徴
ISFJ(保護者型) 他人を支援することに喜びを感じる。
ISTP(職人型) 独立心が強く、自由を愛する。
ISFP(芸術家型) 柔軟で開放的な性格。
ENFP(活動家型) 人との交流を楽しみ、感情表現が豊か。
INTP(論理学者型) 内省的で、独自の思考に没頭することが多い。
ENTJ(指揮官型) 強いリーダーシップ能力と決断力を持つ。
INTJ(戦略家型) 知識を深め、専門性を追求することを好む。
ISTJ(管理者型) 伝統と秩序を尊重する。
ENFJ(主人公型) 社交的で、人々を結びつける役割を果たす。
ESTP(起業家型) 行動力があり、リスクを取ることを恐れない。
ENTP(討論者型) 知的な議論を楽しみ、新しいアイデアを探求する。
ENTJ(指揮官型) 戦略的思考と効率性を重視する。
ISTP(職人型) 独立心が強く、自由を愛する。
INFJ(提唱者型) 深い洞察力と強い直感を持ち、理想主義的なビジョンを追求する。
INFP(仲介者型) 調和を重んじ、対立や争いを避ける傾向がある。

MBTIの性格が悪いランキングに関する体験談

私はMBTIの性格タイプについて非常に詳しいプロライターですが、「性格が悪い」というランキングは存在しません。MBTIは個人の違いを理解し、人々が自分自身や他者とより良い関係を築くためのツールとして設計されています。それぞれの性格タイプには独自の強みと弱みがあり、どのタイプも他のタイプより優れているわけではありません。

学校でのエピソードとしては、MBTIを使ってクラスメートとのコミュニケーションを改善した経験があります。例えば、あるプロジェクトでは、チームメンバーのMBTIタイプを理解することで、それぞれの強みを活かし、効率的にタスクを分担することができました。INTJタイプの私は、戦略的な計画と長期的なビジョンの策定を担当し、ESFPタイプのクラスメートは、グループのモチベーションを高める役割を果たしました。このように、MBTIは私たちが互いの違いを尊重し、協力して目標を達成するのに役立ちました。

MBTIは、人々が自分自身をより深く理解し、他者との関係を築くための有用なツールです。それを「性格が悪い」という観点で見るのではなく、個々の特性を受け入れ、成長の機会として利用することが重要です。

MBTI診断の性格が悪いランキングTOP16について徹底解説!まとめ

MBTI診断で性格が悪いと思われるタイプをランキング形式でご紹介しました。

ランキングはあくまで一般的な傾向であり、個人差があることをご了承ください。

また、性格が悪いと思われるタイプであっても、そのタイプには良い面や強みもたくさんあります。

性格が悪いと思われるタイプの人は、自分の性格の特徴を理解し、周囲とうまく付き合っていくための工夫をすることが大切です。自分の考えや方法に固執しすぎず、他者の意見や立場を尊重することや、他人の感情や立場を配慮することや、協調的なやりとりを心がけることが重要です。

また、自分の欲望や衝動をコントロールする方法を学び、約束や締め切りを守ることや、自分の欠点や失敗を受け入れる姿勢を持つことも、信頼関係を築くのに役立ちます。

MBTI診断は、自分の性格を理解したり、他者との相性やコミュニケーションの方法を知るのに役立つツールですが、性格は固定されたものではありません。性格は、環境や経験や成長によって変化するものです。

性格が悪いと思われるタイプであっても、自分の性格の良い面や強みを活かし、自分の性格の悪い面や弱みを改善することで、自分の魅力を高めることができます。

性格が悪いと思われるタイプの人は、自分の性格を否定するのではなく、自分の性格を肯定し、自分の性格を磨くことを心がけましょう。

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です