その他

MBTI 感情をコントロールするのではなく感情にコントロールされているタイプとは?

MBTIとは、ユングの心理学に基づいて作られた性格診断の一つです。 MBTIでは、人の性格は4つの次元に分けられます。

  • 外向(E)か内向(I)か
  • 感覚(S)か直観(N)か
  • 思考(T)か感情(F)か
  • 判断(J)か知覚(P)か

これらの組み合わせによって、16種類のタイプが生まれます。 MBTIは、自分の性格や傾向を知ることで、自己理解や人間関係の改善に役立つと言われています。

しかし、MBTIには感情のコントロールという面での課題もあります。 感情のコントロールとは、自分の感情を適切に表現したり、抑制したり、調整したりする能力のことです。 感情のコントロールができないと、自分や他人に不利益をもたらしたり、ストレスを感じたりすることがあります。

MBTIのタイプによって、感情のコントロールに関する特徴や問題点が異なります。 また、感情のコントロールを改善するための対処法もタイプによって異なります。

この記事では、MBTIのタイプ別に、感情のコントロールに関する特徴と対処法を紹介します。

感情をコントロールするのではなく、感情にコントロールされていると感じる人は、自分のタイプに合った対処法を試してみてください。

感情をコントロールするのではなく、感情にコントロールされているタイプ

感情をコントロールするのではなく、感情にコントロールされていると感じるタイプは、主に感情(F)を優先するタイプです。

感情(F)を優先するタイプは、自分や他人の感情や価値観に基づいて判断や行動をするタイプです。 感情(F)を優先するタイプは、以下の4つのタイプに分けられます。

  • ENFJ:教育者タイプ
  • ENFP:ジャーナリストタイプ
  • INFJ:カウンセラータイプ
  • INFP:ヒーラータイプ

これらのタイプは、感情に敏感で共感力が高いという長所を持ちます。 しかし、感情に振り回されやすく、感情のコントロールが苦手という短所も持ちます。 感情のコントロールが苦手なとき、以下のような問題が起こることがあります。

  • 自分の感情を過剰に表現したり、抑え込んだりする
  • 他人の感情に左右されやすい
  • 感情的になって論理的に考えられない
  • 感情の起伏が激しくなる
  • 感情を理解されないと不安や孤独を感じる

これらの問題は、自分や他人にとって不快な状況を生み出すことがあります。 そこで、感情をコントロールするのではなく、感情にコントロールされていると感じるタイプは、以下のような対処法を試してみてください。

自分の感情を認めて、表現する

感情をコントロールするのではなく、感情にコントロールされていると感じるタイプは、自分の感情を認めて、表現することが大切です。 自分の感情を認めるということは、自分が何を感じているのか、なぜ感じているのか、どう感じたいのかを自覚することです。 自分の感情を表現するということは、自分が感じていることを言葉や行動で伝えることです。

自分の感情を認めて、表現することで、以下のようなメリットがあります。

  • 自分の感情を整理できる
  • 自分の感情を受け入れやすくなる
  • 自分の感情をコントロールしやすくなる
  • 他人に自分の感情を理解してもらえる
  • 他人とのコミュニケーションがスムーズになる

自分の感情を認めて、表現する方法としては、以下のようなものがあります。

  • 日記や手紙などで自分の感情を書き出す
  • 信頼できる人に自分の感情を話す
  • 芸術や趣味などで自分の感情を表現する
  • 感情に合った音楽や映画などを聴いたり見たりする
  • 感情に合った運動や呼吸法などを行う

他人の感情に影響されないで、自分の感情を保つ

感情をコントロールするのではなく、感情にコントロールされていると感じるタイプは、他人の感情に影響されないで、自分の感情を保つことが大切です。 他人の感情に影響されないということは、他人が何を感じているのか、なぜ感じているのか、どう感じたいのかを尊重することです。 自分の感情を保つということは、自分が何を感じているのか、なぜ感じているのか、どう感じたいのかを主張することです。

他人の感情に影響されないで、自分の感情を保つことで、以下のようなメリットがあります。

  • 自分の感情を混乱させない
  • 自分の感情を責めない
  • 自分の感情を変えない
  • 他人の感情を尊重できる
  • 他人とのコンフリクトを避けられる

他人の感情に影響されないで、自分の感情を保つ方法としては、以下のようなものがあります。

  • 他人の感情を観察して、共感する
  • 他人の感情を聞いて、理解する
  • 他人の感情を受け止めて、サポートする
  • 自分の感情を伝えて、理解してもらう
  • 自分の感情を守って、主張する

感情をコントロールしすぎて、感情にコントロールされないタイプ

感情をコントロールしすぎて、感情にコントロールされないと感じるタイプは、主に思考(T)を優先するタイプです。

思考(T)を優先するタイプは、自分や他人の感情や価値観ではなく、論理や事実に基づいて判断や行動をするタイプです。

思考(T)を優先するタイプは、以下の4つのタイプに分けられます。

  • ENTJ:指導者タイプ
  • ENTP:発明家タイプ
  • INTJ:科学者タイプ
  • INTP:思考家タイプ

これらのタイプは、感情をコントロールしやすく、感情にコントロールされないという長所を持ちます。

しかし、感情をコントロールしすぎて、感情に疎くなるという短所も持ちます。 感情をコントロールしすぎるとき、以下のような問題が起こることがあります。

  • 自分の感情を無視したり、隠したりする
  • 他人の感情を理解したり、尊重したりするのが苦手
  • 感情的な問題に対して冷淡や無神経に見られる
  • 感情の表現や共感が不自然や不器用になる
  • 感情を理解されると安心や喜びを感じる

これらの問題は、自分や他人にとって不快な状況を生み出すことがあります。

そこで、感情をコントロールしすぎて、感情にコントロールされないと感じるタイプは、以下のような対処法を試してみてください。

自分の感情を無視しないで、感じる

感情をコントロールしすぎて、感情にコントロールされないと感じるタイプは、自分の感情を無視しないで、感じることが大切です。

自分の感情を無視しないということは、自分が何を感じているのか、なぜ感じているのか、どう感じたいのかを無視しないことです。

自分の感情を感じるということは、自分が感じていることを認めたり、受け入れたり、変えたりすることです。

自分の感情を無視しないで、感じることで、以下のようなメリットがあります。

  • 自分の感情を認識できる
  • 自分の感情をコントロールしすぎない
  • 自分の感情を発散できる
  • 自分の感情を成長の機会にできる
  • 自分の感情を豊かにできる

自分の感情を無視しないで、感じる方法としては、以下のようなものがあります。

  • 日記や手紙などで自分の感情を書き出す
  • 信頼できる人に自分の感情を話す
  • 芸術や趣味などで自分の感情を表現する
  • 感情に合った音楽や映画などを聴いたり見たりする
  • 感情に合った運動や呼吸法などを行う

他人の感情を理解しようとして、共感する

感情をコントロールしすぎて、感情にコントロールされないと感じるタイプは、他人の感情を理解しようとして、共感することが大切です。

他人の感情を理解しようとするということは、他人が何を感じているのか、なぜ感じているのか、どう感じたいのかを理解しようとすることです。

他人の感情に共感するということは、他人が感じていることを自分も感じたり、感じていることを伝えたり、感じたいことを助けたりすることです。

他人の感情を理解しようとして、共感することで、以下のようなメリットがあります。

  • 他人の感情を無視しない
  • 感情をコントロールしすぎない
  • 他人の感情を受け止められる
  • 感情を成長の機会にできる
  • 他人の感情と豊かにつながれる

他人の感情を理解しようとして、共感する方法としては、以下のようなものがあります。

  • 他人の感情を観察して、共感する
  • 感情を聞いて、理解する
  • 他人の感情を受け止めて、サポートする
  • 感情を伝えて、理解してもらう
  • 他人の感情を守って、主張する

MBTI 感情をコントロールするのではなく感情にコントロールされているタイプ体験談

MBTIにおいて、感情にコントロールされやすいとされるタイプは、一般的に「感情型」(F)に分類されます。これらのタイプは、個人的な価値観や他者への影響を重視し、感情を優先する傾向があります。例えば、ENFJやINFJなどのタイプは、他者の感情に対する強い共感力を持ち、それが自分自身の感情に影響を与えることがあります。

感情型の人々は、感情を通じて深い人間関係を築くことができる一方で、感情の波に飲み込まれやすいとも言われています。彼らは、感情を表現することでコミュニケーションを取り、他者とのつながりを深めることを重視します。しかし、感情が強くなりすぎると、客観的な判断が難しくなることもあります。

体験談としては、感情型の人々は、感情が高ぶった状態で衝動的な決断をしてしまったり、他者の感情に引きずられて自分の本来の意志を見失うことがあると報告されています。これらの体験は、感情を理解し、適切に管理することの重要性を示しています。感情に流されることなく、バランスを取りながら感情を大切にすることが、感情型の人々にとっての課題となるでしょう。

MBTI 感情をコントロールするのではなく感情にコントロールされているタイプとは?まとめ

以上、MBTIと感情のコントロールに関する特徴と対処法を紹介しました。

MBTIのタイプによって、感情のコントロールに関する特徴や問題点が異なります。

また、感情のコントロールを改善するための対処法もタイプによって異なります。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)