その他

MBTI同じ同士の関係はどうなる?同じ性格タイプの人との相性やメリット・デメリット

MBTIという言葉を聞いたことはありませんか?

MBTIは、人間の性格を16種類に分類する心理学的指標です。MBTIは、自分や他人の性格や相性を知ることができるというメリットがあります。しかし、MBTI同じ同士の関係はどうなるのでしょうか?MBTI同じ同士の関係は、友情や恋愛、職場などのコンテキストによって異なる特徴を持ちます。

この記事では、MBTI同じ同士の関係について、相性やメリット・デメリットを解説します。

MBTI同じ同士の関係とは?

MBTI同じ同士の関係とは、MBTIの性格タイプが同じ人々との関係のことです。MBTIの性格タイプとは、4つの二分法によって表される16種類の性格のことです。各二分法は、人間の心の働き方や行動傾向に関する選好を示しています。選好とは、好き嫌いではなく、自然に使いやすいと感じる方向性のことです。

MBTIの性格タイプは、以下のように4文字のコードで表されます。

  • 外向・内向(E・I):自分のエネルギーを得る源は、外的な世界との相互作用か、内的な世界との瞑想か
  • 感覚・直観(S・N):自分が重視する情報は、現実的で具体的なものか、抽象的で理論的なものか
  • 思考・感情(T・F):自分が決断する基準は、論理的で客観的なものか、倫理的で主観的なものか
  • 判断・知覚(J・P):自分の生活スタイルは、計画的で組織的なものか、柔軟で自由なものか

MBTI同じ同士の関係では、相手と自分の選好が同じであることから、共通点が多く、理解しやすいというメリットがあります。しかし、選好が同じであることから、視野が狭くなったり、互いの欠点を補えなかったりというデメリットもあります。MBTI同じ同士の関係は、似た者同士で居心地が良いと感じる場合もあれば、刺激が足りないと感じる場合もあるでしょう。

MBTI同じ同士の関係の相性とは?

MBTI同じ同士の関係の相性とは、MBTIの性格タイプが同じ人々との関係における、心理的な適合度のことです。MBTI同じ同士の関係の相性は、友情や恋愛、職場などのコンテキストによって異なる特徴を持ちます。以下では、各コンテキストでのMBTI同じ同士の関係の相性について、メリットとデメリットを紹介します。

友情

MBTI同じ同士の友情は、共通の興味や価値観により深い絆を築くことができます。相手の考え方や感じ方を理解しやすく、誤解や摩擦が少ないでしょう。また、同じ選好を持つことで、同じような活動や話題を楽しむことができます。しかし、MBTI同じ同士の友情には、以下のようなデメリットもあります。

  • 視点やアプローチが同じすぎると、新鮮味がなくなったり、刺激が足りなくなったりする可能性がある
  • 互いの欠点を補うことが難しく、同じような問題に直面したり、同じような失敗を繰り返したりする可能性がある
  • 互いの選好に固執しすぎると、他の選好を持つ人々との関係を損ねたり、偏見を持ったりする可能性がある

恋愛

MBTI同じ同士の恋愛は、お互いを理解しやすく、心の距離が近いと感じることができます。相手のニーズや感情を察することができ、コミュニケーションがスムーズに行えるでしょう。また、同じ選好を持つことで、同じようなライフスタイルや価値観を共有することができます。しかし、MBTI同じ同士の恋愛には、以下のようなデメリットもあります。

  • 視点やアプローチが同じすぎると、退屈になったり、成長が止まったりする可能性がある
  • 互いの欠点を補うことが難しく、同じような問題に直面したり、同じような失敗を繰り返したりする可能性がある
  • 互いの選好に固執しすぎると、他の選好を持つ人々との関係を損ねたり、偏見を持ったりする可能性がある

職場

MBTI同じ同士の職場での関係は、共通の言語とアプローチを持ち、効率的に作業を進めることができます。相手の考え方や行動パターンを理解しやすく、協力しやすいでしょう。また、同じ選好を持つことで、同じような目標や評価基準を持つことができます。しかし、MBTI同じ同士の職場での関係には、以下のようなデメリットもあります。

  • 視点やアプローチが同じすぎると、新しい視点やアイデアを見つけることが難しくなったり、柔軟性や創造性が低下したりする可能性がある
  • 互いの欠点を補うことが難しく、同じような問題に直面したり、同じような失敗を繰り返したりする可能性がある

MBTI同じ同士の関係のメリットとデメリットとは?

MBTI同じ同士の関係のメリットとデメリットとは、MBTIの性格タイプが同じ人々との関係における、良い点と悪い点のことです。MBTI同じ同士の関係には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • お互いの選好が同じであることから、共通点が多く、理解しやすい
  • お互いのニーズや感情を察することができ、コミュニケーションがスムーズに行える
  • お互いの強みを認め合い、尊重し合うことができる
  • 同じ選好を持つことで、同じような活動や話題を楽しむことができる

デメリット

  • 視点やアプローチが同じすぎると、新鮮味がなくなったり、刺激が足りなくなったりする
  • 互いの欠点を補うことが難しく、同じような問題に直面したり、同じような失敗を繰り返したりする
  • 互いの選好に固執しすぎると、他の選好を持つ人々との関係を損ねたり、偏見を持ったりする

MBTI同じ同士の関係はどうなる?同じ性格タイプの人との相性やメリット・デメリットまとめ

MBTIとは、Myers-Briggs Type Indicatorの略称で、人間の性格を16種類に分類する心理学的指標です。

MBTIは、自分や他人の性格や相性を知ることができるというメリットがあります。しかし、MBTI同じ同士の関係は、友情や恋愛、職場などのコンテキストによって異なる特徴を持ちます。MBTI同じ同士の関係には、以下のようなメリットとデメリットがあります。

  • メリット:共通点が多く、理解しやすい、コミュニケーションがスムーズに行える、強みを認め合い、尊重し合う、同じような活動や話題を楽しむ
  • デメリット:新鮮味がなくなったり、刺激が足りなくなったりする、欠点を補うことが難しく、同じような問題や失敗に直面する、他の選好を持つ人々との関係を損ねたり、偏見を持ったりする

MBTIを知ることで、自分や他人の性格や傾向を深く理解することができます。しかし、MBTIはあくまで一つの視点に過ぎず、人間の性格や関係性はMBTIの枠を超えて多様で複雑です。MBTI同じ同士の関係を理解し深めるためには、相手の視点を尊重し、自己反省と学習の機会とすることが大切です。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)