その他

MBTIの不健全時ってどういう意味?特徴や対処法について徹底解説!!

MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)は、個人の人格を分類するための心理学的ツールです。

しかし、特定のタイプが「不健全」とされることもあります。

この記事では、MBTIの各タイプがどのような特徴を持ち、それが不健全となる可能性があるか、そしてその対処法について詳しく解説します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • MBTIの「不健全時」とは、特定のタイプが自分の強みを過度に信じ過ぎたり、他のタイプとの関係を悪化させる可能性がある状態を指す。
  • 不健全な状態は、個人が自分の弱点を認識し、それに対処する方法を学ぶ機会となり、他者との理解を深めることでより良いコミュニケーションや関係を築くことができる。
  • 具体例として、INTJ型、ENTP型、ISTJ型、INFP型、ESFJ型の不健全時の特徴や対処法が解説されている。

MBTIの「不健全時」とは

MBTIの「不健全時」とは、特定のタイプが自分の強みを過度に信じ過ぎたり、他のタイプとの関係を悪化させる可能性がある状態を指します。
例えば、INFJタイプの場合、彼らは自分の内向的直観(Ni)を使い過ぎて、無意識のビジョンや未来のイメージに焦点を当て、非実践的かつ非現実的になることがあります。
また、INTPタイプは、内向的思考(Ti)を使い過ぎて、孤立的で他人に興味がないと見えることがあります

これらの不健全な状態は、個人が自分の弱点を認識し、それに対処する方法を学ぶ機会となります。また、他者との理解を深めることで、より良いコミュニケーションや関係を築くことができます。不健全な状態は、自己成長の一部であり、それを認識し受け入れることが重要です。

INTJ型は、戦略的で思慮深い人々です。

彼らは常に将来を見据えた計画を立てる傾向がありますが、これが不健全となる場合は、他者とのコミュニケーションや感情表現に苦労することがあります。

対処法としては、他者の視点を理解し、感情を共有することが重要です。

ENTP型は、創造性豊かで革新的な人々です。

彼らは常に新しいアイデアを生み出す傾向がありますが、これが不健全となる場合は、実現可能性に気づかずに無理やり進めることがあります。

対処法としては、計画性を持ってアイデアを実現することが求められます。

ISTJ型は、信頼できるリーダーであり、細部にわたって注意深く取り組む傾向があります。

しかし、これが不健全となる場合は、変化に対して抵抗しやすくなります。

対処法としては、柔軟性を持って変化に対応することが大切です。

INFP型は、感情豊かで内省的な人々です。彼らは自己表現に優れていますが、これが不健全となる場合は、自分自身の欲望や感情を抑圧することがあります。

対処法としては、自分自身の感情を受け入れることが重要です。

ESFJ型は、社会的なサポート者であり、他者の幸せを大切にします。

しかし、これが不健全となる場合は、自分自身のニーズを忘れて他者のニーズに焦点を当てすぎることがあります。

対処法としては、自分自身のニーズも大切にすることが求められます。

MBTIの不健全時に関する実体験エピソード

私は、かつて学校の図書館で、自分のMBTI型が「不健全時」として表現されることに気づきました。その日、私は図書館で集まった友達たちと一緒にプロジェクトを進めていました。私は「感情型」として、チームメイトの意見を大切にし、コミュニケーションを取りやすくすることを心がけていました。

しかし、プロジェクトの進行中、私は自分の意見が他のメンバーによって無視されていることに気づきました。私は「感情型」の特性である「共感」や「理解」を使って、チームメイトと話し合うことを試みましたが、結局は自分の考えが受け入れられなかったと感じました。

その後、先生が私たちにMBTIの不健全時について説明しました。彼女は、「感情型」の不健全時として「過度な共感」や「過度な理解」が挙げられていました。これらの特性が、自分自身の意見やニーズを忘れさせる原因となり得ることを教えてくれました。

このエピソードを通じて、私は自分自身の強みと弱みをより深く理解し始めました。また、チームワークやコミュニケーションスキルを向上させるためにも、自分自身の不健全時を認識し、それを克服することが重要だと学びました。

MBTIの不健全時ってどういう意味?特徴や対処法について徹底解説!!まとめ

このようにMBTIの各タイプには特徴がありますが、「不健全」とされることもあるため、自己認識とバランスを取りながら生活することが大切です。

各タイプごとに個別の対処法を見つけ出すことで、より良い人間関係や自己成長につなげることができます。

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です