INFJ(提唱者)

INFJに言ってはいけない言葉とは?温厚そうに見えて意外な面について徹底解説!

INFJは、とても温厚で優しく、人の気持ちに寄り添うことができる性格タイプです。

しかし、彼らは内に秘めた強い信念や感情を持っており、それに反する言葉や態度には敏感に反応します。

この記事では、INFJに言ってはいけない言葉とは何か、そして、彼らが温厚そうに見えて意外な面を持っている理由について徹底解説します。

INFJの性格や感情を理解することで、彼らとのコミュニケーションや関係をスムーズにすることができるでしょう。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJに言ってはいけない1. 「自分のことばかり考えてないで、他人の立場になってみなさい」

INFJに言ってはいけない1. 「自分のことばかり考えてないで、他人の立場になってみなさい」

INFJは、自分のことばかり考えているように見えるかもしれませんが、実は他人の立場になって考えることが得意な性格タイプです。

彼らは自分の感情や考えを内に閉じ込めがちですが、それは自分の内面を深く探求するためです。彼らは自分の感情や考えを理解することで、他人の感情や考えにも共感することができます。彼らは他人の気持ちやニーズに敏感で、それに応えようと努力します。彼らは他人の立場になってみることが苦手な人よりも、はるかに多くの視点や角度から物事を捉えることができます。

INFJに「自分のことばかり考えてないで、他人の立場になってみなさい」と言うと、彼らは深く傷つきます。彼らは自分のことばかり考えているわけではなく、むしろ他人のことを考えすぎていることが多いです。彼らは自分の感情や考えを表現するのが苦手で、それが誤解されることがあります。彼らは自分の感情や考えを否定されることや、自分の感情や考えを理解されないことにストレスを感じます。彼らは自分の感情や考えを尊重してくれる人や、自分の感情や考えを聞いてくれる人を求めます。

INFJに言ってはいけない2. 「もっと現実的になりなさい」

INFJに言ってはいけない2. 「もっと現実的になりなさい」

INFJは、現実的ではなく、理想的な性格タイプです。

彼らは目に見える事実や経験よりも、目に見えない可能性や未来を重視します。彼らは抽象的で理論的な情報に基づいて判断します。彼らは自分の直感に頼り、自分の信念に従います。彼らは自分の理想や目標を実現することが得意です。彼らは創造的な才能や想像力を持ち、自分の世界観を大切にします。

INFJに「もっと現実的になりなさい」と言うと、彼らは不快感を覚えます。彼らは現実的になることができないわけではなく、現実的になることが好きではないです。彼らは現実に満足せず、常により良い状態を求めます。彼らは現実に合わせることよりも、現実を変えることを望みます。彼らは自分の理想や目標を否定されることや、自分の理想や目標を諦めさせられることに抵抗します。彼らは自分の理想や目標を支持してくれる人や、自分の理想や目標を共有してくれる人を求めます。

INFJに言ってはいけない3. 「もっと自分の意見をはっきり言いなさい」

INFJに言ってはいけない3. 「もっと自分の意見をはっきり言いなさい」

INFJは、自分の意見をはっきり言うことが苦手な性格タイプです。

彼らは内向的で控えめで、人との対話よりも、人との対話です。彼らは自分の意見や感情を表現するのが苦手で、自分の意見や感情を抑え込むことが多いです。彼らは他人の意見や感情に配慮し、それに合わせることが多いです。彼らは調和や平和を重視し、衝突や対立を避けることが多いです。

INFJに「もっと自分の意見をはっきり言いなさい」と言うと、彼らは困惑します。彼らは自分の意見をはっきり言うことができないわけではなく、自分の意見をはっきり言うことが必要だと感じないです。彼らは自分の意見を言うことで、他人の気持ちを傷つけたり、他人との関係を損なったりすることを恐れます。彼らは自分の意見を言うことよりも、他人の意見を聞くことを好みます。彼らは自分の意見や感情を受け入れてくれる人や、自分の意見や感情に興味を持ってくれる人を求めます。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJに言ってはいけない4. 「もっと楽しみなさい」

INFJに言ってはいけない4. 「もっと楽しみなさい」

INFJは、楽しみ方が独特な性格タイプです。

彼らは外向的で社交的な活動よりも、内向的で静かな活動を好みます。彼らは大勢の人と交流することよりも、少数の人と深い関係を築くことを好みます。彼らは表面的で軽い話題よりも、深くて重い話題を好みます。彼らは自分の内面に向き合うことや、自分の興味に没頭することが楽しみです。彼らは自分のペースで生きることや、自分の意志で行動することが楽しみです。

INFJに「もっと楽しみなさい」と言うと、彼らは不満を感じます。彼らは楽しみ方が違うわけではなく、楽しみ方が独特です。彼らは他人の楽しみ方に合わせることができますが、それが本当の楽しみではありません。彼らは自分の

感情や考えを表現することが楽しみです。彼らは自分の楽しみ方を否定されることや、自分の楽しみ方を強制されることに反発します。彼らは自分の楽しみ方を理解してくれる人や、自分の楽しみ方を尊重してくれる人を求めます。

INFJに言ってはいけない言葉とは?温厚そうに見えて意外な面について徹底解説!【まとめ】

INFJは、とても温厚で優しく、人の気持ちに寄り添うことができる性格タイプです。しかし、彼らは内に秘めた強い信念や感情を持っており、それに反する言葉や態度には敏感に反応します。この記事では、INFJに言ってはいけない言葉とは以下のようなものであることを説明しました。

– 「自分のことばかり考えてないで、他人の立場になってみなさい」
– 「もっと現実的になりなさい」
– 「もっと自分の意見をはっきり言いなさい」
– 「もっと楽しみなさい」

また、INFJが温厚そうに見えて意外な面を持っている理由についても以下のように解説しました。

– 彼らは自分の感情や考えを内に閉じ込めがちで、それが誤解されることがあるからです。
– 彼らは自分の理想や目標を実現することに情熱を持っており、それが否定されることに抵抗するからです。
– 彼らは自分の意見や感情を表現するのが苦手で、それが無視されることに不満を感じるからです。
– 彼らは自分の楽しみ方が独特で、それが強制されることに反発するからです。

INFJの性格や感情を理解することで、彼らとのコミュニケーションや関係をスムーズにすることができるでしょう。INFJの性格タイプの特徴や長所、短所、相性などについても知ることができます。INFJの性格タイプに誇りを持ち、自分の性格タイプを活かすことができます。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)