その他

MBTIのAとTとは?性格の違いや相性について徹底解説!

MBTIとは、人の性格を16種類に分類する理論です。

MBTIでは、人の性格は、外向性(E)と内向性(I)、感覚性(S)と直感性(N)、思考性(T)と感情性(F)、判断性(J)と知覚性(P)の4つの次元によって決まります。

しかし、MBTIには、これらの次元に加えて、A(アサーシブ)とT(タービュレント)という5番目の次元もあります。

では、AとTとは何でしょうか?

性格の違いや相性について解説していきます。

【MBTI】AとTとは?

AとTとは、自己評価や感情の安定性に関する次元です。AとTは、それぞれ以下のような特徴を持ちます。

  • A(アサーシブ):自信があり、ストレスに強い性格の人です。自分の能力や価値に自信を持ち、周囲の評価や状況に左右されません。目標に向かって努力するとともに、自分のペースやバランスを保ちます。しかし、自信がありすぎると、自己中心的になったり、他人の意見を聞かなかったりすることもあります。
  • T(タービュレント):自信がなく、ストレスに弱い性格の人です。自分の能力や価値に自信を持てず、周囲の評価や状況に影響されやすいです。目標に向かって努力するとともに、自分の成長や改善を求めます。しかし、自信がないと、不安や悩みが多くなったり、感情が不安定になったりすることもあります。

AとTは、他の4つの次元とは異なり、性格の本質ではなく、性格の表現や反応に関するものです。つまり、AとTは、同じ性格タイプでも、自分自身や周囲との関係において、どのように振る舞うかを示すものです。

【MBTI】MBTIのAとT性格の違い

AとTは、性格の違いを生み出します。AとTは、以下のような性格の違いを持ちます。

  • 自己評価:Aは、自分の能力や価値に自信を持ち、自分を肯定的に評価します。Tは、自分の能力や価値に自信を持てず、自分を否定的に評価します。
  • 感情の安定性:Aは、ストレスに強く、感情が安定しています。Tは、ストレスに弱く、感情が不安定です。
  • 目標設定:Aは、現実的で達成可能な目標を設定します。Tは、理想的で高い目標を設定します。
  • 努力の方向性:Aは、自分のペースやバランスを保ちながら、目標に向かって努力します。Tは、自分の成長や改善を求めながら、目標に向かって努力します。
  • 変化への対応:Aは、変化に対して柔軟に対応します。Tは、変化に対して敏感に反応します。

【MBTI】MBTIのAとT相性について

AとTは、相性にも影響を与えます。AとTは、以下のような相性を持ちます。

  • AとA:AとAは、お互いに自信があり、ストレスに強いため、安定した関係を築くことができます。しかし、自信がありすぎると、お互いに自己中心的になったり、他人の意見を聞かなかったりすることもあります。そのため、お互いに尊重し合うことが大切です。
  • AとT:AとTは、お互いに自信の有無やストレスの強さが異なるため、バランスの取れた関係を築くことができます。Aは、Tの不安や悩みを安心させたり、自信を与えたりすることができます。Tは、Aの自信やストレスを理解したり、感謝したりすることができます。しかし、自信の有無やストレスの強さがあまりにも違うと、お互いに理解しにくくなったり、不満に感じたりすることもあります。そのため、お互いに気遣いや配慮をすることが大切です。
  • TとT:TとTは、お互いに自信がなく、ストレスに弱いため、共感や支え合いのある関係を築くことができます。しかし、自信がなく、ストレスに弱いと、お互いに不安や悩みが多くなったり、感情が不安定になったりすることもあります。そのため、お互いに励ましやフィードバックをすることが大切です。

MBTIのAとTに関する実体験エピソード

MBTIの「A」と「T」は、性格の次元であり、神経性の高さを示します。それぞれ以下の特徴を持ちます。

A(アサーシブ)

自信があり、ストレスに強い性格です。自分の能力や価値に自信を持ち、周囲の評価に左右されません。目標に向かって努力する一方で、自分のペースやバランスを保ちます。ただし、自信がありすぎると自己中心的になることもあります。

T(タービュレント)

自信がなく、ストレスに弱い性格です。自分の能力や価値に自信を持てず、周囲の評価に影響されやすいです。目標に向かって努力する一方で、自分の成長や改善を求めます。ただし、自信がないと不安や悩みが増えることもあります。

これらの次元は、同じ性格タイプでも、自分自身や周囲との関係において、どのように振る舞うかを示します。学校でのエピソードについては、以下の特性を考慮しながら振り返ってみてください。

MBTIのAとTとは?性格の違いや相性について徹底解説!まとめ

MBTIのAとTとは、自己評価や感情の安定性に関する次元です。

Aは、自信があり、ストレスに強い性格の人です。Tは、自信がなく、ストレスに弱い性格の人です。AとTは、性格の違いや相性に影響を与えます。

AとTは、お互いに自信の有無やストレスの強さが異なるため、バランスの取れた関係を築くことができます。

しかし、自信の有無やストレスの強さがあまりにも違うと、お互いに理解しにくくなったり、不満に感じたりすることもあります。

そのため、お互いに尊重し合うことや気遣いや配慮をすることが大切です。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)