ISFP(冒険家)

ISFPタイプの欠点とその克服法とは?わかりやすく徹底解説!

ISFPタイプは、自分の感性や価値観に基づいて行動するタイプです。

芸術的な才能や人間性を重視し、自分のペースで生きることを好みます。

しかし、ISFPタイプにも欠点があります。この記事では、ISFPタイプの欠点とその克服法について紹介します。

ISFPタイプの欠点1. 現実的な問題に対処するのが苦手

ISFPタイプは、自分の感性や価値観に忠実に生きることを重視します。

そのため、現実的な問題に対処するのが苦手です。

例えば、お金や時間の管理、ルールや制度の遵守、計画や目標の立て方などです。ISFPタイプは、こういったことに興味がないか、面倒だと感じるか、自分には関係ないと思いがちです。

しかし、社会生活を送る上では、これらのことは避けて通れないものです。

ISFPタイプは、現実的な問題に目を向けることができないと、自分の理想と現実のギャップに苦しむことになります。

ISFPタイプの欠点2. 自己表現やコミュニケーションが苦手

ISFPタイプは、自分の感情や考えを言葉にするのが苦手です。

自分の内面は自分だけのものだと思っているか、他人に理解されないと思っているか、言葉にすることで自分の感性が損なわれると思っているか、どれかに当てはまるでしょう。

しかし、自分の内面を表現しないと、他人に自分のことを知ってもらうことができません。

ISFPタイプは、自己表現やコミュニケーションが苦手なため、孤独になったり、誤解されたり、人間関係にトラブルが起きたりすることがあります。

ISFPタイプの欠点3. 柔軟性や変化に対応するのが苦手

ISFPタイプは、自分の感性や価値観に基づいて行動することを好みます。

そのため、柔軟性や変化に対応するのが苦手です。例えば、自分のやり方や考え方にこだわりすぎたり、予期せぬ事態に動揺したり、新しいことに挑戦するのを嫌がったりします。

ISFPタイプは、自分の安定した世界に閉じこもることで、自分を守ろうとします。

しかし、世の中は常に変化しています。ISFPタイプは、柔軟性や変化に対応することができないと、自分の成長や可能性に制限をかけることになります。

ISFPタイプの欠点の克服法とは

ISFPタイプの欠点の克服法は、大きく分けて以下の3つに分類できます。

1. 現実的な問題に対処するために、自分の感性や価値観を活かす

ISFPタイプは、現実的な問題に対処するのが苦手ですが、それは自分の感性や価値観と矛盾するからです。しかし、自分の感性や価値観を否定するのではなく、活かすことができれば、現実的な問題に対処するのも楽しくなるかもしれません。例えば、お金や時間の管理は、自分の好きなことや大切なことに使うために必要なことだと考えると、モチベーションが上がるでしょう。ルールや制度の遵守は、自分の芸術的な才能や人間性を発揮するために必要な枠組みだと考えると、納得がいくでしょう。計画や目標の立て方は、自分の理想を実現するために必要な手段だと考えると、意欲がわくでしょう。ISFPタイプは、現実的な問題に対処するために、自分の感性や価値観を活かすことができれば、自分の理想と現実のギャップを埋めることができます。

2. 自己表現やコミュニケーションのために、自分の得意な方法を使う

ISFPタイプは、自己表現やコミュニケーションが苦手ですが、それは言葉にするのが苦手だからです。しかし、言葉以外にも自己表現やコミュニケーションの方法はあります。例えば、絵や音楽や写真などの芸術作品を作って見せたり、プレゼントや手紙やカードなどの物を贈ったり、ハグやキスや笑顔などの身体的な接触をしたりします。ISFPタイプは、自己表現やコミュニケーションのために、自分の得意な方法を使うことができれば、他人に自分のことを知ってもらうことができます。

3. 柔軟性や変化に対応するために、自分の感性や価値観を広げる

ISFPタイプは、柔軟性や変化に対応するのが苦手ですが、それは自分の感性や価値観に固執するからです。しかし、自分の感性や価値観は、固定されたものではなく、変化するものです。例えば、自分のやり方や考え方にこだわらず、他人のやり方や考え方にも興味を持ったり、試してみたりします。予期せぬ事態に動揺せず、チャンスや挑戦と捉えたり、楽しんだりします。新しいことに挑戦するのを嫌がらず、自分の芸術的な才能や人間性を発展させる機会と考えたり、期待したりします。

ISFPタイプは、柔軟性や変化に対応するために、自分の感性や価値観を広げることができれば、自分の成長や可能性を広げることができます。

ISFPタイプの欠点とその克服法について徹底解説!まとめ

ISFPタイプは、自分の感性や価値観に基づいて行動するタイプです。

芸術的な才能や人間性を重視し、自分のペースで生きることを好みます。しかし、ISFPタイプにも欠点があります。それは、現実的な問題に対処するのが苦手、自己表現やコミュニケーションが苦手、柔軟性や変化に対応するのが苦手です。これらの欠点を克服するためには、自分の感性や価値観を活かす、自分の得意な方法を使う、自分の感性や価値観を広げるという3つの方法があります。

ISFPタイプは、自分の欠点を克服することで、自分の理想と現実のバランスをとり、自分の魅力を発揮することができます。

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です