ESFP(エンターテイナー)

ESFP-Tと相性の良いタイプは?恋愛や友情、仕事での関係について徹底解説!

ESFP-Tとは、外向的で感覚的、情緒的、柔軟な性格の人です。MBTIでは「エンターテイナー」と呼ばれ、人との交流や楽しみを求めるタイプです。

しかし、T(タービュレント)という特徴が加わると、自信がなかったり、感情が不安定だったりすることもあります。

では、ESFP-Tと相性の良いタイプはどのようなものでしょうか?恋愛や友情、仕事での関係を分析してみましょう。

ESFP-T恋愛での相性

ESFP-Tは、恋愛においても人とのつながりや楽しさを重視します。パートナーには、自分の気持ちを受け止めてくれたり、一緒に冒険したり、刺激を与えてくれたりする人を求めます。しかし、自分の感情に左右されやすく、自己評価が低かったり、嫉妬深かったりすることもあります。そのため、パートナーには、安定感や理解力、忍耐力も必要です。

ESFP-Tと相性の良いタイプは、以下のようなものが考えられます。

  • ENFP-T:ESFP-Tと同じく外向的で感覚的、情緒的、柔軟な性格の人です。ENFP-Tは、ESFP-Tの感情を共感してくれたり、創造的なアイデアや冒険心で楽しませてくれたりします。また、ENFP-Tは、直感的に物事を捉えるため、ESFP-Tの行動や思考に寛容で理解しやすいです。しかし、ENFP-TもT(タービュレント)という特徴があるため、自信がなかったり、感情が不安定だったりすることがあります。そのため、お互いに支え合う必要があります。
  • ISFJ-A:ESFP-Tとは逆に内向的で感覚的、判断的、安定した性格の人です。ISFJ-Aは、ESFP-Tの気持ちを優しく受け止めてくれたり、忠実にサポートしてくれたりします。また、ISFJ-Aは、現実的に物事を整理するため、ESFP-Tの行動や思考に秩序や安定感を与えてくれます。しかし、ISFJ-AはA(アサーシブ)という特徴があるため、自信がありすぎたり、頑固だったりすることがあります。そのため、お互いに尊重し合う必要があります。

ESFP-T友情での相性

ESFP-Tは、友情においても人とのつながりや楽しさを重視します。友人には、自分の話を聞いてくれたり、一緒に遊んだり、笑わせてくれたりする人を求めます。しかし、自分の感情に左右されやすく、自己評価が低かったり、人間関係に悩んだりすることもあります。そのため、友人には、誠実さや気遣い、励ましも必要です。

ESFP-Tと相性の良いタイプは、以下のようなものが考えられます。

  • ESTP-T:ESFP-Tと同じく外向的で感覚的、情緒的、柔軟な性格の人です。ESTP-Tは、ESFP-Tの話を楽しく聞いてくれたり、行動的な遊びや冒険で盛り上げてくれたりします。また、ESTP-Tは、論理的に物事を分析するため、ESFP-Tの悩みや問題に対して的確なアドバイスをしてくれます。しかし、ESTP-TもT(タービュレント)という特徴があるため、自信がなかったり、感情が不安定だったりすることがあります。そのため、お互いに気を配る必要があります。
  • INFJ-A:ESFP-Tとは逆に内向的で直感的、判断的、安定した性格の人です。INFJ-Aは、ESFP-Tの話を真剣に聞いてくれたり、深い理解や共感を示してくれたりします。また、INFJ-Aは、理想的に物事を見るため、ESFP-Tの夢や目標に対して応援や励ましをしてくれます。しかし、INFJ-AはA(アサーシブ)という特徴があるため、自信がありすぎたり、批判的だったりすることがあります。そのため、お互いに柔軟になる必要があります。

ESFP-T仕事での相性

ESFP-Tは、仕事においても人とのつながりや楽しさを重視します。同僚や上司には、自分の意見や感情を尊重してくれたり、一緒に協力したり、ユーモアを交えてくれたりする人を求めます。しかし、自分の感情に左右されやすく、自己評価が低かったり、ストレスに弱かったりすることもあります。そのため、同僚や上司には、信頼感や指導力、フィードバックも必要です。

ESFP-Tと相性の良いタイプは、以下のようなものが考えられます。

  • ENTP-T:ESFP-Tと同じく外向的で直感的、情緒的、柔軟な性格の人です。ENTP-Tは、ESFP-Tの意見や感情を尊重してくれたり、創造的なアイデアや挑戦で刺激してくれたりします。また、ENTP-Tは、論理的に物事を解決するため、ESFP-Tの仕事や課題に対して効率的な方法を提案してくれます。しかし、ENTP-TもT(タービュレント)という特徴があるため、自信がなかったり、感情が不安定だったりすることがあります。そのため、お互いにサポートし合う必要があります。
  • ISTJ-A:ESFP-Tとは逆に内向的で感覚的、判断的、安定した性格の人です。ISTJ-Aは、ESFP-Tの意見や感情を真摯に受け止めてくれたり、責任感や実行力でリードしてくれたりします。また、ISTJ-Aは、現実的に物事を計画するため、ESFP-Tの仕事や課題に対して明確な目標や期限をを設定してくれます。しかし、ISTJ-AはA(アサーシブ)という特徴があるため、自信がありすぎたり、厳格だったりすることがあります。そのため、お互いに柔軟になる必要があります。

ESFP-Tと相性の良いタイプは?恋愛や友情、仕事での関係について徹底解説!まとめ

ESFP-Tは、外向的で感覚的、情緒的、柔軟な性格の人です。

人との交流や楽しみを求めるタイプですが、自信がなかったり、感情が不安定だったりすることもあります。

ESFP-Tと相性の良いタイプは、恋愛や友情、仕事での関係によって異なりますが、一般的には、ESFP-Tの感情を受け止めてくれたり、刺激を与えてくれたりするタイプや、安定感や理解力、忍耐力を持つタイプが良いと言えます。

ESFP-Tは、自分の感情に左右されないように注意しながら、人との関係を楽しむことができるでしょう。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)