ESFJ(領事)

ESFJと相性が悪いタイプTOP16!MBTIで見る人間関係の秘訣について徹底解説!

MBTIとは、人の性格を16種類に分類する心理学的ツールです。

MBTIでは、自分の性格タイプを知ることで、自分の強みや弱み、適職や恋愛傾向などを理解することができます。また、他人の性格タイプを知ることで、人間関係の構築やコミュニケーションの改善に役立ちます。

この記事では、MBTIの中でも最も社交的で温かいタイプであるESFJと相性が悪いタイプについて紹介します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

SFJは最も社交的で温かいタイプであり、相性が悪いタイプとして以下が挙げられる:

ISTP(アイエスティーピー):冷静で分析的な性格で感情よりも論理を重視。

INTP(アイエヌティーピー):知識欲旺盛で論理的思考を好む。

ENTP(イーエヌティーピー):議論好きで新しいアイデアを追求。

INTJ(アイエヌティージェイ):戦略的で冷静な性格で感情よりも論理を重視。

ENFP(イーエヌエフピー):自由奔放で創造的な性格。

領事館(ESFJ)のあるある20選!社交的なキャラクターに関すること

ESFJと相性が悪いタイプ1. ISTP(アイエスティーピー)

ESFJISTPの相性については、両者が異なる性格特性を持つため、一部の面で課題を抱えることがあります。

ESFJは外向的で感情的な特徴を持ち、人々との関わりや社会的な繋がりを大切にし、感情やニーズに敏感です。一方、ISTPは内向的で実用的、論理的な思考に優れ、問題解決や技術的なスキルに長けています。

この性格の違いから、ESFJとISTPは以下のような対立点を持つ可能性があります。

コミュニケーション

ESFJは感情表現が豊かで、他人との調和を重視しますが、ISTPは感情表現が苦手で、自己主張が強い傾向があります。

社交性

ESFJは社交的でグループ活動を好むのに対し、ISTPは単独で行動することを好みます。

感情と論理

ESFJは感情に基づいて行動することが多く、ISTPは論理的で現実的な判断を優先します。

しかし、相性が悪いとされる組み合わせでも、お互いの違いを理解し、尊重することで良好な関係を築くことが可能です。例えば、ESFJはISTPの冷静さや技術的なスキルを尊重し、ISTPはESFJの思いやりや社交性を評価することができます。また、共通の興味や目標を見つけることで、関係性を深めることもできます。

相性が悪いとされる関係でも、お互いの強みを活かし、相手を尊重することで、豊かな関係を築くことができるでしょう。重要なのは、互いの違いを受け入れ、コミュニケーションを通じて理解を深めることです。

ESFJと相性が悪いタイプ2. INTP(アイエヌティーピー)

ESFJINTPの相性については、両者が異なる価値観を持っているため、一部の面で衝突が起こりやすいとされています。

ESFJは感情を重視し、人間関係を大切にする傾向がありますが、INTPは論理的思考を好み、独創的なアイデアを追求することが特徴です。

例えば、ESFJは人とのつながりや伝統を重視し、周囲の期待に応えようと努力します。一方で、INTPは自分のペースを大切にし、抽象的な考えに没頭することがあります。このような違いから、ESFJはINTPの行動を理解しにくいと感じることがあり、INTPはESFJの感情的な反応に戸惑うことがあるでしょう。

しかし、お互いの違いを尊重し合い、コミュニケーションを通じて理解を深めることで、良好な関係を築くことも可能です。INTPはESFJの社交性や思いやりを評価し、ESFJはINTPの知識や洞察力を尊重することができます。

実際の学校の環境では、ESFJとINTPが協力してプロジェクトを進める際には、お互いの強みを活かすことが重要です。ESFJの協調性とINTPの分析力を組み合わせることで、より効果的なチームワークを実現することができるでしょう。ただし、価値観の違いを乗り越え、お互いの意見を尊重することが、成功への鍵となります。

ESFJと相性が悪いタイプ3. ENTP(イーエヌティーピー)

ENTP(討論者型)は、MBTIの性格タイプの一つで、非常に独創的で知的な特徴を持っています。

ENTPは、新しいアイデアや視点を追求し、柔軟な発想力で次々にアイデアを生み出すことが得意です。彼らは好奇心旺盛で、議論や討論を楽しむ社交的な性格をしており、型にはまった考え方をせず、人とコミュニケーションを取りながら物事を考えていく力に溢れています。

しかし、ENTPは自信過剰であったり、相手に求めすぎる傾向があるため、他のタイプとの相性においては、時に衝突を引き起こすこともあります。特に、ESFJとは相性が悪いとされています。ESFJは伝統や秩序を重んじ、協調性を大切にするのに対し、ENTPは自由な発想と変化を求めるため、価値観の違いから衝突が起こりやすいです。

ENTPの強みには、機転が利く、社交的、頭の回転が早い、独創的、自信家、探求心が強い、型にとらわれない、切り替えが早いなどがあります。一方で、弱みとしては、自信過剰、相手に求めすぎる、飽きっぽい、気分屋、冷徹に人を判断する、計画性に欠ける、単調な作業が苦手、自己を正当化する、ルーチンワークが苦手、屁理屈が多い、プライドが高い、否定されるのが苦手、衝動的、ルールを破りがちなどが挙げられます。

ENTPは、自由で独創的な発想が求められる仕事や、自己裁量に任せてもらえる環境、人と議論や意見交換が活発にできる職場などに向いています。適職としては、起業家、ベンチャー経営者、発明家、弁護士、映画監督、投資家、イベントプランナー、広告代理店、建築家、写真家、コンサルティング、コメンテーター、デザイナー、エンジニアなどが挙げられます。

恋愛においては、ENTPは刺激的な恋愛を好み、知的で思慮深い会話ができる人を求めます。束縛は嫌いで自由でいたいと考えるため、保守的で安定志向の人とは相性が悪いとされています。

以上の特徴を踏まえると、ENTPは非常に魅力的な性格タイプでありながら、他のタイプとの相性においては、価値観の違いから衝突が起こりやすいことが理解できます。MBTIは個人の性格を理解するための一つのツールであり、人間関係を円滑にするためには、相互理解と尊重が重要です。

ESFJと相性が悪いタイプ4. INTJ(アイエヌティージェイ)

ESFJINTJの相性については、一般的には良いとされています。

ESFJは「領事」とも呼ばれ、社交的で人間関係を重視する性格を持っています。

一方、INTJは「建築家」とも呼ばれ、内向的で独立心が強く、論理的思考を重視します。これらの性格の違いが、互いに補完し合い、バランスの良い関係を築くことができると考えられています。

ESFJは人間関係を大切にし、他者の感情やニーズに敏感です。彼らは温かく、思いやりがあり、チームワークを重視します。一方で、INTJは独立心が強く、戦略的な思考が得意で、将来に向けた計画を立てることを好みます。このような特性の違いが、お互いの強みを補い合うことで、相性が良いとされる理由です。

ただし、相性が良いとされる一方で、ESFJとINTJはコミュニケーションの方法や価値観において異なる点が多く、理解し合うためにはお互いの違いを受け入れ、尊重することが重要です。また、意見の相違や感情の衝突が起こる可能性もありますが、オープンなコミュニケーションを通じてお互いのニーズや期待に対する理解を深めることが、良好な関係を築くための鍵となります。

したがって、ESFJとINTJの相性は、お互いの性格の違いを理解し、価値を見出し、受け入れることで、非常に良い関係を築くことができると言えるでしょう。

ESFJと相性が悪いタイプ5. ENFP(イーエヌエフピー)

ENFP(イーエヌエフピー)とESFJ(イーエスエフジェイ)の相性については、一般的には良好とされていますが、いくつかの点で対立する可能性があります。

ENFPは直感的で創造的な性格を持ち、新しいアイデアや可能性を追求することを好みます。一方、ESFJは実用的で組織的な性格を持ち、伝統や秩序を重んじる傾向があります。

ENFPは自由を重視し、自分の感情や価値観に基づいて行動することが多いです。これに対して、ESFJは社会的な規範や他人の期待に応えることを重要視します。このため、ENFPの自由奔放な行動がESFJの安定志向と衝突することがあります。

しかし、両者は共感的で協力的な関係を築くことができるとも言われています。ENFPの創造性と柔軟性がESFJの組織力と人間関係に対する洞察力を補完し、互いに理解し合い、協力することで成功を収めることができます。

対立するポイントとしては、コミュニケーションスタイルや意思決定の方法に違いがあることが挙げられます。ENFPは非常に創造的で直感的な人であり、アイデアを自由に飛び交わせるのに対し、ESFJは現実的で実用的であり、具体的な詳細に重点を置きます。この違いが、互いの理解を難しくすることがあります。

総じて、ENFPとESFJは相性が良いとされていますが、互いの強みを活かし、対立するポイントを理解し合うことが重要です。お互いの立場や意見に対しても注意深く耳を傾けることで、より良い関係を築くことができるでしょう。

ESFJと相性が悪いタイプ6. ISFP(アイエスエフピー)

ESFJISFPの相性に関しては、一般的には良好な関係を築くことができるとされています。

両者は感情的なつながりを重視し、他者に敏感な性格を持っているため、お互いを理解し合える強い絆を生み出すことが可能です。

ESFJは「領事官」とも呼ばれ、組織力と人間関係に対する洞察力があります。一方、ISFPは「冒険家」とも呼ばれ、創造性と感情的な理解力を持っています。これらの特性が補完し合い、共感的な関係を築くことができます。

しかし、ISFPの即興性とESFJの計画性が衝突することもあり得ます。また、物事に対する認識や態度の違いで不仲になることもあるため、お互いの意見に固執しすぎず、相手を許容することが大切です。距離を置いてクールダウンすることも時には必要です。

お互いの違いを認め合い、建設的な関係を心がけることで、相補的で尊敬し合える関係を築くことができます。

大きな視点を共有して語り合うことで、有益で意味のある関係性が期待できるでしょう。重要なのは、互いの強みを活かし、相手を尊重することです。

共通のテーマに向けて共に成長していくことが、両者にとって最も充実した関係を築く鍵となります。

ESFJと相性が悪いタイプ7. ENTJ(イーエヌティージェイ)

ESFJENTJの相性に関しては、両者が外向的でリーダーシップや組織運営に向いている点で共通していますが、そのアプローチには違いがあります。

ESFJは人間関係やコミュニケーションを重視し、感情的なサポートを提供することに長けています。一方、ENTJは戦略的思考や目標達成に向けた行動力が特徴です。

ESFJは協調性があり、チームの調和を大切にします。彼らは他人の感情やニーズに敏感で、社会的な規範や伝統を尊重する傾向があります。対照的に、ENTJは自信満々で、効率と実用性を重視し、感情よりも論理と事実に基づいて決断することが多いです。

この性格の違いは、特に意思決定のプロセスや目標の設定において摩擦を生じさせる可能性があります。ESFJが決断力に欠けると感じる場合、ENTJの決定的な性格と競争心は、ESFJの協調性とは異なるアプローチを示すことになります。

しかし、お互いの強みを理解し、尊重することで、ESFJとENTJは互いを補完し合い、共に成長することができます。コミュニケーションを通じて互いの期待や目標を共有し、役割や責任を明確にすることで、良好な関係を築くことが可能です。

実際の学校や職場などの環境では、ESFJとENTJが協力して取り組むことで、プロジェクトやビジネスの成功に向けて効果的に動くことができるでしょう。ENTJの戦略的思考とリーダーシップが、ESFJの組織力と人間関係を重視する性質を補完し、共通の目標に向けて協力して効果的に動くことが期待されます。

ESFJと相性が悪いタイプ8. ISTJ(アイエスティージェイ)

ISTJ(管理者型)は、MBTIの性格タイプの一つで、内向的、感覚的、思考的、判断的な特徴を持つ人を指します。

ISTJは非常に真面目で計画的な努力家であり、責任感が強く、規律正しい性格です。彼らは自分の仕事や役割に対して高い基準や目標を持ち、効率的に遂行することができます。

ISTJの強みには、計画性、集中力、几帳面さ、論理的思考、冷静沈着さ、忍耐力、規律を守ること、真面目さ、記憶力、信頼性などがあります。一方で、弱みとしては、ルールにこだわりすぎる、感情表現が苦手、柔軟性に欠ける、新しいことへの抵抗感、チームプレイが苦手などが挙げられます。

適職としては、エンジニア、アナリスト、薬剤師、品質管理、ドライバー、公務員、警察官、機械オペレーター、アクチュアリー、職人、メンテナンス職、農家、中間管理職、経理などが向いています。一方で、クリエイター、営業、広報、ジャーナリスト、受付、介護職、営業マネージャー、イベントプランナー、写真家、美容師、幼稚園の先生、アーティスト、デザイナー、俳優などは向いていないとされています。

恋愛においては、ISTJは短期的な関係よりも長期的な関係を重視し、デートの約束や計画は必ず守ります。献身的に相手に尽くすタイプで、関係を深めるのに時間がかかりますが、一途で浮気をせず、裏切らないとされています。

ESFJとの相性については、ESFJが協調性を重んじ、感情を大切にするのに対し、ISTJはルールや計画を重視し、感情表現が苦手なため、価値観の違いから衝突が起こりやすいと言えます。しかし、MBTIはあくまで一つの指標に過ぎず、個々の人間関係においては、相互理解と尊重が重要です。

ESFJと相性が悪いタイプ9. ESTP(アイーエスティーピー)

ESFJESTPの相性については、一般的には特殊な関係が形成されると言われています。

ESFJは「先生」のような役割を果たし、ESTPは「生徒」のような立場になることが多いです1。この関係では、ESFJがESTPに対して何かを教え導くことが多く、ESTPはESFJから学ぶことが多いとされています。

具体的には、ESTPは冒険心があり、新しい体験や挑戦を楽しむタイプですが、ESFJはより安定した環境を求める傾向があります。この違いが、お互いに新しい視点を提供し、相互の成長につながる可能性があります。

しかし、ESTPが自己中心的な行動を取ることがある一方で、ESFJは他人との関係を重視するため、対立することもあります。ESTPはリスクを取ることを好むのに対し、ESFJは安全な選択を好むため、意見が衝突することがあるでしょう。

このような相性の特性を理解し、互いに尊重し合いながらコミュニケーションを取ることが、より良い関係を築くために重要です。お互いの長所を認め合い、短所を補い合うことで、両者にとって有益な関係が築けるでしょう。

ESFJと相性が悪いタイプ10. ENFJ(イーエヌエフジェイ)

ENFJ(イーエヌエフジェイ)とESFJ(イーエスエフジェイ)の相性については、一般的には普通とされています。

これらのタイプは、他人に感情移入しやすく、感情表現が豊かで、人間関係において洞察力に優れている点で共通しています。

しかし、似ているようで物事の捉え方や感じ方には違いがあり、一緒にいる時間が増えると、その違いが顕著になることがあります。例えば、ENFJは理想を追求する傾向があり、大きなビジョンを持って行動することが多いです。一方で、ESFJはより実用的で、具体的な計画を立てて行動することを好みます。このため、同じ目標に向けて協力しようとすると、アプローチの違いが明らかになり、相手のやり方に納得できない場合があるかもしれません。

また、どちらも社交的で親密な関係を築くことができるため、当初は話が合うかもしれませんが、得意なポイントやつまずくポイントも似ているため、共感し合うことも多いです。しかし、興味関心が似通っているものの、物事に対するアプローチの仕方が全然違うため、一緒に働く場合にはその違いがより顕著に現れるでしょう。

適度な距離を保ち、お互いの違いを理解した上で長所を認め合えば、色々と話し合える良き友人になることができます。ENFJとESFJは、お互いを補完し合い、非常に良好な相性を持つ可能性がありますが、対等の関係を保つことが重要です。

ESFJと相性が悪いタイプとの人間関係のコツは?

ESFJと相性が悪いタイプとの人間関係のコツは、以下のような点に注意することです。

  • ESFJは、自分の感情や価値観に対して情熱を持っているので、それを否定されたり、軽視されたりしないようにしましょう。また、ESFJの感情や価値観に対して興味を持って聞いてあげたり、理解しようとしたりしましょう。
  • ESFJは、自分の感情や価値観を表に出すので、それを尊重してあげましょう。また、ESFJの感情や価値観に対して無関心だったり、反対だったりすると、ESFJは傷ついたり、怒ったりします。ESFJの感情や価値観を理解しようと努めましょう。
  • ESFJは、ルールや約束に束縛されるのが嫌いなので、それを破ったり、無視したりしないようにしましょう。また、ESFJのルールや約束に対して無関心だったり、自分の自由や楽しみを優先したりすると、ESFJは不信感や嫌悪感を抱きます。ESFJのルールや約束を尊重しましょう。
  • ESFJは、人付き合いや世話焼きは得意なので、それを強要したり、期待したりしないようにしましょう。また、ESFJの人付き合いや世話焼きに対して感謝しましょう。

ESFJと相性に関する実体験エピソード

私は、グループプロジェクトでESFJタイプのクラスメートと一緒に働くことになりました。

ESFJの人は、非常に協調性があり、チームワークを重視する性格です。彼らは、グループの和を保ちながら、皆が一致団結して目標に向かえるよう努力します。

ある日、私たちのグループは、重要なプレゼンテーションの準備に追われていました。ESFJのクラスメートは、リーダーシップを発揮して、タスクの分担を公平に行い、プロジェクトの進行をスムーズにしました。彼らは、メンバー一人ひとりの意見を尊重し、積極的にフィードバックを求めることで、全員が参加しやすい環境を作り出していました。

しかし、私たちのグループには、意見を積極的に言わない内向的なメンバーもいました。ESFJのクラスメートは、そのメンバーが快適に感じられるよう配慮し、個別に意見を聞き出す時間を設けるなど、細やかな気配りを見せてくれました。その結果、グループ全体のアイデアが豊かになり、最終的なプレゼンテーションは大成功に終わりました。

この経験から、ESFJの人々との相性は、彼らの社交性と協力性によって、チームワークが向上し、プロジェクトが成功する可能性が高まることを学びました。また、彼らの思いやりと配慮が、チーム内のコミュニケーションを円滑にし、メンバー間の信頼関係を築くのに役立つことも実感しました。ESFJの人々は、学校のような集団活動において、貴重な存在であると言えるでしょう。

ESFJと相性が悪いタイプTOP16!MBTIで見る人間関係の秘訣について徹底解説!まとめ

以上、ESFJと相性が悪いタイプについて紹介しました。

ESFJと相性が悪いタイプは、ESFJの感情や価値観に対して無関心だったり、反対だったりするタイプです。

ESFJと相性が悪いタイプとの人間関係のコツは、ESFJの特徴に対して注意することです。

ESFJの性格タイプについて、ぜひ参考にしてみてください。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)