ESTJ(幹部)

ESTJ-tの相性はどんなタイプと良い?MBTIで見る恋愛や友情の傾向とは?

MBTIという心理学的ツールで分類される16種類の性格タイプの中で、ESTJ-tは、「使命感に燃える仕切り屋」とも呼ばれ、自分の感覚や思考に基づいて行動するタイプです。

ESTJ-tは、その真面目で責任感の強い性格から、多くの人に信頼される魅力を持っています。しかし、ESTJ-tは、感情の起伏が激しく、自己評価が厳しいという特徴も持っています。

この記事では、ESTJ-tの相性について、恋愛や友情の観点から分析していきます。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • MBTIとは、16種類の性格タイプを心理学的ツールで分類するもので、ESTJ-tは「使命感に燃える仕切り屋」とされる。
  • ESTJ-tは真面目で責任感が強く、多くの人に信頼されるが、感情の起伏が激しく自己評価が厳しい特徴を持つ。
  • ESTJ-tの相性の良いタイプは、INFJ、ISTJ、ENFPなどの感覚や感情に基づいて行動するタイプで、相性の悪いタイプは、INFP、- MBTIとは、16種類の性格タイプを分類する心理学的ツールで、ESTJ-tは「使命感に燃える仕切り屋」と呼ばれるタイプ。
  • ESTJ-tは真面目で責任感が強く、多くの人に信頼されるが、感情の起伏が激しく自己評価が厳しい特徴を持つ。
  • ESTJ-tの相性の良いタイプは、INFJ、ISTJ、ENFPなどで、相性の悪いタイプはINFP、ESFPなど。

ESTJ-tの相性の良いタイプ①INFJ(静かな理想主義者)

INFJは、自分の直感や感情に基づいて行動するタイプで、ESTJ-tとは対照的な内向型です。

自分の理想やビジョンに向かって情熱的に行動するタイプで、深い洞察力や共感力を持っています。

ESTJ-tの現実的さや行動力に惹かれ、ESTJ-tは、INFJの理想主義や感性に惹かれます。

ESTJ-tの感情の起伏に対応できず、落ち着きを与えます。ESTJ-tは、INFJの理想の追求に対応できず、勇気を与えます。このように、互いに尊敬しあう関係になります。

ESTJ-tの相性の良いタイプ②ISTJ(クールで真面目な努力家)

ISTJは、自分の感覚や思考に基づいて行動するタイプで、ESTJ-tと同じく感覚優位型です。

ISTJは、自分の義務や責任に忠実で、論理的で計画的に物事を進めるタイプです。ISTJは、ESTJ-tの真面目さや責任感に共感し、ESTJ-tは、ISTJの堅実さや努力家の姿勢に共感します。ISTJは、ESTJ-tの感情の起伏に付き合い、安定感を与えます。

ESTJ-tは、ISTJの理性の強さに付いていき、信頼感を与えます。このように、互いに支えあう関係になります。

ESTJ-tの相性の良いタイプ③ENFP(ワクワクを追い求める海賊王)

ENFPは、自分の直感や感情に基づいて行動するタイプで、ESTJ-tと同じく外向型です。

ENFPは、新しいことや人に興味を持ち、自由で楽しいことを求めるタイプです。ENFPは、ESTJ-tのエネルギッシュさやチャレンジ精神に共感し、ESTJ-tは、ENFPの柔軟さや創造性に共感します。

ENFPは、ESTJ-tの自己評価を高め、ポジティブな影響を与えます。ESTJ-tは、ENFPの直感を尊重し、リアリスティックな影響を与えます。

このように、互いに刺激しあう関係になります。

ESTJ-tの相性の悪いタイプ①INFP(理想を追い求めるアーティスト)

INFPは、自分の直感や感情に基づいて行動するタイプで、ESTJ-tとは対照的な内向型です。

自分の理想やビジョンに向かって情熱的に行動するタイプで、深い感受性や思いやりを持っています。

ESTJ-tの現実的さや行動力に不満を感じ、ESTJ-tは、INFPの理想主義や感性に不満を感じます。INFPは、ESTJ-tの感情の起伏に対応できず、疲れます。

ESTJ-tは、INFPの理想の追求に対応できず、疎外感を感じます。このように、互いに理解しあえない関係になります。

ESTJ-tの相性の悪いタイプ②ESFP(感性豊かなお調子者)

ESFPは、自分の感覚や感情に基づいて行動するタイプで、ESTJ-tとは対照的な外向型です。

ESFPは、自分の価値観や美意識に忠実で、芸術的な才能や表現力を持っています。ESFPは、ESTJ-tの真面目さや規律性にイライラし、ESTJ-tは、ESFPの軽率さや無責任さにイライラします。ESFPは、ESTJ-tの感情の起伏に付き合えず、うんざりします。

ESTJ-tは、ESFPの感情の起伏に付き合えず、うんざりします。

このように、互いに不快感を抱く関係になります。

ESTJ-tの相性に関する実体験エピソード

私が学校での経験から学んだことは、ESTJ-tタイプの人々は、しっかりとしたリーダーシップと組織力を持っているということです。あるプロジェクトで、私たちのグループリーダーはESTJ-tでした。彼は非常に実用的で、計画的なアプローチを持っており、グループのメンバー一人ひとりの強みを理解し、それを活かす方法を知っていました。

例えば、私たちが学校祭の準備をしていた時、彼は各メンバーの能力を見極め、誰がデザイン、誰がスケジュール管理、誰が実行に最適かを判断しました。彼の決断力と指導力により、私たちは効率的にタスクを分担し、成功裏にイベントを運営することができました。

しかし、ESTJ-tの人々は時に頑固で、自分の意見が正しいと信じているため、他の意見に耳を傾けないことがあります。この性質は、グループ内で意見の相違がある時には、対立を引き起こす原因となることもありました。私たちのグループでは、意見の衝突を避けるために、オープンなコミュニケーションと相互尊重を心がけていました。

総じて、ESTJ-tのリーダーは、計画性と実行力があり、チームを成功に導く強い能力を持っていますが、柔軟性と他者の意見を受け入れることも大切だということを、私の学校での経験が教えてくれました。

ESTJ-tの相性についてのまとめ

以上、ESTJ-tの相性について、恋愛や友情の観点から分析しました。

ESTJ-tは、自分の感覚や思考に基づいて行動するタイプで、真面目で責任感の強い性格です。

しかし、ESTJ-tは、感情の起伏が激しく、自己評価が厳しいという特徴も持っています。

ESTJ-tの相性の良いタイプは、INFJ、ISTJ、ENFPなどの感覚や感情に基づいて行動するタイプです。ESTJ-tの相性の悪いタイプは、INFP、ESFPなどの内向型で感性的なタイプです。

ESTJ-tの相性について、ぜひ参考にしてみてください。

ABOUT ME
この記事の監修者
MBTIラボ編集部。2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTIラボ」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA