ENFP(運動家)

ENFPが生きづらい理由15選!16性格診断で自分のタイプについて徹底解説!

ENFPは、16性格診断で、冒険心があり、感受性が豊かで、人との関係を大切にする人とされる性格です。

ENFPは、自分の興味や感情に従って、自由に生きることを好む人です。

しかし、ENFPには「生きづらい」という噂もあります。

この記事では、ENFPが生きづらい理由と、それを克服する方法について解説します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • ENFPは16性格診断で、冒険心があり、感受性が豊かで、人との関係を大切にする性格とされる。
  • ENFPは自分の興味や感情に従って、自由に生きることを好む人。
  • ENFPには「生きづらい」という噂がある。
  • ENFPが生きづらい理由とそれを克服する方法について解説されている。

…etc

MBTIでわかる情熱家タイプはどれ?自分の性格と相性のいい仕事や恋人を見つけよう

ENFPが生きづらい理由1. 常に新しい刺激を求める心

ENFP型の人々は、その自由奔放な精神と冒険心から、常に新しい刺激を求める心を持っています。

彼らは好奇心旺盛で、新しいアイデアや経験に対する強い渇望を持ち、日々の生活においても変化と刺激を求め続けます。この特性は、創造性や柔軟性を促進する一方で、生きづらさを感じる原因にもなり得ます。

新しい刺激を求める心の影響

ENFP型の人々は、ルーティンワークや単調な作業にすぐに飽きてしまい、新しいプロジェクトや趣味に飛びつくことが多いです。しかし、これが継続性の欠如につながり、長期的な計画や目標に集中するのを難しくさせることがあります。また、彼らはしばしば、現在の状況に満足せず、常に何か足りないと感じることがあります。

生きづらさへの対処

ENFP型の人々が生きづらさを感じないようにするためには、自分の内面の声に耳を傾け、自分にとって本当に重要なものが何かを見極めることが重要です。また、新しい刺激を求めることと、現実的な目標達成のバランスを取ることも大切です。彼らが自分の強みを理解し、それを活かす方法を見つけることができれば、より充実した人生を送ることが可能になります。

ENFP型の人々は、新しい刺激を求める心が強いため、生きづらさを感じることがありますが、それを理解し、適切に対処することで、彼ら独自の才能を生かし、充実した人生を送ることができるのです。彼らのこの特性は、彼らを魅力的でユニークな存在にしていますが、同時に自己管理と自己受容の重要性を教えてくれます。ですから、ENFP型の人々は、自分の性格を理解し、それを受け入れることで、生きづらさを乗り越え、自分らしい人生を歩むことができるのです。\

ENFPが生きづらい理由2. 感情の起伏が激しい

ENFPタイプの人々は、その情熱的で感受性が豊かな性格から、感情の起伏が激しいと言われることがあります。

彼らは多くのことに興味を持ち、新しい刺激に対して強く反応するため、喜びや興奮を深く感じることができます。しかし、その反面で、小さな失敗や否定的なフィードバックにも強く反応してしまい、落ち込みやすい傾向にあります。

このような感情の起伏は、ENFPが日常生活や職場での関係性において、自分の感情をコントロールすることに苦労する原因となることがあります。例えば、楽しい出来事に対しては非常に高揚する一方で、ストレスやプレッシャーを感じると急速に気分が沈むことがあります。これは、彼らが周囲の環境や人々の感情に敏感であるため、他人の気持ちに共感しやすく、それが自分の感情にも影響を与えるからです。

また、ENFPは自分の感情を表現することに長けており、その表現力の豊かさが人々を惹きつける一因となっていますが、感情が高ぶった状態での行動や発言が、時には周囲の人々を困惑させることもあります。特に、冷静な判断が求められる状況で感情に流されやすいため、職場などでの意思決定においては注意が必要です。

ENFPの感情の起伏が激しいことは、彼らの創造性や情熱を生み出す源泉でもありますが、同時に生きづらさを感じる要因ともなっています。この特性を理解し、適切に対処することで、ENFPは自分の感情を豊かにしながらも、よりバランスの取れた生活を送ることができるでしょう。

ENFPが生きづらい理由3. 他人の期待に応えようとするあまり

ENFPタイプの人々は、非常に社交的で創造的な性格を持っており、周囲の人々との強いつながりを大切にします。

しかし、この性質が「生きづらさ」を感じる原因にもなり得ます。特に、「他人の期待に応えようとするあまり」という点において、ENFPは苦労することがあります。

他人を喜ばせたいという強い願望

ENFPは他人を喜ばせることに大きな喜びを感じるため、時には自分の感情やニーズを無視してまで他人の期待に応えようとします。これにより、自分自身を犠牲にしてしまうことがあります。

過度な責任感

ENFPは、他人からの期待に応えることに対して強い責任感を持ちます。これが過度になると、自分に課せられた責任を果たすために、自分の健康や幸福をおろそかにしてしまうことがあります。

境界線の設定が難しい

ENFPは、他人との関係性において境界線を引くのが苦手なことが多いです。その結果、他人の要求に対して「いいえ」と言うことが難しくなり、自分の時間やエネルギーを過剰に他人に使ってしまうことがあります。

これらの理由から、ENFPは他人の期待に応えようとするあまり、自分自身の内面の声を聞くことが難しくなり、ストレスや燃え尽き症候群に陥りやすくなります。ENFPの人々が健康的な自己管理を行い、自分自身のニーズにも注意を払うことが大切です。自分の限界を知り、時には自分のために「いいえ」と言う勇気を持つことも、ENFPが生きやすくなるための重要なステップです。

ENFPが生きづらい理由4. 決断の遅さ

ENFP型の人々が生きづらさを感じる理由の一つに、「決断の遅さ」があります。

ENFP型は、可能性を追求し、新しいアイデアや経験に対して非常にオープンな性格です。彼らは多くの選択肢を探求し、それぞれの選択がもたらす可能性を想像することを楽しむため、決断を下すのに時間がかかることがあります。

ENFP型は、直感的な判断力と柔軟性を持ち合わせているため、一つの選択肢に固執することなく、常に最善の選択を模索します。しかし、これが逆に決断を遅らせる要因となることもあります。彼らは、選択肢の中から最も自分に合ったもの、または最も効果的な解決策を見つけ出すために、多くの情報を考慮し、慎重に検討する傾向があります。

また、ENFP型は他人の意見や感情に敏感であり、決断を下す際には他人を傷つけないよう配慮することも多いです。これは、彼らが人間関係を大切にし、周囲の人々との調和を重視するためです。しかし、このような配慮が決断をさらに複雑にし、時間を要することになる場合があります。

この決断の遅さは、特に時間に追われる状況や、迅速な行動が求められる環境では、ENFP型の人々にとってストレスの原因となり得ます。彼らは、自分のペースで物事を進めることを好むため、早急な決断を強いられると、自分の価値観や理想との間で葛藤を感じることがあります。

ENFP型の人々が生きづらさを感じる理由は多岐にわたりますが、「決断の遅さ」はその一つとして挙げられます。彼らが自分の直感と価値観に忠実であることは、多くの場合、創造的で革新的なアイデアを生み出す源泉となりますが、同時に日常生活やビジネスの環境においては、生きづらさを感じる要因ともなるのです。

ENFPが生きづらい理由5. 対人関係での過度な期待

ENFP型の人々は、非常に情熱的で創造的な性格を持っており、他人との関係を非常に大切にします。

しかし、その情熱が過度な期待となり、対人関係で生きづらさを感じることがあります。以下に、ENFPが対人関係で過度な期待を抱く理由について詳しく説明します。

理想主義

ENFPは理想主義的な傾向が強く、人々や関係性に対して高い理想を持ちがちです。彼らは、人との関係が常にポジティブで充実しているべきだと考えるため、現実が理想に追いつかない時に失望しやすいです。

共感力の高さ

ENFPは共感力が非常に高く、他人の感情を深く理解しようとします。このため、他人も同じように自分の感情を理解してくれると期待してしまい、それが満たされないときに心理的なストレスを感じることがあります。

変化を求める性質

新しい経験やアイデアに対する好奇心が強いENFPは、常に刺激を求めます。しかし、周囲の人々が同じように変化を受け入れることを期待しすぎると、関係が緊張する原因となることがあります。

感情の起伏

ENFPは感情の起伏が激しく、その瞬間の感情に強く影響されることがあります。そのため、他人にも同じような感情の共有を期待してしまい、それが叶わないときに孤独や不安を感じることがあります。

コミュニケーションの価値

ENFPはオープンなコミュニケーションを重視し、自分の考えや感情を率直に表現します。しかし、他人にも同じレベルのオープンさを期待すると、相手がそれに応えられない場合に関係にひずみが生じることがあります。

これらの過度な期待は、ENFPが他人との関係で生きづらさを感じる原因となります。ENFP型の人々は、自分の期待を現実的なレベルに調整し、他人との関係をよりリアルな視点で見ることが大切です。また、自分自身の感情や期待をコントロールする方法を学ぶことで、より健全な人間関係を築くことができるでしょう。

ENFPが生きづらい理由6. 現実逃避の傾向

ENFPタイプの人々は、理想主義的で創造的な性格を持っているため、現実逃避の傾向があります。

彼らはしばしば、現実の問題よりも理想や夢に焦点を当てることを好みます。これは、以下のような理由で生きづらさを感じることがあります。

現実とのギャップ

理想と現実の間に大きなギャップがあると、ENFPは失望や不満を感じやすくなります。

適応の難しさ

日常生活のルーチンや制約に適応することが苦手で、自由を求める傾向があります。

短期的な満足

新しいアイデアやプロジェクトに飛びつきやすいが、長期的な計画や目標を達成するのが難しいです。

感情の波

情熱的で感情豊かなENFPは、ネガティブな感情を避けるために現実から逃れようとすることがあります。

批判への敏感さ

批判を受けると、自己防衛のために現実から目を背けることがあります。

責任の回避

責任を負うことに圧倒されやすく、それを避けるために現実逃避をすることがあります。

これらの傾向は、ENFPが自分の理想と現実世界とのバランスを見つけることを難しくしています。しかし、これらの課題を克服し、自己理解と成長を深めることで、ENFPはより充実した生活を送ることができます。自己受容と現実との折り合いをつけることが、ENFPにとって重要なステップとなります。

ENFPが生きづらい理由7. 自己表現の強い欲求

ENFPタイプの人々は、自己表現の強い欲求を持っています。

彼らは自分のアイデアや感情を自由に表現することに大きな価値を見出し、創造的で情熱的なコミュニケーションを通じて他者とのつながりを深めることを重視します。この自己表現の欲求は、ENFPが自分の内面を外に向けて発信することで、自己実現を図る重要な手段となります。

しかし、この強い自己表現の欲求が、生きづらさを感じる原因にもなり得ます。ENFPは自分の考えや感情を率直に伝えることで、他人との関係を築くことができますが、時にはその表現が強すぎて周囲を圧倒したり、誤解を招いたりすることがあります。また、自分の意見を強く主張することで、他者との衝突を引き起こす可能性もあります。

さらに、ENFPは自分のアイデアやプロジェクトに非常に情熱的であるため、他人の意見や批判に敏感に反応することがあります。これは、自分のアイデアに対する否定的なフィードバックが、自分自身への否定として受け取られることがあるためです。その結果、ENFPは自己表現の欲求と他者との調和の間で葛藤を感じることがあります。

ENFPが生きづらさを感じる理由の一つとして、自己表現の強い欲求が挙げられるのは、彼らが自分のアイデンティティや価値観を表現することに深い意義を見出しているからです。この特性を理解し、適切にバランスを取ることで、ENFPは自分らしさを保ちながらも、他者との調和を図ることができるでしょう。

ENFPが生きづらい理由8. 批判への過敏性

ENFPタイプの人々は、通常、非常に感受性が高く、外向的な性格を持っています。

彼らは新しいアイデアや可能性に対してオープンであり、他人との深いつながりを求めます。しかし、この感受性が高い性質が、批判に対する過敏性という形で、生きづらさをもたらすことがあります。

感情の豊かさ

ENFPは感情が豊かで、自分のアイデアや価値観に深く投資する傾向があります。そのため、批判されると、それが個人的な攻撃であるかのように感じることがあります。

批判を受け入れるのが難しい

ENFPは、自分のアイデアや行動に対する批判を、自分自身への否定として捉えがちです。これは、自己肯定感を低下させ、自信を失わせる原因となります。

対人関係への影響

ENFPは他人との良好な関係を重視するため、批判を受けると、その関係が損なわれることを恐れます。これにより、批判を過度に気にしてしまうことがあります。

ENFPが批判に対して過敏になると、自分のアイデアを表現することや、新しいことに挑戦することを躊躇するようになるかもしれません。

これは、ENFPの創造性や冒険心を抑制し、彼らの可能性を制限することになります。

ENFPの人々が批判に対して健康的な対処法を学び、自己受容を深めることが、生きやすさを増すためには重要です。

また、批判を建設的なフィードバックとして捉え、成長の機会として利用することも、彼らの自己実現に役立ちます。

批判を恐れずに、自分らしさを大切にすることが、ENFPがより充実した人生を送るための鍵となります。

ENFPが生きづらい理由9. 集中力の欠如

ENFPタイプの人々は、新しいアイデアや可能性に対して非常に開かれているため、一つのことに集中するのが難しいことがあります。

彼らはしばしば、多くのプロジェクトや活動に同時に手を出すことで知られており、それぞれに対して熱意を持って取り組むことができますが、これが集中力の散漫につながることもあります。

ENFPは外向的直感(Ne)を主要な機能として使用しており、これは彼らが外部の刺激に非常に敏感であることを意味します。彼らは周囲の環境からの情報を素早くキャッチし、それをもとに創造的なアイデアを生み出すことが得意です。しかし、この特性が注意を散らす原因となることもあります。たとえば、仕事に集中している最中に、突然新しいアイデアが浮かんだり、周囲の小さな変化に気が散ったりすることがあります。

また、ENFPは内向的感情(Fi)を補助機能として持っており、これにより彼らは自分の価値観や感情に深く共感することができます。これは彼らが情熱的に行動する原動力となりますが、同時に、自分の感情や価値観に沿わないタスクには集中しにくいという側面もあります。

このように、ENFPは多様な興味と活動に引き寄せられる傾向があり、それが一つのことに集中するのを難しくしています。しかし、これは同時に彼らの創造性や柔軟性の源泉でもあります。ENFPが集中力を高めるためには、環境を整えること、タスクを小分けにすること、そして自分の価値観に合ったプロジェクトを選ぶことが助けになるでしょう。また、瞑想やマインドフルネスの実践も集中力を高めるのに役立つとされています。

ENFPが生きづらい理由10. 優柔不断

ENFP型の人々は、その柔軟性と多様な可能性を探求する性質から、しばしば優柔不断と見なされることがあります。

以下に、ENFPが優柔不断であると感じる理由について詳しく説明します。

多様な興味

ENFPは多くの興味や趣味を持っており、一つのことに絞り込むのが難しいことがあります。彼らは新しいアイデアやプロジェクトに飛びつきやすく、それによって決断を下すのが遅れることがあります。

可能性の追求

ENFPは常に新しい可能性を探求することに喜びを感じます。しかし、これが原因で、一つの選択肢に固執するのではなく、常に他の選択肢も考慮してしまうため、決断を下すのが遅くなることがあります。

感情の影響

ENFPは自分の感情に従って行動することが多く、その感情が日々変わるため、一貫した決断を下すのが難しいことがあります。特に重要な決断をする際には、感情の波に翻弄されることがあります。

他人への配慮

ENFPは他人の意見や感情を重視するため、他人を傷つけたり、不快にさせたりすることを避けようとします。これが、自分の意見をはっきりと言えなかったり、決断を下すのをためらう原因となることがあります。

完璧主義

一部のENFPは完璧主義的な傾向を持っており、最善の選択をしたいという願望が強いです。しかし、完璧な選択肢を見つけることは難しく、その結果、決断を先延ばしにしてしまうことがあります。

これらの特徴は、ENFPが生きづらさを感じる原因となることがあります。

しかし、これらの特徴は同時にENFPの魅力でもあります。ENFP型の人々は、自分の決断力を高めるために、自己認識を深め、自分の価値観や優先順位を明確にすることが大切です。

また、他人の意見を聞きつつも、最終的には自分の内なる声に耳を傾けることで、より確固たる決断を下すことができるでしょう。

ENFPが生きづらい理由11. 組織的な制約への反発

ENFPタイプの人々は、自由を愛し、新しい可能性を探求することに情熱を持っています。

そのため、組織的な制約や厳格なルールに反発する傾向があります。以下に、ENFPが組織的な制約に反発する理由を述べます。

自由への渇望

ENFPは自由を非常に重視し、創造性や自己表現を制限する規則や構造に苦手意識を持ちます。

変化への欲求

変化と多様性を求めるENFPにとって、一貫したルーチンや予測可能な環境は退屈に感じられます。

個性の抑圧

個性を大切にするENFPは、自分らしさを表現できない環境にフラストレーションを感じることがあります。

イノベーションへの抑制

新しいアイデアやアプローチを試みたいENFPは、既存の枠組みに縛られることに不満を持ちます。

直感への信頼

直感に従って行動するENFPは、論理的な制約や詳細な計画よりも、その場の感覚を重視します。

権威への疑問: 権威や伝統に対して疑問を持ち、自分で考えた解決策や方法を試したいと思います。

これらの理由から、ENFPは組織的な制約に反発し、生きづらさを感じることがあります。

しかし、これらの制約を理解し、自分の価値観とバランスを取りながら、柔軟に対応することで、ENFPはより充実した生活を送ることができるでしょう。

組織内での彼らの創造性と独自性を認め、適切に活用することが重要です。

ENFPが生きづらい理由12. 短期的な満足への傾倒

ENFPの人々は、新しいアイデアやプロジェクトに対して強い情熱を持ち、その瞬間瞬間の刺激や喜びを追求する傾向があります。

彼らは短期的な満足を得ることに非常に敏感で、新しい経験や冒険に飛び込むことで大きな喜びを感じます。しかし、このような特性は、長期的な計画や目標に対するコミットメントを困難にすることがあります。

短期的な満足への傾倒は、ENFPが生きづらさを感じる理由の一つです。彼らはしばしば、始めたばかりのプロジェクトや関係に対して非常に熱心ですが、時間が経つにつれてその情熱が薄れ、継続することが難しくなることがあります。これは、彼らが新しい刺激や変化を求める性質と、日常のルーティンや長期的な取り組みに対する耐性が低いことに起因します。

例えば、ENFPは恋愛においても、初めの情熱的な段階においては非常に熱心ですが、関係が安定してくると新鮮さを失い、他の刺激を求め始めることがあります。これは、彼らが常に成長と発展を求める性格であるため、一つの場所や状況に留まることに苦手意識を持つからです。

このような短期的な満足への傾倒は、ENFPが自分の感情や行動をコントロールする上での課題となります。彼らは、自分の内なる情熱を長期的な目標や関係に結びつける方法を見つけることで、より充実した人生を送ることができるでしょう。

ENFPが生きづらい理由13. 理想と現実のギャップ

ENFPタイプの人々は、理想主義者であり、しばしば高い理想と目標を持っています。

彼らは、世界をより良い場所にするために、自分自身や周囲の人々に対しても、高い期待を持つことがあります。しかし、この理想と現実のギャップが、生きづらさを感じる原因となることがあります。

現実の制約との闘い

ENFPは、理想を追求する中で、現実の制約や限界に直面することが多く、そのギャップに失望やフラストレーションを感じることがあります。

完璧主義への傾倒

理想を高く持つENFPは、完璧主義に陥りやすく、自分自身や他人に対して非現実的な基準を設けてしまうことがあります。これにより、達成可能な目標を見失い、常に満足感を得られない状態になることがあります。

夢と現実のバランスの難しさ

ENFPは夢見がちであり、理想を追い求めることで、現実の日常生活や実務的なタスクを軽視しがちです。これにより、日々の生活において必要な実用的なスキルや習慣を維持することが難しくなります。

ENFPが理想と現実のギャップに苦しむことなく生きるためには、理想を持ちつつも現実を受け入れるバランスを見つけることが重要です。理想を追い求める情熱を大切にしつつも、現実の制約を理解し、適応する柔軟性を持つことが、ENFPにとっての幸福への鍵となります。また、自分自身や他人に対して優しく、完璧ではないことを受け入れることも、ストレスを減らし、より充実した生活を送るためには不可欠です。理想を追い求めることは素晴らしいことですが、それを現実の枠組みの中で実現する方法を見つけることが、ENFPにとっての挑戦でもあります。

ENFPが生きづらい理由14. 社会的な役割への適応困難

ENFPタイプの人々は、社会的な役割や期待に適応することに苦労することがあります。

これは、彼らが個性を大切にし、型にはまることを好まないためです。ENFPは自由を愛し、自己表現を重視する性格であり、創造性や独自性を発揮することに喜びを感じます。しかし、これが社会的な枠組みや規範に縛られることへの抵抗につながることもあります。

例えば、職場や学校などで一定の規則や手順に従う必要がある状況では、ENFPは自分のアイデアや方法を採用する機会が限られていると感じるかもしれません。また、集団の中での役割を演じることにも不自由を感じることがあります。彼らは他人との調和を重んじる一方で、自分の内面の声に従うことを優先するため、時には周囲との衝突を招くことがあります。

ENFPは内向的感情(Fi)を補助機能として持っており、これが自分の価値観や感情に基づいて行動することを重視します。そのため、自分の信念に反する社会的な役割や期待に対しては、適応することが特に困難です。彼らは自分らしさを失うことなく、社会的な役割を果たすバランスを見つけることが求められます。

ENFPが社会的な役割への適応を改善するためには、自分の価値観を明確にし、それに基づいて適切な環境や役割を選ぶことが重要です。また、他人とのコミュニケーションを通じて理解を深めることや、柔軟性を持って異なる視点を受け入れることも役立ちます。ENFPは自分の強みを活かしながら、社会的な役割にも柔軟に対応する方法を見つけることができるでしょう。

ENFPが生きづらい理由15. 完璧主義への傾倒

ENFP型の人々は、自由奔放で創造的なアイデアを持ち、新しいことに挑戦することを恐れません。しかし、彼らが持つ完璧主義への傾倒は、時に生きづらさを感じる原因となります。以下に、ENFPが完璧主義に傾倒する理由と、それが生きづらさにつながる点について詳しく説明します。

理想と現実のギャップ

ENFPは理想を追求する傾向がありますが、現実は常に理想通りには進みません。このギャップに直面すると、ENFPは自分や他人に対して過度なプレッシャーを感じ、ストレスを抱えることになります。

プロジェクトの完遂

ENFPは始めたプロジェクトを完璧に仕上げたいという強い願望を持っています。しかし、完璧を求めるあまり、細部にこだわりすぎて時間を浪費したり、プロジェクトを完成させることができなかったりすることがあります。

自己批判

完璧を求めるENFPは、自分の成果が完璧でないと感じたとき、自己批判に陥りやすいです。これは自信の喪失につながり、さらには自己価値の低下を招くこともあります。

他人との比較

ENFPは他人の成功や成果を見て、自分も同じレベルに達するべきだと感じることがあります。しかし、常に他人と比較することは、不健康な競争心を生み出し、自己満足を得ることが難しくなります。

フレキシビリティの欠如

完璧主義に固執することで、ENFPは柔軟性を失いがちです。計画やアイデアに対して柔軟に対応することができず、予期せぬ変更や障害に対して適応するのが難しくなります。

ENFP型の人々が完璧主義への傾倒を克服し、よりバランスの取れた生き方をするためには、自分自身と他人に対する期待を現実的なものに調整することが重要です。

また、失敗を恐れずに新しいことに挑戦し、過程を楽しむことで、完璧ではないにしても価値のある経験を積むことができます。

自己受容と自己成長のバランスを見つけることが、ENFP型の人々にとっての鍵となるでしょう。

ENFPは生きづらいに関する実体験エピソード

私はENFP型の性格を持ち、学校生活において「生きづらさ」を感じることがありました。

ENFP型は「運動家」とも呼ばれ、情熱的で創造的、そして非常に社交的ですが、その一方で、理想と現実のギャップや感情の起伏が激しいため、時には周囲との調和を取るのが難しいと感じることがあります。

学校では、私はクラスメートとの交流を楽しんでいましたが、自分の理想とする友情やコミュニケーションが常に得られるわけではありませんでした。例えば、グループプロジェクトでは、私の創造的なアイデアが理解されないことがあり、それが原因で孤立感を感じることもありました。また、感情が豊かであるがゆえに、小さな失敗にも深く落ち込んだり、逆に成功した時には周囲を巻き込んで大いに盛り上がったりすることがありました。

しかし、ENFP型の私は、自由を愛し、新しいことに挑戦することを恐れません。束縛を嫌い、自分のペースで物事を進めることを好むため、学校の枠組みに縛られることなく、独自の学びや活動を追求することができました。このように、ENFP型の性格は、生きづらさを感じる一方で、自分らしさを追求し、多くの可能性を探る原動力ともなっています。

ENFPは生きづらいに関するSNS投稿

  • intjは多分本当に生きづらい…mbtiエンタメとして楽しんでる側だけどesfpとかenfp見てるとあー違うんだなってる。 良くも悪くも自分の思考(思想?)とか価値観とか人生とかを考えすぎるからオタクとかして何かに依存して脳麻痺させてないと普通に生きられない。
  • イヤァァァ分かる、わかるよ…enfpじゃないんだけどほんとに生きづらいwww

ENFPが生きづらい理由15選!16性格診断で自分のタイプについて徹底解説!【まとめ】

この記事では、ENFPが生きづらい理由と、それを克服する方法について解説しました。

ENFPは、冒険心があり、感受性が豊かで、人との関係を大切にする人とされる性格ですが、飽きっぽく、気分屋で、計画性がないと言われたり、感情的で、自己中心的で、わがままだと言われたり、天然で、変人で、うざいと言われたりすることがあります。

これらの理由から、一部の人に生きづらいことがあるかもしれません。しかし、これらの短所は、自分の長所でもあります。自分の興味や感情に従って、自由に生きること、自分の感情を素直に表現したり、自分の価値観や信念に基づいて行動したりすること、自分の思いつきやアイデアを口にしたり、周りの人と違う言動をしたりすることは、自分の個性や創造性を発揮することにもつながります。

自分の短所を否定するのではなく、自分の長所を認めることが大切です。

また、自分のやりたいことと、他人の期待や要求とのバランスを考えたり、自分の感情や価値観と、他人の感情や価値観とのバランスを考えたり、自分の個性や創造性と、他人の常識や感性とのバランスを考えたりすることで、周りの人との関係を良好に保つことができます。

自分のタイプを知ることで、自分の強みや弱みを理解し、自分に合った仕事やパートナーを見つけることができます。あなたは、ENFPに近いでしょうか?

16性格診断で自分のタイプを知ってみましょう。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)