ESTJ(幹部)

ESTJと相性が悪い性格タイプとその理由について徹底解説!

MBTIの性格タイプの中で、ESTJはその明確なコミュニケーションと強いリーダーシップで知られています。

しかし、彼らの合理的で体系的なアプローチは、特定の性格タイプとの相性において摩擦を生じさせることがあります。

この記事では、ESTJと相性が悪いとされる性格タイプを探り、その背景にある理由を深く分析します。

相性が悪いとされる性格タイプとの関係性を理解することで、ESTJはより円滑な人間関係を築くための洞察を得ることができます。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • ESTJと相性が悪いとされる性格タイプはINTJ、ISTJ、INFJの3つが挙げられる。
  • INTJとESTJは認知機能の違いから相性が悪いとされており、アプローチや感情表現、柔軟性などで対立するポイントがある。
  • ESTJとISTJはルールや規則に従いつつも、ESTJは新しい方針を作ることを好み、ISTJは既存の方針に従うことを好むため、対立するポイントがある。
  • ESTJとINFJは性格的に対照的な特性を持ちながら、お互いの違いを尊重し、協力することで良好な関係を築くことができる。

【ESTJ】相性が悪いとされる性格タイプ1.INTJ

INTJESTJは、認知機能としては完全に逆の関係にあります。以下に、両者の相性とその理由を詳しく解説します。

認知機能の違い

INTJは直感的思考と洞察力に優れ、情報を分析して新しいアイデアや戦略を展開することに熱心です。

ESTJは現実的で実用的で、経験に基づいた情報を重視し、計画的なアプローチで問題解決に取り組みます。

このような認知機能の違いから、INTJESTJは相性が悪いとされています。

相性のポイント

ESTJは実用的なアプローチを好むため、INTJの理論的なアプローチに違和感を覚えることがあります。

INTJは感情的な側面を表に出さないため、ESTJが理解しにくいことがあります。

ただし、INTJESTJが協力関係を築くことは可能です。お互いの強みを活かし、尊重しあい、役割分担を明確にすることで、成功することができます。

共感するポイント

結果重視: どちらも目標達成や成果に重きを置く傾向があります。

組織への忠誠心: 両者は所属する組織やチームの成功のために尽力することを重要視しています。

正確性: 情報を正確に分析し、合理的な結論を導くことに熱心です。

対立するポイント

アプローチの違い: INTJは洞察力や直感を重視し、理論的なアプローチで問題解決に取り組む傾向があります。一方、ESTJは現実的で実用的なアプローチを好みます。

感情表現の違い: INTJは感情を内面に秘めがちで、表面的には冷静な印象を与えることがあります。一方、ESTJは感情表現が豊かで、感情に基づいた意思決定をすることがあります。

柔軟性の違い: INTJは自分の理論やアイデアにこだわる傾向があり、柔軟性に欠けることがあります。一方、ESTJは柔軟性があり、変化に対応しやすい傾向があります。

結論

INTJESTJは基本的な考え方や価値観が異なるため、対立することがありますが、お互いの強みを理解し、尊重することで、協力関係を築くことができます。

【ESTJ】相性が悪いとされる性格タイプ2.ISTJ

ESTJISTJは、認知機能としては完全に逆の関係にあります。以下に、両者の相性とその理由を詳しく解説します。

認知機能の違い:

ESTJは外向的で、実用的なアプローチを好みます。彼らは計画的で現実的な問題解決に取り組む傾向があります。

ISTJは内向的で、伝統的な価値観に基づく継続的な成長を重視します。彼らは努力と忍耐強さが特徴です。

相性のポイント:

両者はルールや規則に従い、責任感が強く、現実的で社交的です。しかし、大きな違いがあります。

ESTJは皆が追従すべき方針を作るのに対して、ISTJは既存の方針に従うことを好む傾向があります。

この違いを超えることができれば、両者は非常に優れた仲間になるでしょう。合理的な意思決定や互恵的な関係を持つことを好みます。

共感するポイント:

両者は現実主義者で、論理的に物事を考えることが得意です。組織化された計画を立て、それを実行することに熱心です。

彼らは時間や資源の管理に長けており、専門知識や実務的なスキルを高めるためにコツコツと努力を重ねることができます。

対立するポイント:

コミュニケーションスタイル、プロセスの優先順位、思考スタイル、リスクの取り方など、いくつかのポイントで対立することがあります。

ESTJは積極的で直接的なコミュニケーションを好み、結果を追求し、リスクを取ることを好みます。

一方、ISTJはより慎重で内向的なコミュニケーションを好み、プロセスを優先し、安定性と信頼性を重視します。

結論:

両者は多くの点で似ており、相互理解に役立つ共感点が多数存在すると言えます。

違いを認め互いに尊重しあうことができれば、もともと共感できる部分があるので良好な関係を築くことも可能です。

【ESTJ】相性が悪いとされる性格タイプ3.INFJ

INFJESTJは、性格的には対照的な特性を持ちながら、お互いの違いを尊重し、協力することで良好な関係を築ることができます。以下に、両者の相性とその理由を詳しく解説します。

補完的な特徴:

INFJは理想主義者で、感受性が高く、深い洞察力を持っています。

ESTJは現実的で計画的、リーダーシップ能力に優れています。

このペアは、お互いの強みを活かして、バランスの取れた関係を築くことができます。

コミュニケーションの重要性:

ESTJは明確で直接的なコミュニケーションを好む一方で、INFJは深いコミュニケーションを大切にします。

お互いのコミュニケーションスタイルを理解し合うことが重要です。

共通の目標の設定:

お互いの価値観や目標に共感し、共通の目標を設定することで、関係を強化できます。

総じて、INFJESTJは異なるが補完し合う特徴を持つため、お互いの違いを理解し、コミュニケーションを大切にすることで、深いつながりを築くことができます。

【ESTJ】相性の悪さの背景

ESTJと相性が悪いとされる性格タイプの背景には、価値観の違いやコミュニケーションスタイルの差があります。

ESTJは時間を守ることやルールを遵守することを重要視しますが、INTJやISTJはより柔軟なアプローチを取ることが多く、これがESTJにとっては受け入れがたいことがあります。また、ESTJは現実的な話を好むのに対し、これらのタイプは抽象的なアイデアや理論を好むことがあり、コミュニケーションにおいてもすれ違いが生じやすいです。

【ESTJ】相性の悪さを乗り越えるために

ESTJと相性が悪いとされる性格タイプとの関係を改善するためには、相互理解と尊重が鍵となります。

ESTJは、相手の価値観や行動原理を理解し、受け入れる努力が必要です。また、相手の性格タイプの長所を認識し、それを尊重することで、より良い関係を築くことができます。相性が悪いとされる性格タイプとのコミュニケーションでは、柔軟性を持ち、相手の意見に耳を傾けることが大切です。

【ESTJ】相性の悪さを乗り越えるためのコミュニケーション

ESTJと相性が悪いとされる性格タイプとのコミュニケーションでは、互いの違いを理解し、尊重することが重要です。

ESTJは、相手の意見を聞き、柔軟に対応することで、相性の悪さを乗り越えることができます。また、相手の長所を認め、それを活かすことで、協力的な関係を築くことが可能です。

【ESTJ】相性の悪さを改善するための自己反省

ESTJは、自己反省を通じて、相性の悪さを改善することもできます。

自分の行動や言動が相手にどのような影響を与えているかを考え、必要に応じて修正することで、より良い関係を築くことができます。

【ESTJ】相性の悪さを受け入れ、成長する

相性が悪いとされる性格タイプとの関係は、成長の機会を提供してくれます。

ESTJは、相性の悪さを受け入れ、それを乗り越えることで、自己成長を促進することができます。相手との違いを理解し、それを受け入れることで、より広い視野を持つことができます。

【ESTJ】相性の悪さに関する実体験エピソード

学生時代、私はESTJ型でした。学校での経験から、相性の悪さを感じた瞬間がありました。

ある日、クラスメイトとのグループプロジェクトが始まりました。私はリーダーシップを発揮し、計画的に進めることを得意としていました。しかし、私たちのグループにはINFP型のクラスメイトがいました。彼は感受性が豊かで、自由な発想を持っていました。

最初は円滑に進んでいたプロジェクトも、意見のぶつかりが生じました。私は効率的な方法を提案し、スケジュールを厳守することを重視しましたが、彼は創造的なアイデアを出し、柔軟なアプローチを求めていました。

私は彼の意見を理解しようと努力しましたが、感情的な側面を理解するのが難しかったです。彼も私の堅実さに戸惑っていたようで、私たちはしばしば対立しました。

結局、私たちは妥協点を見つけ、プロジェクトを成功させましたが、この経験から、ESTJ型とINFP型の相性の難しさを痛感しました。私たちは異なるアプローチを持ち、価値観が異なるため、コミュニケーションや協力には工夫が必要であることを学びました。

このエピソードを通じて、相性の悪さを受け入れ、お互いの強みを活かす方法を学びました。

ESTJと相性が悪い性格タイプとその理由について徹底解説!まとめ

ESTJと相性が悪いとされる性格タイプとの関係は、挑戦的なものかもしれません。

しかし、相互理解と尊重を基盤にしたコミュニケーションを心がけることで、これらの関係性も成長につながる貴重な経験となります。

ESTJは、相性の悪さを乗り越え、多様な性格タイプとの関係を深めることで、自身の人間関係の幅を広げることができるのです

無料書籍でMBTIを知る

【完全版】MBTIとは何か?わかりやすく解説 Kindle Unlimitedへ加入すると、無料で課金せずに、70近いMBTI本やその他漫画雑誌が読み放題!!
※1か月間の無料期間内で解約した場合に限ります。

MBTI性格診断のランキング・あるある

MBTI 性格悪い ランキング MBTI 生きづらさランキング MBTI 性格良いランキング
MBTI 嫌われる ランキング MBTI 怒ると怖い ランキング MBTI 珍しいランキング
MBTI ランキングいろいろ MBTI メンタルランキング MBTI 可愛いランキング

MBTIに関する注目記事

ペルソナ診断 領事館 MBTI INFP-T やばい
INTJ 殺意の目 ISTP 女 特徴 INFJ女性 特徴
ENTP 頭おかしい INFJ-T やばい ESTP 頭おかしい
ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)