MBTIランキング

MBTIで相性最悪のタイプとは?人気の心理診断について徹底解説!

MBTI診断は、個々の人格を16のタイプに分類し、自己理解や人間関係の改善に役立てる心理診断ツールです。

しかし、この診断によって明らかになるのは、相性の良い組み合わせだけではありません。

相性が最悪とされるタイプの組み合わせも存在し、それらの理解は人間関係を円滑にするためにも重要です。

今回は、MBTIで相性が最悪とされるタイプのTOP5を、その理由と共に掘り下げて解説します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • 相性最悪のタイプ1: INTJ(建築家型)と ESFP(エンターテイナー型)。
  • 相性最悪のタイプ2: INTP(論理学者型)と ESFJ(領事官型)。
  • 相性最悪のタイプ3: ENTJ(指揮官型)と ISFP(冒険家型)。
  • 相性最悪のタイプ4: ENTP(討論者型)と ISFJ(擁護者型)。
  • 相性最悪のタイプ5: ESTJ(幹部型)と INFP(仲介者型)。

【MBTIで相性最悪のタイプ】1. INTJ(建築家型)と ESFP(エンターテイナー型)

INTJESFPの相性は、MBTIの性格タイプの中でも特に対照的なものとされています。

INTJは「建築家型」とも呼ばれ、高い戦略性、独立心、そして内向的な思考を特徴としています。彼らは理論的で計画的なアプローチを好み、目標達成に向けての長期的なビジョンを持っています。一方で、ESFPは「エンターテイナー型」として知られ、その社交性、即興性、そして外向的な行動が際立っています。彼らは現在の瞬間を楽しむことを重視し、周囲の人々との交流を求める傾向にあります。

このような基本的な生き方の違いが、両者の間に深い溝を作り出す原因となることが多いです。INTJは、ESFPの社交的で即興的な行動を非効率と捉えることがあり、ESFPはINTJの計画性を束縛と感じることがあります。また、INTJの内省的な性格とESFPの社交的な性格が互いの価値観に挑戦をもたらすこともあります。これらの相反する性格傾向により、相互理解やコミュニケーションが非常に難しくなることが指摘されています。

しかし、これらの相性の悪さは、必ずしも関係の破綻を意味するものではありません。相互の違いを理解し、尊重することで、お互いの長所を活かし合うことも可能です。INTJが持つ戦略的な思考は、ESFPの創造性や柔軟性を引き出すことができ、ESFPの社交性はINTJの内向的な性格を補い、新たな視点をもたらすことができます。重要なのは、お互いの違いを認め、それを強みとして活用することです。

※本解説は、MBTI診断の理論と一般的な性格分析をもとに私が独自に分析したものです。実際の人間関係においては、個々の状況や経験によって相性は異なるため、この内容を絶対的なものとして捉えるべきではありません。相性の良し悪しを超えて、お互いの理解と尊重が人間関係を豊かにする鍵となります。

【MBTIで相性最悪のタイプ】2. INTP(論理学者型)と ESFJ(領事官型)

INTP(論理学者型)ESFJ(領事官型)の相性については、彼らの性格特性が大きく異なるため、一般的には挑戦的な関係とされています。

INTPは内向的で理論的な思考を好み、独立性が高く、抽象的な概念や新しいアイデアに深い関心を持ちます。一方、ESFJは外向的で協調性があり、感情の理解者として他人の感情やニーズに敏感で、社会的な規範や伝統を重んじる傾向があります。

この二つのタイプの間には、以下のような相性の問題が生じる可能性があります:

コミュニケーションの違い

INTPは論理的で客観的なコミュニケーションを好むのに対し、ESFJは感情的で共感を重視するコミュニケーションを好みます。この違いが誤解やフラストレーションを生む原因となることがあります。

価値観の衝突

INTPは新しいアイデアや変化を求めるのに対し、ESFJは安定や伝統を重視します。この価値観の違いが、互いの行動や決断に対する理解を難しくすることがあります。

感情の表現

INTPは感情を内に秘めることが多く、ESFJは感情をオープンに表現することが多いです。このため、ESFJはINTPが冷たいと感じることがあり、INTPはESFJが過剰に感情的だと感じることがあります。

しかし、これらの違いは必ずしも関係の破綻を意味するわけではありません。相互の理解と尊重があれば、INTPとESFJは互いの長所を補完し合い、バランスの取れた関係を築くことができます。INTPはESFJの社交性や思いやりを評価し、ESFJはINTPの知識や洞察力を尊重することが重要です。

実際には、どのMBTIタイプも他のタイプとの関係を成功させるためには、コミュニケーション、理解、そして柔軟性が必要です。INTPとESFJの間の相性が最悪とされることがありますが、それは単に彼らが直面するかもしれない課題を指摘するものであり、それを乗り越えることは十分に可能です。お互いの違いを認め、受け入れることで、より豊かな関係を築くことができるでしょう。

【MBTIで相性最悪のタイプ】3. ENTJ(指揮官型)と ISFP(冒険家型)

ENTJ(指揮官型)ISFP(冒険家型)の相性については、両者が異なる強みと価値観を持っているため、一般的には挑戦的な関係になることが多いです。

しかし、これらの違いが互いの成長につながる可能性もあります。

ENTJ(指揮官型)は、自然なリーダーシップを発揮し、戦略的で目標指向的な性格を持っています。彼らは新しいアイデアや世界観に触れることを楽しみ、知的な刺激を求める傾向があります。一方で、**ISFP(冒険家型)**は、瞬間を楽しむことに焦点を当て、楽しさを重視する性格です。彼らは深いつながりを考えるよりも、人生の楽しい瞬間を共有することを優先します。

このため、ENTJはISFPを単純すぎると感じることがあり、ISFPはENTJを厳しすぎると感じることがあります。しかし、ENTJはISFPの楽観的な生き方に魅力を感じ、ISFPはENTJの野心と決断力から学ぶことができます。

関係をうまく機能させるためには、お互いの違いを理解し、尊重することが重要です。ENTJはISFPの感情的なニーズを認識し、ISFPはENTJの目標達成への情熱を支持する必要があります。コミュニケーションと相互理解を深めることで、これらのタイプは互いに補完し合い、バランスの取れた関係を築くことができます。

実際の例としては、ENTJが大規模なプロジェクトを計画し、ISFPがそのプロジェクトに創造的な要素を加えることで、お互いの強みを活かすことができます。また、ISFPが新しい経験を求める際に、ENTJがリスク管理や戦略的な視点を提供することで、お互いの成長に寄与することができます。

相性が最悪とされることもありますが、お互いの違いを受け入れ、価値を見出すことで、互いにとって有意義な関係を築くことが可能です。重要なのは、お互いの違いを理解し、それを強みとして活用することです。

【MBTIで相性最悪のタイプ】4. ENTP(討論者型)と ISFJ(擁護者型)

ENTP(討論者型)ISFJ(擁護者型)の相性については、両者が全く異なる性格特性を持っているため、一般的には相性が悪いとされています。

しかし、これらの違いが互いの成長に役立つ可能性もあります。

ENTPは直感的思考型で、新しいアイデアや可能性を追求することを楽しむ傾向があります。一方で、ISFJは感覚的判断型で、安定性や伝統を重んじる傾向があります。このため、ENTPはISFJにとっては非常識でルールを無視するように見えるかもしれませんし、ISFJはENTPにとっては型にはまりすぎていて面白みに欠けるように感じられることがあります。

しかし、ENTPの創造性や冒険心に惹かれるISFJもいれば、ISFJの実用性や信頼性を評価するENTPもいます。お互いの違いを理解し、尊重することで、互いに補完し合い、バランスの取れた関係を築くことができるでしょう。ENTPはISFJに新しい視点を提供し、ISFJはENTPのアイデアを現実的な計画に落とし込む手助けをすることができます。

相性が最悪と言われる組み合わせでも、コミュニケーションと理解を深めることで、互いに有意義な関係を築くことが可能です。重要なのは、お互いの違いを受け入れ、それを成長の機会として捉えることです。

【MBTIで相性最悪のタイプ】5. ESTJ(幹部型)と INFP(仲介者型)

ESTJ(幹部型)INFP(仲介者型)の相性については、両者が非常に異なる価値観やコミュニケーションスタイルを持っているため、一般的には挑戦的な関係とされています。

ESTJは伝統や安定を重んじ、変化に対して慎重な傾向があります。一方でINFPは理想主義的で創造的な変化を求めることが多く、この基本的な違いが理解し合う上での障壁となることがあります。

しかし、お互いの違いを理解し、尊重することで、互いに学び成長する機会を得ることもできます。例えば、INFPはESTJの信頼性や決断力を高く評価し、ESTJはINFPの創造性や思いやりに魅力を感じることがあります。

相性が最悪とされることもありますが、それはお互いの違いを乗り越え、強固な関係を築くための努力が必要であることを意味します。異なる視点を受け入れ、お互いの長所を活かすことができれば、互いにとって有意義な関係を築くことが可能です。重要なのは、相手のタイプを理解し、その違いを受け入れることです。そうすることで、相性の良い関係を築くことができるでしょう。

MBTIで相性最悪のタイプに関する実体験エピソード

学校での実体験エピソードとして、私はかつてINTP(論理学者型)の友人と一緒にプロジェクトを行ったことがあります。

INTPは非常に独立心が強く、理論的な思考を好むタイプです。私自身はESFJ(領事官型)に近い性格を持っており、人との関係を大切にし、感情的なコミュニケーションを重視します。

プロジェクトでは、私たちはしばしば意見が衝突しました。

INTPの友人は、データと論理に基づいたアプローチを取り、私はチームの意見をまとめ、全員が快適に作業できるようにすることを優先しました。

ある時、私たちはプレゼンテーションの方法について意見が分かれました。

彼は複雑なデータと分析を前面に出したいと考えていましたが、私は聴衆が理解しやすいように、もっとシンプルで視覚的なプレゼンテーションを提案しました。

最終的には、お互いの強みを活かすことで妥協点を見つけました。

彼の分析的な視点と私の人間関係スキルを組み合わせることで、データを効果的に伝えつつ、聴衆にも響くプレゼンテーションを作成することができました。

この経験から、MBTIタイプが異なるとコミュニケーションや価値観に違いが生じることがあるものの、互いに理解し合い、協力することで、それぞれの長所を活かした関係を築くことができると学びました。

MBTIで相性最悪のタイプとは?人気の心理診断について徹底解説!まとめ

MBTI診断における相性の悪い組み合わせは、互いの性格の違いから生じる誤解や衝突によるものです。

しかし、これらの知識を持つことで、相手の立場を理解し、より良い人間関係を築くための一歩を踏み出すことができます。

相性が最悪とされる組み合わせでも、お互いの違いを尊重し、コミュニケーションを取る努力をすることで、互いに成長し合う関係を築くことが可能です。

MBTI診断は、自己と他者の理解を深めるための有効なツールであり、その活用方法次第で人間関係は大きく変わるでしょう。

※本記事は、MBTI診断の理論と一般的な性格分析をもとに筆者が独自に分析したものです。実際の人間関係においては、個々の状況や経験によって相性は異なるため、この内容を絶対的なものとして捉えるべきではありません。相性の良し悪しを超えて、お互いの理解と尊重が人間関係を豊かにする鍵となります。

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo