ESTP(起業家)

ESTP-Tの性格20選!長所・短所・相性・適職などについて徹底解説

ESTP-Tとは、MBTI診断でいうところの「起業家型」の一種です。

MBTIとは、自分の性格タイプを知ることができる心理学的なツールです。

MBTI診断では、全16タイプの性格に分類され、それぞれに長所や短所、相性や適職などがあります。

ESTP-Tの性格とは、どのようなものなのでしょうか。

また、ESTP-Tは、仕事や恋愛において、どのような行動や思考をするのでしょうか。

ESTP-Tの魅力をたっぷりとお伝えします。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • ESTP-Tは外向的な特性を持ちつつも内向的な側面もあり、自己成長と発展に努める。
  • ESTP-Tは自己疑念を持ち、感情のコントロールが難しく、批評やストレスに敏感。
  • 感情との向き合い方において、感情のコントロールが難しく、批評や他の感情に敏感。

…etc

ESTPが頭おかしいと言われる理由30選!行動的で冒険好きな性格の裏側

ESTP-Tの性格1.内向的

ESTP-Tの性格タイプは、一般的なESTPの外向的な特徴を持ちながらも、より内向的な傾向があります。

彼らは社交的で活動的ですが、自分の内面と向き合う時間を大切にし、自己反省や内省を通じて成長を追求することが特徴です。

ESTP-Tは、自分自身との対話を重視し、自由な思考と行動の余地を持ちながら、独自の方法で生きていくことができます。彼らは自己の内なる世界を大切にしながら、外の世界とのバランスを取りながら生活しています。これにより、ESTP-Tは柔軟性と適応力を持ち合わせ、新しい環境や状況にも容易に適応することができます。

また、ESTP-Tは他人との関係を築くことも大切にしますが、自分を磨いて成長することにも重きを置いています。彼らは社交性に欠けているわけではなく、他人に意見を合わせて行動する柔軟さも持ち合わせています。しかし、ESTP-Aに比べると、自分の内面を見つめる時間が長く、自分の感情や考えについて深く考える傾向があります。

このように、ESTP-Tは外向的な特性を持ちつつも、内向的な側面を持ち合わせており、自己成長と発展に向けて努力する性格タイプです。彼らは自分の内面と外面のバランスを取りながら、自分らしい生き方を追求しています。

ESTP-Tの性格2.自己疑念がある

ESTP-Tの性格タイプは、自己疑念を持つことが特徴的です。

彼らは自分の行動に対して確信が持てない傾向があり、その結果、ESTP-Aほど自信に満ちているわけではありません。自己疑念は、ESTPと一般的に関連付けられることはありませんが、ESTP-Tはこの前提に挑戦します。

この性格タイプは、ジャンプする前によく見ることを好み、早計な判断を下すことを避けます。彼らは自己主張的な起業家よりもミスをするかもしれないし、しないかもしれませんが、自己疑念により、他の人々よりもはるかに少ないミスを犯すと自分自身を見る可能性が低くなります。

ESTP-Tの人々は、感情的な波が大きく、外部からの評価や反応に敏感で、自分の決断や行動に対して不確実さを感じることがあります。

たとえば、失敗や批判に対して過敏に反応し、自己改善や完璧を求めることがあるでしょう。彼らはリスクを取ることに興奮を感じる一方で、失敗に対しては敏感で、その結果を深く気にすることがあります。これらの特性は、ESTP-Tが直面する課題やストレスの多い状況において、どのように行動するかに影響を与える可能性があります。

彼らは自分の感情に驚かされることがあり、ストレスの多い出来事が突然発生したときに不快に感じるかもしれません。そのため、彼らは落ち着く前に一息ついて考える必要があるかもしれません。

ESTP-Tの性格3.感情との向き合い方

ESTP-T型の性格は、MBTIの中でも特に活動的で実践的な「起業家」タイプに分類されますが、T(Turbulent)のバリエーションは、感情との向き合い方においていくつかの独特な特徴を持っています。

ESTP-Tは、自己主張的なESTP-Aと比較して、感情に対してより敏感であり、批判や他の感情に対する反応が強いことがあります。これは感情的な爆発を引き起こす可能性があるため、彼らは感情をコントロールすることに苦労することがあります。

ESTP-T型の感情との向き合い方に関する特徴

  1. 感情のコントロール: ESTP-Tは感情のコントロールが難しく、時折予期しない感情に遭遇することがあります。ストレスの多い状況に直面したとき、彼らは自分自身を収集するのに時間がかかることがよくあります。
  2. 感情的な反応: 定義上、ESTPは思考家ですが、ESTP-Tは批判や他の感情に敏感になることがあります。これは感情的な爆発を引き起こす可能性があり、非常に脅威的に見えることがあります。
  3. 感情表現の価値: ESTP-Tは、特定の問題に対する自分の気持ちを人々に知らせることで価値のあるものを見つけることができます。彼らは必要に応じて感情的に表現できることを示していますが、感情を迅速に消化することはありません。

これらの特徴は、ESTP-T型が感情とどのように向き合うかを理解するのに役立ちます。

彼らは感情を扱う上での主な強みを持っていないかもしれませんが、感情的な側面を受け入れ、それを自己成長の機会として利用することができるのです。

ESTP-T型の人々は、感情的な課題に直面したときには、自分の感情を認識し、それに適切に対処する方法を学ぶことが重要です。

ESTP-Tの性格4.積極的/勇敢でない

ESTP-T、または「Turbulent Entrepreneur」として知られる性格タイプは、ESTP-A(Assertive Entrepreneur)と比較して、自信の面でいくつかの違いがあります。

ESTP-Tは、自己疑念の一部として、自分自身を他人よりも間違いを犯す可能性が高いと見なす傾向があります。これは、彼らが自分自身に対して厳しい目を持ち、自分の行動に対する結果をより深く考えることを意味します。

ESTP-Tは、自分の行動に対する結果を慎重に考えるため、衝動的な行動を取ることが少なくなります。これは、彼らが退屈を感じたときに衝動的に行動することを抑制するのに役立ちます。しかし、この性格タイプは、自信の欠如により、積極的で勇敢な行動を取ることに対して不安を感じることがあります。彼らは、間違ったことを言ったり行ったりすることに対して常に心配しており、これが彼らの行動に躊躇を生じさせることがあります。

一方で、ESTP-Tは、問題を避けるために慎重に行動することで、より成功した結果を生み出すことができます。彼らは、行動指向の核となる性格特性に合った、心配によって動機づけられたマインドセットを持っており、問題を避けたいと思うことがあっても、より徹底的に物事を行いたいと考えます。

ESTP-Tの性格が積極的でない、または勇敢でないと感じる場合、それは彼らが自分自身に対して持つ不確実性や自己疑念に起因する可能性があります。

しかし、この慎重さは、彼らがより熟考された決断を下すのに役立ち、長期的には彼らの成功に貢献することができます。

ESTP-Tの性格5.行動志向

ESTP-Tタイプは、MBTIで識別される16の性格タイプの一つで、外向的、観察的、思考的、探究的な特徴を持っています。

ESTP-Tは「起業家」または「冒険家」とも呼ばれ、その名の通り、行動志向でエネルギッシュな性格です。

ESTP-Tの特徴

  • 外向的で社交的、人々との交流を楽しむ
  • 観察的で、現実的な詳細に焦点を当てる
  • 思考的で、客観性を重視し、論理的な判断を下す
  • 探究的で、新しい可能性を求め、柔軟性がある

ESTP-Tは、その行動志向の姿勢で、目の前にあるものを巧みにナビゲートし、人生の機会を発見することを愛しています。彼らは、社交活動やより個人的な追求であれ、生き生きとしたエネルギーに満ちています。

彼らは競争心が強く、成功するためには競争的なマインドセットが必要だと考えています。ドライブがあり、行動志向の態度を持つESTP-Tは、過去について考える時間をほとんど無駄にしません。実際、彼らは現在に根ざした注意を保つことに長けており、一日を通じて時間に固執することはほとんどありません。

理論や抽象的な概念、世界の問題についての長い議論はESTP-Tの興味を長くは引きつけません。彼らは会話をエネルギッシュに保ち、知性を加えながら、現実について話すことを好みます。または、ただ出かけてそれを実行することを好みます。

ESTP-Tは大胆で勇敢な集団であり、チャンスをつかむことや衝動に基づいて行動することを恐れません。彼らは瞬間を生き、オープンマインドと外向的な自信を持って行動に飛び込みます。この性格タイプの人々は、感情的なスリルのためではなく、それが彼らの心を刺激するから、ドラマ、情熱、快楽を楽しみます。

彼らは、事実に基づいた即時の現実に基づいて重要な決定を下し、迅速な合理的な刺激反応のプロセスを行います。これにより、学校や他の高度に組織化された環境はESTP-Tにとって挑戦となります。それは彼らが賢くないからではなく、形式的な教育の体系的で講義的なアプローチが、これらの性格が通常楽しむ実践的な学習から非常に遠いからです。

ESTP-Tは、自分の道徳的なコンパスを使用することを好み、ルールは破られるためにあるという感覚を持っています。これは、学校の教師や企業の監督者が共有する可能性のある感情ではなく、これらの性格に特定の評判をもたらすことがあります。しかし、彼らが問題を最小限に抑え、エネルギーを制御し、退屈なものを通して集中することができれば、ESTP-Tは計り知れない力となります。

ESTP-Tは、どのタイプよりも鋭い、フィルターのかからない視点を持っており、顔の表情の変化、新しい服装のスタイル、習慣の破壊など、小さな変化に気づく独特のスキルを持っています。

この性格タイプの人々は、ほとんどのタイプが何か具体的なものを拾うのが幸運であるところ、隠された思考や動機に気づきます。

ESTP-Tの性格6.意思決定の難しさ

ESTP-Tタイプの人々は、意思決定において特有の難しさを経験することがあります。

これは、彼らが自己主張的なESTP-Aタイプと比べて、より不安定であり、自分の選択や行動に対する自信が低いためです。ESTP-Tは、意思決定のプロセスにおいて、より多くの迷いや不安を感じる傾向があり、その結果、指導が多く、選択肢が少ない職業を好むことがあります。

彼らは、簡単な決定を下すことや対立を扱うことにストレスを感じることがあり、これが迷いを引き起こす可能性があります。また、感情のコントロールが難しく、予期しない感情に遭遇することがあるため、攻撃的な人々とは異なり、より慎重であり、誤った判断や早まった失敗を防ぐ傾向にあります。

ESTP-Tは、ESTP-Aよりも冒険的ではなく、ミスを犯すことに対してより心配しているため、強引なタイプよりも慎重に行動するように動機付けられます。彼らはしばしば衝動的な人々ですが、その財政状況に影響を与える可能性があります。彼らはお金を稼ぐ方法を理解していますが、変動性のあるESTPは、お金をより上手に管理し、より多くのお金を節約することができるでしょう。

通常、ESTPは直接的で率直なコミュニケーションスタイルを持っていますが、ESTP-Tはこのスタイルに対してより敏感であり、建設的な批評を改善の機会として捉えることができます。

以上の点から、ESTP-Tの性格タイプは、意思決定の難しさにおいて、より慎重で内省的なアプローチを取ることが理解できます。

彼らは自己疑念を持ちながらも、それを強みとして活用し、より熟考された決定を下すことができるのです。

ESTP-Tの性格7.ストレスへの反応

ESTP-Tの性格タイプは、ストレスに対して特有の反応を示します。

彼らは通常、活動的で実践的な思考を持ち、直感を頼りに迅速な解決策を見つける能力に長けています。しかし、ストレスが高まると、その柔軟性が影響を受け、興味関心が移ろいやすくなり、集中力や目的意識が失われることがあります。

具体的には、ESTP-Tはストレスを感じると、考えを巡らし、解決策が見出されないまま思索に迷い込んで出口を見いだせないことがあります。また、ひねくれた独自の理論で判断し、周囲の人を扇動することがあるとされています。

このような状況に対処するためには、ESTP-Tの人々は自分の感情を認識し、ストレスの原因を特定することが重要です。

そして、リラックスする時間を設けたり、信頼できる友人や家族と話し合うことで、ストレスを管理しやすくなるでしょう。

ESTP-Tの性格8.感情のコントロール

ESTP-Tタイプの人々は、感情のコントロールに関しては変動性があり、時に予期しない感情に直面することがあるとされています。

彼らは勇敢ですが、攻撃的な人々とは異なり、より慎重であり、誤った判断や早まった失敗を避ける傾向にあります。

ESTP-TはESTP-Aに比べて冒険的ではなく、ミスを犯すことに対してより心配し、それが彼らを慎重に行動させる動機となっています。

ESTPはしばしば衝動的ですが、ESTP-Tはお金の管理においてより慎重であり、結果としてより多くのお金を節約することができるでしょう。

ESTP-Tの性格9.冒険的でない

ESTP-Tタイプの性格特性の一つに「冒険的でない」という側面があります。

これは、ESTP-Tの人々がESTP-Aタイプに比べて、ミスを犯すことに対してより心配し、リスクを避ける傾向があることを指します。ESTP-Tは、冒険や新しい体験に対して積極的なESTP-Aとは異なり、より慎重に行動することが多いです。

彼らは新しいことに挑戦することを恐れるわけではありませんが、行動を起こす前により多くの情報を求めたり、計画を練ったりすることで、リスクを最小限に抑えようとします。この態度は、彼らが冒険的な行動を取る際にも、より慎重で計算されたアプローチをとることを意味しています。

ESTP-Tの人々は、自分の行動や決断に対する不安を感じることがあり、そのために冒険的な行動を控えることがあるかもしれません。

しかし、この慎重さは、彼らがより熟考された選択をすることにつながり、結果として成功につながることもあります。

彼らは、冒険よりも安定を求めることが多く、そのために長期的な視野で物事を考えることができるのです。

ESTP-Tの性格10.コミュニケーションスタイル

ESTP-Tのコミュニケーションスタイルは、直接的で率直です。

彼らは感情を排除したやり取りを好み、曖昧さを避けます。他の人が曖昧な表現を使うと、彼らはかなりイライラすることがあります。また、建設的な批判を歓迎する傾向があります。

ESTP-Tは、具体的な事実に基づいて迅速な決定を下すことを好み、理論や抽象的な概念についての長い議論には興味を持ちません。彼らは会話を活気に満ちたものに保ち、知性を加えながら、現実について話すことを好むか、さらに良いことには、ただ外に出てそれを実行することを好みます。

ESTP-Tは、行動する前に考えるよりも、行動してから修正することを好む傾向があります。彼らは計画よりも即興を重視し、その場での対応能力に優れています。この性格タイプの人々は、ドラマ、情熱、快楽を楽しむことが多く、それは感情的なスリルのためではなく、それが彼らの心を刺激するからです。

ESTP-Tは、大胆で勇敢な性格であり、チャンスをつかむことや衝動に基づいて行動することを恐れません。彼らは瞬間を生き、オープンマインドと外向的な自信を持って行動に飛び込みます。

この性格タイプの人々は、小さな変化に気づく独特のスキルを持っており、顔の表情の変化、新しい服装のスタイル、習慣の破壊など、隠された思考や動機に気づくことができます。

ESTP-Tの性格11.建設的な批評を歓迎

ESTP-Tの性格タイプは、建設的な批評を歓迎する傾向があります。

彼らは自己改善と成長に対する強い意欲を持っており、フィードバックを受け入れることで自分自身を向上させる機会として捉えます。ESTP-Tは、他人からの意見やアドバイスを価値あるものとして受け止め、それを自分の行動や決定に反映させることができます。

この性格タイプの人々は、批評を受ける際に感情的になることが少なく、客観的な視点からフィードバックを分析し、実用的な改善策を見つけることができます。また、ESTP-Tは自己批判的な面を持ち合わせているため、自分の弱点を認識し、それを克服するための具体的なステップを踏むことができます。

しかし、ESTP-Tは感情のコントロールが難しいこともあり、時には予期しない感情に遭遇することがあるため、批評を受け入れる過程で感情的な反応を示すこともあります。それでも、彼らは批評をポジティブな成長の機会として捉え、自分の行動や考え方を改善するための手段として活用することができるのです。

総じて、ESTP-Tの性格タイプは、建設的な批評を受け入れることによって、自己成長を促進し、より効果的な意思決定を行うことができると言えるでしょう。彼らは批評を自己改善のためのツールとして利用し、自分自身をより良い方向に導くことができます。

ESTP-Tの性格12.自己確信がない

ESTP-Tの性格タイプは、自己確信に欠けることがあります。

彼らは行動的で実践的な思考を持つ一方で、自己の行動や決断に対して自己評価が厳しく、しばしば自己疑念に陥りやすい傾向があります。この性格タイプの人々は、周囲の意見や評価に敏感であり、他人からのフィードバックを重視することが多いです。

自己確信がない状態では、ESTP-Tは自分の能力を疑ったり、自分の選択に自信を持てなかったりすることがあります。これは、特に新しい挑戦や不確実性が伴う状況で顕著になることがあります。彼らは新しい経験や挑戦を求めつつも、不確実性やリスクに対する懸念を抱きやすいのです。

このような自己疑念を克服するためには、ESTP-Tの人々は自分の感情を認識し、自己批判的な思考パターンに気づくことが重要です。また、自分の長所や過去の成功体験を振り返ることで、自信を取り戻す手助けになるでしょう。信頼できる友人や家族との対話を通じて、自己評価を再構築することも有効です。

ESTP-Tの性格13.内省的

ESTP-Tタイプの人々は、自分の行動に対してそれほど自信がないため、自分の行動の結果をより詳しく検討する傾向があります。

これは彼らがより内省的であることを意味し、退屈から引き起こされる衝動的な行動をすることが少なくなります。その結果、私生活や職業生活の両方でリスクを取ることが少なくなるのです。

ESTP-Tは、自分の行動を深く反省し、その結果を考慮に入れることで、より慎重な決断を下すことができます。これにより、彼らは自己成長やキャリアの展開において、これらの特性を理解し活用することが重要になります。

ESTP-Tの性格14.リスクを取ることが少ない

ESTP-Tタイプの人々は、リスクを取ることが少ないという特徴があります。

これは、彼らが新しいことに挑戦する際に、失敗やミスを犯すことへの不安を感じるためです。ESTP-Tは、ESTP-Aタイプのように衝動的に行動することは少なく、より慎重で計画的なアプローチを好む傾向があります。

彼らは、リスクを冒してまで新しい刺激や経験を求めることはせず、成功までの道筋を慎重に考え、「失敗のリスクが少ない」と判断したことにのみチャレンジします2。このような性格は、彼らが意思決定をする際により多くの指導を求めたり、選択肢が少ない職業を好むことにつながるかもしれません。また、対立を避け、より穏やかな環境で働くことを好むことがあります。

ESTP-Tの人々は、感情との向き合い方においても、批判や他の感情に敏感であり、感情的な爆発を引き起こす可能性があるため、リスクを取ることによって内面的な緊張を経験することがあります。彼らは、逆境を動機付けとして見ることが少なく、問題を無視して自然に消え去ることを望む傾向がありますが、これは必ずしも困難に直面して頭を砂に埋めることを意味するわけではありません。

総じて、ESTP-Tの人々は、リスクを取ることが少ないという特性が、彼らの行動や職業選択、感情の処理に影響を与えることが分かります。彼らは、より慎重で内省的なアプローチを取り、自己疑念や感情的な敏感さを通じて、リスクを避ける傾向にあります。

これにより、彼らはより計画的で、長期的な視野で物事を考えることができるのです。

ESTP-Tの性格15.ジャンプする前によく見る

ESTP-Tの性格タイプは、一般的なESTPよりも慎重で、行動を起こす前によく考える傾向があります。

この特性は「ジャンプする前によく見る」と表現され、彼らが衝動的な行動を避け、リスクをより慎重に評価することを意味します。ESTP-Tは、自己疑念が多く、自分の行動に対して確信が持てないことがありますが、これにより、より内省的になり、失敗を避けるために十分な情報を得てから行動を起こすようになります。

彼らは自己主張的なESTP-Aと比べて、冒険的ではなく、ミスを犯すことに対して心配する傾向があります。このため、彼らはより慎重に行動し、早まった失敗を防ぐことができます。また、感情のコントロールが難しく、予期しない感情に遭遇することがあるため、ストレスの多い状況では混乱しやすいですが、これは彼らが感情的な爆発を引き起こす可能性があることを意味します。しかし、ESTP-Tは必要に応じて感情的に表現する能力があり、特定の問題に対する自分の気持ちを人々に知らせることで価値を見出すことができます。

総じて、ESTP-Tは、自己疑念や感情のコントロールの難しさにもかかわらず、リスクを慎重に評価し、より計画的に行動することで、自己主張的なESTP-Aよりも慎重なアプローチを取る性格タイプです。

彼らは、ジャンプする前によく見ることで、潜在的な失敗を回避し、成功への道を歩むことができます。

ESTP-Tの性格16.感情的またはストレスの多い出来事への反応

ESTP-Tの性格タイプは、感情的またはストレスの多い出来事に対して、特定の反応パターンを示します。

彼らは比較的感情の起伏が激しく、自己の行動や決断に対して自己評価が厳しいため、ストレスやプレッシャーに敏感であると言えます。

ESTP-Tは、新しい経験や挑戦を求める一方で、不確実性やリスクに対する懸念を抱きやすいです。彼らは、感情のコントロールが難しく、時に予期しない感情に遭遇することがあります。このため、感情的な爆発を引き起こす可能性があり、非常に脅威的に見えることがあるかもしれません。

また、ESTP-Tは、自己疑念を感じることがあり、外部からの評価や反応に敏感です。失敗や批判に対して過敏に反応し、自己改善や完璧を求めることがあるでしょう。彼らは自分の能力に自信を持ちながらも、常に自分自身を見つめ直し、改善の余地を探求し続けます。

感情的またはストレスの多い出来事が突然発生したとき、ESTP-Tは不快に感じるかもしれません。このような状況では、彼らは混乱していると感じるかもしれず、落ち着く前に一息ついて考える必要があるかもしれません。

総じて、ESTP-Tの性格タイプは、感情的またはストレスの多い出来事に対して、より敏感で反応的な態度を取ることが多いです。しかし、彼らはこれらの反応を通じて、自己成長の機会を見出し、より強く、より適応性の高い個人へと成長することができます。

ESTP-Tの性格17.落ち着く前に一息ついて考える

ESTP-Tの性格タイプは、感情的またはストレスの多い出来事が突然発生したとき、疑問を抱く思考型の性格の変動性のある起業家として、不快に感じるかもしれません。

このような状況では、彼らは混乱していると感じることがあります。変動性のある起業家は、落ち着く前に一息ついて考える必要があるかもしれません。

ESTP-Tは、行動志向であるため、困難を避けたいときや簡単に動揺しやすい場合でも、より徹底的であることを望むかもしれません。彼らは、感情のコントロールが難しく、時折予期しない感情に遭遇することがあります。そのため、ストレスの多い状況に直面したとき、人々は自分自身を収集するのに時間がかかることがよくあります。十分な努力をすると、心配に対する最初の反応は克服できます。2番目の選択肢は、より慎重なアプローチを奨励することで成功の可能性を高めるために使用できます。

ESTP-Tの人々は、感情との向き合い方において、定義上、思考家ですが、批判や他の感情に敏感になることがあります。これは感情的な爆発を引き起こす可能性があり、このような場合、彼らは非常に脅威的に見えることがあります。しかし、これらの性格は、必要に応じて感情的に表現できることを示しています。彼らは、特定の問題に対する自分の気持ちを人々に知らせることで価値のあるものを見つけることができるかもしれません。

ESTP-Tの性格18.自信に満ちていない

ESTP-Tタイプの人々は、自己批判的な傾向があり、自分の行動や決断に対してしばしば自己疑念を抱くことが特徴です。

彼らは周囲の意見や評価に敏感であり、他人からのフィードバックを重視することが多いです。このため、自信に満ちているとは言い難く、不確実性やリスクに対する懸念を抱きやすいとされています。

また、ESTP-Tは状況に応じて柔軟に対応する能力が高く、変化に対して適応しやすいですが、新しい経験や挑戦を求めつつも、自信の欠如が原因で行動を躊躇することがあります

。自己の能力に対する信頼が低いため、挑戦的な状況でも冷静さを保つことが難しい場合があるのです。

ESTP-Tの性格19.財政状況への影響

ESTP-Tタイプの人々は、財政状況に対して特有のアプローチを持っています。

彼らはしばしば衝動的な性格とされますが、Tタイプ(タービュレント)の場合、お金の管理においてより慎重になる傾向があります。ESTP-Tは、リスクを冒すことを避け、安定した財政状況を維持するために、計画的で合理的な支出を心がけます。

また、ESTP-Tは行動志向でありながら、誤りを防ぐためにより徹底的な計画を立てることが多いです。

彼らは自己主張的なESTP-Aよりも意思決定に慎重であり、その結果、より指導が多く、選択肢が少ない職業を好むことがあります。

これは、彼らが財政的なリスクを避け、安定した収入源を求めることを反映しています。

ESTP-Tの人々は、ESTP-Aと比較して内向的な面があり、自分の内面を見つめる時間が長いため、財政的な決断をする際にも、より深く考える傾向があります。彼らは、失敗のリスクが少ないと判断した場合にのみ、新しい投資やビジネスの機会にチャレンジすることが多いです。

総じて、ESTP-Tの性格は、彼らが財政状況に対してより慎重で計画的なアプローチを取ることを示しています。

彼らは、衝動的な支出を避け、長期的な安定を重視することで、財政的な安全を確保しようと努めています。

このような性格特性は、彼らが財政的な成功を達成する上で有利に働くことがあります。

ESTP-Tの性格20.感情を扱う上での主な強みを持っていない

ESTP-Tの性格タイプは、感情を扱う上での主な強みを持っていないとされています。

彼らは感情的な爆発を引き起こす可能性があり、ストレスの多い状況では混乱しやすいと言われています。定義上、ESTPは思考家であり、行動や判断が合理性に導かれることを意味しますが、ESTP-Tは批判や他の感情に敏感であり、これが感情的な反応を引き起こすことがあります。

ESTP-Tは感情を迅速に消化することはなく、感情のコントロールが難しいとされています。しかし、必要に応じて感情的に表現する能力があり、特定の問題に対する自分の気持ちを人々に知らせることで価値を見出すことができます。

感情との向き合い方において、ESTP-Tは自分の感情に驚かされることがあり、感情的またはストレスの多い出来事が突然発生したときに不快に感じるかもしれません。このような状況では、彼らは混乱していると感じることがあり、落ち着く前に一息ついて考える必要があるかもしれません。

この性格タイプは、感情を扱う上での強みがないとされているものの、感情的な表現や他人とのコミュニケーションにおいて、自分の感情を適切に伝えることができる場合もあります。彼らの感情的な側面は、自己表現や人間関係の構築において重要な役割を果たすことがあります。

【性格】ESTP-Tの長所と短所

ESTP-Tの性格は、長所と短所がはっきりと分かれています。

ESTP-Tの長所と短所は、以下のようになります。

ESTP-Tの長所

  • 行動力がある
  • 臨機応変に対応できる
  • コミュニケーション能力が高い
  • 創造性や革新性がある
  • 学習意欲が強い

ESTP-Tの長所は、行動力や臨機応変さ、コミュニケーション能力などです。
彼らは、自分の考えや意見をはっきりと主張し、即座に行動に移すことができます。
また、彼らは、状況や問題に応じて、柔軟に対応することができます。
彼らは、社交的でフレンドリーで、人との交流を楽しむことができます。
さらに、彼らは、創造性や革新性があり、新しいアイデアや方法を考えることができます。
そして、彼らは、学習意欲が強く、常に自分の知識や能力を向上させることを目指します。

ESTP-Tの短所

  • 感情的になりやすい
  • 飽き性で集中力がない
  • 約束やルールを守らない
  • 無神経で他人の気持ちを考えない
  • 衝動的で危険な行動をする

ESTP-Tの短所は、感情的さや飽き性、無神経さなどです。
彼らは、感情の起伏が激しく、気分や状況によって変わりやすいです。
また、彼らは、飽き性で集中力がなく、同じことに長く続けることができません。
彼らは、約束やルールを守らなかったり、自分の都合で変えたりすることがあります。
さらに、彼らは、無神経で他人の気持ちを考えなかったり、傷つけたりすることがあります。
そして、彼らは、衝動的で危険な行動をしたり、トラブルに巻き込まれたりすることがあります。

【性格】ESTP-Tと相性の良いタイプは?

ESTP-Tと相性の良いタイプは、MBTI診断の結果から見ると、以下のようになります。

ESTP-Tと相性の良いタイプは、彼らと同じ感覚型で、感情型のタイプです。
彼らは、ESTP-Tの活発でエネルギッシュな性格に理解を示し、一緒に楽しく過ごすことができます。
例えば、ESTPやISTPは、ESTP-Tの刺激や冒険を求める性格に共感し、一緒に新しいことや面白いことに挑戦することができます。
また、ESFPやISFPは、ESTP-Tの社交的でフレンドリーな性格に魅力を感じ、一緒に人との交流を楽しむことができます。

一方で、ESTP-Tと相性の悪いタイプは、彼らとは対照的に、直感型で、思考型のタイプです。
彼らは、ESTP-Tの感情的で衝動的な性格に理解を示さず、論理的で合理的に接することがあります。

ESTP-Tの恋愛傾向や特徴

ESTP-Tの恋愛傾向や特徴は、以下のようになります。

  • 恋愛においても、刺激や冒険を求める
  • 気分や感情に左右されやすく、恋愛感情が変わりやすい
  • パートナーに対しても自己評価が厳しく、不安や疑心を抱きやすい
  • パートナーからのフィードバックやサポートを求める
  • パートナーとのコミュニケーションや交流を楽しむ

ESTP-Tは、恋愛においても、刺激や冒険を求めるタイプです。
彼らは、新しい人や場所に出会ったり、楽しいデートをしたりすることを好みます。
また、彼らは、気分や感情に左右されやすく、恋愛感情が変わりやすい傾向があります。
彼らは、自分の気持ちに自信が持てなかったり、パートナーに飽きたりすることがあります。
さらに、彼らは、パートナーに対しても自己評価が厳しく、不安や疑心を抱きやすいです。
彼らは、パートナーが自分を本当に愛しているかどうか、自分がパートナーにとって十分かどうか、常に確認したいと思うことがあります。
そのため、彼らは、パートナーからのフィードバックやサポートを求めることが多いです。
彼らは、パートナーに自分の気持ちや考えを伝えたり、パートナーの気持ちや考えを聞いたりすることで、安心感や信頼感を得たいと思います。
一方で、彼らは、パートナーとのコミュニケーションや交流を楽しむタイプでもあります。
彼らは、パートナーと一緒に楽しいことをしたり、話し合ったりすることで、仲良くなったり、深い関係を築いたりすることができます。

ESTP-Tの適職や職業の向き・不向き

ESTP-Tの適職や職業の向き・不向きは、以下のようになります。

  • ESTP-Tの適職:起業家、営業、マーケティング、コンサルタント、エンジニア、教師、スポーツ選手、芸能人など
  • ESTP-Tの不向きな職業:会計士、弁護士、研究者、作家、図書館員、事務員など

ESTP-Tの適職は、彼らの行動力や柔軟性、コミュニケーション能力などを活かせる職業です。
例えば、起業家や営業やマーケティングなどは、ESTP-Tの特徴である刺激や冒険を求める性格や、現実的で実践的な思考や行動が求められる職業です。
また、コンサルタントやエンジニアや教師などは、ESTP-Tの特徴である柔軟な対応能力や、状況に応じて効果的な解決策を見つける能力が求められる職業です。
さらに、スポーツ選手や芸能人などは、ESTP-Tの特徴である社交性や影響力や、自分の能力を試したり向上させたりする意欲が求められる職業です。

一方で、ESTP-Tの不向きな職業は、彼らの感情的や衝動的な性格や、計画性や継続性の欠如などが障害となる職業です。
例えば、会計士や弁護士や研究者などは、ESTP-Tの特徴とは異なり、細かい作業や長期的な計画や分析が必要な職業です。
また、作家や図書館員や事務員などは、ESTP-Tの特徴とは異なり、単調な作業やルーティーンワークが多い職業です。

ESTP-Tの性格に関する実体験エピソード

私はESTP-Tの性格タイプであり、職場での経験についてお話しします。

1. アクション志向と柔軟性

ESTPはアクション志向が強く、柔軟に対応することが得意です。私は以前、プロジェクトの進行中に予期せぬ課題が発生した際に、即座に対処することがありました。計画を立てることも大切ですが、現場での臨機応変な対応が私の強みでした。

2. リスクを取る姿勢

ESTPはリスクを取る姿勢があり、新しいアイデアやアプローチを試すことを好みます。私はプロジェクトでの意欲的な提案や実験的な方法を積極的に導入しました。成功することもあれば、失敗することもありましたが、それが私の成長につながりました。

3. チームワークとコミュニケーション

ESTPは社交的で、人々とのコミュニケーションを楽しむことがあります。私はチームメンバーや上司と積極的にコミュニケーションを取り、プロジェクトの進行状況や課題を共有しました。協力と協調を大切にしました。

4. ストレスと自己管理

感受性豊かである一方で、ストレスを感じやすい一面もあります。私はプロジェクトの締切が迫ると、ストレスを感じることがありました。しかし、自己管理とポジティブなアウトルックで乗り越えることができました。

ESTP-Tの性格は、アクション志向、リスクを取る姿勢、チームワークが重要であることを学びました。私は自分の性格を活かし、プロジェクトに貢献できたと感じています。

ESTP-Tの性格まとめ

ESTP-Tの性格とは、MBTI診断でいうところの「起業家型」の一種です。
ESTP-Tの性格は、MBTIが示すように、「感情の起伏が激しく、自己評価が厳しい」という特徴を持っています。

ESTP-Tの性格は、長所と短所がはっきりと分かれています。
ESTP-Tの長所は、行動力や臨機応変さ、コミュニケーション能力などです。
ESTP-Tの短所は、感情的さや飽き性、無神経さなどです。
ESTP-Tと相性の良いタイプは、彼らと同じ感覚型で、感情型のタイプです。
ESTP-Tと相性の悪いタイプは、彼らとは対照的に、直感型で、思考型のタイプです。
ESTP-Tの恋愛傾向や特徴は、刺激や冒険を求めることや、気分や感情に左右されやすいことなどです。
ESTP-Tの適職や職業の向き・不向きは、彼らの行動力や柔軟性、コミュニケーション能力などを活かせる職業や、感情的や衝動的な性格や、計画性や継続性の欠如などが障害となる職業などです。

MBTI診断は、自分や他人の性格を知ることができる心理学的なツールです。
自分の性格タイプを知ることで、自分の長所や短所を見直し、自分に合った生き方や仕事を選ぶことができます。
また、他人の性格タイプを知ることで、コミュニケーションや相性を改善することができます。

ABOUT ME
この記事の監修者
MBTIラボ編集部。2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTIラボ」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA