ISFJ(擁護者)

INFJはなぜ優しいのか?その優しさの裏側にある秘密について徹底解説!

INFJはMBTIの16タイプの中でも最も稀少なタイプであり、人口の約1%しか存在しません。

そのため、INFJに出会う機会はほとんどありませんが、もし出会ったら、その優しさに感動するかもしれません。

INFJはなぜ優しいのでしょうか?その秘密を探ってみましょう。

INFJの優しさの源泉は内向的直感

INFJの優しさの源泉は、彼らの主要な認知機能である「内向的直感」です。

内向的直感とは、自分の内面にあるイメージやインスピレーションを探求する機能です。

INFJはこの機能を使って、自分や他人の深層心理や未来の可能性を見抜くことができます。

自分の内面にある理想や価値観を大切にし、それに沿って行動します。

そのため、INFJは自分の信念に基づいて、世界をより良くするために貢献しようとします。

INFJは内向的直感を使って、他人の感情やニーズを敏感に察知します。

INFJは他人の立場に立って考えることができるので、相手に寄り添って優しく接することができます。

INFJは他人の苦しみや悩みに共感し、助けたいと思います。

INFJは自分の感情を表に出さないことが多いですが、それは自分よりも他人のことを優先しているからです。

INFJは自分の感情を抑えて、他人の感情を汲み取って、適切な言葉や行動で慰めたり励ましたりします。

INFJの優しさの裏には外向的感情

INFJの優しさの裏には、彼らの補助的な認知機能である「外向的感情」があります。

外向的感情とは、自分や他人の感情を表現したり調整したりする機能です。

INFJはこの機能を使って、自分の内面にある理想や価値観を他人に伝えたり、他人との関係を築いたりします。INFJは外向的感情を使って、自分の優しさを具体的に行動に移します。

INFJは他人に対して、親切にしたり、感謝を示したり、褒めたり、助言をしたりします。

INFJは他人の反応や評価に敏感ですが、それは自分の優しさが伝わっているかどうかを確かめたいからです。

INFJは外向的感情を使って、自分の周りの雰囲気や環境にも配慮します。

INFJは他人が快適に過ごせるように、空間や物を整えたり、音楽や香りを選んだりします。

INFJは他人とのコミュニケーションにも気を使います。INFJは他人の話に耳を傾けたり、質問したり、共感したりします。INFJは自分の意見や感情を押し付けないように、柔らかく表現したり、相手の意見や感情を尊重したりします。

INFJに関する全記事はこちら

INFJの優しさには限界がある

INFJの優しさには、彼らの劣位的な認知機能である「外向的思考」が影響しています。

外向的思考とは、自分や他人の行動や結果を論理的に分析したり評価したりする機能です。

INFJはこの機能をあまり使いませんが、ストレスや疲労が溜まると、この機能が暴走してしまいます。

INFJは外向的思考が暴走すると、自分や他人の行動や結果に対して、厳しく批判したり、冷たく切り捨てたりします。

INFJは自分の優しさに対して、感謝されなかったり、利用されたり、裏切られたりすると、外向的思考が暴走しやすくなります。

INFJの優しさには、彼らの性格にもともとある「限界」があります。

INFJは内向型であり、自分の内面に向かってエネルギーを注ぎます。

そのため、INFJは他人との交流に疲れやすく、一人の時間が必要です。

INFJは自分の内面にある理想や価値観に忠実であり、それに反するものには拒否反応を示します。

そのため、INFJは自分と合わない人や環境には馴染めないことがあります。

INFJは自分の優しさを誰にでも与えるのではなく、自分が信頼できる人や目的にだけ与えます。

そのため、INFJは自分の優しさを選択的に使います。

INFJの優しさに関する実体験エピソード

私はINFJタイプで、優しさについての実体験を共有します。

ある日、学校で新入生がクラスに加わりました。彼は内向的で、友達を作るのが苦手でした。私は彼の孤独を感じ、優しさを示すことを決めました。

私は彼に声をかけ、一緒に昼食を取ることを提案しました。最初は緊張していましたが、少しずつ打ち解けていきました。私は彼に学校のことや趣味について聞き、共通の興味を見つけました。

彼との友情は深まり、私たちは一緒に勉強したり、放課後に遊んだりするようになりました。彼は私の優しさに感謝しており、私も彼との時間を大切にしました。

この経験から、優しさは人々をつなげ、新たな友情を築る力を持っていることを感じました。

INFJはなぜ優しいのか?その優しさの裏側にある秘密について徹底解説!まとめ

INFJはMBTIの16タイプの中でも最も稀少なタイプであり、人口の約1%しか存在しません。INFJは自分の内面にある理想や価値観を大切にし、それに沿って行動します。

INFJは他人の感情やニーズを敏感に察知し、相手に寄り添って優しく接することができます。

INFJは自分の優しさを具体的に行動に移し、他人に親切にしたり、感謝を示したり、褒めたり、助言をしたりします。

INFJは自分の周りの雰囲気や環境にも配慮し、他人が快適に過ごせるようにします。

INFJは他人とのコミュニケーションにも気を使い、他人の話に耳を傾けたり、質問したり、共感したりします。

INFJは自分の意見や感情を押し付けないように、柔らかく表現したり、相手の意見や感情を尊重したりします。

INFJに関する全記事はこちら

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)