INFP(仲介者)

INFPが結婚できない理由10選!仲介者タイプの性格について徹底解説!

INFP(Introverted, Intuitive, Feeling, Perceiving)は、MBTIの中でも特に理想主義的で独創的な性格タイプです。

彼らは「仲介者」とも呼ばれ、深い感受性と強い倫理観を持っています。

しかし、その独特な性格が結婚に至る道のりに影響を与えることがあります。

ここでは、INFPが結婚に踏み出しにくい理由を、彼らの性格特性とともに探っていきます。

INFPが結婚できない理由1. 理想と現実のギャップ

INFPが結婚できない理由の一つに、「理想と現実のギャップ」があります。

INFPはしばしば、理想的なパートナーや関係性を心の中で描きます。彼らは深い感受性と豊かな想像力を持ち、完璧な愛や理想的な生活を夢見ることが多いです。しかし、現実の人間関係は必ずしも彼らの理想に合致するわけではありません。

INFPは、自分の内面にある理想像と現実のパートナーとの間にギャップを感じると、結婚に対して躊躇することがあります。彼らは、理想と現実との間で葛藤し、現実のパートナーが持つ欠点や不完全さに直面すると、失望感を覚えることがあります。このようなギャップが原因で、INFPは結婚という現実的なコミットメントを避けることがあるのです。

また、INFPは自分自身や他人に対して高い理想を持っているため、現実の関係がその理想に達していないと感じたとき、結婚という決断を下すのが難しくなります。彼らにとって、結婚は単なる社会的な契約以上の意味を持ち、深い精神的な結びつきや真の理解を求めるものです。そのため、理想と現実のギャップは、INFPが結婚に踏み切る上での大きな障壁となるのです。

INFPが結婚できない理由2. 感情の深さ

INFPタイプの人々は、感情の深さと感受性の豊かさが特徴です。この感情の深さが結婚において障害となることがあります。

感情の起伏が激しい

INFPは感情が豊かで、小さな出来事にも強く反応することがあります。このため、感情の起伏が激しく、パートナーとの関係において安定感を欠くことがあります。

感受性が強い

INFPは他人の感情や状況に対して非常に敏感です。そのため、相手の気持ちを深く理解しすぎてしまい、自分の感情をうまくコントロールできないことがあります。

関係性に疲れやすい

感受性が豊かなINFPは、人間関係の維持に多くのエネルギーを使います。結婚生活においても、このような関係性の維持がストレスとなり、疲れを感じやすいです。

内向的な性格

INFPは内向的な性格を持ち、自分の内面の世界に深く没頭することがあります。このため、外向的な活動や社交的な場において、自分を表現することが難しく感じることがあります。

これらの特性は、INFPが結婚生活において直面する可能性のある課題です。しかし、これらの課題を理解し、適切に対処することで、INFPタイプの人々も充実した結婚生活を送ることが可能です。感情の深さは、深い愛情や共感を生み出す源でもありますので、この特性を理解し、受け入れることが大切です。

INFPが結婚できない理由3. 自己犠牲の精神

INFPが結婚できない理由の一つに、「自己犠牲の精神」が挙げられます。

INFPは他人の幸福やニーズを自分のものよりも優先することが多く、これが結婚という決断に影響を与えることがあります。彼らは自分の感情や欲求を抑え、パートナーや家族、友人のために多くのことを犠牲にする傾向があります。

この自己犠牲の精神は、INFPが自分自身の幸福や満足を追求することを難しくさせることがあります。結婚は相互の協力とサポートを基盤とする関係ですが、INFPは自分のニーズを後回しにしてしまうため、バランスの取れたパートナーシップを築くことが難しいと感じることがあります。また、自己犠牲が過ぎると、自分のアイデンティティや目標を見失い、結婚生活においても自分の役割や幸福を見出すことが困難になる可能性があります。

さらに、INFPは自己犠牲を通じて他人からの承認や愛を求めることがありますが、それが適切に報われないと感じた場合、結婚に対する不安や疑問を抱くことがあります。そのため、INFPが結婚に踏み切るためには、自己犠牲の精神を適切にコントロールし、自分自身のニーズと他人のニーズのバランスを見つけることが重要です。

INFPが結婚できない理由4. 変化への恐れ

INFPが結婚できない理由の一つに、「変化への恐れ」があります。

INFPは内向的で感受性が強く、安定した環境や既知のルーチンを好む傾向があります。結婚は人生の大きな転機であり、新しい責任、新しい関係性、そして新しい生活様式をもたらします。このような大きな変化は、INFPにとって不安や恐れを引き起こす原因となります。

INFPは、変化によって失われるものに焦点を当てがちで、新しい環境や状況に適応することに対する不安を感じることがあります。また、彼らは変化によって自分のアイデンティティや価値観が脅かされると感じることがあり、結婚という決断に踏み切る前に多くの時間を要することがあります。

さらに、INFPは未来に対する不確実性に敏感で、結婚後の生活が自分の理想や期待に沿うものになるかどうかについて深く考え込むことがあります。彼らは、結婚がもたらす変化をポジティブに捉えることができるようになるためには、自分自身の内面と向き合い、変化を受け入れる準備が整っていることを確認する必要があります。そのため、INFPが結婚に向けて前向きな一歩を踏み出すためには、変化への恐れを克服し、新しい章への移行を積極的に受け入れることが重要です。

INFPが結婚できない理由5. 独立心の強さ

INFPタイプの人々は、独立心が強く、自由を非常に重視する性格です。この独立心の強さが、結婚という絆を結ぶことに対して、ある種の抵抗感を生むことがあります。

自由への強い願望

INFPは自分の時間や空間、思考の自由を大切にします。結婚によってこれらが制限されると感じると、結婚への意欲が減退する可能性があります。

束縛への反発

INFPは束縛を嫌い、パートナーによる過度な期待や要求に対して反発を感じることがあります。結婚生活が自分の独立性を損なうと感じると、躊躇することがあります。

自己実現への追求

INFPは自己実現と個人的な成長を重視します。結婚が自分の目標や夢の追求を妨げると感じると、結婚に消極的になることがあります。

対人関係への疲れ

感受性が豊かなINFPは、人間関係に多くのエネルギーを使います。結婚による対人関係の負担が重荷となり、結婚を避ける傾向があります。

これらの理由から、INFPタイプの人々が結婚に踏み出すのをためらうことがあります。しかし、これはINFPが結婚に向いていないというわけではなく、彼らの独立心や自由への願望を理解し、尊重することができるパートナーであれば、充実した結婚生活を送ることが可能です。

INFPが結婚できない理由6. コミュニケーションの難しさ

INFPが結婚できない理由の一つに、「コミュニケーションの難しさ」があります。INFPは内向的な性格であり、自分の内面の世界が豊かであるため、それを外に表現することが難しいと感じることがあります。彼らは自分の感情や考えを言葉にするのが苦手で、特に深い感情や複雑な思考を持っている場合、他人に理解してもらうのが一層困難になります。

結婚は、パートナーとの深いコミュニケーションを必要とする関係です。INFPが自分の感情やニーズを適切に伝えることができないと、誤解や不満が生じる原因となり、結婚生活において重要な意思疎通が妨げられることがあります。また、INFPは他人に自分を開示することに対して躊躇することがあり、これが結婚という密接な関係性を築く上での障害となることがあります。

さらに、INFPは感情を直接的に表現するよりも、芸術的な活動や創造的な方法で表現することを好むことが多いです。しかし、結婚においては、日常的なコミュニケーションが必要不可欠であり、感情や考えをストレートに伝える能力が求められます。そのため、INFPが結婚に踏み切るためには、コミュニケーションスキルを向上させ、自分の内面をパートナーと共有することが重要です。

INFPが結婚できない理由7. 対人関係の理想化

INFPタイプの人々は、理想主義者であり、対人関係においても高い理想を持ちがちです。この対人関係の理想化が結婚において障害となることがあります。

現実とのギャップ

INFPは理想的な関係を追求しますが、現実のパートナーがその理想に完全には合致しないことが多く、失望感を覚えることがあります1

過度な期待

INFPは相手に対して過度な期待を持つことがあり、相手がそれに応えられない場合、関係が破綻する原因となることがあります1

感受性の強さ

INFPは感受性が豊かで、相手の小さな変化にも敏感に反応します。これがストレスとなり、結婚生活において疲れやすくなることがあります1

恋愛と結婚の混同

INFPは恋愛の理想を結婚にも求めがちですが、結婚は恋愛とは異なる現実的な側面が多く含まれます。この違いに適応するのが難しいことがあります1

これらの理由から、INFPタイプの人々は結婚に踏み出すのをためらうことがあります。しかし、理想と現実のバランスを見つけ、相手との違いを受け入れることができれば、充実した結婚生活を送ることが可能です。対人関係の理想化は、結婚においても調和と理解を深めるためのステップとなることができます。

INFPが結婚できない理由8. 過度な自己分析

INFPが結婚できない理由の一つに、「過度な自己分析」があります。

INFPは内省的な性格であり、自己認識が非常に高いため、自分自身の行動や感情、動機を深く掘り下げて考えることが多いです。この過度な自己分析は、自分自身に対する理解を深める一方で、自己疑念や不確実性を増大させることがあります。

結婚という重要な人生の決断を前にして、INFPは自分の選択や未来に対する不安を強く感じることがあります。彼らは自分の感情や行動のすべての側面を分析し、結婚が本当に正しい選択なのか、自分がパートナーにとって最適な人物なのかを繰り返し問い直します。このような内省は、決断を下すことをより複雑にし、結婚への一歩を踏み出すことを遅らせることがあります。

また、INFPは自分の欠点や弱点に対して非常に厳しい目を持ち、自分自身を完璧に近づけようとする傾向があります。しかし、完璧を求めるあまり、自分自身やパートナーに対して現実的でない期待を持つことになり、結婚という現実的な関係を築く上で障害となることがあります。

そのため、INFPが結婚に向けて前向きな一歩を踏み出すためには、自己分析を適度に行い、自分自身を受け入れることが重要です。自己受容を通じて、自分の長所と短所を理解し、結婚という決断に自信を持つことができるようになることが、INFPにとっては大切なステップとなります。

INFPが結婚できない理由9. 未来への不安

INFPタイプの人々は、未来に対する不安を感じやすい性格の傾向があります。この未来への不安が、結婚という長期的なコミットメントを躊躇させる要因となることがあります。

変化への恐れ

INFPは安定した環境を好む一方で、未来に起こりうる変化に対して強い不安を感じることがあります。結婚は人生の大きな変化の一つであり、その不確実性に対する恐れが結婚への一歩を踏み出すのを妨げることがあります。

理想と現実のギャップ

INFPは理想主義者であり、結婚に対しても高い理想を持っています。しかし、理想と現実の間にギャップがあることを知り、それが未来への不安を増大させることがあります。

自己実現への影響

INFPは自己実現を非常に重視します。結婚が自分の夢や目標の追求に影響を与えると感じると、未来への不安から結婚を避ける傾向があります。

感情の起伏

INFPは感情の起伏が激しいため、未来に対する感情の変動が結婚生活において安定を保つことを難しくさせると感じることがあります。これが未来への不安となり、結婚に対して消極的になることがあります。

これらの理由から、INFPタイプの人々は結婚に対して不安を感じることがあります。しかし、未来への不安を乗り越え、パートナーとの信頼関係を築くことができれば、結婚生活も充実したものになる可能性があります。未来への不安は、結婚においても成長と発展の機会を提供することができます。

INFPが結婚できない理由10. 感受性の強さ

INFPが結婚できない理由の一つに、「感受性の強さ」があります。

INFPは非常に感受性が強く、周囲の感情や環境の影響を深く受けやすい性格です。彼らは他人の感情や微細なニュアンスに敏感であり、そのために自分自身の感情が過度に揺さぶられることがあります。

結婚は、感情的なコミットメントを伴う重要な人生のステップです。INFPは、パートナーの感情や結婚生活の日常的な喜びや悩みに強く反応し、時にはそれが圧倒的になることがあります。このような感受性の強さは、結婚に対する不安や恐れを増大させ、結婚という決断を下すことを躊躇させる要因となります。

また、INFPは感情的な経験を深く内省し、自分の感情を理解しようとする傾向がありますが、これが結婚という現実的な決断を遅らせることがあります。彼らは感情の海に溺れないように、自分の感受性を管理し、結婚という関係において安定した感情を保つことができるようになる必要があります。

そのため、INFPが結婚に向けて前向きな一歩を踏み出すためには、自分の感受性を理解し、感情を適切に表現し、パートナーとの感情的なつながりを築くことが重要です。感受性の強さをバランスよく扱い、結婚生活においても自分自身とパートナーの感情を大切にすることが、INFPにとっては幸せな結婚への鍵となります。

INFPが結婚できないに関する実体験エピソード

私はMBTIについて多くの研究をしてきましたが、特にINFPタイプの人々の結婚に関する独特な挑戦については、職場での実体験を通じて深く理解しています。あるINFPタイプの同僚は、非常に独立心が強く、自分の価値観と深く共鳴する人とのみ深い関係を築くことを望んでいました。

彼女は、仕事においても非常に独創的で、自由な発想を重視する人物でした。そのため、組織の枠組みや規則に縛られることなく、自分のペースで仕事を進めることを好んでいました。しかし、これが恋愛関係においては、相手とのバランスを取ることが難しい場面もありました。彼女は結婚に対しても同様のアプローチを取りたいと考えており、自分の理想と現実のパートナーとの間にギャップを感じることがしばしばありました。

また、彼女は未来に対する不確実性に強い不安を抱えており、結婚という長期的なコミットメントをすることに対して、躊躇している様子が見受けられました。彼女は、結婚が自分の自由や独立性を制限すると感じており、それが結婚への一歩を踏み出すことを妨げているようでした。

この同僚のエピソードは、INFPタイプの人々が結婚に対して持つ複雑な感情や挑戦を象徴しています。彼らは深い愛情と理解を求める一方で、自分の理想と現実との間のギャップに苦しむことがあります。しかし、このような挑戦を乗り越え、相互理解と受容を深めることで、INFPタイプの人々も充実した結婚生活を送ることができるのです。

INFPが結婚できない理由10選!仲介者タイプの性格について徹底解説!まとめ

INFPは独自の世界観を持ち、感受性が豊かで理想主義的な性格です。

結婚に踏み出せない理由は、理想と現実のギャップ、感情の深さ、自己犠牲の精神、変化への恐れ、独立心の強さ、コミュニケーションの難しさ、対人関係の理想化、過度な自己分析、未来への不安、感受性の強さなど、彼らの性格特性に深く根ざしています。

INFPが結婚に向けて前向きな一歩を踏み出すためには、自己受容と現実とのバランスが鍵となります。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)