ISFJ(擁護者)

ISFJの仕事ができない理由とは?対処法などについて徹底解説!

ISFJは、MBTIの性格タイプのひとつで、内向的で感覚的で感情的で判断的なタイプです。

ISFJは、忠実で責任感が強く、人の気持ちに敏感で思いやりがあります。しかし、ISFJは、仕事ができないと感じることが多いのも事実です。なぜISFJは、仕事ができないと感じるのでしょうか?そして、ISFJは、仕事ができないと感じたときに、どうすればよいのでしょうか?

この記事では、ISFJの仕事ができない理由と対処法について、以下の4つの観点から解説します。

  • ISFJの仕事ができない理由
  • ISFJの仕事ができないと感じたときの対処法
  • ISFJに向いている仕事と職場環境
  • ISFJにおすすめの転職エージェント

ISFJの仕事ができない理由1.自分の意見や感情を表現しにくい。

ISFJは、他人の気持ちを優先するあまり、自分の意見や感情を表現しにくい傾向があります。

自分の意見や感情を表現することができないと、仕事上のコミュニケーションや交渉がうまくいかないことがあります。

また、自分の意見や感情を抑え込むことで、ストレスや不満が溜まってしまうこともあります。

ISFJの仕事ができない理由2.変化やリスクに対応しにくい。

ISFJは、安定や秩序を好むタイプで、変化やリスクに対応しにくい傾向があります。

変化やリスクに対応することができないと、仕事の効率や成果が低下することがあります。また、変化やリスクに対応することで、不安や恐怖を感じることもあります。

ISFJの仕事ができない理由3.自分の能力や価値を過小評価する。

ISFJは、謙虚で控えめなタイプで、自分の能力や価値を過小評価する傾向があります。

自分の能力や価値を過小評価することができないと、仕事に自信を持てないことがあります。また、自分の能力や価値を過小評価することで、評価や報酬が低くなることもあります。

ISFJの仕事ができないと感じたときの対処法1.自分の意見や感情を表現する練習をする

ISFJは、自分の意見や感情を表現する練習をすることで、仕事ができないと感じることを減らすことができます。

自分の意見や感情を表現する練習をすることで、仕事上のコミュニケーションや交渉がうまくいくようになることがあります。また、自分の意見や感情を表現することで、ストレスや不満が解消されることもあります。自分の意見や感情を表現する練習としては、以下のような方法があります。

ISFJの仕事ができないと感じたときの対処法2.日記やメモを書く

日記やメモを書くことで、自分の意見や感情を整理することができます。日記やメモを書くときは、自分の意見や感情を正直に書くことが大切です。自分の意見や感情を正直に書くことで、自分の意見や感情に気づくことができます。

ISFJの仕事ができないと感じたときの対処法3.信頼できる人に話す。

信頼できる人に話すことで、自分の意見や感情を伝えることができます。信頼できる人に話すときは、自分の意見や感情を尊重してもらえることが大切です。自分の意見や感情を尊重してもらえることで、自分の意見や感情に自信を持つことができます。

ISFJの仕事ができないと感じたときの対処法4.変化やリスクに対応する方法を学ぶ

ISFJは、変化やリスクに対応する方法を学ぶことで、仕事ができないと感じることを減らすことができます。

変化やリスクに対応する方法を学ぶことで、仕事の効率や成果を向上させることができます。また、変化やリスクに対応することで、不安や恐怖を克服することができます。変化やリスクに対応する方法としては、以下のような方法があります。

ISFJの仕事ができないと感じたときの対処法5.情報収集や計画作りをする

情報収集や計画作りをすることで、変化やリスクに備えることができます。

情報収集や計画作りをするときは、変化やリスクの原因や影響、対策や予防、目標や期限などを明確にすることが大切です。変化やリスクの原因や影響、対策や予防、目標や期限などを明確にすることで、変化やリスクに対応することができます。

ISFJの仕事ができないと感じたときの対処法6.柔軟な思考や行動をする

柔軟な思考や行動をすることで、変化やリスクに適応することができます。柔軟な思考や行動をするときは、変化やリスクをチャンスや学びと捉えることが大切です。変化やリスクをチャンスや学びと捉えることで、変化やリスクに対応することができます。

ISFJの仕事ができないと感じたときの対処7.自分の能力や価値を客観的に評価する

ISFJは、自分の能力や価値を客観的に評価することで、仕事ができないと感じることを減らすことができます。自分の能力や価値を客観的に評価することで、仕事に自信を持つことができます。

ISFJの仕事ができないと感じたときの対処8.自分の仕事の成果や貢献を記録する

自分の仕事の成果や貢献を記録することで、自分の能力や価値を証明することができます。数字や事実に基づいて記録することが大切です。

数字や事実に基づいて記録することで、自分の能力や価値を客観的に評価することができます。 

ISFJの仕事ができないと感じたときの対処9.他人のフィードバックや評価を受け入れる

他人のフィードバックや評価を受け入れることで、自分の能力や価値を認めることができます。

他人のフィードバックや評価を受け入れるときは、ポジティブなものもネガティブなものも受け入れることが大切です。

ポジティブなものもネガティブなものも受け入れることで、自分の能力や価値を客観的に評価することができます。

ISFJに向いている仕事と職場環境

ISFJに向いている仕事と職場環境としては、以下のような点があります。

  • 人や社会に貢献できる仕事。ISFJは、人や社会に貢献できる仕事に向いています。ISFJは、忠実で責任感が強く、人の気持ちに敏感で思いやりがあります。彼らは、人や社会のために役立つことにやりがいを感じます。人や社会に貢献できる仕事としては、医療や教育や福祉などの分野があります。
  • ルールや手順が明確な仕事。ISFJは、ルールや手順が明確な仕事に向いています。ISFJは、安定や秩序を好むタイプで、ルールや手順に従って仕事をすることが得意です。彼らは、ルールや手順が明確な仕事において、正確さや丁寧さを発揮します。ルールや手順が明確な仕事としては、会計や事務や管理などの分野があります。
  • 人間関係が良好な職場環境。ISFJは、人間関係が良好な職場環境に向いています。ISFJは、人との関係やコミュニケーションを重視するタイプで、人間関係が良好な職場環境において、快適さや安心感を感じます。彼らは、人間関係が良好な職場環境において、協力やサポートを発揮します。人間関係が良好な職場環境としては、チームワークやコラボレーションが重視される職場環境があります。

ISFJの仕事ができない理由とは?対処法などについて徹底解説!まとめ

この記事では、ISFJの仕事ができない理由と対処法について解説しました。

ISFJは、自分の意見や感情を表現しにくい、変化やリスクに対応しにくい、自分の能力や価値を過小評価するという理由で、仕事ができないと感じることがあります。ISFJは、自分の意見や感情を表現する練習をする、変化やリスクに対応する方法を学ぶ、自分の能力や価値を客観的に評価するという対処法を試すことで、仕事ができないと感じることを減らすことができます。また、ISFJに向いている仕事と職場環境は、人や社会に貢献できる仕事、ルールや手順が明確な仕事、人間関係が良好な職場環境です。ISFJにおすすめの転職エージェントは、ISFJの性格タイプに合わせたキャリアカウンセリングを提供する転職エージェント、人や社会に貢献できる仕事や職場環境を紹介する転職エージェントです。

ISFJは、自分の性格タイプを知り、自分に合った仕事や職場環境を見つけることで、仕事にやりがいや満足感を感じることができます。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)