ISFP(冒険家)

ISFPの短所とは?その克服法や向き合い方について徹底解説!

ISFPは、自由奔放で感受性豊かな性格タイプです。

自分の感情や感覚に従って生きることを好み、芸術的なセンスや創造力を発揮します。

しかし、その一方で、計画性や実行力に欠けたり、ストレスに弱かったり、コミュニケーションに苦手意識を持ったりすることもあります。

この記事では、ISFPの短所とその克服法について解説します。

ISFPの短所とは①スケジュールを守れない

ISFPは、自由度や自発性を重視し、管理されることを嫌います。

スケジュールを立て、その通りに行動することに息苦しさを感じます。その時々にやりたいことをやりたいタイプであり、その衝動に振り回されてしまいます。あらかじめ決められた締め切りにはいつもギリギリで、遅れることも少なくありません。

ISFPの短所とは②無計画

ISFPは、刹那的に生きる性格とされます。

長期的な視点より短期的な視点が強く、目先の成果や満足を優先します。将来を見据えた長期的なビジョンを描いている人が少ない性格でもあります。時に目標を定めることがありますが、大まかな枠組みだけであり、具体性に欠けていることが多々あります。

ISFPの短所とは③ストレスに弱い

ISFPは、行動と感情が強く結びついたタイプです。

感情をストレートに表現するのではなく、芸術といった婉曲的な方法で表現することを得意とします。ストレスのかかる状況では、感情が揺さぶられ、行動に大きな影響を受けます。突然、ふさぎ込み、人の意見を聞かなくなったり、交流を断つことがあります。通常は冷静で穏やかなタイプである為、より一層周りを困惑させます。

ISFPの短所とは④規則やルールを嫌う

ISFPは、型にはまらない点が長所です。

規則やルールが決まった作業が苦手であり、この煩わしい手続きを減らすように変革しようとします。しかし、N(直観)型ではなくS(現実)型であるため、これまでの根底を覆すような革新的、イノベイティブな要素は少ないと言えます。多くの人に受け入れられるような、効果が明確な方法を編み出す傾向があります。

ISFPの短所とは⑤忠告を聞かない

ISFPは、他人の目を気にしないかのように行動する一方で、ひとたび批判されると人一倍嫌な思いをします。

ナイーブな性格でもあるため、非難や罵声を浴びるとプライドが傷つきます。ISFPは、善意の忠告も悪意の非難も同じようなものに感じてしまう傾向があります。自分の考えや主義にとやかく意見を言われることを非常に嫌がるタイプです。

ISFPの短所とは⑥気まぐれな完璧主義

ISFPは、褒められたり感謝されることに価値を感じません。

自分なりの基準と理想を絶対的な評価基準としており、他人と比べることが少ないタイプです。自分の作り出した理想と現状を比較しながら自己研鑽を繰り返すことができる一方で、成長のない自分に苛立ちや不安を感じ、自己肯定感が低下することがあります。

ISFPの短所とは⑦コミュニケーション嫌い

ISFPは、口数の少ないタイプでもあります。

ISFPは、言葉を使ったコミュニケーションが少ない傾向があります。N(直観)タイプは溢れ出るアイデアを話し合いながら物事を進めることが好きなのに対して、ISFPのようなS(現実)タイプは行動を通じて経験することを好みます。さらに、I(内向)タイプであることから口数が少ないことが多いです。言葉でのコミュニケーションが少ないため、自己開示がおろそかになりがちで、人から誤解を受けることもあるでしょう。言わなくても感じて欲しいというのは難しいものです。

ISFPの短所の克服法とは

ISFPの短所は、そのまま放置しておくと、仕事や人間関係に悪影響を及ぼす可能性があります。しかし、それらの短所を克服することで、ISFPの長所をより発揮することができるでしょう。以下に、ISFPの短所の克服法をいくつか紹介します。

スケジュールを守れない

ISFPは、スケジュールを守ることが苦手なので、自分に合った方法で管理することが大切です。例えば、以下のような方法が考えられます。

  • 締め切りの前に余裕を持って自分の期限を設定する
  • やりたいことをやる前にやらなければならないことを済ませる
  • 仕事や勉強の合間に休憩や趣味の時間を設ける
  • 他人にスケジュールを報告することで責任感

ISFPの短所に関する実体験エピソード

私は大学でISFPの友人と出会いました。彼は芸術的で感受性が豊かな性格を持っていましたが、同時にいくつかの短所もありました。

  1. 感情に振り回されること
    • ISFPは感受性が強く、感情に敏感です。彼の気分は日々変わり、時には突然の感情の波に襲われることがありました。私たちは一緒にプロジェクトを進めていた際、彼の気分が不安定であることが課題となりました。
  2. 計画性の欠如
    • ISFPは現実的な計画を立てることを好みません。彼は瞬発的なアイデアに魅了され、計画を立てることを後回しにすることがありました。私たちがグループプロジェクトを進めているとき、彼の計画性の欠如が問題となりました。
  3. 他人の意見を無視すること
    • ISFPは自分の直感や感情を重視します。彼は他人の意見を聞くことはあまりなく、自分のやり方を貫こうとします。これはグループワークでの協力において問題となることがありました。
  4. ストレスに弱い
    • ISFPはストレスに敏感で、緊張すると感情的になることがあります。私たちが試験期間に近づくと、彼はストレスを感じて集中力を欠いたり、感情的になったりすることがありました。

学生時代のISFPとの出会いは、私にとって貴重な経験であり、彼の個性的な特性は私の人生に刺激を与えてくれました。

ISFPの短所とは?その克服法や向き合い方について徹底解説!まとめ

ISFP(アイエスエフピー)は、MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)のタイプの一つで、芸術的で感受性が豊かな人々を指します。彼らは独自の視点で世界を見ることができ、創造的な才能を持っていますが、いくつかの短所もあります。以下にISFPの短所とそれに対する克服法、向き合い方を詳しく説明します。

  1. 感情に振り回されること
    • ISFPは感受性が強く、感情に敏感です。ストレスや感情の波によって行動が左右されることがあります。克服法として、感情を理解し、感情の影響を最小限に抑える方法を学ぶことが重要です。感情を冷静に観察し、冷静な判断を下す練習をすることで、感情に振り回されることを減らすことができます。
  2. 計画性の欠如
    • ISFPは現実的な計画を立てることを好みません。瞬発的なアイデアに魅了され、計画を後回しにすることがあります。克服法として、日常的にスケジュールを立て、目標を設定する習慣を身につけることが大切です。計画的に行動することで、効率的に目標を達成できます。
  3. 他人の意見を無視すること
    • ISFPは自分の直感や感情を重視しますが、他人の意見を無視することがあります。向き合い方として、他人の視点を尊重し、協力的な姿勢を持つことが求められます。他人の意見を受け入れることで、より豊かな視野を持ち、人間関係を良好に保つことができます。
  4. ストレスに弱い
    • ISFPはストレスに敏感で、緊張すると感情的になることがあります。向き合い方として、ストレス管理の方法を学ぶことが重要です。リラックス法やメンタルヘルスのケアを意識し、ストレスを軽減することで、バランスを保ちましょう。

総じて、ISFPは感受性が豊かで創造的な一面を持っていますが、短所にも注意が必要です。自己理解を深め、向き合い方を工夫することで、より健康的な生活を送ることができます。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)