ISTJ(管理者)

ISTJがモテないと言われる理由15選!彼らの性格や恋愛傾向について徹底解説!!

ISTJとは、内向的・感覚的・論理的・判断型の性格タイプのことです。

ISTJの人は、堅実で実直な人として周囲から信頼されますが、恋愛に関しては不器用で消極的なことも多いです。

この記事では、ISTJがモテないと言われる理由や、彼らの性格や恋愛傾向について解説します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • STJ(管理者)は内向的・感覚的・論理的・判断型の性格タイプで、堅実で実直な人として信頼されるが、恋愛においては消極的で不器用な一面がある。
  • ISTJがモテないと言われる理由には、積極性が低くデートの誘い方やアプローチの仕方に慎重さがあること、感情表現が苦手でロマンチックな行動が少ないこと、新しいことへの抵抗や恋愛における堅実さが挙げられる。
  • ISTJ型はルーティンを重視し、安定性や予測可能性を好む傾向があり、柔軟性を持ち新しい経験を受け入れることが提案されている。

ISTJがモテないと言われる理由1. 積極性が低い

MBTIの性格タイプであるISTJが「モテない」と言われる一つの理由は、積極性が低いという特徴にあります。

ISTJは通常、内向的であり、自分から積極的に人と関わることを避ける傾向があります。彼らは自己表現よりも義務や責任を重んじるため、恋愛においても自分からアプローチすることが少ないのです。

また、ISTJは感情を表に出すのが苦手で、自分の感情や興味を他人に伝えることに消極的な場合が多いです。これにより、他人からは感情が読み取りにくく、距離を感じさせることがあります。恋愛においては、相手に対する興味や愛情を積極的に示すことが重要ですが、ISTJはそのような表現を控えめにするため、魅力を感じにくいと感じられることがあるのです。

しかし、これはあくまで一般的な傾向であり、個々のISTJが恋愛においてどのように振る舞うかは、その人の経験や成長、周囲の環境によって大きく異なります。ISTJのような内向的な性格タイプでも、信頼できる関係を築くことに長けており、一度関係が深まれば、その堅実さと忠誠心でパートナーを支えることができます。したがって、ISTJが「モテない」と一概に言えるわけではなく、その人の個性や相手との相性によって変わるものです。重要なのは、自分自身を理解し、自分らしい方法で他人との関係を築くことです。

ISTJがモテないと言われる理由2. 感情表現が苦手

ISTJタイプは、しばしば感情表現に苦手意識を持っていると言われます。

これは、ISTJが感情よりも事実や論理を重視する性質を持っているためです。彼らは内向的感覚(Si)と外向的思考(Te)を主要な機能として使用するため、自分の感情を外に表すことよりも、内面の秩序や論理的な一貫性を保つことを優先します。

ISTJは非常に責任感が強く、ルールや約束を守ることを重要視しますが、その一方で、感情をオープンに表現することには慣れていないかもしれません。彼らは感情を抑える傾向があり、自分の感情を理解し、それを適切に表現することが難しいと感じることがあります。

この感情表現の苦手さは、人間関係において誤解を招く原因となることがあります。特に恋愛関係では、感情を共有することが重要なコミュニケーションの一部であるため、ISTJが感情を表に出さないことで、相手に冷たい印象を与えたり、関心がないように見えたりすることがあります。

しかし、ISTJが感情表現に苦手意識を持っているとしても、それは彼らが感情を持っていないわけではありません。彼らは深い感情を内に秘めており、信頼できる相手や安心できる環境では、その感情を表現することができます。

ISTJの感情表現の苦手さを克服するには、まず自分の感情を理解することから始めることが大切です。自分の感情に注意を向け、それを受け入れることで、徐々に感情を表現するスキルを向上させることができるでしょう。また、信頼できる人との関係を深めることで、感情を共有することの価値を学ぶことも重要です。

ISTJのようなタイプが恋愛市場で魅力的であるためには、彼らの信頼性や安定性、そして真面目な姿勢を評価することが重要です。また、彼らの感情表現のスタイルを理解し、それを尊重することで、ISTJはより多くの人々との関係を築くことができるでしょう。感情表現が苦手な点は、時間と共に改善されることもありますので、ISTJ自身も周囲も、そのプロセスを応援することが大切です。

ISTJがモテないと言われる理由3. 新しいことへの抵抗

ISTJタイプは「義務遂行者」とも呼ばれ、その堅実で信頼性の高い性格から、多くの場面で尊敬を集めます。

しかし、恋愛の文脈においては、彼らの新しいことへの抵抗がモテない理由とされることがあります。

新しいことへの抵抗がモテない理由とされる主な点は以下の通りです。

変化を受け入れるのが苦手

ISTJは既存のルールや手順を重んじ、確立された方法に従うことを好むため、新しいアイデアや変更に対して抵抗感を持つことがあります。恋愛では、柔軟性や冒険心が求められることが多く、ISTJのこの傾向が相手にとって魅力的に映らない可能性があります。

保守的なアプローチ

ISTJは伝統や既知の情報に基づいて行動することを好むため、恋愛においても新しい試みよりも慣れ親しんだアプローチを取ることが多いです2。このため、相手にとっては予測可能で退屈な関係に感じられることがあります。

予期せぬ状況への対応の難しさ

ISTJは計画性が高く、一度決めたことに固執する性質があります。そのため、デートの計画が急に変わるなど、予期せぬ状況に対応するのが苦手であることが、相手にとっては面白みに欠けると感じさせることがあります。

これらの特性は、ISTJがモテないと言われる一因となっています。

しかし、これは一般的な傾向であり、個々のISTJが恋愛で成功しないわけではありません。

ISTJの人々は、自分の強みを活かしながら、新しいことにも柔軟に対応することを学ぶことで、より魅力的なパートナーになることができます。

また、相手がISTJの安定性や信頼性を高く評価する場合もありますので、一概にモテないとは限りません。

重要なのは、自分自身を理解し、相手とのバランスを見つけることです。

ISTJがモテないと言われる理由4. 恋愛における堅実さ

ISTJタイプが恋愛において「モテない」と言われる理由の一つに、その堅実さが挙げられます。

ISTJはしばしば、責任感が強く、実用的で、伝統を重んじる性格として知られています。

これらの特徴は、職場や日常生活においては非常に価値があるものですが、恋愛においては、時としてパートナーに対して堅苦しく映ることがあります。

予測可能性

ISTJは安定性と予測可能性を好むため、サプライズや冒険を避けがちです。これが、恋愛においてはドキドキ感や新鮮さを欠く原因になることがあります。

表現の控えめさ

感情を表に出すことを控える傾向があり、愛情表現が抑制されがちです。これにより、パートナーは愛されていると感じにくくなることがあります。

実用主義

ISTJは実用的な選択を優先するため、ロマンチックなジェスチャーよりも実際的なサポートを提供することを選びます。これが、ロマンスを求める人には物足りなく感じられることがあります。

変化への抵抗

新しい経験や変化に対して抵抗があるため、恋愛関係においても新しい試みに消極的になることがあります。

これらの特徴は、ISTJが恋愛において堅実であると見なされる理由ですが、同時に信頼性や忠誠心といった長所も持っています。

したがって、ISTJの堅実さは、適切な相手との関係においては、非常に強固で安定した基盤を築くことができるとも言えます。

恋愛における堅実さは、一概にネガティブな特徴とは限らず、相手との相性や価値観の共有によっては、むしろポジティブな要素となり得ます。

ISTJがモテないと言われる理由5. ルーティン重視

ISTJ型はMBTIで「内向的・感覚的・思考型・判断型」に分類される性格です。

彼らは堅実で責任感が強く、信頼性がありますが、恋愛においてはモテないと感じられることがあります。その一因として、「ルーティン重視」が挙げられます。

ルーティン重視の特徴

  • 安定性を求める: ISTJ型は安定した生活を好みます。日々のルーティンを守り、変化を避ける傾向があります。
  • 予測可能性を重視: 彼らは予測可能な状況を好みます。新しいことや冒険的な行動よりも、確実性を重視します。
  • デートプランの選択に慎重: デートプランを選ぶ際にも慎重になりがちです。新しい場所やアクティビティに対しては疑問を持つことがあります。

対処法

  • 柔軟性を持つ: ルーティンを大切にしつつ、相手の提案にも柔軟に対応しましょう。
  • 新しい経験を積極的に受け入れる: 予測できないことにもチャレンジしてみてください。新しいデートプランや場所を試すことで、恋愛の幅が広がります。

ISTJ型は確実性を求める一方で、柔軟性を持つことで恋愛のチャンスを広げることができます。自分の性格を理解し、相手に対する思いやりを大切にして、恋愛を楽しんでいきましょう。

ISTJがモテないと言われる理由6. 感情の起伏が少ない

ISTJ型はMBTIで「内向的・感覚的・思考型・判断型」に分類される性格です。

彼らは現実的で責任感が強く、感情の起伏が少ないことが特徴です。しかし、恋愛においては感情の表現が少ないため、モテないと感じられることがあります。

感情の起伏が少ない特徴

  • 冷静沈着: ISTJ型は感情を内に秘めることが多く、冷静で落ち着いています。感情の爆発や浮き沈みが少ないです。
  • 予測可能性を好む: 彼らは予測可能な状況を好みます。感情の起伏が少ないため、相手に対しても安定した態度を保ちます。

対処法

  • 率直に感情を伝える: ISTJ型は感情の表現が少ない傾向がありますが、相手に対して率直に気持ちを伝えることを心がけましょう。
  • 相手の感情に敏感になる: 相手の感情を理解し、共感することで、感情の起伏が少ない性格でも相手に寄り添えます。

感情の起伏が少ないことは、安定感を持つ一方で、相手に対する思いやりを大切にすることで、恋愛を豊かにすることができます。

ISTJがモテないと言われる理由7. 社交的でない

ISTJ型はMBTIで「内向的・感覚的・思考型・判断型」に分類される性格です。

彼らは現実的で責任感が強く、社交的でないことが特徴です。しかし、恋愛においては社交的でないため、モテないと感じられることがあります。

社交的でない特徴

  • 内向的: ISTJ型は内向的で、人との社交的な交流よりも自分の時間を大切にします。大人数の集まりや社交的なイベントを避けることがあります。
  • 感情の表現が少ない: 彼らは感情を内に秘めることが多く、感情の表現が少ないです。相手に対しても感情をあまり見せません。

対処法

  • 自分のペースを守る: 社交的な場面で無理に外向的に振る舞う必要はありません。自分のペースを守りつつ、相手とのコミュニケーションを楽しんでください。
  • 率直に気持ちを伝える: 恋愛においても率直に気持ちを伝えることが大切です。感情の表現が少ない性格でも、相手に対する思いやりを示しましょう。

社交的でないことは、安定感を持つ一方で、相手に対する思いやりを大切にすることで、恋愛を豊かにすることができます。

ISTJがモテないと言われる理由8. 自己主張が少ない

ISTJ型はMBTIで「内向的・感覚的・思考型・判断型」に分類される性格です。

彼らは現実的で責任感が強く、自己主張が少ないことが特徴です。しかし、恋愛においては自己主張が少ないため、モテないと感じられることがあります。

自己主張が少ない特徴

  • 控えめな態度: ISTJ型は自己主張が少なく、控えめな態度を取ります。自分の意見や欲求を積極的に表現しないことがあります。
  • 他人の意見を尊重: 彼らは他人の意見やルールを尊重することを重視します。自己主張よりも周囲の調和を大切にします。

対処法

  • 自分の意見を率直に伝える: 自己主張が少ない性格でも、自分の意見や欲求を率直に伝えることを心がけましょう。
  • 自分の価値観を大切にする: 自己主張が少ないからといって、自分の価値観を犠牲にする必要はありません。自分を大切にしましょう。

自己主張が少ないことは、他人との調和を保つ一方で、自分の意見をしっかり伝えることで、恋愛を豊かにすることができます。

ISTJがモテないと言われる理由9. 恋愛において慎重

ISTJ型はMBTIで「内向的・感覚的・思考型・判断型」に分類される性格です。

彼らは現実的で責任感が強く、恋愛においても慎重な姿勢を取ります。しかし、この慎重さがモテないと感じられることがあります。

慎重な姿勢の特徴

  • リスク回避: ISTJ型はリスクを避ける傾向があります。新しい恋愛関係においても、慎重になりがちです。
  • 感情の起伏が少ない: 彼らは感情の起伏が少なく、冷静な判断を重視します。恋愛においても感情に流されず、慎重に行動します。

対処法

  • 自分の感情を認識する: 慎重さを保ちつつ、自分の感情をしっかりと認識しましょう。感情を無視せずに、相手に対しても率直に気持ちを伝えることが大切です。
  • 相手のペースを尊重する: 慎重な姿勢を保ちつつ、相手のペースを尊重しましょう。焦らずに関係を築っていきましょう。

慎重な姿勢は、安定感を持つ一方で、相手に対する思いやりを大切にすることで、恋愛を豊かにすることができます。

ISTJがモテないと言われる理由10. 感情よりも理性を重視

ISTJ型はMBTIで「内向的・感覚的・思考型・判断型」に分類される性格です。

彼らは現実的で責任感が強く、感情よりも理性を重視する傾向があります。しかし、恋愛においては感情よりも理性を優先することがあるため、モテないと感じられることがあります。

感情よりも理性を重視する特徴

  • 冷静な判断: ISTJ型は感情に流されず、冷静な判断を重視します。恋愛においても感情よりも理性を優先することがあります。
  • 感情の表現が少ない: 彼らは感情を内に秘めることが多く、感情の表現が少ないです。相手に対しても感情よりも理性を示すことがあります。

対処法

  • 感情を無視せずに認識する: 理性を重視しつつ、自分の感情を認識しましょう。感情を無視せずに、相手に対しても適切な感情を示すことが大切です。
  • 相手の感情を理解する: 理性を持ちつつ、相手の感情を理解しましょう。感情の起伏が少ない性格でも、相手に寄り添えるよう努力しましょう。

感情よりも理性を重視することは、安定感を持つ一方で、相手に対する思いやりを大切にすることで、恋愛を豊かにすることができます。

ISTJがモテないと言われる理由11. コミュニケーションのスタイル

ISTJ型はMBTIで「内向的・感覚的・思考型・判断型」に分類される性格です。

彼らは現実的で責任感が強く、コミュニケーションのスタイルが特徴的です。しかし、恋愛においてはコミュニケーションのスタイルがモテないと感じられることがあります。

コミュニケーションのスタイルの特徴

  • 直接的な表現: ISTJ型は直接的な表現を好みます。感情を抑えて、事実や意見を率直に伝えることが多いです。
  • 感情の表現が少ない: 彼らは感情を内に秘めることが多く、感情の表現が少ないです。相手に対しても冷静な態度を保ちます。

対処法

  • 相手の感情に敏感になる: ISTJ型は感情の表現が少ないため、相手の感情を理解しましょう。共感することで、コミュニケーションを豊かにしましょう。
  • 自分の意見を尊重する: 直接的な表現をする一方で、相手の意見を尊重しましょう。自分の意見を押し付けず、バランスを保ちましょう。

コミュニケーションのスタイルは、相手に対する思いやりを大切にすることで、恋愛を豊かにすることができます。

ISTJがモテないと言われる理由12. プライベートな一面

ISTJ(管理者型)は、内向的な性格であることから、自分自身や家族に対しては感情を表しますが、外部の人にはその姿を見せない一面があります。

彼らは以下の特徴を持っています。

秘密主義

ISTJはプライベートなことをあまり話さず、他人には理解されにくいと感じることがあります。自分の内面を深く探求し、他人にはあまり明かさない傾向があります。

家庭重視

ISTJは家にいることを好み、休日も家で過ごすことが多いです。家族との時間を大切にし、安定した環境でリラックスしたいと考えています。

我慢強さと怒り

ISTJは我慢強い性格ですが、一度爆発すると怖い怒りを見せることがあります。感情を抑えることが得意ですが、限界を超えると強い感情を表すことがあります。

ISTJは内向的で堅実な性格を持ちながら、プライベートな一面では感情豊かで家族を大切にするタイプです。

ISTJがモテないと言われる理由13. 恋愛において忍耐力が必要

ISTJ(管理者型)は、恋愛においてもその性格を発揮します。

以下に、なぜ彼らが忍耐力を必要とするのか、詳しく解説します。

スローペースな進展

ISTJは恋愛を始める際に慎重で、段階を踏んで進める傾向があります。彼らは原則と計画を重視するため、恋愛関係がゆっくりと進展することがあります。

感情表現の控えめさ

ISTJは愛情表現を過剰にしないタイプです。言葉よりも身体的な表現を好み、相手に対して感情をあまり言葉で伝えません。

感情の理解に苦手意識

ISTJは感情を理解することはできますが、得意とは言えません。相手の感情を読み取るのは難しいことがあります。

変化に対する抵抗

ISTJは変化に対して抵抗することがあり、新しいことに慎重に取り組むことがあります。恋愛においても、変化に対して忍耐力が求められます。

総じて、ISTJは真面目で信頼できるパートナーを求め、長期的な関係を重視します。忍耐力を持ち、相手との信頼を築いていくことが大切です。

ISTJがモテないと言われる理由14. ストレスに弱い一面

ISTJ(管理者型)は、堅実で信頼性のある性格ですが、ストレスに弱い一面もあります。

以下に、ISTJがストレスを感じる理由とその対処法を詳しく解説します。

新しい環境への適応が難しい

ISTJは変化に対する適応力が低く、新しい環境に馴染むことが難しい傾向があります。

新たな人間関係の構築や地域の特徴の理解が求められる場合、ISTJは他者との関わりを好まず、自分のペースに合わせた生活を好む傾向があります。

この適応の難しさから、孤独感を感じることがあります。

ISTJがモテないと言われる理由15. パートナーに対する期待値が高い

ISTJ(インスペクター)は、責任感が強く、信頼性のある性格タイプです。

しかし、彼らがモテないと言われる理由の一つは、パートナーに対する期待値が高いことです。以下に、ISTJがモテない理由を詳しく解説します。

厳格な基準

  • ISTJは、自分自身にも他人にも厳格な基準を持ちます。彼らは完璧主義的で、パートナーにも高い基準を求めることがあります。これが相手にとってプレッシャーになることがあります。

ISTJがモテないと言われる理由16. 自分をアピールするのが苦手

ISTJ(インスペクター)は、責任感が強く、信頼性のある性格タイプです。

しかし、彼らがモテないと言われる理由の一つは、自分をアピールするのが苦手であることです。以下に、ISTJがモテない理由を詳しく解説します。

1. 控えめな性格

  • ISTJは控えめで謙虚な性格を持ちます。彼らは自分を前面に押し出すことを好まず、自己主張が苦手です。そのため、相手に自分をアピールすることが難しいことがあります。

2. 感情の表現が難しい

  • ISTJは感情を内に秘める傾向があります。彼らは感情を表現するのが苦手で、自分の魅力を相手に伝えることが難しいことがあります。

ISTJの性格や恋愛傾向

ISTJの性格や恋愛傾向は、以下のようにまとめることができます。

ISTJの性格の特徴

  • 真面目で責任感が強い:ISTJの人は、真面目で責任感が強い人物です。物事に対して誠実で正直で、約束やルールを必ず守ります。自分の仕事や役割を忠実に果たします。自分の能力や価値を認め、自信を持ちます。
  • 論理的で分析的:ISTJの人は、論理的で分析的な人物です。事実やデータに基づいて物事を判断し、感情や価値観に左右されない判断をします。物事の仕組みや原理を理解し、問題の本質や解決策を見つけます。真実や正しさを追求します。
  • 計画的で実践的:ISTJの人は、計画的で実践的な人物です。物事を計画的に進めることができ、自分の意志や判断に従って行動できます。現実的で具体的な情報に基づいて物事を考えます。熟練した職人技やテクニックを身につけます。
  • 堅実で実直:ISTJの人は、堅実で実直な人物です。自分のペースで物事を進めることを好み、束縛や制約を嫌います。自分の信念や原則に従って生きます。自分の感情や欲求をコントロールできます。他人に頼らず、自分で問題を解決できます。

ISTJの恋愛傾向

  • 恋愛よりも仕事や趣味に熱中する:ISTJの人は、恋愛よりも仕事や趣味に熱中する傾向があります。自分の興味や関心のあることに時間を割くことで、自分の能力や価値を発揮することができます。恋愛に対しては、あまり積極的ではなく、消極的なことも多いです。恋愛においても、自分のペースやスタイルを崩したくないと思います。
  • 恋愛対象として見られないことが多い:ISTJの人は、恋愛対象として見られないことが多い傾向があります。感情表現が苦手で、自分の気持ちを表に出さないことが多いです。また、他人の感情や気持ちに対しても無関心や冷淡に見えることがあります。感情的な言葉や表情を使わないことが多いです。そのため、恋愛対象として見られないことや、相手に好意を伝えられないことがあります。
  • 恋愛においても真面目で責任感が強い:ISTJの人は、恋愛においても真面目で責任感が強い傾向があります。恋愛に対しても誠実で正直で、約束やルールを必ず守ります。自分の役割や義務を忠実に果たします。自分の能力や価値を認め、自信を持ちます。恋人に対しても尊重や信頼を示します。しかし、恋愛においても感情表現が苦手で、自分の気持ちを表に出さないことが多いです。また、他人の感情や気持ちに対しても無関心や冷淡に見えることがあります。感情的な言葉や表情を使わないことが多いです。そのため、恋人に対しても愛情や甘えを示すことが少ないです。また、恋人の感情や気持ちに対しても配慮や共感が足りないことがあります。恋人から冷たい人や無愛想な人と思われることがあります。
ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)