MBTIアニメ

MBTIで分析するクレヨンしんちゃんのキャラクターの性格について徹底解説!

クレヨンしんちゃんは、臼井儀人さんの人気漫画です。

この作品に登場するキャラクターは、個性豊かで面白いですが、その性格はどのように分類できるでしょうか。

ここでは、MBTIという性格診断ツールを使って、クレヨンしんちゃんのキャラクターの性格を分析してみます。

MBTIとは

MBTIとは、マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーターの略称で、人の性格を16種類に分ける方法です。MBTIは、以下の4つの軸によって性格を表します。

– 外向性(E)と内向性(I):人と接することでエネルギーを得るか、自分の内面に向かうことでエネルギーを得るか
– 感覚(S)と直感(N):具体的な事実や現実に基づいて物事を判断するか、抽象的な理論や未来に基づいて物事を判断するか
– 思考(T)と感情(F):論理的で客観的な基準によって物事を判断するか、個人的で主観的な基準によって物事を判断するか
– 判断(J)と知覚(P):計画的で決断力のある行動をとるか、柔軟で臨機応変な行動をとるか

これらの4つの軸の組み合わせによって、16種類の性格タイプが生まれます。例えば、外向性・感覚・思考・判断のタイプはESTJと表記されます。MBTIは、自分自身や他人の性格を理解するのに役立つツールです。

クレヨンしんちゃんのキャラクターのMBTI①野原しんのすけ(ESFP)

しんのすけは、クレヨンしんちゃんの主人公です。

彼のMBTIは、ESFPと推測できます。ESFPは、外向性・感覚・感情・知覚のタイプで、陽気で社交的で、楽しみや刺激を求める性格です。しんのすけは、自分の感覚や感情に従って行動し、自分のやりたいことをやります。彼は、人との関わりやコミュニケーションを大切にし、友人や家族と楽しく過ごします。しかし、時には自分の欲望や衝動に支配されたり、周囲の人を困らせたりすることもあります。ESFPは、自分の可能性や体験を広げることに興味があり、新しいことに挑戦することを楽しむ性格ですが、ルールや約束を守ることに苦手意識を持つこともあります。しんのすけは、自分の興味や好奇心に従って、様々なことに首を突っ込んだり、変な発言や行動をしたりします。

クレヨンしんちゃんのキャラクターのMBTI②野原みさえ(ESFJ)

みさえは、しんのすけの母親です。

彼女のMBTIは、ESFJと推測できます。ESFJは、外向性・感覚・感情・判断のタイプで、優しくて世話焼きで、人との調和や協力を重視する性格です。みさえは、自分の感覚や感情に基づいて行動し、自分の目標や義務に忠実です。彼女は、家族や友人を大切にし、人の気持ちやニーズに寄り添います。しかし、時には自分の感情や価値観を押し付けたり、感情的になったりすることもあります。ESFJは、自分の役割や責任を果たすことに興味があり、ルールや秩序を重視する性格です。みさえは、主婦として、家事や育児に励みますが、しんのすけやひろしの言動に振り回されることもあります。

クレヨンしんちゃんのキャラクターのMBTI③野原ひろし(ISTJ)

ひろしは、しんのすけの父親です。

彼のMBTIは、ISTJと推測できます。ISTJは、内向性・感覚・思考・判断のタイプで、真面目で几帳面で、現実的で組織的な性格です。ひろしは、自分の感覚や思考に基づいて行動し、自分の目標や義務に忠実です。彼は、家族や仕事を大切にし、人の感情や動機を理解するのが得意です。しかし、時には自分の意見や判断を押し通したり、感情的になったりすることもあります。ISTJは、自分の役割や責任を果たすことに興味があり、ルールや秩序を重視する性格です。ひろしは、サラリーマンとして、仕事に励みますが、しんのすけやみさえの言動に翻弄されることもあります。

クレヨンしんちゃんのキャラクターのMBTI④風間トオル(INTP)

風間は、しんのすけの友人であり、風間一家の長男です。彼のMBTIは、INTPと推測できます。INTPは、内向性・直感・思考・知覚のタイプで、論理力や分析力が高く、知識欲

や探究心が強い性格です。風間は、自分の感覚や思考に従って行動し、自分の目標や理性に忠実です。彼は、勉強や読書が好きで、知識や理論を深めることを目指します。しかし、時には自分の感情や価値観を無視したり、他人の感情や動機を軽視したりすることもあります。INTPは、自分の知識や理論を深めることに興味があり、ルールや常識にとらわれない性格です。風間は、自分の興味や好奇心に従って、様々なことに首を突っ込んだり、変な発言や行動をしたりします。

クレヨンしんちゃんのキャラクターのMBTI⑤野原ひまわり(ENFP)

ひまわりは、しんのすけの妹です。

彼女のMBTIは、ENFPと推測できます。ENFPは、外向性・直感・感情・知覚のタイプで、冒険心や好奇心が旺盛で、人との関わりを大切にする性格です。ひまわりは、自分の直感や感情に従って行動し、自分のやりたいことをやります。彼女は、人との関わりやコミュニケーションを大切にし、友人や家族と楽しく過ごします。しかし、時には自分の感情や衝動に支配されたり、周囲の人を困らせたりすることもあります。ENFPは、自分の可能性や体験を広げることに興味があり、新しいことに挑戦することを楽しむ性格ですが、ルールや約束を守ることに苦手意識を持つこともあります。ひまわりは、自分の興味や好奇心に従って、様々なことに首を突っ込んだり、変な発言や行動をしたりします。

クレヨンしんちゃんのキャラクターのMBTI⑥風間一家(ESTJ)

風間一家は、風間トオルの家族です。

彼らのMBTIは、ESTJと推測できます。ESTJは、外向性・感覚・思考・判断のタイプで、責任感や正義感が強く、現実的で組織的な性格です。風間一家は、自分の感覚や思考に基づいて行動し、自分の目標や義務に忠実です。彼らは、家族や仕事を大切にし、人の感情や動機を理解するのが得意です。しかし、時には自分の意見や価値観を押し付けたり、感情的になったりすることもあります。ESTJは、自分の役割や責任を果たすことに興味があり、ルールや秩序を重視する性格です。風間一家は、家族として、仕事や勉強に励みますが、しんのすけやみさえの言動に振り回されることもあります。

クレヨンしんちゃんのキャラクターのMBTI⑦まつざか先生(ISFP)

まつざか先生は、しんのすけの担任の先生です。

彼女のMBTIは、ISFPと推測できます。ISFPは、内向性・感覚・感情・知覚のタイプで、穏やかで控えめで、美や芸術に敏感な性格です。まつざか先生は、自分の感覚や感情に従って行動し、自分の目標や理想に忠実です。彼女は、教師として、子供たちを教えることを楽しみとし、人の感情やニーズに寄り添います。しかし、時には自分の感情や価値観を表に出さなかったり、自分を犠牲にしたりすることもあります。ISFPは、自分の能力や才能を発揮することに興味があり、ルールや権威に反抗することも厭わない性格です。まつざか先生は、歌やダンスが得意で、自分の魅力や感性を発揮します。

MBTIで分析するクレヨンしんちゃんのキャラクターの性格について徹底解説!まとめ

以上が、MBTIで分析するクレヨンしんちゃんのキャラクターの性格の例です。

クレヨンしんちゃんに登場するキャラクターは、16種類の性格タイプのうち、9種類をカバーしています。もちろん、これはあくまで筆者の主観的な見解であり、正解はありません。また、キャラクターの性格は、物語の展開や成長によって変化することもありますので、その点もご了承ください。

MBTIは、自分自身や他人の性格を理解するのに役立つツールですが、それだけではなく、作品のキャラクターの性格を分析するのにも使えます。作品のキャラクターの性格を分析することで、作品の世界観やテーマに対する理解が深まったり、作品の魅力や感動が増したりするかもしれません。あなたも、お気に入りの作品のキャラクターの性格をMBTIで分析してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)