ISTJ(管理者)

ISTJに向いている職業20選!自分を知ることで圧倒的に生きやすくなります

ISTJは、とても真面目で責任感が強く、信頼できる性格タイプです。

しかし、彼らは自分の適性や興味に合った職業を見つけることが難しいことがあります。

この記事では、ISTJに向いている職業とは何か、そして、自分を知ることで圧倒的に生きやすくなる方法について徹底解説します。

ISTJの性格や能力を理解することで、彼らのキャリアや人生を充実させることができるでしょう。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • STJは真面目で責任感が強く、信頼できる性格タイプ。
  • ISTJに適した職業を見つけることが難しい場合がある。
  • ISTJに向いている職業として、経理・財務、プログラマー、公務員、管理広報、総務・事務職、施工管理、プロジェクトマネージャー、生産管理、データアナリスト、歯科医、銀行員、検査官、事務員、システムエンジニア、司法書士、会計士、システム管理者、データベース管理者、品質管理担当者、ロジスティクスコーディネーターが挙げられる。

ISTJに向いている職業1.経理・財務

ISTJタイプの人は、経理・財務の職業に非常に適しています。

この職種は企業や組織において重要な役割を果たし、お金の管理や財務データの処理、入出金の管理などを行います。ISTJタイプの人々は、責任感が強く、ルールを守ることに長けており、計画的に物事を進める能力があるため、経理・財務の職種での成功が期待できます。

経理・財務の仕事は、細部に注意を払い、正確性が求められるため、ISTJタイプの集中力と忍耐力を活かすことができます。また、組織性や計画性に優れているため、会計や経理、コンプライアンスなどの財務に関する職業が適しているとされています。

具体的には、以下のような業務が含まれます。

  • 予算の策定と管理
  • 財務報告の作成
  • 監査の準備と対応
  • 税務申告の準備
  • コスト削減の提案と実施

これらの業務は、ISTJタイプの人が得意とする、ルールに基づいた体系的なアプローチと細部への注意力を要求します。そのため、経理・財務の職種はISTJタイプの人にとって、自分の強みを活かし、安定したキャリアを築くのに役立つでしょう。

ISTJに向いている職業2.プログラマー

ISTJタイプの人は、プログラマーとして非常に適していると言われています。

ISTJは「管理者型」とも呼ばれ、責任感が強く、ルールや手順を守ることに長けています。また、細部にまで注意を払い、計画的に物事を進める能力があります。

プログラマーという職業は、論理的思考と集中力が求められるため、ISTJの強みを活かすことができます。プログラミングには、コードを書く際の厳密なルールがあり、そのルールに従ってシステマティックに作業を進める必要があります。ISTJはこのような環境で力を発揮し、高い生産性を維持することができるでしょう。

さらに、プログラマーはしばしば複雑な問題解決を行う必要がありますが、ISTJは細部に注意を払いながらも、全体の目標を見失わないため、効率的に問題を解決することができます。

また、プログラミングは一人で集中して作業を行うことが多いですが、必要に応じてチームで協力することもあります。ISTJは独立して作業を進めることも、チームの一員として協力することも得意です。

ただし、ISTJは変化に対して柔軟性が低い傾向があるため、新しい技術や方法に適応する際には、意識的に柔軟な姿勢を取ることが重要です。プログラミングの世界は常に進化しており、新しい言語やツールが登場するため、学習を続ける姿勢が求められます。

結論として、ISTJの特性はプログラマーという職業に非常に適しており、責任感ルールの遵守細部への注意計画性といった強みを活かすことができるでしょう。

プログラミングの分野で成功するためには、これらの特性を維持しつつ、新しい技術やアイデアに対してもオープンであることが大切です。

ISTJに向いている職業3.公務員

ISTJタイプの人々は、公務員として非常に適しているとされています。

彼らは責任感が強く、計画的で、細部に注意を払う性格を持っています。これらの特性は、公務員が求められる堅実さや信頼性、そしてルールや規則に従う能力と密接に関連しています。

公務員の職は、しばしば伝統やルールに忠実であることが求められ、年功序列の風土がある場合も多いです。ISTJタイプは、このような環境で安定感と心地よさを感じる傾向があります。また、細かいルールの中で働くことによって、彼らの几帳面な性格が活かされ、社会の秩序や基準を維持しようと努めることができます。

公務員としての仕事は、国や地方自治体の公的業務を担い、社会の様々な面で重要な役割を果たします。ISTJタイプは、そのような役割を果たすために必要な、詳細な手順に従い、正確性の高い処理作業を行う能力を持っているため、公務員として非常に適していると言えるでしょう。

ISTJに向いている職業4.管理広報

ISTJタイプの人々に向いている職業の一つとして「管理広報」が挙げられます。

ISTJは「管理者型」とも呼ばれ、責任感が強く、計画的で、ルールや手順を守ることに長けています。これらの特性は、管理広報の職務に非常に適しています。

管理広報では、組織の情報を管理し、公共のイメージを形成・維持するための戦略を立てることが求められます。ISTJのようなタイプは、情報を体系的に処理し、詳細に注意を払いながら、組織の方針や価値を一貫して伝える能力を持っています。また、ISTJは信頼性が高く、誠実であるため、公共の信頼を築く上で重要な役割を果たすことができます。

さらに、ISTJは具体的な事実やデータに基づいて意思決定を行うため、広報活動においても客観的で信頼性の高い情報を提供することができます。彼らは細部にこだわり、計画性があり、組織的なアプローチを取ることから、広報活動におけるプロジェクトの管理や実行においても優れた能力を発揮します。

総じて、ISTJタイプの人々は、管理広報のような職業でその強みを活かし、組織にとって価値ある貢献をすることができるでしょう。彼らの持つ責任感、計画性、そして情報を整理し伝える能力は、管理広報の職務を効果的に遂行する上で非常に重要な要素です。

ISTJに向いている職業5.総務・事務職

ISTJタイプは、総務や事務職に非常に適しています。

これらの職種は、組織内での円滑な業務遂行をサポートするために、書類の作成、来客対応、問い合わせ対応、経費精算など幅広い業務を行います。

ISTJタイプは、責任感が強く、ルールや手順を守ることに価値を置きます。計画的に物事を進め、細部にまで注意を払う能力があるため、総務や事務職のような仕事でその強みを活かすことができます。また、ISTJは細かい作業に集中し、ミスを最小限に抑えることが得意です。これは、総務や事務職のような職種で求められる特性です。

さらに、ISTJは組織やチームの安定性をもたらすことができるため、総務や事務職のようなバックオフィスの役割で重宝されます。彼らは裏方として組織に貢献し、目立つことなく効率的に作業を進めることができます。

総務や事務職は、マニュアルが確立されており、ルールや規律を守るISTJにとって働きやすい環境を提供します。細かい作業が多く、人的ミスが起こりやすい部署であるため、強い集中力を持つISTJには特に適しています。

したがって、ISTJタイプの人々は、総務や事務職のような職種でその特性を最大限に活かし、成功することができるでしょう。

ISTJに向いている職業6.施工管理

ISTJタイプの人々は、施工管理の職業に非常に適しています。

施工管理は、建設プロジェクトの計画、調整、実行を監督する役割を担い、プロジェクトが予算内で、安全かつ効率的に、そして時間通りに完成することを保証します。ISTJタイプは、細部に注意を払い、計画的で、ルールを守ることに長けているため、この職種での成功が期待できます。

施工管理者は以下のような業務を行います:

  • プロジェクトの計画とスケジューリング:プロジェクトの目標を設定し、それに向けたスケジュールを作成します。
  • 資材の調達と管理:必要な資材を確保し、その配送と使用を管理します。
  • 品質管理:建設プロセス全体で品質基準が満たされていることを確認します。
  • 安全管理:現場の安全基準を維持し、安全プロトコルを実施します。
  • コスト管理:予算を管理し、コスト超過を防ぎます。
  • チームとのコミュニケーション:建設チーム、サブコントラクター、クライアントとの間で効果的なコミュニケーションを行います。

ISTJタイプは、これらの業務を効率的にこなすことができるだけでなく、予期せぬ問題が発生した場合にも、冷静に対処し、適切な解決策を見つける能力があります。

また、ISTJタイプは、ルールや手順に従うことに価値を置き、システマティックで体系的なアプローチを好むため、施工管理の職種においては、その強みを最大限に活かすことができます。

ISTJに向いている職業7.プロジェクトマネージャー

ISTJタイプの人は、プロジェクトマネージャーとして非常に適しています。

ISTJは「管理者型」とも呼ばれ、責任感が強く、計画性に富み、細部に注意を払いながらも大局を見失わない能力を持っています。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの計画、実行、監視、制御、そして閉鎖を担当し、プロジェクトが予定通りに進行するように管理します。この職業は、明確な目標達成に向けてチームをリードし、各種リソースを効率的に配分する必要があります。ISTJの特性は、これらの要求に非常にマッチしています。

責任感が強いことは、プロジェクトの成功に対する強いコミットメントを意味し、ルールや手順を守る能力は、プロジェクトの品質管理やリスク管理において重要です。また、細部にまでこだわることができるISTJは、プロジェクトの進捗を正確に追跡し、問題が発生した場合には迅速に対応することができます。

しかし、ISTJはイレギュラーな状況に対する柔軟性に欠けることがあるため、変化に対応するためには意識的に柔軟な姿勢を取ることが重要です。プロジェクトは予期せぬ変更が起こり得るため、新しい状況に適応し、チームを導くためには、ISTJの人は柔軟性を発揮する必要があります。

総じて、ISTJの特性はプロジェクトマネージャーとしての役割に非常に適しており、計画性、組織力、細部への注意力を活かして、プロジェクトを成功に導くことができるでしょう。

ただし、新しいアイデアや変化に対してオープンな姿勢を持つことが、さらなる成功の鍵となります。

ISTJに向いている職業8.生産管理

ISTJタイプの人は、責任感が強く、ルールを守る真面目な性格で、計画的に物事を進める能力に長けています。

生産管理の職業は、製品の品質やコスト、納期を管理し、効率的な生産プロセスを確立することが求められます。ISTJのようなタイプは、細部に注意を払い、システマティックにタスクを処理する能力があるため、生産管理の職に適しています。

生産管理では、計画立案、スケジューリング、品質管理、在庫管理など、多岐にわたる業務があります。ISTJタイプは、これらの業務を正確に、かつ効率的に遂行することができるため、生産現場での信頼性の高い管理者となることができます。

また、ISTJは変化に対して慎重な姿勢を取ることが多いため、安定した生産体制を維持する上で重要な役割を果たすことができるでしょう。

ただし、ISTJタイプはイレギュラーな状況に対して柔軟性に欠けることがあるため、予期せぬ問題が発生した際には、周囲とのコミュニケーションを取りながら対応することが大切です。

生産管理の職においても、チームワークを大切にし、柔軟な対応が求められる場面があるため、この点に注意する必要があります。

ISTJに向いている職業9.データアナリスト

ISTJタイプに向いている職業として「データアナリスト」が挙げられます。データアナリストは、あらゆるデータを収集し分析することで、ビジネスの意思決定をサポートする重要な役割を担います。

具体的なデータや数値を使い、集中力と計画性をもって分析を行うため、ISTJタイプの特性に非常に合致しています。

ISTJタイプは、大量の情報を的確に処理・分類し、正確性の高い分析結果を出すことが得意です。また、データを分析する中で規則性を見つけるのも得意であり、新しい方法や可能性を提案することができるでしょう。

このような仕事は、社会に貢献できるだけでなく、管理者ISTJ自身が楽しいと思える仕事になる可能性があります。

ISTJタイプは、細かい作業を得意とし、几帳面で計画性があるため、データアナリストとしての職務を効率的かつ効果的に遂行することができます。

彼らの堅実で実直な性格は、データアナリストとしての業務において、信頼性と正確性をもたらすでしょう。

そのため、ISTJタイプはデータアナリストとして非常に成功する可能性が高いと言えます。

ISTJに向いている職業10.歯科医

ISTJタイプは歯科医としての職業に非常に適しています。

歯科医は、細かい作業と集中力を要求される職業であり、ISTJの特性と一致します。彼らは静かで清潔なオフィスで独立して作業を行うことが多く、患者の診察やレントゲンの分析、診断など、形の決まった仕事を得意とします1

ISTJは、細部に注意を払い、ミスを最小限に抑えることに長けているため、歯科治療における精密な手技や、患者の口腔内の状態を正確に評価する能力が求められます。また、歯科医は計画性があり、効率的な手順をわきまえ、粘り強く仕事を完遂させる必要があるため、これらの特性もISTJにとって自然なことです。

さらに、ISTJはルールや手順を守ることに価値を見出し、責任感が強いため、患者の健康を管理し、治療計画を立て、実行するという歯科医の役割を適切に果たすことができます。彼らは、治療の各ステップにおいて、慎重かつ体系的にアプローチすることができるのです。

このように、ISTJの性格特性は歯科医という職業において、高い適性を示しています。彼らの実直で堅実な働き方は、患者にとって信頼できる歯科医療を提供する上で重要な要素となります。

ISTJに向いている職業11.銀行員

ISTJタイプの人々は、銀行員としての職業に非常に適しています。

銀行員は、顧客の資金を管理し、金融取引を処理する責任ある仕事です。この職種は、細かい規則に従い、正確性の高い処理作業を要求されますが、ISTJタイプはそのような環境で力を発揮することができます。

銀行員としての主な業務は以下の通りです。

  • 顧客の口座管理:顧客の口座開設、管理、更新などを行います。
  • 金融取引の処理:入出金、振込、ローンの処理など、日々の金融取引を正確に行います。
  • 金融商品の提案:顧客のニーズに合わせた貯蓄や投資の商品を提案します。
  • リスク管理:不正取引の防止やリスクの管理を行います。
  • 顧客サービス:顧客からの問い合わせに対応し、金融に関するアドバイスを提供します。

ISTJタイプは、責任感が強く、ルールや手順に従うことに長けているため、銀行員としての業務を堅実にこなすことができます。また、細かい作業に対する集中力と几帳面さも、銀行業務において重要な資質です。

これらの特性により、ISTJタイプは銀行員として顧客や同僚からの信頼を得やすく、キャリアを築く上で有利な立場に立つことができるでしょう。

ISTJに向いている職業12.検査官

ISTJタイプの人は、検査官としての職業に非常に適しています。

ISTJは「管理者型」とも呼ばれ、明確な規則やルールを好む性格であり、几帳面で細部にまで注意を払うことができます。

検査官の仕事は、製品、施設、プロセスなどが特定の基準やガイドラインに従っているかを確認し、監視することです。この職業は、細かい規定を遵守し、詳細に検査を行う必要があるため、ISTJの特性と非常に合致しています。例えば、工事検査官、消防検査官、保健所職員、品質管理検査官などが挙げられます。

ISTJは、物事の規則性や矛盾に気付くのが得意であり、検査官としての仕事では、そのような能力が非常に重宝されます。また、責任感が強く、信頼性が高いため、検査官としての職務を確実に遂行することができるでしょう。

検査官としての職務は、時には単調で繰り返しの作業が多いかもしれませんが、ISTJは退屈な作業でも集中力を維持することができるため、この点でも適性があります。したがって、ISTJの特性は検査官という職業に向いており、その強みを活かして活躍することができるでしょう。

ISTJに向いている職業13.事務員

ISTJタイプの人に向いている職業として、事務員が挙げられます。

事務員は、基本的に定められたマニュアルに従って業務を行う仕事で、突発的な仕事が少なく、クリエイティブな要素が求められることもないため、安定感を求めるISTJタイプに適しています。

ISTJタイプは、責任感が強く、計画性に富み、細かい作業を得意とする性格です。そのため、ルーティンワークが中心で、変化や刺激が少ない事務職は、ISTJタイプがその能力を発揮しやすい環境と言えるでしょう。

事務員としての仕事は、一見単純なように思われがちですが、ミス一つで会社の運営に大きな影響を及ぼす可能性があるため、ISTJタイプのように正確で信頼性の高い仕事をする人材が求められます。

ISTJに向いている職業14.システムエンジニア

ISTJタイプの人は、システムエンジニアとして非常に適しています。

ISTJは責任感が強く、ルールや手順を守ることに長けており、計画的かつ体系的なアプローチを好むため、複雑なシステムやプロセスを理解し、問題を解決するのに向いています。システムエンジニアは基本的に1人で作業をすることが多く、内向型のISTJにとって快適な職業です。また、細部に注意を払い、ミスを最小限に抑える能力が求められるため、ISTJの特性が活かせる職業と言えるでしょう。

システムエンジニアとしてのISTJは、プロジェクトの計画立案や進行管理において、その堅実で実直な性格を活かし、高いパフォーマンスを発揮することが期待されます。ただし、新しいアイデアや変化に対して慎重な姿勢を取る傾向があるため、柔軟性を持って対応することが求められる場合もあります。この点に注意しながら、ISTJの強みを生かしたキャリアを築いていくことが大切です。

ISTJに向いている職業15.司法書士

ISTJタイプは司法書士としての職業に非常に適しています。

司法書士は、登記関係や裁判所関係など、顧客の重要財産や人生に関連した業務を扱います。この職業は、仕事の正確性が非常に重要であり、些細なミスも見逃さない几帳面な性格の人が向いています。

ISTJは、細部に注意を払い、責任感が強く、ルールや手順を守ることに価値を見出す性格です。これらの特性は、司法書士の業務において重要な要素となります。また、法律知識を駆使して依頼者の権利を守り、正義を実現する能力もISTJには備わっており、弁護士や司法書士としての公正さと倫理観は大きな武器になります。

さらに、ISTJは新しいビジネスを創造できる能力も持っており、独立開業している司法書士にとっては、さまざまなビジネスチャンスを自分で生み出すことが可能です。積極的に新しいアイディアを考える人が、これからの司法書士に向いていると言えるでしょう。

したがって、ISTJタイプの人々は、司法書士という職業でその特性を最大限に活かし、成功することができるでしょう。

ISTJに向いている職業16.会計士

ISTJタイプの人々は、会計士としての職業に非常に適しています。

会計士は、会計の専門家として、企業や個人の財務状況を分析し、監査や税務申告などの業務を行います。この職種は、細部に注意を払い、正確性と信頼性が求められるため、ISTJタイプの特性に合致しています。

会計士としての主な業務は以下の通りです。

  • 財務報告の作成と分析:企業の財務状況を正確に把握し、関係者に報告します。
  • 監査業務:企業の会計記録が正確であることを確認し、財務報告が規制や基準に準拠しているか監査します。
  • 税務申告:個人や企業の税務申告を支援し、税法に基づいた適切な申告を行います。
  • コンサルティング:財務戦略やビジネスプランの策定に関するアドバイスを提供します。
  • リスク管理:財務リスクを評価し、リスクを軽減するための戦略を提案します。

ISTJタイプは、責任感が強く、ルールや手順に従うことに長けており、計画的かつ体系的なアプローチを好むため、会計士としての業務を堅実にこなすことができます。

また、細かい作業に対する集中力と几帳面さも、会計業務において重要な資質です。

これらの特性により、ISTJタイプは会計士として顧客や同僚からの信頼を得やすく、キャリアを築く上で有利な立場に立つことができるでしょう。

ISTJに向いている職業17.システム管理者

ISTJタイプの人にとって、システム管理者という職業は非常に適しています。

ISTJは「管理者型」とも呼ばれ、責任感が強く、計画性に富み、細部にまで注意を払うことができる性格です。システム管理者は、情報システムの維持や問題解決を行う職業であり、整理された方法でシステムを管理し、効果的に問題を解決する能力が求められます。

具体的には、ISTJのシステム管理者は以下のような特徴を活かすことができます:

  • 責任感が強い:システムの正常な運用を確保し、セキュリティを維持するためには、高い責任感が必要です。ISTJはこの点で信頼できる存在です。
  • 計画性と組織性:システムのアップグレードやメンテナンス計画を立て、実行する際に、ISTJの計画性と組織性が大いに役立ちます。
  • 細部への注意:システムの複雑な問題を特定し、解決するためには、細部に注意を払う能力が重要です。ISTJは細かいデータや設定にも丁寧に対応できます。

一方で、ISTJは変化に対する柔軟性が低い傾向があるため、新しい技術や変更に対して慎重な姿勢を取ることが多いです。しかし、これはシステム管理者としての安定性と堅実性をもたらすことにもつながります。

システム管理者としてのISTJは、その堅実で実直な性格を活かして、組織の情報インフラを支える重要な役割を果たすことができるでしょう。

また、チーム内でのコミュニケーションが必要な場合でも、ISTJは明確なルールや手順に従うことで、効率的に業務を進めることが可能です。

ISTJに向いている職業18.データベース管理者

ISTJタイプの人にはデータベース管理者という職業が非常に適しています。

データベース管理者は、情報の正確性と整合性を維持するために、データベースの設計、実装、保守、修復を行う仕事です。この職業は、以下のISTJの特性とよく合致します。

  • 責任感が強い: ISTJは責任感が強く、与えられたタスクに対して真摯に取り組みます。データベース管理者として、システムの信頼性を保つ重要な役割を担います。
  • ルールを守る: ISTJはルールや手順を守ることに価値を置きます。データベース管理では、厳格なデータ管理ポリシーと手順に従う必要があります。
  • 細部にこだわる: ISTJは細部に注意を払い、ミスを最小限に抑える能力があります。データベース管理者は、データの一貫性と正確性を確保するために、細かいデータの監視と分析を行います。

また、ISTJは計画性があり、体系的なアプローチを好むため、データベースの構造を理解し、効率的なデータ管理戦略を立てるのに適しています。

データベース管理者としての仕事は、ISTJの強みを活かしながら、組織のデータ資産を守るという重要な役割を果たすことができるでしょう。

ISTJに向いている職業19.品質管理担当者

ISTJタイプは品質管理担当者としても非常に適しています。

ISTJは細部に注意を払い、計画的で体系的なアプローチを好むため、品質管理の分野でその能力を発揮できます。品質管理担当者は、製品やサービスが一定の基準や規格を満たしていることを確認し、問題があれば改善策を提案する役割を担います。この職業は、ルールや手順に従い、綿密な計画を立てて着実にプロジェクトを遂行する能力が求められるため、ISTJの特性に合致しています。

ISTJの責任感の強さと几帳面さは、品質管理の分野で大きな武器になります。スケジュールを管理し、リスクに備えて万全の準備を整える能力は、プロジェクトの成功と顧客満足を導く原動力となるでしょう。

ただし、ISTJはイレギュラーな状況に対する柔軟性に欠けることがあるため、予期せぬ変化に対応する際には周囲とのコミュニケーションを重視することが重要です。

ISTJに向いている職業20.ロジスティクスコーディネーター

ISTJタイプの人は、責任感が強く、ルールや手順を守ることに長けています。

ロジスティクスコーディネーターは、物流計画の立案、輸送手段の選定、配送スケジュールの管理など、計画性と細部への注意が求められる職業です。ISTJの特性は、このような職務において、効率的で信頼性の高い業務遂行を可能にします。

具体的に、ロジスティクスコーディネーターは以下のような業務を担当します:

  • 物流計画の立案:製品や資材の流れを効率化するための計画を策定します。
  • 輸送手段の選定:コストと時間のバランスを考慮し、最適な輸送手段を選びます。
  • 配送スケジュールの管理:納期を守りつつ、配送スケジュールを調整します。
  • 在庫管理:在庫レベルを適切に保ち、過剰在庫や品切れが起こらないように管理します。
  • コスト管理:物流コストを抑えるための方法を模索し、実行します。

ISTJのタイプは、これらの業務を計画的かつシステマティックに進めることができるため、ロジスティクスコーディネーターとして非常に適していると言えるでしょう。

ISTJの職業に関する実体験エピソード

私は学生時代、常に責任感を持ち、計画的に行動するタイプでした。学業においても同様で、授業のスケジュールをしっかりと立て、課題をこなすことを重視していました。

  1. 学級委員の役割:
    • 高校時代、私は学級委員として選ばれました。この役職では、クラスメイトの意見をまとめ、先生や他の委員と連携して学校行事を計画・実施する役割を担いました。
    • この経験は、私の組織力やリーダーシップスキルを向上させる機会となりました。
  2. アルバイト経験:
    • 大学生の頃、私は図書館でアルバイトをしていました。本の整理や貸出業務を担当し、正確性と効率性を重視して業務を遂行しました。
    • ISTJの特性である忍耐強さと責任感が、このアルバイトで活かされました。
  3. 研究プロジェクト:
    • 大学の研究プロジェクトに参加した際、私はデータ収集と分析を担当しました。厳密な手順に従い、結果を正確に報告することを心がけました。
    • ISTJの特性が、研究において信頼性のある結果を出すために役立ちました。

学校での経験から、私はISTJの特性を活かして、責任感を持ち、計画的に行動することができました。

ISTJに向いている職業とは?自分を知ることで圧倒的に生きやすくなります【まとめ】

ISTJは、とても真面目で責任感が強く、信頼できる性格タイプです。しかし、彼らは自分の適性や興味に合った職業を見つけることが難しいことがあります。この記事では、ISTJに向いている職業とは以下のようなものであることを説明しました。

  • 会計士
  • 弁護士
  • 教師
  • 軍人

また、ISTJに向いている職業の条件についても以下のように解説しました。

  • 現実的で具体的な情報を扱うことが多い
  • 秩序や組織のある環境で働くことができる
  • 真面目で責任感が求められる
  • 内向的で控えめであっても問題ない
  • 協調的で忠実であることが評価される

ISTJの性格や能力を理解することで、彼らのキャリアや人生を充実させることができるでしょう。ISTJの性格タイプの特徴や長所、短所、相性などについても知ることができます。ISTJの性格タイプに誇りを持ち、自分の性格タイプを活かすことができます。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)