ESTJ(幹部)

ESTJタイプのアニメキャラクターの特徴と性格とは?幹部タイプについて徹底解説!!

MBTIのESTJタイプは、組織や社会でのリーダーシップを発揮する「幹部タイプ」として知られています。

彼らは実用的で決断力があり、秩序と伝統を重んじる傾向にあります。

今回は、アニメの世界におけるESTJタイプのキャラクターを15人選び、それぞれの特徴と性格を深掘りしていきます。

彼らの強みと弱み、恋愛観や相性についても触れながら、ESTJタイプの魅力に迫ります。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • 例えば、釘崎野薔薇(呪術廻戦)、ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)、ベジータ(ドラゴンボール)などが挙げられます。
  • ESTJタイプのアニメキャラクターは、リーダーシップ、実行力、そして情熱的な性格で多くのファンを魅了しています。

ESTJタイプのアニメキャラクター①釘崎野薔薇(呪術廻戦)

釘崎野薔薇は、人気漫画「呪術廻戦」に登場するキャラクターで、ESTJタイプの特徴を色濃く反映しています。

彼女は呪術高専東京校の1年生で、三級呪術師としての資格を持っています1。釘崎野薔薇は、目標に向かって果敢に進む強い意志と、困難に立ち向かう勇気を持つキャラクターです。彼女の行動力とリーダーシップは、ESTJタイプの「幹部」の性格を象徴しており、チームをまとめ上げる能力に長けています。

釘崎野薔薇の性格は、サバサバしており、男勝りな口調が特徴的です。感情が表情に出やすく、怒りに駆られるとガラの悪い言葉遣いになることもありますが、それは彼女の素直さと情熱の表れです。一方で、東京の名所観光にテンションを上げたり、京都に行けると思った際には大荷物で張り切るなど、地方民らしい一面も持ち合わせています。

戦闘においては、合理的な判断力を持ち、術式を駆使して敵に立ち向かいます。彼女の術式「芻霊呪法」は、金槌を使って五寸釘を飛ばし、刺さった釘から呪力を流し込むというもので、古い形式の術式でありながら、非常に効果的です1。また、彼女は自分が自分であることに誇りを持ち、「自分らしくあるために命を懸けられる」という強い信念を持っています1

釘崎野薔薇は、ESTJタイプのアニメキャラクターとして、その強いリーダーシップと実行力、そして情熱的な性格で多くのファンを魅了しています。彼女のキャラクターは、呪術廻戦の物語において重要な役割を果たしており、読者にとって忘れがたい存在となっています。彼女から学ぶことは多く、ESTJタイプの魅力を存分に感じさせてくれるキャラクターです。

ESTJタイプのアニメキャラクター②ジャン・キルシュタイン(進撃の巨人)

ジャン・キルシュタインは、アニメ「進撃の巨人」に登場するキャラクターでトロスト区出身で、内壁で平和に暮らすことを望んで軍警団に入隊しましたが、後に調査兵団に参加することになります。

MBTIのESTJタイプとしては、ジャンは責任感が強く、組織的で、リーダーシップを発揮することができる人物として描かれています。

彼はグループの中での秩序を重んじ、ルールや伝統を尊重する傾向があります。また、非常に現実的で、具体的な結果を重視する性格もESTJタイプの特徴と言えるでしょう。

ジャン・キルシュタインは、彼の成長と変化を通じて、多くのファンに愛されているキャラクターです。彼の物語は、調査兵団の一員としての彼の戦いだけでなく、内面の葛藤や成長も描かれており、視聴者に深い印象を与えています。

ESTJタイプのアニメキャラクター③ベジータ(ドラゴンボール)

ベジータは、「ドラゴンボール」シリーズに登場するキャラクターで、彼の性格と行動はESTJタイプの特徴を色濃く反映しています。

ESTJタイプは、組織と秩序を重んじ、リーダーシップを発揮することで知られており、ベジータはこれらの特性を持つ典型的な例です。

ベジータのリーダーシップは、彼がサイヤ人の王子としての自負と責任感を持っていることから来ています。彼は、目標達成のためには厳格な訓練と規律が必要だと信じており、自身もその例に漏れず、常に高い基準を設けています。彼の決断力と実行力は、困難な状況でも彼を支え、仲間たちを導くのに役立っています。

また、ベジータは、自分の信念と価値観に基づいて行動することが多く、これはESTJタイプの特徴である実用的な思考を示しています。彼は、状況を客観的に評価し、論理的な判断を下すことができます。彼のこの能力は、シリーズの中で数々の戦いを勝ち抜くのに重要な役割を果たしています。

ベジータは、「ドラゴンボール」の中で、彼のESTJタイプの特徴を活かし、物語において重要な役割を果たしています。彼のリーダーシップ、決断力、そして実行力は、視聴者にとっても魅力的であり、彼のキャラクターが多くのファンに愛される理由です。彼は、ESTJタイプの魅力を存分に発揮しているキャラクターと言えるでしょう。

ESTJタイプのアニメキャラクター④飯田天哉(僕のヒーローアカデミア)

飯田天哉は、アニメ「僕のヒーローアカデミア」に登場するキャラクターで、1年A組のクラス委員長を務める超優等生です。

彼は規律やルールを重んじ、学業成績も戦闘力も非常に高い評価を受けています。

ESTJタイプとしての飯田は、リーダーシップがあり、組織的で責任感が強い性格をしています。

彼は現実主義者で、押しが強く、集団をまとめ上げる能力に長けていると言えます。また、飯田は「天才」とも称され、ESTJの特徴である実行力と効率性を持ち合わせており、その性格タイプはエンネアグラムタイプ1w2とも一致しています。

飯田の物語は、彼の強い正義感と、ヒーローとしての使命感を中心に展開されます。彼は、自分や他人に対して厳しい基準を設け、常に最善を尽くすことを心がけています。その一方で、時には自分の理想と現実のギャップに直面し、成長していく過程が描かれています。

飯田のキャラクターは、彼の堅実な行動と、時には感情的になる一面を通じて、多くのファンに愛されています。彼の物語は、ヒーローとしての責任と、個人としての成長を描き、視聴者に強い印象を与えるものとなっています。

ESTJタイプのアニメキャラクター⑤エンデヴァー/轟炎司(僕のヒーローアカデミア)

「僕のヒーローアカデミア」に登場する轟炎司、通称エンデヴァーは、MBTI®タイプとしてESTJに分類されることが多いです。

彼は目標指向であり、成功を追求する決意が強いことが特徴です。また、権威的で実用的な性格を持ち、伝統や構造に依存して意思決定を行う傾向があります。

エンデヴァーは、ヒーローとしての彼の責任感が強く、社会の秩序とルールを重んじる姿勢を示しています。彼のリーダーシップは、しばしば厳格で直接的なスタイルを取り、目標達成のためには厳しい手段を選ぶこともあります。その一方で、家族に対する複雑な感情や、自身の過去の行動に対する反省も見せており、キャラクターの深みを与えています。

エンデヴァーの性格は、ESTJタイプの特徴である責任感の強さや、効率性、実行力によく合致しており、彼の行動や決断はしばしばこれらの特性に基づいています。

彼は「僕のヒーローアカデミア」の世界において、ヒーロー社会の頂点を目指す重要なキャラクターとして描かれています。

ESTJタイプのアニメキャラクター⑥ナミ(ONE PIECE)

ナミは、世界的に人気の高いアニメ「ONE PIECE」に登場するキャラクターで、ESTJタイプの特徴を持っています。

彼女は麦わらの一味の航海士として、その計画性と実行力でチームを支えています。ナミは、目標に向かって進む決断力と、仲間たちをまとめ上げる能力を持つ、ESTJタイプの「幹部」の性格を象徴しています。

ナミの性格は、非常に実用的で現実的です。彼女は金銭に対して非常に敏感であり、財政管理の才能を持っています。また、航海士としての彼女の能力は、正確な航路の計算や天候の予測において、麦わらの一味にとって不可欠なものです。ナミは、自分の知識と技術を活かして、困難な状況でも冷静に判断し、チームを安全な方向へと導くことができます。

戦闘面においても、ナミは「天候の杖」を使いこなし、気象を操ることで敵を出し抜く戦略を取ります。彼女のこの能力は、ESTJタイプの戦略的思考と実行力を反映しています。

仲間たちとの絆を大切にし、彼らのために戦う勇気を持っています。彼女のこの姿勢は、ESTJタイプの責任感と義務感を表しています。

ナミは、ESTJタイプのアニメキャラクターとして、その計画性と実行力、そしてチームをまとめ上げるリーダーシップで「ONE PIECE」の物語において重要な役割を果たしています。彼女のキャラクターは、多くのファンに愛され、物語の中で忘れがたい存在となっています。

ナミから学ぶことは多く、ESTJタイプの魅力を存分に感じさせてくれるキャラクターです。彼女の強い意志と仲間への深い愛情は、視聴者にとって魅力的なポイントとなっています。

ESTJタイプのアニメキャラクター⑦セバスチャン・ミカエリス(黒執事)

セバスチャン・ミカエリスは、アニメ「黒執事」に登場する主要なキャラクターで、ファントムハイヴ家の執事です。

MBTIのESTJタイプとして、セバスチャンは非常に組織的で、責任感が強く、リーダーシップを発揮する能力を持っています。

彼はファントムハイヴ家の運営を滞りなく行い、シエルの命令を忠実に実行します。ESTJタイプの特徴である現実的で具体的な結果を重視する性格も、セバスチャンには見られます。

彼はまた、法と秩序を重んじる傾向があり、自身の義務を果たすためには手段を選ばないこともあります。

セバスチャンは「黒執事」の中で、その完璧な執事ぶりと、時に見せる冷酷さや悪魔らしい一面で、多くの視聴者に印象を残しています。彼のキャラクターは、物語の中で重要な役割を果たし、シエルとの関係性や、彼が抱える謎が物語の魅力を高めています。

ESTJタイプのアニメキャラクター⑧エルザ・スカーレット(FAIRY TAIL)

エルザ・スカーレットは、人気アニメ「FAIRY TAIL」の登場人物で、S級魔導士としてフェアリーテイルギルドの一員です。

エルザはESTJタイプの典型的な特徴を持ち、特にリーダーシップの資質が際立っています。

彼女は厳格な性格で、他のギルドメンバーの悪い行動や習慣をしばしば批判し、彼らが彼女の怒りを買わないように謝罪させることもあります。しかし、その厳しい外見の下には、温かくて思いやりのある心を持っています。

エルザは「妖精女王(ティターニア)」とも呼ばれ、その名の通り、彼女はフェアリーテイルギルドの中でも特に強力な魔導士です。彼女の魔法は「レキップ」で、これにより彼女は多種多様な武器や鎧を瞬時に装備することができます。これにより、彼女は戦闘中に状況に応じて装備を変更し、様々な戦術を駆使することが可能です。

エルザの物語は、彼女の過去の悲劇的な出来事にも触れており、それが彼女の性格形成に大きな影響を与えています。彼女は子供の頃に右目を失い、現在はポーリュシカによって作られた人工の目を持っています。彼女の過去の経験は、彼女が正義感が強く、フェアリーテイルギルドの一員であることに誇りを持つ理由の一部となっています。

エルザ・スカーレットは、その強さとリーダーシップ、そしてフェアリーテイルギルドへの忠誠心から、多くのファンに愛されているキャラクターです。彼女はESTJタイプの良い例であり、その性格が「FAIRY TAIL」の物語において重要な役割を果たしています。

ESTJタイプのアニメキャラクター⑨湯婆婆(千と千尋の神隠し)

湯婆婆は、スタジオジブリの名作「千と千尋の神隠し」に登場するキャラクターで、油屋(あぶらや)の経営者であり、強力な魔力を持つ老魔女です。

彼女は横暴で強欲な性格をしており、従業員たちに対しても高圧的な態度で接しています。

ESTJタイプの特徴としては、現実主義で押しが強く、社会的に成功する可能性が高いとされています。

また、集団をまとめ上げる能力に長けており、湯婆婆はそのような特徴を体現しているキャラクターと言えます。

彼女は千尋の名前を奪い、自分の経営する油屋で働かせることで、物語の重要な展開を担います。湯婆婆は、千尋に仕事を通して世の中のさまざまなことを教える役割も果たしており、その正体や動機は謎に包まれています。

湯婆婆のキャラクターは、働く現代人の象徴として宮崎駿によって描かれており、家では穏やかな生活を送る一方で、会社ではストレスと向き合いながら厳しい上司として部下に接する一面を持っているという、働く人の心の分裂を表現しています。

また、彼女の双子の姉である銭婆との関係も物語に深みを加えており、見た目は同じでも性格は大きく異なります。銭婆は温和で優しい性格をしており、千尋を励ますなど寛大な一面を見せていますが、湯婆婆は優れた姉に対してコンプレックスを抱いているようです。

湯婆婆のキャラクターは、「千と千尋の神隠し」の世界観を形作る重要な要素であり、彼女の行動や決断が物語の進行に大きな影響を与えています。彼女の存在は、視聴者に多くの感情を呼び起こし、映画の印象を強く残すものとなっています。

ESTJタイプのアニメキャラクター⑩金森さやか(映像研には手を出すな!)

「映像研には手を出すな!」に登場する金森さやかは、ESTJタイプの特徴を持つキャラクターとして描かれています。

彼女は非常に実用的で、目標に向かって効率的に動くことができる人物です。金森は、アニメ制作クラブ「映像研」のプロデューサーとして、プロジェクトの管理や資金調達を担当し、そのリーダーシップと組織力でチームを支えています。

ESTJの性格タイプは、秩序を重んじ、計画性があり、決断力があることが特徴です。金森さやかは、このような特性を活かして、アニメ制作の夢を現実に変えるために、具体的なステップを踏んで行動します。彼女は時に厳しい意見を言うこともありますが、それは目標達成のための効率と成功を重視するESTJの特徴を反映しています。

また、金森はチームメンバーのアイデアを現実的な計画に落とし込む能力に長けており、その実行力と決断力は、アニメ制作という創造的なプロセスにおいても非常に重要な役割を果たしています。彼女のこのような性格は、物語の中で多くの場面で見られ、視聴者に強い印象を与えています。

金森さやかのキャラクターは、「映像研には手を出すな!」の物語において、現実的な視点と実行力をもたらす重要な存在として描かれています。彼女のESTJタイプの性格は、アニメ制作という夢を追い求める若者たちの姿をリアルに表現する上で、欠かせない要素となっています。

ESTJタイプのアニメキャラクター⑪カスミ(ポケットモンスター)

カスミはアニメ『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクターで、ESTJタイプの特徴を持っています。

彼女は初代ヒロインとしてサトシと共にカントー地方、オレンジ諸島、ジョウト地方を旅しました。ESTJタイプとしてのカスミは、現実主義で押しが強く、社会的に成功する可能性が高いとされています。また、集団をまとめ上げる職業に適正があるとも言われています。

カスミの性格は、感情の起伏が激しく、時にはサトシやタケシに容赦なく鉄拳を喰らわす暴力系ヒロインの一面も持っています。しかし、仲間の危機には身を挺して救おうと奮闘するなど、しっかり者で度胸がある人物として描かれています。釣りに対しては非常に自信があり、自分を模したオリジナルデザインのルアー「カスミちゃんスペシャル」を使用することもあります。

彼女の容姿やファッションは、アニメ用に描き下ろされたもので、10歳の少女としては前衛的なスタイルをしています。海外進出の際には放送倫理規定に引っかかるほどの露出度であったため、トゲピーを抱かせて腹部の肌を隠すようになったという逸話もあります。

以上の特徴から、カスミはESTJタイプのアニメキャラクターとして、リーダーシップを発揮し、現実的で強い意志を持つ人物として視聴者に記憶されています。彼女の行動や決断は、ESTJタイプの「実行者」や「管理者」といった特性を反映していると言えるでしょう。

ESTJタイプのアニメキャラクター⑫不死川実弥(鬼滅の刃)

不死川実弥は、アニメ「鬼滅の刃」に登場するキャラクターで、霞柱(かすみばしら)として知られています。

MBTIのESTJタイプとして、実弥は組織的で責任感が強く、リーダーシップを発揮する能力を持っています。彼は現実的で具体的な結果を重視し、法と秩序を尊重する傾向があります。これらの特徴は、彼が鬼殺隊の中で果たす役割とも一致しており、物語の中で重要なキャラクターとなっています。

性格的には、実弥は初めは引っ込み思案で静かな印象を与えますが、鬼殺隊のチーム内で調和を重んじ、平和な環境を育むことを常に求めています。

彼は論理に頼りがちで、感情にはあまり動かされないため、無関心や無感動に見えることがあります。しかし、必要な時には真剣さを発揮し、霞柱としての職務を献身的に果たします。

ESTJタイプのアニメキャラクター⑬石丸清多夏(ダンガンロンパ)

石丸清多夏は、人気の高いビジュアルノベルゲームおよびアニメ「ダンガンロンパ」に登場するキャラクターです。彼は希望ヶ峰学園の生徒であり、公正で真面目な性格が特徴的な「超高校級の風紀委員」です。

石丸はESTJタイプとして、組織と秩序を重んじる性格を持っています。

彼はルールを守り、他人にもそれを求めることで知られており、その責任感とリーダーシップは物語の中で重要な役割を果たします。彼はまた、非常に熱心で勤勉な学生であり、自分の信念と義務感に基づいて行動します。

石丸の物語は、彼の強い正義感と、時には厳しすぎるほどのルール遵守が、他のキャラクターとの関係や物語の展開にどのように影響を与えるかを描いています。彼は、困難な状況においても、正義と秩序を守るために努力する姿が印象的です。

彼の性格は、ESTJタイプの特徴である決断力、組織力、そして集団の中でのリーダーシップを反映しています。石丸清多夏は、その真摯な性格と行動で、多くのファンから尊敬されているキャラクターです。

ESTJタイプのアニメキャラクター⑭キング・ブラッドレイ(鋼の錬金術師)

キング・ブラッドレイは、アニメ「鋼の錬金術師」に登場するキャラクターで、ESTJタイプの特徴を持っています。

ESTJタイプとして、彼は現実主義者であり、強いリーダーシップと組織をまとめる能力を持っています。

ブラッドレイは戦場での功績により、44歳で独裁者に上り詰めました。彼は軍事国家としてアメストリスを強化し、国家錬金術師制度の導入などを行いました。彼の戦闘スタイルは二刀流の剣術で、非常に高速で攻撃を仕掛けます。また、「最強の眼」と呼ばれる特殊能力を持ち、銃の弾道さえも見切ることができるほどです。

性格はリアリストでありながら、好々爺然とした紳士的な面も持ち合わせています。しかし、ホムンクルスとしての冷酷さもあり、物語が進むにつれてその独裁者としての面が強調されていきます。彼は人間ベースのホムンクルスであり、他のホムンクルスとは異なり、老化するという特徴も持っています。彼の人生は計画されたものであり、自らの選択で得た妻には特別な感情を持っているなど、複雑なキャラクターです。

キング・ブラッドレイは、ESTJタイプの強いリーダーシップと現実主義、そして軍人としての厳格さを体現するキャラクターと言えるでしょう。彼の物語における役割や行動は、ESTJの特性を反映していると考えられます。

ESTJタイプのアニメキャラクター⑮タツマキ(ワンパンマン)

「ワンパンマン」に登場するタツマキは、MBTI®タイプとしてESTJに分類されるキャラクターです。

彼女はS級ヒーローの中でも第2位の実力を持ち、小柄ながらもその強大な力とリーダーシップで大きな存在感を放っています。

タツマキは、自信に満ちた態度と強い意志を持ち、しばしば他人を圧倒することがあります。彼女は自身の超能力によって人類を守ることに献身的であり、そのためには厳しい決断も辞さない強い責任感を持っています。

ESTJの特徴として、組織的で決断力があり、リーダーシップを発揮することが挙げられます。タツマキはこれらの特性を体現しており、ヒーロー協会においてもその実行力と指導力で多くの場面を牽引しています。

また、タツマキは短気で自己中心的な面もありますが、それは彼女の強い自我とヒーローとしての使命感から来るものであり、物語の中で彼女のキャラクターを際立たせています。

タツマキのキャラクターは、「ワンパンマン」の世界観において、彼女の強さと個性が際立つ重要な役割を果たしており、ESTJタイプの特徴を色濃く反映しています。彼女の行動や決断は、物語を通じて視聴者に強い印象を与えることでしょう。

ESTJタイプのアニメキャラクターの強みと弱み

ESTJタイプのキャラクターは、その強いリーダーシップと組織力で知られています

彼らは目標達成に向けての計画性と実行力を持ち合わせており、チームや組織を率いるには最適なタイプです。

しかし、その一方で、頑固で柔軟性に欠けることが弱みとなることもあります。

彼らは時に、自分の信念に固執しすぎて、他者の意見や新しいアイデアを受け入れにくい傾向があります。

ESTJタイプのアニメキャラクターの恋愛と相性

恋愛においてESTJタイプは、堅実で信頼性が高く、パートナーとの関係においても安定を求める傾向があります。

彼らは約束を重んじ、計画的なアプローチを好むため、相性の良いパートナーは、同じく安定を求めるタイプや、ESTJの実用性を補完する創造的なタイプが挙げられます。

一方で、感情を重視するタイプとは摩擦が生じやすいこともあります。

ESTJタイプのアニメキャラクターと同じ性格に関する実体験エピソード

私が学校で経験したESTJタイプの性格に関連するエピソードは、プロジェクトのリーダーを務めた時のことです。

私たちのクラスは、学年末の大きな科学展示会のためにグループプロジェクトを行っていました。私は自然とそのリーダーの役割を引き受け、チームメンバー全員が期限内にタスクを完了できるように計画と組織を行いました。

プロジェクトの初期段階では、私はメンバーの意見を聞き、それぞれの強みを活かすために役割を割り当てました。私はルールとスケジュールを設定し、全員がそれに従うようにしました。しかし、あるメンバーが締め切りを守らず、プロジェクトの進行に影響を及ぼし始めた時、私はその状況を厳しく管理し、迅速に対処する必要がありました。

私はそのメンバーと話し合い、彼の責任感を喚起し、プロジェクトの成功がチーム全体にとってどれほど重要かを強調しました。その結果、彼は自分の行動を改め、最終的には期限内に素晴らしい成果を提出することができました。

この経験を通じて、私はESTJタイプの性格が持つ組織力と責任感の重要性を実感しました。また、リーダーとしての私の行動が、チームメンバーの行動にどのように影響を与えるかを学びました。私たちのプロジェクトは科学展示会で高い評価を受け、私はリーダーシップとチームワークの価値を再認識することができました。

ESTJタイプのアニメキャラクターの特徴と性格とは?幹部タイプについて徹底解説!!まとめ

ESTJタイプは、その実行力と組織的なアプローチで「幹部タイプ」と呼ばれることが多いです。

彼らは伝統や秩序を重んじ、明確な基準と安定性を求めます。感情に振り回されることなく、冷静に状況を判断できるため、多くのアニメキャラクターにおいても、このタイプはリーダー役や中心人物として描かれることが多いです。

以上で、ESTJタイプのアニメキャラクターに関する特徴と性格、強みと弱み、恋愛と相性についての解説を終えます。ESTJタイプのキャラクターは、彼らの堅実さとリーダーシップで物語に深みと力強さを与えています。

彼らから学ぶことは多く、それぞれのキャラクターが持つ独自の魅力を理解することで、より物語を楽しむことができるでしょう。

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo