INFP(仲介者)

 INFPの喋り方の特徴ってどんな感じ?内向的な魂が紡ぐ独自の言葉の世界について徹底解説!

INFP(イントロバート・インテュイティブ・フィーリング・パーセプティブ)は、個別のMBTIタイプの中でも特に内向的で、独自の感性と思考を持つ人々です。

彼らの喋り方は、深い感情表現と繊細な洞察力に彩られ、他のタイプとは異なる魅力を放ちます。

INFPの喋り方について、時間のない方向けに私がまとめると以下の通りです。

  • INFP型の喋り方の特徴①優しく丁寧な言葉遣いをする
  • INFP型の喋り方の特徴②感情や感想を表現する
  • INFP型の喋り方の特徴③抽象的で象徴的な言葉を使う
  • INFP型の喋り方の特徴④比喩やメタファーを使う
  • INFP型の喋り方の特徴⑤話題を飛ばす
  • INFP型の喋り方の特徴⑥話すより聞く
  • INFP型の喋り方の特徴⑦話すときに目を合わせない
  • INFP型の喋り方の特徴⑧話すときに手や顔を動かす
  • INFP型の喋り方の特徴⑨話すときに声のトーンやスピードを変える
  • INFP型の喋り方の特徴⑩話すときに間を置く
  • …etc

本記事では、INFPの喋り方に焦点を当て、その特徴やコミュニケーションスタイルについて詳しく探求していきます。

INFPの頭がおかしいと言われる理由とは?分かりやすく的確に解説

INFPとは:内向的な魂の持ち主

INFPは、内向的な特性を持つ人々を指すMBTIのタイプです。

彼らは内向的であるため、内なる世界に強く関心を寄せ、外部の刺激に反応することよりも内面的な体験に重点を置きます。

彼らの喋り方は、自分自身や他者の感情や思考に深く共感し、それを言葉に表現することによって、独自の世界を創り出します。

彼らは繊細で優れた洞察力を持ち、人間関係や社会的な問題について深く考える傾向があります。

INFPの喋り方の特徴繊細さと思慮深さ

INFPの喋り方は、繊細さと思慮深さが特徴的です。

彼らは自分の感情や思考を大切にし、他人とのコミュニケーションにおいてもその特性を反映させます。彼らは言葉を選ぶ際に慎重であり、相手の感情や意見に敏感に反応します。彼らの喋り方は柔らかく、優しい響きを持ちながらも、深い思考と洞察力を伴います。彼らは自分の内面世界を表現することによって、他者との共感や理解を深めることができます。

INFP型の喋り方の特徴①優しく丁寧な言葉遣いをする

INFP型の人は、人や物事に対して敬意や尊重を持って接するので、優しく丁寧な言葉遣いをすることが多いです。

例えば、「ありがとうございます」「すみません」「お願いします」などの礼儀正しい言葉を使ったり、「~でしょうか」「~かもしれません」などの丁寧な言い回しを使ったりします。

INFP型の喋り方の特徴②感情や感想を表現する

INFP型の人は、感情や感想を大切にするので、喋るときにそれらを表現することが多いです。

例えば、「嬉しいです」「悲しいです」「素敵ですね」「面白いですね」などの感情や感想を伝えたり、「私は~と思います」「私は~が好きです」などの自分の意見や好みを述べたりします。

INFP型の喋り方の特徴③抽象的で象徴的な言葉を使う

INFP型の人は、直感的で創造的な思考をするので、喋るときに抽象的で象徴的な言葉を使うことが多いです。

例えば、「夢」「希望」「愛」「美」「魂」などの抽象的な概念や、「花」「星」「空」「海」などの象徴的なイメージを使ったりします。

INFP型の喋り方の特徴④比喩やメタファーを使う

INFP型の人は、芸術的で独創的な表現を好むので、喋るときに比喩やメタファーを使うことが多いです。

例えば、「彼は太陽のように明るい人です」「彼女は月のように優しい人です」「この本は宝石のように貴重です」などの比喩やメタファーを使ったりします。

INFP型の喋り方の特徴⑤話題を飛ばす

INFP型の人は、自分の興味や関心に従って思考をするので、喋るときに話題を飛ばすことが多いです。

例えば、「今日の天気はいいですね。天気といえば、昨日見た映画は雨のシーンが多かったです。映画といえば、私はミュージカルが好きです。ミュージカルといえば、あの歌手は素晴らしいですね」などのように、話題が次々と変わったりします。

INFP型の喋り方の特徴⑥話すより聞く

INFP型の人は、内向的で控えめな性格を持っているので、喋るより聞くことが多いです。

例えば、自分から話題を振ったり、自分の話を長くしたりすることは少なく、相手の話に耳を傾けたり、質問したり、共感したりすることは多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑦話すときに目を合わせない

INFP型の人は、自分の内面に向かって思考をするので、話すときに目を合わせないことが多いです。

例えば、話すときに目を閉じたり、上を向いたり、横を向いたり、遠くを見たりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑧話すときに手や顔を動かす

INFP型の人は、感情や感想を表現するので、話すときに手や顔を動かすことが多いです。

例えば、話すときに手を振ったり、指さしたり、握ったり、話の内容に合わせて顔を笑ったり、驚いたり、困ったりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑨話すときに声のトーンやスピードを変える

INFP型の人は、感情や感想を表現するので、話すときに声のトーンやスピードを変えることが多いです。

例えば、話すときに声の高さや強さを変えたり、話の内容に合わせて話すスピードを早くしたり、遅くしたりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑩話すときに間を置く

 

INFP型の人は、自分の思考や感情を整理するので、話すときに間を置くことが多いです。

例えば、話すときに「えーと」「あのー」「うーん」などの言い淀みをしたり、沈黙したりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑪話すときに自分の話を否定する

INFP型の人は、自分の価値観や理想に基づいて話すので、話すときに自分の話を否定することが多いです。

例えば、「私は~と思いますが、違うかもしれません」「私は~が好きですが、変ですよね」「私は~をしたいですが、無理ですよね」などのように、自分の話に対して謙遜したり、疑問を投げかけたりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑫話すときに相手の話を肯定する

INFP型の人は、人や物事に対して思いやりや共感を持っているので、話すときに相手の話を肯定することが多いです。

例えば、「そうですね」「わかります」「すごいですね」などのように、相手の話に対して同意したり、賞賛したり、感心したりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑬話すときに自分の話を謝る

INFP型の人は、自分の価値観や理想に基づいて話すので、話すときに自分の話を謝ることが多いです。

例えば、「私は~と思いますが、すみません」「私は~が好きですが、ごめんなさい」「私は~をしたいですが、申し訳ありません」などのように、自分の話に対して謝罪したり、申し訳なさそうにしたりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑭話すときに相手の話を褒める

INFP型の人は、人や物事に対して敬意や尊重を持っているので、話すときに相手の話を褒めることが多いです。

例えば、「あなたは~と思いますが、素晴らしいです」「あなたは~が好きですが、素敵ですね」「あなたは~をしたいですが、応援します」などのように、相手の話に対して称賛したり、応援したり、励ましたりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑮話すときに自分の話を隠す

INFP型の人は、自分の内面や感情を他人に見せるのが苦手なので、話すときに自分の話を隠すことが多いです。

例えば、「私は~と思いますが、どうでもいいです」「私は~が好きですが、気にしないでください」「私は~をしたいですが、言わないでください」などのように、自分の話に対して軽視したり、無視したり、秘密にしたりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑯話すときに相手の話を掘り下げる

INFP型の人は、人や物事に対して深い興味や関心を持っているので、話すときに相手の話を掘り下げることが多いです。

例えば、「あなたは~と思いますが、どうしてですか?」「あなたは~が好きですが、どんなところが好きですか?」「あなたは~をしたいですが、どうやってしますか?」などのように、相手の話に対して質問したり、詳細を聞いたり、理由を探ったりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑰話すときに自分の話を繰り返す

INFP型の人は、自分の思考や感情を整理するので、話すときに自分の話を繰り返すことが多いです。

例えば、「私は~と思います。私は~と思います」「私は~が好きです。私は~が好きです」「私は~をしたいです。私は~をしたいです」などのように、自分の話に対して反復したり、強調したりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑱話すときに相手の話を引き出す

INFP型の人は、人や物事に対して好奇心や関心を持っているので、話すときに相手の話を引き出すことが多いです。

例えば、「あなたは~と思いますが、もっと教えてください」「あなたは~が好きですが、他に何が好きですか?」「あなたは~をしたいですが、どんな夢がありますか?」などのように、相手の話に対して促したり、拡張したり、深めたりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴⑲話すときに自分の話を諦める

INFP型の人は、自分の価値観や理想に基づいて話すので、話すときに自分の話を諦めることが多いです。

例えば、「私は~と思いますが、わかってもらえないでしょう」「私は~が好きですが、受け入れられないでしょう」「私は~をしたいですが、できないでしょう」などのように、自分の話に対して否定したり、断念したり、あきらめたりすることが多いです。

INFP型の喋り方の特徴話すときに相手の話を支える

INFP型の人は、人や物事に対して尊敬や信頼を持っているので、話すときに相手の話を支えることが多いです。

例えば、「あなたは~と思いますが、私もそう思います」「あなたは~が好きですが、私も好きです」「あなたは~をしたいですが、私も一緒にします」などのように、相手の話に対して同調したり、共感したり、協力したりすることが多いです。

ISFPの長所

共感力が高い

INFPの方は、感情に共感できる能力が高いです。繊細であり、相手の感情に共感する力があります。肝心なことは、喜びや悲しみなどあらゆる感情を共感できると言われています。また、思慮深く優しい性質を持っており、他人を傷つけることを非常に嫌います。私も同様にお相手を傷つけないように注意しています。

ただし、共感しすぎることで疲れたり、境界線を引くことが難しくなることもあります。また、共感しすぎるため、相手が喜ぶことで苦手な人から好かれてしまうこともあります。過去にそういう経験があるので、注意が必要です。

寛大である

INFPタイプは寛大であり、他人の成功を応援することができます。彼らは人々のニーズを満たす社会に貢献したいと思っており、自己の楽しみを分かち合うことが大切です。彼らは他人を犠牲にしてまで成功を追求することはありません。

他人の成功を応援することは、INFPタイプにとって重要な価値です。彼らは誰かが成功したときに喜びを感じることができますし、他人の成果を褒め称えることも得意です。彼らは周りの人々を応援し、彼らの幸福を願っています。

彼らは自分の楽しみや幸福を他人と分かち合うことも大切にします。彼らは人々と一緒に楽しむことが好きで、友人や家族との時間を大切にします。また、彼らは自分の趣味や活動を他人と共有することも楽しんでいます。

彼らは他人を犠牲にしてまで成功を追求することはありません。彼らは自分自身の幸福と他人の幸福を両立させることを大切にします。彼らはバランスを保ちながら、自分の目標を追求することができます。

偏見のない心を持つ

受容的かつ寛容な態度を持つ

他人のライフスタイルや考えを非難しない

思いやりを持って人に接する

過ちを犯した人に対しても共感する

想像力がある

INFPの方は、型破りな視点で物事を見ることが好きです。彼らは多種多様なアイディアや可能性に興味を持ちます。クリエイティブな活動に惹かれ、自己の創造性を表現したいと思っています。

情熱が溢れる

INFPの方はアイディアや社会的な運動に熱中することがあります。彼らは何かに興味を持ったり、新しいアイディアが浮かんだりすると、全身全霊を捧げたくなる強い情熱を抱きます。彼らは積極的に発言するタイプではないかもしれませんが、自分の信念に対しては強い思いを抱いています。

彼らは有意義な人生を送りたいという願いを持っています。彼らは自分自身の成長や幸福だけでなく、他人や社会への貢献も重要視しています。彼らは自分ができることで世界をより良いものにしたいという思いを持っています。

【INFPの喋り方】理想主義的である

INFPタイプの人は、正しい行いを追求することが簡単ではなくても、自分の両親に従うような行動を心がけます。彼らは自分の持つ理想や価値観に基づいて行動することを大切にします。

彼らは人助けをしたいという願いを持っています。彼らは社会をより良くするために努力し、他人のために貢献したいという思いを持っています。彼らは正義感が強く、不正や不平等に立ち向かうこともあります。

彼らは自分ができる範囲で社会を変えることを目指しています。彼らは自分の活動や行動が世界をより良いものにすることを信じています。彼らは自分自身が実践することで、他の人にも影響を与えたいと感じています。

 INFPの喋り方に関する体験談

私はINFPタイプで、喋り方が下手だとよく言われます。

人と話すのが苦手で、自分の考えや感情をうまく伝えられないことが多いです。

特に、興味のない話題や、自分の価値観と合わない意見には、反応に困ってしまいます。そんな私が、ある日、同じINFPタイプの人と出会いました。

彼は、私と同じように、喋り方が下手で内向的でしたが、私とは違って、自分のことを受け入れていました。

自分の喋り方が特別なものだと言ってくれました。

自分の喋り方には、深い感情や独創的な発想が込められていると言ってくれました。

自分の喋り方を変える必要はないと言ってくれました。彼と話すうちに、私は自分の喋り方に自信を持つようになりました。

自分の喋り方が下手だと思っていたのではなく、自分の喋り方を理解してくれる人に出会っていなかっただけだと気づきました。

 INFPの喋り方の特徴ってどんな感じ?内向的な魂が紡ぐ独自の言葉の世界について徹底解説!【まとめ】

INFPの喋り方は、内向的な魂が紡ぐ独自の言葉の世界です。

彼らは繊細さと思慮深さを持ちながら、共感と創造性を追求するコミュニケーションスタイルを展開します。

彼らの喋り方は他者との深いつながりを築き、新たな視点や解決策を提供することで、豊かなコミュニケーションをもたらします。

INFPの喋り方を理解することで、彼らとのコミュニケーションをより意義深く楽しむことができるでしょう。

ABOUT ME
この記事の監修者
MBTIラボ編集部。2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTIラボ」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA