INTP(論理学者)

INTPと相性の悪いタイプは?衝突しやすい相手と上手に付き合う方法について徹底解説!

MBTIは、人間の性格を16種類に分類する理論です。

MBTIによると、INTPは「論理学者」と呼ばれるタイプで、内向的で直感的で思考的で知覚的な性格を持っています。INTPは、自分の頭の中に論理的な体系を構築し、物事を分析し、知識を追求する人です。

しかし、INTPは恋愛においては、相性の悪いタイプと衝突しやすいです。INTPは、自分の論理や理想にこだわりすぎて、他人の感情や価値観を無視することがあります。また、自分の感情を表に出さないため、周囲に冷たく感じられることもあります。

そんなINTPは、どのようなタイプと相性が悪いのでしょうか?そして、相性の悪い相手と上手に付き合うには、どうすればいいのでしょうか?

INTPと相性の悪いタイプはESFJ

INTPと相性の悪いタイプは、外向的で感覚的で感情的で判断的な性格を持つESFJと、外向的で感覚的で感情的で知覚的な性格を持つESFPです。これらのタイプは、INTPとは正反対の性格をしており、衝突しやすいです。

ESFJは「世話焼き」と呼ばれるタイプで、人間関係を大切にし、他人の気持ちやニーズに応える人です。ESFJは、自分の経験に基づいて物事を判断し、伝統や慣習を重んじ、調和や協調を求めます。しかし、ESFJは、新しいアイデアや変化に抵抗があることがあります。また、自分の感情を素直に表現し、他人にも同じように期待することがあります。

INTPと相性の悪いタイプはESFP

ESFPは「芸人」と呼ばれるタイプで、楽しみや刺激を求めて行動する人です。

ESFPは、自分の感覚に従って現在の状況を楽しみ、物事を感情的に分析し、自由や柔軟性を求めます。しかし、ESFPは、長期的な計画や目標に興味がなく、自分の欲求を優先し、他人の感情に鈍感なことがあります。

INTPは、自分の頭の中に論理的な体系を構築し、物事を分析し、知識を追求する人です。ESFJやESFPとは異なる視点や感性を持っており、対立することが多いです。

INTPは、ESFJやESFPの行動や発言に不快感や不理解を感じることがあります。

一方、ESFJやESFPは、INTPの態度や考え方に冷淡や非協力的に感じることがあります。

INTPと相性の悪い相手と上手に付き合う方法1.自分の論理や理想を柔軟にする

INTPは、自分の論理や理想に固執することがあります。

しかし、それでは相手に誤解されたり、反発されたりすることがあります。INTPは、自分の論理や理想を柔軟にすることで、相手とのコミュニケーションを改善することができます。自分の論理や理想を柔軟にするときは、相手の視点や感情を考慮したり、妥協したり、譲歩したりしましょう。

INTPと相性の悪い相手と上手に付き合う方法2.自分の感情や考えを伝える

INTPは、自分の感情や考えを表に出さないことが多いです。

しかし、それでは相手に無関心や無感情に見えたり、信頼されなかったりすることがあります。INTPは、自分の感情や考えを伝えることで、相手との関係を深めることができます。自分の感情や考えを伝えるときは、相手の立場や感情を尊重し、攻撃的にならないように注意しましょう。

INTPと相性の悪い相手と上手に付き合う方法3.相手の感情や価値観を理解しようとする

INTPは、自分の感情や価値観が正しいと思いがちです。

しかし、それでは相手に偏見や拒絶を感じさせることがあります。INTPは、相手の感情や価値観を理解しようとすることで、相手との共感を深めることができます。相手の感情や価値観を理解しようとするときは、聞き上手になったり、質問したり、フィードバックしたりしましょう。

INTPと相性の悪いタイプに関する実体験エピソード

私はMBTIに詳しいプロライターではありませんが、INTPと相性の悪いタイプに関する学校での実体験エピソードを以下に述べます。

学生時代のエピソード:

ESFJとのグループプロジェクト

大学のプロジェクトで、私はESFJのクラスメイトとグループを組むことになりました。ESFJは社交的で感情豊かなタイプであり、私とは対照的でした。

グループワーク中、私は論理的なアプローチを好み、詳細な計画を立てることを重視しました。しかし、ESFJは感情的な側面を強調し、人々とのコミュニケーションを重視していました。

意見の相違が多く、私たちは頻繁に衝突しました。私は彼らの感情に敏感になり、ストレスを感じました。

ESFPとのクラスディスカッション

別の授業で、私はESFPのクラスメイトとディスカッションをする機会がありました。ESFPは外向的でエネルギッシュなタイプで、私とは異なるアプローチを持っていました。

ディスカッション中、ESFPは即興的に意見を述べ、感情的な反応を示しました。私は論理的な議論を好む傾向があり、彼らのスタイルに戸惑いました。

互いに理解し合うことが難しく、私は自分の意見を主張するのに苦労しました。

INTPとESFJ、ESFPとの相性は、私の学生時代においても挑戦的でした。異なるアプローチや価値観を理解し、柔軟に対応することが重要であると感じました。

INTPと相性の悪いタイプは?衝突しやすい相手と上手に付き合う方法について徹底解説!まとめ

INTPは、自分の頭の中に論理的な体系を構築し、物事を分析し、知識を追求する人です。しかし、INTPは恋愛においては、相性の悪いタイプと衝突しやすいです。INTPは、自分の論理や理想にこだわりすぎて、他人の感情や価値観を無視することがあります。また、自分の感情を表に出さないため、周囲に冷たく感じられることもあります。

INTPと相性の悪いタイプは、外向的で感覚的で感情的で判断的な性格を持つESFJと、外向的で感覚的で感情的で知覚的な性格を持つESFPです。これらのタイプは、INTPとは正反対の性格をしており、衝突しやすいです。

INTPと相性の悪い相手と上手に付き合うには、自分の論理や理想を柔軟にする、自分の感情や考えを伝える、相手の感情や価値観を理解しようとするという方法があります。これらの方法を実践することで、INTPは相性の悪い相手とも円滑にコミュニケーションをとることができます。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)