MBTIアニメ

ISFJタイプのアニメキャラクターの特徴と性格とは?擁護者タイプについて徹底解説!!

MBTIのISFJタイプ、通称「擁護者」は、その名の通り、周囲の人々を支え、守ることに長けた性格です。

彼らは温かく、責任感が強く、協調性に富んでいます。

アニメの世界にも、このISFJタイプのキャラクターは数多く存在し、彼らの行動や心理は視聴者に深い共感を呼び起こします。

今回は、そんなISFJタイプのアニメキャラクター15人をピックアップし、彼らの特徴と性格を深掘りしていきます。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • 鹿目まどか(魔法少女まどか☆マギカ)はISFJタイプで、他人の幸福を優先し、責任感が強い。
  • 日向ヒナタ(NARUTO -ナルト-)もISFJタイプで、内気で控えめだが、忠実で思いやりがあり、義務感が強い。
  • 他にもエリザベス・リオネス(七つの大罪)、三輪霞(呪術廻戦)、竈門禰豆子(鬼滅の刃)など、ISFJタイプのアニメキャラクターが紹介されている。

ISFJタイプのアニメキャラクター①: 鹿目まどか(魔法少女まどか☆マギカ)

鹿目まどかは、アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の主人公であり、典型的なISFJタイプのキャラクターです。

彼女は非常に思いやりがあり、周囲の人々を大切にする優しい心を持っています。まどかは、自分の安全よりも他人の幸福を優先することが多く、その献身的な性格は、ISFJの「擁護者」としての特徴を如実に表しています。

物語の中で、まどかはしばしば自己犠牲の精神を見せ、友人や家族を守るために自らを危険にさらします。彼女の内面には、深い共感力と、他人の苦しみを自分のことのように感じ取る能力があります。これは、ISFJが持つ「共感性」と「支援の精神」を反映しています。

また、まどかは非常に責任感が強く、一度決めたことは最後までやり遂げる決意を持っています。この点も、ISFJの特徴である「責任感の強さ」と「義務感」を示しています。彼女の行動は、周囲の人々に安心感と信頼を与え、多くの視聴者に感動を呼び起こしています。

まどかの物語は、ISFJタイプの人々がどのようにして周囲の人々と深い絆を築き、時には自己犠牲をもって他人を支えるかを見事に描いています。彼女のキャラクターは、ISFJタイプの美徳を体現しており、多くの人々にとって魅力的な存在です。まどかのようなキャラクターは、私たちに大切な人を思いやる心の重要性を教えてくれます。

ISFJタイプのアニメキャラクター②: 日向ヒナタ(NARUTO -ナルト-)

日向ヒナタは、アニメ「NARUTO -ナルト-」の登場人物で、ISFJタイプの特徴を色濃く反映しているキャラクターです。

彼女は内気で控えめな性格ですが、友人や愛する人々に対しては非常に忠実で思いやりがあります。日向ヒナタは義務感が強く、チームのために役立とうと常に努力しています。

ISFJタイプは、保護者とも呼ばれ、安定と調和を重んじる傾向があります。日向ヒナタは、そのような特性を持つ典型的な例で、彼女の行動や決断はしばしば他人への配慮やサポートから来ています。また、彼女は自己犠牲的な面も持ち合わせており、自分の感情を抑えてでも他人を助けようとすることが多いです。

アニメの中で、日向ヒナタは自分の感情を素直に表現することに苦労しながらも、ナルトへの深い愛情を持ち続けています。

彼女の物語は、ISFJの特徴である忠誠心や献身性を見事に描いており、多くの視聴者に感動を与えています。

ISFJタイプのアニメキャラクター③: エリザベス・リオネス(七つの大罪)

エリザベス・リオネスは、アニメ「七つの大罪」の主要な女性キャラクターで、ISFJタイプの特徴を持っています。

彼女は非常に思いやりがあり、他人を気遣う性格で、しばしば他人の幸福を自分の幸福よりも優先します1。エリザベスは、控えめで恐れているように見えることがありますが、普段の態度は暖かく、優しく、育てることに長けています。

シリーズを通じて、エリザベスは成長し、彼女の仲間にとって最善のことを明確に理解して行動する、非常に成熟したキャラクターとして描かれています。彼女は、礼儀正しく、時に過度に丁寧である傾向があり、他人の感情に非常に敏感です。他人の幸福のために何らかの責任を感じているとすぐに傷つけることがありますが、それにもかかわらず、彼女はシリーズで最も成熟したキャラクターの一人です。

エリザベスのキャラクターは、ISFJタイプの「守るべきもののために行動する」という特性を象徴しており、彼女の行動はしばしば他人を助け、守ることに焦点を当てています。彼女はまた、シリーズの中で重要な役割を果たし、多くの場面で他のキャラクターを支える存在となっています。

その優しさと強さのバランスが、多くのファンに愛される理由の一つです。エリザベス・リオネスは、ISFJタイプの特徴を体現するアニメキャラクターとして、視聴者に感情移入されやすい存在となっています。

ISFJタイプのアニメキャラクター④: 三輪霞(呪術廻戦)

三輪霞は、アニメ「呪術廻戦」に登場するISFJタイプのキャラクターです。

彼女は京都呪術高専の二年生で、魔術師としての技術を磨くことに励んでいます。霞の目標は金銭を稼ぐことですが、それは決して自己中心的な動機からではありません。彼女が豊かになりたいのは、兄弟を支えるためであり、その無私の心が彼女の行動を語っています。

ISFJタイプは「守護者」とも呼ばれ、責任感が強く、周囲の人々を守ることに献身的です。霞は内向的ながらも、愛する人々を守るためには勇敢に立ち向かうことができる人物です。彼女はまた、状況に応じて柔軟に対応し、他人の感情に敏感で、共感的な対応を取ることができます。

霞のキャラクターは、彼女の優しさと強さのバランスが取れており、ISFJタイプの特徴をよく表しています。彼女は日常的なルーチンを重視し、慣れ親しんだ方法に従うことを好みますが、必要に応じて新しい挑戦にも積極的に取り組むことができる柔軟性も持ち合わせています。

このように、三輪霞は「呪術廻戦」の世界において、共感を呼ぶ魅力的なキャラクターであり、ISFJタイプの特徴を見事に体現していると言えるでしょう。彼女の物語は、周囲の人々を思いやる心と、困難に立ち向かう勇気を描いています。

ISFJタイプのアニメキャラクター⑤: ヒストリア・レイス(進撃の巨人)

ヒストリア・レイスは、アニメ「進撃の巨人」に登場するISFJタイプのキャラクターです。

彼女は元々クリスタ・レンズという名前で登場し、そのかわいらしい外見とは裏腹に、非常に献身的で優しい性格を持っています。

ヒストリアは他人に対して共感的であり、進撃の巨人の世界において優しさと安定をもたらす存在です。彼女は最も恐ろしい状況でさえも、他人の心を和ませるためにその優しさを使います。また、仲間からの信頼も厚く、彼女の献身的な行動は多くの場面で描かれています。

ISFJタイプとしてのヒストリアは、他人のニーズを自分の先に置くことが頻繁に観察され、献身的で、集中力があり、信頼できる人物として描かれています。彼女は自分の意見を基に決定を下すことが多く、時には周りの人々の意見に基づいて決定します。内向的感覚を利用して、周りの世界についての知識を部分的に収集する方法としています。

ヒストリアのキャラクターは、進撃の巨人の中でも特に成長と変化を遂げる人物の一人であり、彼女の内面的な誠実さと思いやりは、物語を通じて多くのファンに感動を与えています。

ISFJタイプのアニメキャラクター⑥: 竈門禰豆子(鬼滅の刃)

竈門禰豆子は、大人気アニメ「鬼滅の刃」に登場する重要なキャラクターで、ISFJタイプの特徴を色濃く反映しています。

彼女は主人公・竈門炭治郎の妹であり、物語の中心的な存在です。禰豆子は、家族を深く愛し、特に兄である炭治郎を支えることに尽力します。

アニメの序盤で鬼にされてしまった禰豆子ですが、その心優しさと家族への愛情は変わりません。彼女は鬼としての力を持ちながらも、人間としての温かさを失わず、炭治郎や他のキャラクターたちを守るために自己犠牲を厭わない姿勢を見せます。これは、ISFJの「擁護者」としての役割を体現していると言えるでしょう。

禰豆子の行動は、ISFJの特徴である責任感、献身性、そして家族や仲間への深い愛情から来ています。彼女は常に周囲の人々の幸せを願い、そのために自分を犠牲にすることもいとわない心の強さを持っています。また、禰豆子は非常に感受性が高く、周囲の感情を敏感に察知する能力を持っており、これもISFJタイプの共感性を反映しています。

禰豆子は、困難な状況でも決して諦めず、家族との絆を大切にする姿勢を通じて、多くの視聴者に勇気と希望を与えています。彼女のキャラクターは、ISFJタイプの美徳を象徴しており、アニメファンの間で非常に愛されている理由の一つです。禰豆子のようなキャラクターは、私たちに家族愛の重要性と、困難に立ち向かう勇気を教えてくれます。

ISFJタイプのアニメキャラクター⑦: ベルトルト・フーバー(進撃の巨人)

ベルトルト・フーバーは、アニメ「進撃の巨人」に登場するキャラクターで、ISFJタイプの特徴を持っています。

彼は初めは内気で控えめな性格をしており、安定と慣れ親しんだ環境や関係を重視しています。ベルトルトは、思いやりのある性格と深い責任感を持ち合わせており、その行動は彼の思慮深く、世話好きな性格を反映しています。

彼は「進撃の巨人」の世界において、巨人の力を持つキャラクターであり、コロッサルタイタンの元の保持者です2。ISFJとしての「守護者」という側面は、彼の複雑な性格を形成しており、しばしば彼の内面の葛藤や、他人への深い配慮が描かれています。ベルトルトは、自分の役割に対して非常に真摯に取り組む一方で、その巨大な力の背後にある重圧に苦しんでいることが示されています。

アニメでは、ベルトルトはしばしば彼の感情を抑え、任務を遂行するために自己犠牲を払う姿が描かれています。彼の物語は、ISFJの特徴である忠誠心や献身性、そして時には自己犠牲を伴う行動を通じて、視聴者に強い印象を与えています。

ISFJタイプのアニメキャラクター⑧: 八百万百(僕のヒーローアカデミア)

八百万百は、アニメ「僕のヒーローアカデミア」に登場するキャラクターで、ISFJタイプの特徴を持っています。

彼女は非常に実用的でありながら、感情的な面も持ち合わせていることが特徴です。八百万百は、その実用的な性格を活かして、実際の状況でのパフォーマンスを向上させ、より難しい状況に対応するための機会を自分自身に提供しています。

彼女は、典型的なISFJとして、他人のニーズを自分の先に置くことが頻繁に観察されます。ISFJは献身的で、集中力があり、信頼できる人々です。

八百万百は、このような特性を持つ最高の友達として描かれています。

彼女は自分の意見を基に大部分の決定を下し、時々、周りの人々の意見に基づいて決定します。彼女は、周りの世界についての知識を順番に、部分的に収集する方法として内向的感覚を利用します。

八百万百のキャラクターは、他人を安心させる自然な能力を持ち、しばしば家にいることを好む人々です。彼女の知覚的な性質は、人々を読むのを助け、他人のニーズに敏感になるのを助けます。このISFJキャラクターのリストは、最も親しい人々のために大きな努力をする非常に献身的な個人で構成されています。

八百万百は、他人のニーズを自分の先に置くことが頻繁に観察される、献身的で、集中力があり、信頼できる人物として描かれています。

ISFJタイプのアニメキャラクター⑨: ギルダ(約束のネバーランド)

ギルダは、アニメ「約束のネバーランド」に登場するISFJタイプのキャラクターです。

彼女はグレースフィールドハウスの孤児であり、他の子供たちと共にイザベラの親的な世話を受けて育ちました。ギルダは静かでしっかりとした性格の少女で、孤児院の真実が明らかになった後、脱出計画に参加しました。

ISFJタイプは、温かく、保護的で、義務感が強いとされています。ギルダはこれらの特徴を体現しており、特に信頼できる友人であるエマや他の仲間たちとの強い絆を持っています。彼女はまた、状況を理解し、周囲の人々をサポートするために行動することができる観察力と共感力を持っています。

アニメの中で、ギルダは脱出計画の準備において重要な役割を果たし、若い子供たちの訓練や、崖を越えるためのロープ作りに助力しました。彼女の行動は、ISFJの特徴である責任感と、困難な状況でも他人を思いやる心を反映しています。

ギルダの物語は、彼女が自分と仲間の安全と平和な生活を求めてウィリアム・ミネルヴァを探す旅に出ることで続きます。

彼女のキャラクターは、ISFJタイプの人々が共感できる要素を多く含んでおり、アニメ「約束のネバーランド」の中で重要な役割を担っています。ギルダは、信頼と支援の精神を持つISFJタイプの素晴らしい例です。

ISFJタイプのアニメキャラクター⑩: 西宮硝子(聲の形)

西宮硝子は、アニメ「聲の形」に登場するISFJタイプのキャラクターです。

彼女は先天的な聴覚障害を持つ少女で、その障害を乗り越えて前向きに生きようとする姿が描かれています。

硝子は他人に対して非常に尊敬と思いやりを持って接し、困難に直面しても決して諦めない強い意志を持っています。彼女の内面的な強さと、他人への深い配慮は、ISFJの特徴を色濃く反映しています。

彼女はまた、自分の責任ではないことでも自分を非難する傾向があり、これはISFJの自己犠牲的な側面を示しています。硝子は、自分の感情を抑えることができ、他人に苦しみや困難をもたらした人々を許すことができる、非常に寛容な性格の持ち主です。

「聲の形」では、硝子の成長と彼女が直面する社会的な課題が、感動的に描かれており、多くの視聴者にとって心に残るキャラクターとなっています。

ISFJタイプのアニメキャラクター⑪: 栗花落カナヲ(鬼滅の刃)

栗花落カナヲは、「鬼滅の刃」に登場する魅力的なキャラクターで、ISFJタイプの特性を持っています。

彼女は物静かで内向的な性格ですが、その静けさの中に強い意志と決断力を秘めています。カナヲは、過去の辛い経験により感情を表に出すことが難しいですが、彼女の行動一つ一つには深い思いやりと献身性が込められています。

カナヲは、他の隊員と協力して鬼と戦う中で、徐々に自分の殻を破り、感情を表現するようになります。これは、ISFJタイプが困難な状況に直面した際に、自己成長を遂げる過程を象徴しています。また、彼女は仲間を大切に思い、彼らの安全を守るために自らを犠牲にすることも厭わない姿勢を見せることがあります。これは、ISFJの「擁護者」としての役割を反映しています。

カナヲのキャラクターは、ISFJタイプの人々がどのようにして周囲の人々との関係を大切にし、困難に立ち向かいながらも、自分自身を見つめ直し成長していくかを示しています。彼女の静かながらも力強い存在感は、多くの視聴者に感銘を与え、ISFJタイプの深い内面の理解を深める手助けとなっています。栗花落カナヲのようなキャラクターは、私たちに内面の強さと、周囲への深い愛情の大切さを教えてくれます。

ISFJタイプのアニメキャラクター⑫: 谷地仁花(ハイキュー!!)

谷地仁花は、アニメ「ハイキュー!!」に登場するキャラクターで、ISFJタイプの特徴を持っています。

彼女は非常に内気で、過剰な想像力を持つため、他人に対して簡単に怖がることがありますが、それは彼女のISFJタイプの「防衛者」としての特性から来ている可能性があります。

カラス野高校の男子バレーボール部のマネージャーとして、チームのサポートを担っています。ISFJとしての彼女の特徴は、チームメイトや友人たちに対する深い思いやりとサポートに現れています。谷地仁花は、自分の役割に真摯に取り組み、他人の成功を支えることに喜びを感じるタイプです。

また、彼女は自分の感情を素直に表現することに苦労しながらも、チームの一員としての責任感を持ち続けています。彼女の物語は、ISFJの特徴である忠誠心や献身性を通じて、視聴者に感動を与えています。

谷地仁花は、ISFJタイプのアニメキャラクターとして、その繊細さと強さの両方を持ち合わせており、多くのファンに愛されています。

ISFJタイプのアニメキャラクター⑬: 奥村英二(BANANA FISH)

奥村英二は、吉田秋生の漫画「BANANA FISH」に登場するキャラクターで、ISFJタイプとしてよく挙げられます。

性格は、周囲に警戒を抱かせず、心休ませる力があると評されており、無垢な友情を持ち続けること主人公アッシュの唯一の心の拠り所となっています。

高校時代は棒高跳びの選手で、インターハイで上位成績を納めた後、奨学生として大学に進学しました。しかし、負傷によるスランプから伸び悩んでいたところを、伊部に誘われて彼の助手としてニューヨークに取材に訪れ、物語が始まります。

アニメ版では容姿に若干の変更があり、原作ではストレートヘアですが、アニメではやや癖のある髪型になっています。

ISFJタイプは、控えめで優しい雰囲気を持ち、品があり温厚で、多くの人に好感を持たれる特性を持っています。しかし、空気を読みすぎたり、周りに気を使いすぎたりして、実は結構ストレスが溜まっていることもあるようです。

奥村英二のキャラクターは、これらの特徴を反映しており、彼の行動や関係性においてISFJの特性が見られます。彼は、アッシュとの深い絆を通じて、ISFJの特性である忠誠心や献身的なサポートを示しています。

また、彼の物語における成長と変化は、ISFJタイプの人々が直面する内面の葛藤や成長の過程を象徴していると言えるでしょう。

ISFJタイプのアニメキャラクター⑭: ソフィー・ハッター(ハウルの動く城)

ソフィー・ハッターは、アニメ「ハウルの動く城」の主人公で、ISFJタイプのキャラクターとして知られています。

彼女は整理整頓が得意で責任感が強く、自分の周囲をきれいに保つことを好みます。例えば、ハウルの城を掃除することを自ら進んで行います。

ISFJタイプは「守護者」とも呼ばれ、義務感が強く、愛する人々を守ることに献身的です。ソフィーは長女として、義務感があり、思いやりが深く、必要とされる人々に手を差し伸べる準備ができています。彼女は、魔女の廃棄物でさえも助けることをいとわないほどです。

ソフィーの性格は、内向的ながらも親切で、他人に対して優しさを持っています。彼女はシンプルで質素な服装を好み、他の同年代の女性とは異なる選択をしています。このような性格特性は、ISFJタイプの典型的な特徴と一致しており、彼女の行動や決断にも反映されています。

ソフィーはまた、エンネアグラムでは2w1とされ、sp/soの本能的変種、269のトリタイプ、SEIのソシオニクスタイプ、法的善のアライメント、RCOANのビッグ5、FELVの態度心理、そして気質は粘液質-メランコリックであると分析されています。

これらの特徴を通じて、ソフィー・ハッターはISFJタイプのアニメキャラクターとして、その献身的で保護的な性格を見事に表現しており、多くの視聴者に愛されています。

彼女の物語は、愛と勇気、そして自己発見の旅を描いており、ISFJタイプの人々にとって共感を呼ぶ要素が多く含まれています。

ISFJタイプのアニメキャラクター⑮: 東山コベニ(チェンソーマン)

東山コベニは、アニメ『チェンソーマン』に登場するキャラクターで、ISFJタイプの特徴を持っています。

彼女は公安対魔特異4課の新人デビルハンターとして働いており、引っ込み思案で臆病な性格ですが、実はかなりの強さを持っています。

コベニは家族を支えるためにデビルハンターとして働き、給料のほとんどを家に入れています。彼女は9人姉妹の一員で、服も姉のおさがりを着ているなど、質素な生活を送っていることが描かれています。また、彼女は新車を購入し、家族の送り迎えをするなど、家族思いの一面も見せています1

戦闘能力に関しては、契約している悪魔は秘密にされていますが、身体能力の高さを活かして普通の包丁で悪魔と互角に戦うことができるほどです。しかし、怖がりのためにバディのヒロカズに戦闘を任せがちなところもあります。

コベニのキャラクターは、ISFJの支持者としての側面を持ち、周囲の人々を支える役割を果たしています。彼女の行動は物語を面白くする要素となっており、ファンからの人気も高いです2。チェンソーマンの世界での彼女の活躍や成長に注目が集まっています。

ISFJタイプのアニメキャラクターの特徴と性格

ISFJタイプは、MBTIの中でも特に献身的で、温かい心を持つ「擁護者」として知られています。彼らは、安定と調和を重んじ、人々の幸福を支えることに生きがいを感じるタイプです。アニメの世界では、このタイプのキャラクターはしばしば、困難な状況でも他人を思いやる心優しい存在として描かれます。

ISFJタイプのアニメキャラクターの強みと弱み

ISFJタイプの最大の強みは、その協調性と献身性です。

彼らはチームワークを大切にし、周囲の人々との強い絆を築きます。

一方で、過度な自己犠牲や他人への配慮が行き過ぎると、自分のニーズを後回しにしてしまうことが弱みとなることもあります。

ISFJタイプのアニメキャラクターの恋愛と相性

恋愛においてISFJタイプは、相手に対して非常に忠実で、深い愛情を注ぎます。

彼らはパートナーの幸せを自分の幸せと感じ、安定した関係を築くことを望みます。

相性の良いタイプは、同じく安定を求めるISTJやESFJなどが挙げられます。

ISFJタイプのアニメキャラクターと同じ性格に関する実体験エピソード

ある日、クラスメートの一人が家庭の事情で学校を休むことになりました。

彼女は授業の内容を取りこぼすことを心配しており、私は彼女のためにノートを取り、授業の要点をまとめてメールで送ることを申し出ました。彼女が戻ってきた時、彼女は私の助けにとても感謝しており、私は彼女がスムーズに授業に復帰できたことに安堵しました。

この行動は、ISFJの特徴である責任感と他人への配慮を示しています。私は自分の時間を使ってでも、他人のニーズを優先し、彼らが困難な状況を乗り越えられるように支援することに喜びを感じます。このような経験は、私がどのようにして他人のために存在するか、そして私たちが互いにどのようにして支え合うことができるかを教えてくれます。

ISFJタイプのアニメキャラクターの特徴と性格とは?擁護者タイプについて徹底解説!!まとめ

今回紹介したISFJタイプのアニメキャラクターたちは、それぞれに独自の魅力と深い内面を持っています。

彼らの行動や決断は、ISFJタイプの特徴を色濃く反映しており、多くの視聴者に感動を与えてきました。

これらのキャラクターから、私たちは人間関係の大切さや、周囲への思いやりの精神を学ぶことができるでしょう。

擁護者タイプのキャラクターは、アニメだけでなく、私たちの日常生活においても大切な価値を教えてくれます。

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo