MBTIアニメ

【MBTI】鬼滅の刃のキャラクター 竈門炭治郎の性格タイプは?

鬼滅の刃は、大正時代の日本を舞台に、鬼と化した妹を人間に戻すために鬼殺隊に入った少年・竈門炭治郎の活躍を描く人気漫画・アニメ作品です。
本記事では、主人公の竈門炭治郎の性格タイプを、心理学的な性格分類法であるMBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーター)で分析してみます。

MBTIとは、人間の性格を4つの指標(外向性・内向性、感覚型・直感型、思考型・感情型、判断型・知覚型)によって16種類に分ける方法です。

MBTIでは、各指標の頭文字を組み合わせて、例えば「外向性・感覚型・思考型・判断型」の場合はESTJというように、4文字のコードで性格タイプを表します。

それでは、竈門炭治郎の性格タイプは何でしょうか?以下に、各指標についての分析と結論を示します。

【MBTI】鬼滅の刃のキャラクターと性格診断の相性は?人気漫画の登場人物を性格タイプ別に分析!

【MBTI竈門炭治郎】外向性・内向性

外向性・内向性とは、自分のエネルギーの源と方向をどこに求めるかという指標です。外向性の人は、人との交流や活動を通してエネルギーを得て、自分の考えや感情を積極的に表現します。内向性の人は、自分の内面や独りでの時間を通してエネルギーを得て、自分の考えや感情を内に秘めます。

竈門炭治郎は、外向性の特徴が強く見られます。彼は、家族や友人、鬼殺隊の仲間など、人との関わりを大切にしています。また、自分の思いや気持ちを素直に口に出したり、表情や態度に出したりします。彼は、人とのコミュニケーションや協力を通して、自分の成長や目標に向かって進んでいきます。

結論:外向性(E)

【MBTI竈門炭治郎】感覚型・直感型

感覚型・直感型とは、自分が情報をどのように受け取り、理解し、判断するかという指標です。感覚型の人は、具体的で現実的な事実や詳細に着目し、経験や実践に基づいて物事を考えます。直感型の人は、抽象的で理論的な概念や可能性に着目し、想像力や創造力に基づいて物事を考えます。

竈門炭治郎は、感覚型と直感型の両方の特徴を持っています。彼は、鬼との戦闘では、相手の動きや呼吸、血の匂いなど、五感によって得られる情報を素早く捉えて対応します。また、修行では、師匠や先輩から教わった技や知識を忠実に実践し、身につけていきます。一方で、彼は、鬼との戦闘では、自分の直感やひらめきに従って行動することもあります。また、修行では、自分の持つヒノカミ神楽という独自の呼吸法を発展させていきます。

結論:感覚型・直感型の中間(S/N)

【MBTI竈門炭治郎】思考型・感情型

思考型・感情型とは、自分が物事に対してどのように評価や判断を下すかという指標です。思考型の人は、客観的で論理的な理由や原則に基づいて判断します。感情型の人は、主観的で感情的な価値観や人間関係に基づいて判断します。

竈門炭治郎は、感情型の特徴が強く見られます。彼は、自分の心や感情に正直に生きています。彼は、家族や仲間を大切にし、愛情や優しさを持って接します。また、鬼に対しても、人間だった頃の記憶や感情を尊重し、慈悲の心を持って斬ります。彼は、自分の価値観や人間関係を重視して、自分の行動や選択を決めていきます。

結論:感情型(F)

【MBTI竈門炭治郎】判断型・知覚型

判断型・知覚型とは、自分が物事に対してどのように態度や行動をとるかという指標です。判断型の人は、計画的で組織的に物事を進め、早めに決断や結論を出します。知覚型の人は、柔軟で臨機応変に物事に対応し、選択肢や可能性を広げます。

竈門炭治郎は、判断型と知覚型の両方の特徴を持っています。彼は、鬼殺隊の任務では、目的や計画を明確にし、効率的に行動します。また、自分の目標や信念に沿って、自分の意思を貫きます。一方で、彼は、鬼殺隊の任務では、状況や相手に応じて、柔軟に対応します。また、自分の目標や信念に沿って、自分の意思を変えることもあります。

結論:判断型・知覚型の中間(J/P)

【MBTI】竈門炭治郎の性格タイプ

以上の分析から、竈門炭治郎の性格タイプは、外向性・感覚型・直感型・感情型・判断型・知覚型の中間であると言えます。MBTIのコードで表すと、ESFP/ENFP/ESFJ/ENFJのいずれかに近いと考えられます。これらのタイプは、共通して以下のような特徴を持っています。

  • 人との交流や活動を好み、エネルギッシュで社交的である
  • 感覚や直感に頼り、現実的で創造的である
  • 感情や価値観に基づき、心優しく思いやりがある
  • 計画や柔軟性のバランスをとり、効率的で臨機応変である

竈門炭治郎と同じMBTIタイプに関する実体験エピソード

私はESFPタイプとして、学校でのエピソードを一つ思い出します。ある日、私たちのクラスで才能発表会が開かれました。私は自分の社交性と表現力を活かして、クラスメイトの前で即興コメディを披露することにしました。緊張することなく、自然体で舞台に立ち、観客の反応を見ながら話を進めていきました。私のユーモアに満ちた話し方と、場の雰囲気を読む能力で、クラス全員を笑顔にすることができました。その日、私は自分のESFPとしての特性を存分に発揮し、周囲との強い絆を感じることができたのです。

このような経験を通じて、私はESFPとしての自分の強みを理解し、それを活かすことの大切さを学びました。人々とのコミュニケーションを楽しみ、その瞬間瞬間を大切にすることで、私たちは自分自身をもっと豊かにすることができるのです。

【MBTI】鬼滅の刃のキャラクター 竈門炭治郎の性格タイプは?まとめ

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)