MBTIランキング

MBTIの仕事できるタイプランキングTOP16!職場で欠かせない性格タイプを徹底解説!

職場での成功は、スキルや知識だけでなく、性格タイプによっても大きく左右されます。

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)は、個人の性格を16のタイプに分類し、それぞれの強みと弱みを明らかにします。

今回は、職場でのパフォーマンスにおいて特に優れた能力を発揮するとされるMBTIのタイプをランキング形式でご紹介します。

このランキングは、各タイプの職場での貢献度やチーム内での役割、リーダーシップの資質などを基に構成されています。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

記事の内容をまとめると、MBTIの仕事できるタイプランキングTOP16は以下の通りです:

1.ESTJ(組織を牽引する管理者)

2.ENTJ(ビジョンを実現する指導者)

3.ISTJ(確実性を求める実務家)

4.ENFJ(人々を鼓舞する教育者)

5.ISTP(臨機応変な解決者)

…etc

MBTIの仕事できるタイプランキング1位 ESTJ  組織を牽引する管理者

ESTJタイプは、MBTIの中でも特に組織運営に優れた能力を持つとされています。

彼らは外向的で、実用的かつ詳細に注目し、論理と過去の経験に基づいて決断を下し、組織と効率、階層を重んじる性格です。

職場では、ESTJは組織化—人、プロジェクト、オペレーション—に長けており、コントロールを好み、管理職を目指すことが多いです。彼らは信頼できる人物としての評判を築き、プロジェクトを期限通りに完成させることから満足感を得ます。責任を負うことを積極的に望み、時には過労になることもありますが、その結果として信頼性の高い成果を出すことができます。

また、ESTJはチームに秩序と勤勉なエネルギーをもたらし、構造を実装し、決定的な行動に焦点を当てます。彼らは言葉を選ばず、状況の客観的な評価を直接的かつ正直に共有します。ESTJは非常にタスクに集中しており、同僚が長く議論することに対しては、特に議論が抽象的または理論的すぎる場合、不満を感じることがあります。

リーダーとしては、ESTJは物事が正しく行われ、結果が確実に生み出され、基準が満たされるようにします。彼らはチームに対して期待を明確にし、何を、どのように、いつ行うべきかを指示します。プロジェクトを管理する際には、通常、方法論的で詳細な計画を立て、期待された通りに最終製品が提供されるようにします。

伝統的な方法を支持し、革新の必要性を認識しないことがありますが、彼らの強みは組織と効率を重んじる職場で最大限に発揮されます。彼らは、標準化された手順を使用して効率的に具体的な製品を生産することを可能にする職業に最適です。

MBTIの仕事できるタイプランキング2位 ENTJ  ビジョンを実現する指導者

ENTJ型はMBTIの16タイプの中で、「ビジョンを実現する指導者」として知られています。

彼らは生まれつきのリーダーで、目標志向的かつ決断力があり、戦略的な思考で物事を進める能力を持っています。

ENTJ型の人々は、高いエネルギーと野心を持ち、効率と成果を重視することで知られています。彼らは組織の運営や管理に適しており、ビジネス、法律、政治などの分野でリーダーとして活躍することが多いです1

ENTJ型は、大胆な戦略を立て、チームを指導し、目標を達成するためにエネルギッシュに動きます。彼らの仕事での強みには、効率的な決断を下し、迅速に行動に移すことができる決断力や、プロジェクトやチームを効果的に組織し、目標達成に導く組織能力があります。また、人を鼓舞し、導くカリスマと自信を持っており、長期的なビジョンを持ってそれを実現するための計画を立てることができます。

しかし、ENTJ型の人々は、自分の意見が強すぎると、他者の視点を無視する傾向があるため、威圧的な振る舞いや柔軟性の欠如、過度の競争心、感情の無視、過度の自信などの弱点も持っています。これらの特性は、仕事の場での対人関係に影響を与えることがありますが、ENTJ型の人々は、自分の弱点を認識し、改善することで、さらに効果的なリーダーになることができます。

ENTJ型は、INTP(論理学者)、ISTP(巨匠)、ENFP(広報運動家)、ISFJ(擁護者)などのタイプと仕事で相性が良いとされています。これらのタイプは、ENTJ型の目標達成に向けた計画に新しいアイデアを提供したり、実行可能な技術的解決策を提供したり、新しい視点とエネルギーをもたらしたり、組織的サポートを提供することで、ENTJ型のビジョンを実現する手助けをします。

以上の特性から、ENTJ型は仕事できるタイプランキングで高い位置にいることが理解できます。彼らのリーダーシップとビジョンを実現する能力は、多くの職場で非常に価値があると言えるでしょう。

MBTIの仕事できるタイプランキング3位 ISTJ  確実性を求める実務家

ISTJ型はMBTIの16タイプの中で「管理者」とも呼ばれ、その責任感と誠実さで知られています。

彼らは計画性と実務能力に優れ、伝統やルールを重んじる性格です。与えられた仕事を確実にこなすことができるため、信頼できる存在として周囲から頼りにされています。

ISTJ型は、安定した環境で最も輝き、信頼性と組織力を兼ね備えています。新しい知識やスキルを積極的に習得し、実践的な経験を積むことで、その実務能力をさらに高めることができます。セミナーやワークショップに参加したり、資格取得に挑戦したりすることで、専門知識を深めることが推奨されています。

しかし、変化を嫌ったり、柔軟性に欠けたりする傾向もあり、感情をあまり表に出さないことが、時には周囲とのコミュニケーションに課題を生じさせることもあります。そのため、ISTJ型の人々は、自分の強みを活かしつつ、柔軟性や感情表現を意識的に向上させることが大切です。

ISTJ型の人々は、確実性を求める実務家として、仕事での成功を目指す上で、彼らの責任感と誠実さが大きな強みとなります。その一方で、自己成長のためには、変化に対する適応力やコミュニケーションスキルの向上も重要です。

MBTIの仕事できるタイプランキング4位 ENFJ  人々を鼓舞する教育者

ENFJ型、または「教育者」として知られる人々は、MBTIの中でも特に人々を鼓舞し、指導する能力に長けているとされています。

彼らは、自分の周りの人々の可能性を引き出し、成長を促すことに情熱を持っています。

ENFJ型の人々は、以下のような特徴を持っています:

リーダーシップ

彼らは生まれつきのリーダーであり、チームや組織を率いる能力があります。目標を明確にし、効果的な計画を立て、成果を達成することができます。

コミュニケーション能力

ENFJ型は、他人の感情やニーズを理解し、共感を得ることが得意です。彼らはモチベーターとして他者を励まし、サポートすることでチームのモラルと生産性を高めます。

目標達成能力

明確なビジョンを持ち、言葉にしたことを実行に移すことができます。高い共感性やリーダーシップを発揮し、長期的な目標を現実的な行動に落とし込むことができます。

しかし、ENFJ型の人々は、以下のような弱点も持っています:

利他的で優柔不断

他人の感情やニーズを理解する能力が高いため、自分の意見や方針を明確にできない場合があります。

自己犠牲

自己犠牲をしすぎてしまい、自分の限界を無視してしまうことがあります。

過度な理想主義

周囲の人の問題を解決したいと思いやるあまり、全員が満足する形を追い求める理想主義になる傾向があります。

ENFJ型の人々は、教育者としての役割に非常に適しており、教師、カウンセラー、人事コンサルタントなど、人の成長や幸福に貢献する職業に向いています。彼らの強みを生かし、弱点を克服することで、多くの人々に影響を与え、彼らの成長を支援することができるでしょう。

MBTIの仕事できるタイプランキング5位 ISTP  臨機応変な解決者

ISTP型、または「臨機応変な解決者」として知られる人々は、MBTIの仕事できるタイプランキングで5位に位置しています。

このタイプの人々は、現実的で合理的な問題解決者としての特徴を持ち、具体的な情報を基にして論理的に物事を分析し、臨機応変に対応する能力に長けています。

ISTP型の主な特徴は以下の通りです。

冷静な判断力

ISTP型は感情に左右されず、冷静な判断力を持っています。ストレス下でも冷静さを保ち、問題解決に集中します。

実践的なアプローチ

彼らは理論よりも実践を重視し、手を動かして問題に取り組むことを好みます。そのため、彼らのアイデアは常に実行可能で現実的です。

好奇心旺盛

ISTP型は新しいことに興味を持ち、常に知識を深めようとします。この好奇心が彼らを新しい挑戦に導きます。

柔軟性: 彼らは状況に応じて柔軟に対応し、臨機応変な対処ができます。

これらの特徴により、ISTP型は特に技術的な職業や緊急事態に対応する職業に適しているとされています。彼らは計画性よりも柔軟性を重視し、状況に応じて最適な行動を選択することで、効率的な解決策を見出すことが得意です。

ただし、ISTP型の人々は感情表現に苦手意識を持つことがあり、人間関係での誤解を招くことがあるため、コミュニケーションスキルを磨くことも重要です。また、退屈や単調な状況に耐えるのが苦手で、長期にわたる同じ作業に飽きやすい傾向があるため、変化に富んだ環境での仕事が彼らには適しています。

ISTP型の人々は、自分の能力を活かしながら社会に貢献する方法を見つけることができれば、仕事で大きな成功を収めることができるでしょう。彼らの臨機応変な解決能力は、多くの職場で価値があると評価されています。

MBTIの仕事できるタイプランキング6位 ESFJ  協調性のある支援者

ESFJタイプは、MBTIの中でも特に協調性と支援性に優れた人々です。

彼らは外向的で、感情に敏感であり、詳細に注意を払い、構造と秩序を重んじる性格を持っています。

職場では、ESFJはその温かさと社交性で通常、職場の社会的グループの中心にいます。彼らは他人を助け、支援し、周囲の人々と常に接触を保ち、彼らが幸せであることを確認することを好みます。これは職場での彼らの最大の強みの一つであり、どんなオフィスでも利益を得ることができるものです。

ESFJは、仕事の環境に非常に敏感で、公式な役割や行う仕事の内容よりも、どのように他人と仲良くやっていくか、他の人々がどのように仲良くやっていくかに焦点を当てています。彼らは自然と周囲の人々の感情に調和し、どこにいてもそれに最も関心を持っています。そのため、非常に否定的な環境や過度に競争的な職場、または単に不親切な職場では、ESFJにとっては非常に苦痛であり、疲れることがあります。なぜなら、ESFJは本能的に物事を良くしようとするため、機能不全の職場では多くの労力を要するからです。

伝統的な会社やキャリアパスを好む傾向があります。彼らは内向的感覚を補助機能として使用し、これは過去に強く結びついており、未来の価値を決定するのに役立ちます。これにより、時間を通じて存続してきた機関や権威に惹かれ、伝統的な職場や役割に適しているとされています。また、彼らは直感的にこれらの役割の価値と、それに反抗しようとする危険性を理解しているため、優れた従業員となります。

人々を喜ばせる自然な人であり、他人を幸せにすることを望んでいます。

彼らは他人に奉仕し、彼らが目標を達成するのを助けることに最も幸せを感じます。そして、その資質を感じ取ることができる良心のない人々によって、ESFJはいじめや虐待の対象になることがあります。ほとんどのESFJは批判に非常に敏感であり、このような攻撃を自分の弱点の真の反映として受け取ることがあります。

ESFJは、チームワークのプロセスを楽しみ、他人と協力して、思いやりと支援の環境を作り出すことに関与します。彼らは全てのチームメンバーが貢献し、含まれていると感じることを気にかけ、協力と調和のあるチーム環境を重視します。ESFJは、構造化されたチームで最も効果的であり、全員に明確なタスクが与えられ、ゲームのルールが合意されている場合に最も活躍します。

リーダーとして、ESFJは構造化された、秩序ある方法で物事を成し遂げることに熱心です。彼らは期限通りに、約束された通りに成果を出すことを望み、チームが同じ注意を払うことを期待します。

MBTIの仕事できるタイプランキング7位 INTP  革新的な思考家

INTP型、または「革新的な思考家」として知られる人々は、MBTIの16タイプの中で独特な特徴を持っています。

彼らは非常に独立心が強く、理論的で革新的なアイデアを追求することを好みます。INTP型は、内向的な思考と直感を重視し、論理的な分析と革新的なアイデアを生み出す能力に優れています。

好奇心旺盛で、新しい知識を学ぶことに興味を持ち、常に自分の理解を深めようと努力します。しかし、感情表現には苦手意識を持つことがあり、他人とのコミュニケーションに課題を感じることもあります。

仕事において、INTP型は多様性、独創性、創造性、自由を重視し、事前に定められた規則に従うことを苦手とします。彼らは科学的な好奇心に基づいて新しいアイデアを追求し、複雑な問題に対して論理的なアプローチを取ります。これらの特性は、研究開発、工学、プログラミング、哲学などの分野で特に価値があります。

INTP型は、分析的思考創造力好奇心といった長所を持ちますが、行動の遅れ、感情判断の苦手、単調な作業の苦手といった短所もあります。彼らは、複雑な数学の問題を解決したり、新しい科学的理論を構築することができますが、感情を表現するのが苦手で、人間関係で誤解を招くことがあります。

INTP型の人々は、ESFPENTJISFJといったタイプと相性が良いとされています。これらのタイプは、INTP型の革新的な思考や分析的なアプローチを補完し、バランスの取れたチームワークを形成することができます。

以上の特性から、INTP型は仕事できるタイプランキングで7位に位置づけられています。彼らの革新的な思考と分析的なアプローチは、特定の職業やプロジェクトにおいて非常に有効であると言えるでしょう。

MBTIの仕事できるタイプランキング8位 ENFP  想像力豊かな動機づけ者

ENFP型はMBTIの性格タイプの中で「運動家」とも呼ばれ、その想像力の豊かさと熱意に満ちた性格で知られています。

彼らは外向的で直感的、感情を重んじる傾向があり、新しいアイデアや可能性を追求することを楽しみます。

ENFP型の特徴

  • 豊かな想像力: ENFP型は創造的な解決策を思いつくことが得意で、困難な問題に直面してもユニークなアプローチを提案することができます。
  • 高い適応性: 新しい環境や変化に対して柔軟に対応し、不確実な状況でも冷静さを保つことができます。
  • 優れたコミュニケーション能力: 人々とのコミュニケーションに長けており、感情を共有し、人々を引き付ける能力があります。

職業選択におけるENFP型

ENFP型は人間関係に重きを置く職種や、イノベーションを生み出す職種、自由で創造的な職種に向いています。社会福祉ワーカーやカウンセラー、教師などの社会的な影響力を持つ職種や、アーティストやグラフィックデザイナー、ライターなどの創造的な職種で優れたパフォーマンスを発揮することが期待されます。

恋愛におけるENFP型

ENFP型は愛情深く、献身的で楽観的な恋人として知られています。彼らはパートナーと深い精神的なつながりを築くことを重視し、理想的なバランスを求めます。しかし、情熱と感情の起伏は時としてパートナーを困惑させることもあります。理想的なパートナーは、ENFPの豊かな感情や想像力を受け入れ、支持することができる人です。

ENFP型は、その想像力と熱意を活かして、多くの分野で革新的な貢献をすることができるタイプです。彼らの持つ特性を理解し、適切な環境で活用することで、彼らの能力は最大限に発揮されるでしょう。

MBTIの仕事できるタイプランキング9位 ISFP  柔軟な創造者

ISFP型、または「柔軟な創造者」として知られる人々は、MBTIの中でも特に創造的で独立した性格を持つとされています。

彼らは自由を愛し、美的な感覚に優れ、新しい体験を求める冒険心があります。

ISFP型の人々は以下のような特徴を持っています。

独創性

新しいアイデアやアプローチを生み出す能力があります。彼らは自分の内面からインスピレーションを得て、独自の方法で表現することが得意です。

柔軟性

状況の変化に対応する適応力があり、予期せぬ出来事にも臨機応変に対処できます。

自主性

自分の価値観や信念に基づいて行動し、他人の意見に流されることなく、自己決定を重視します。

ISFP型の人々に適した職業は、彼らの創造性を活かし、自由な発想ができる環境であることが重要です。具体的には、以下のような職業が挙げられます:

芸術家

写真家、彫刻家、音楽家など、芸術的な才能を活かせる職業です。

デザイナー

グラフィックデザイナーやインテリアデザイナーなど、クリエイティブな発想を形にする仕事です。

作業療法士

患者さんのリハビリテーション計画を立て、創造的な問題解決を行う職業です。

一方で、ISFP型の人々が避けるべき職業は、創造性を抑制されるような環境や、締め切りや規則が厳しい職場です。例えば、経理や法律関係の仕事は、ISFP型にとっては単調で退屈に感じられる可能性があります。

ISFP型の人々は、自分の才能を活かし、自由に発想できる環境で働くことで、その柔軟な創造性を最大限に発揮することができるでしょう。彼らの独自の視点と情熱は、多くの職業で価値あるものとなります。

MBTIの仕事できるタイプランキング10位 ESTP  積極的な交渉者

ESTP型、または「積極的な交渉者」として知られる人々は、MBTIの仕事できるタイプランキングで10位に位置しています。

ESTP型はエネルギッシュで行動的な性格を持ち、リスクを恐れずに新しい挑戦を楽しむことができるため、交渉や営業の分野で特に力を発揮します。

ESTP型の主な特徴は以下の通りです。

行動力

ESTP型は行動を起こすことに長けており、新しいアイデアやプロジェクトに積極的に取り組みます。

社交性

人との関わりを重視し、チームワークやネットワーキングにおいてその才能を発揮します。

現実的なアプローチ

事実に基づいて物事を捉え、実用的な解決策を提案することが得意です。

柔軟性

状況に応じて臨機応変に対応し、変化に対する適応力があります。

ESTP型の人々は、セールスマン、警察官、アスリートトレーナー、救急救命士、スポーツ選手、プロジェクトコーディネーター、クリエイティブディレクターなど、様々な職業に向いています。彼らは、チャレンジ精神が活かせる仕事や、洞察力と交渉力を活かせる仕事、スピーディーな仕事ぶりを活かせる仕事に特に適しているとされています。

ただし、ESTP型の人々は飽き性であったり、衝動的な行動を取ることがあるため、長期的な計画や緻密な戦略が必要な職業には向いていないかもしれません。彼らの強みを活かし、短期間で成果を出せるような環境で働くことが、ESTP型にとっては理想的です。

ESTP型の人々が自分の能力を最大限に活かし、社会に貢献する方法を見つけることができれば、仕事で大きな成功を収めることができるでしょう。彼らの積極的な交渉能力は、多くの職場で価値があると評価されています。

MBTIの仕事できるタイプランキング11位 INFJ  洞察力のあるカウンセラー

INFJタイプは、MBTIの中でも特に洞察力があり、他人を理解し支援することに長けているとされています。

彼らは内向的で直感的、感情に基づいて行動し、構造を重んじる性格です。

職場では、INFJは他人を助け、個人として成長することができる環境で最も充実感を感じます。彼らにとって理想的なキャリアは、個人の価値観と一致している必要があります。無意味な規則やオフィスポリティクス、不誠実な同僚など、これらの価値観の邪魔になるものは、INFJのモチベーションを著しく低下させる可能性があります。

INFJは、公平性と平等を促進する環境で活躍します。彼らは自分自身を他人より上か下とは考えず、仕事の階層に関係なく、協力、感受性、独立性を重視します。従業員としては、彼らは自分の意見を考慮してくれるオープンマインドなマネージャーに引かれます。批判に対してはモラルが傷つきやすく、特に不当な批判を受けた場合、その影響を受けやすいです。厳格なルール、形式的な構造、ルーチンワークなども、彼らの士気を低下させる要因です。

同僚としてのINFJは、勤勉で丁寧な働き手であり、常に正しいことを行い、誠実さを最前面に置きます。彼らは自分に任されたタスクに対して個人的な責任を持ち、一貫して高品質の仕事を提供することができます。この良心的な態度は、同僚からの信頼と尊敬を得ることにつながり、効果的な協力関係と共有された成功への道を開きます。

INFJは、他人の動機を特定し、他の誰もが気づく前に紛争の根本原因を理解する能力を持っています。効率よりも同僚との協力や助けを必要とする同僚との協力を優先することがあります。これは通常、強みですが、INFJの助けを求める願望を利用する人々によって、自分のエネルギーと幸福を犠牲にしてしまうリスクもあります。

静かで穏やかで親切な職場を必要とするINFJは、企業の高圧的な環境を好まず、そのような環境に置かれるとすぐに燃え尽きてしまうことがあります。また、職場での多くの衝突や争いを好まないため、そのような環境では疲弊してしまいます。彼らは静かで平和な職場を求め、それが見つからない場合は、できるだけ早く移動する計画を立て始めるでしょう。

INFJは、創造性を発揮し、自分のペースで成長したいと願っています。過去に設定された型にはまること、創造性や自己発展の価値を制限する考えは、通常、彼らにとっては全く愚かに思えます。そのため、INFJは自分自身で働くか、創造性と自己発展の類似した価値観を共有する上司や同僚と一緒に働くことが多いです。INFJが職場でこの組み合わせを見つけると、応えて最高の仕事をすることでしょう。

MBTIの仕事できるタイプランキング12位 ESFP  社交的なエンターテイナー

ESFP型、または「社交的なエンターテイナー」として知られる人々は、MBTIの16タイプの中で特に活気があり、人々との交流を楽しむ性格です。

彼らは外向的で、感覚的な情報を重視し、感情豊かで、柔軟な思考を持っています。ESFP型の人々は、現在を生きることを重視し、新しい経験や刺激を求める傾向があります。

主な特徴

  • 社交性: ESFP型は非常に社交的で、人々と簡単に仲良くなることができます。彼らは自然なコミュニケーターであり、周囲の人々を楽しませることに喜びを感じます。
  • 現実的: 彼らは現実的で実用的なアプローチを取り、物事に対する深い関心と豊富な実用的知識を持っています。
  • 柔軟性: ESFP型は柔軟で、予期せぬ状況にも適応する能力があります。
  • エネルギッシュ: 彼らはエネルギーに満ち溢れており、活動的なライフスタイルを好みます。

職業適性: ESFP型は、対人スキルと創造性を活かせる職業に適しています。エンターテイメント、マーケティング、イベントプランナー、観光業などが彼らに合った職業です。彼らは変化に富んだ環境で、自分の能力を最大限に発揮できる職業を選ぶことが重要です。

強みと弱み

  • 強み: 社交性、創造性、柔軟性がESFP型の主要な強みです。
  • 弱み: 計画性の欠如や、長期的な目標設定に苦手意識を持つことがあります。

ESFP型は、その社交的で楽観的な性格から、仕事でも積極的に愛情を表現し、チームや顧客との良好な関係を築くことができます。

彼らは人生を楽しく生きようとする姿勢が特徴で、職場においてもその明るさと楽観性で周囲を魅了します。

仕事できるタイプランキング12位に位置するESFP型は、その社交性と活動的な性格で、人々との関わりを楽しみ、明るい雰囲気を作り出すことが得意です。彼らの自由な魂とエネルギッシュな性格は、周囲にポジティブな影響を与えることができるでしょう。

MBTIの仕事できるタイプランキング13位 INFP  理想主義的なメディエーター

INFPタイプ、または「メディエーター」として知られる人々は、MBTIパーソナリティタイプの中で理想主義的で創造的な特徴を持っています。

彼らはしばしば独創的で共感力が高く、内向的ながらも人との深いつながりを大切にする傾向があります。以下はINFPの特徴と、彼らに適した職業についての概要です。

INFPの特徴

  • 利他的: 他人に対する深い共感力を持ち、人間関係を円滑にすることができます。
  • 独創的かつ想像力が豊か: 新しいアイデアを生み出し、異なる視点から物事を考えることが得意です。
  • 一人で集中して取り組むことができる: 内向的な性格で、一人の時間を大切にし、興味のあることに没頭することができます。
  • 探求心が強く信念をもって行動できる: 自分の価値観や信念に従って行動し、使命を探し求める傾向があります。

INFPに適した職業

  • クリエイティブな職業: デザイナーやWebライター、イベントプランナーなど、創造性を活かせる職業が向いています。
  • 人と深くかかわる職業: 人事、マーケター、キャリアコンサルタント、教育関連業界など、人の感情に関わる仕事が適しています。
  • ひとりで没頭できる職業: ITエンジニア、研究職、翻訳者など、一人で集中して取り組むことができる職業が良いでしょう。

INFPは、自分のペースで働き、自由度の高い環境で最も能力を発揮することができます。彼らは、自己犠牲が過ぎることなく、自分の強みを生かして仕事をすることが重要です。

また、INFPは日本人にとって比較的一般的なタイプであり、MBTIタイプの中で13位にランクされています。 この情報がお役に立てば幸いです。他にも知りたいことがあれば、お気軽にお尋ねください。

MBTIの仕事できるタイプランキング14位 INTJ 戦略的なビジョナリー

INTJタイプはMBTIの中で「戦略的なビジョナリー」として知られています。

彼らはしばしば「建築家」とも呼ばれ、その高い内省能力と論理的な思考力を用いて、問題を解決し、組織を成功に導くことが得意です。

INTJの特性

  1. 高いIQ: INTJは平均的なIQが他のMBTIタイプに比べて高いとされ、論理的思考と問題解決に対する優れた能力を持っています。
  2. 目標達成への姿勢: 計画性に富み、具体的かつ現実的な目標を立て、困難があっても最後までやり遂げる粘り強さを持っています。
  3. 本質を見極める能力: 表面的な現象だけでなく、背後にある本質を探求する直感を持ち、全体的な視点で情報を捉えることができます。
  4. 外向的感覚の発達: 現実の状況を素早く把握し、具体的な事実や詳細に気づき、それを活用する能力があります。

INTJの強みとしてのリーダーシップ

INTJはビジョンと戦略性を持って組織を引っ張っていくことが多く、将来のビジョンを明確に見据え、その達成に向けた戦略を緻密に練り上げます。自身のアイデアを他人に理解しやすい形で伝えるスキルを磨くことが求められます。

INTJの創造力

INTJはロジカルで抽象的な思考を得意とし、新しいアイデアや解決策を生み出すことが得意です。科学や技術、哲学、文学など、幅広い分野でその創造力を発揮します。

INTJと他の性格タイプとの相性

INTJはENTJ(指揮官)やINTP(論理学者)など、同じ思考型や直感型の人々と共通の価値観を共有しやすいです。しかし、感情型や感覚型の人々とはコミュニケーションが難しくなることがあります。

INTJの時間管理

計画性と自己規律に優れており、予定通りに進めることを好みますが、予期せぬ変化に対する対応が苦手な場合があります。計画性を保ちつつ、柔軟性も持つことが重要です。

以上の特性と能力により、INTJは戦略的なビジョナリーとして、多くの分野でその才能を発揮し、リーダーシップを取ることができるのです。彼らの独特な視点と解決策は、多くの場面で価値をもたらします。INTJ型の方々が自己理解を深め、さらに充実した人生を送る一助になればと思います。

MBTIの仕事できるタイプランキング15位 ENTJ  効率的な組織者

ENTJタイプ、または「効率的な組織者」として知られる人々は、MBTIパーソナリティタイプの中で非常に強力なリーダーシップ能力を持っています。

彼らは目標志向であり、戦略的思考と決断力を兼ね備えているため、プロジェクトやチームを効率的に導くことができます。

ENTJの主な特徴は以下の通りです。

強いリーダーシップ

ENTJは生まれながらのリーダーであり、チームや組織をまとめ上げ、目標に向かって導く能力に優れています。

戦略的思考

問題を多角的に見て、最適な解決策を見つけ出す能力があります。

決断力と実行力

一度決めたことは迅速に行動に移します。緊急時の対応において非常に価値があります。

論理的かつ戦略的な思考

ビジョンを持って行動し、論理的なアプローチで物事を進めます。

しかし、ENTJタイプは時に柔軟性に欠けることがあり、自分の考えに固執しすぎる傾向があります。また、他人の感情を無視してしまうこともあるため、人間関係において誤解を招くことがあります。

職業の適性について、ENTJは組織の運営や管理に適しており、ビジネス、法律、政治などの分野でリーダーとしての役割を果たすことが多いです。大胆な戦略を立て、チームを指導し、目標を達成するためにエネルギッシュに動きます2

ENTJタイプは、新しい技術や挑戦を求め、高い責任感を持って仕事に取り組むことが特徴です。彼らは、公正な環境と客観的な成果評価を重視し、少しの努力で大きな成果を上げることを目指します。

以上の特徴から、ENTJは「効率的な組織者」として、多くの職場で重要な役割を果たしています。彼らのリーダーシップと効率性は、チームや組織が成功するための鍵となるでしょう。

MBTIの仕事できるタイプランキング16位 ISTJ  徹底的な実務家

ISTJタイプは、MBTIの中でも特に実務的で、責任感が強く、組織的な性格として知られています。

彼らは内向的で感覚に基づいて行動し、思考は論理的であり、判断は構造に重きを置く傾向があります。

職場では、ISTJは典型的な勤勉で義務感の強い従業員として見られています。彼らは構造、明確に定義されたルール、権威と階層に対する尊敬を求めます。責任は彼らにとって負担ではなく、信頼の証であり、自分がその仕事に適任であることを再び証明する機会と捉えています。

ISTJは、責任を求め、難しいタスクや人気のないプロジェクトのための信頼できる部下として見られます。彼らは集中力と細部への注意が印象的で、マニュアルがあればどんなプロジェクトも適切に処理することができます。しかし、これは彼らが責任を放棄することを渋ることにもつながり、仕事が過多であったり、より適任者がいたりしても、責任を手放すことをためらうことがあります。

同僚として、ISTJはプロジェクトが時間通りに、そして規則に従って完成されることを保証する最も信頼できる人物です。静かで方法的な彼らは、厳しい状況でも冷静を保ちます。これは、彼らが同僚にも期待するアプローチです。感情的なタイプ、特に感情的なサポートやオープンさを必要とするタイプや、未完成に見えるものを提供する能力を持つタイプは、ISTJにとっては理解しがたいものです。ISTJにとっては、物事は正しく行われているか、間違っているかのどちらかであり、甘い言葉をかけたり、逃げ出したりしても、それを修正することはありません。

ISTJは、職場での平和と安全を重視し、最も簡単な方法は単独で作業することです。革新、ブレインストーミング、理論、新しいアイデアはすべて、この快適な状態を乱し、ISTJがその有効性を認めるためには、大きな尊敬が必要です。

以上の特徴から、ISTJは明確な期待と構造化された職場環境で最も活躍すると言えます。

彼らは、期限を厳守し、ステップバイステップのアプローチでタスクを完了することを得意とします。

秩序と安定はISTJにとって重要であり、明確に定義された責任と共に、忠実で献身的、細かい点にまで気を配り、忍耐強く仕事を完了させます。

MBTIの仕事できるタイプランキングに関する実体験エピソード

私の職場では、MBTIの性格タイプを活用して、チームの強みを最大限に引き出すことに成功しました。

あるプロジェクトでは、ENTJのリーダーシップ能力、ISTJの徹底した実務能力、ENFPの創造性、そしてISFJの協調性を組み合わせることで、チームは目標を達成しました。

特に印象的だったのは、ENTJタイプのプロジェクトマネージャーが、ビジョンを明確に示し、チーム全体を動機づけたことです。彼の指導のもと、ISTJタイプのメンバーは細部にわたる管理を担当し、プロジェクトの進行を確実なものにしました。一方で、ENFPタイプのクリエイティブディレクターは、革新的なアイデアを提供し、プロジェクトに新たな息吹をもたらしました。そして、ISFJタイプのサポートスタッフが、チーム内の調和を保ちながら、日々の業務を支えました。

この経験から、MBTIの性格タイプが職場でいかに重要かを実感しました。各タイプの特性を理解し、それぞれの強みを活かすことで、チームワークは飛躍的に向上します。MBTIは、個々のメンバーがどのように貢献できるかを見極め、適切な役割を割り当てるのに非常に有効なツールです。私の職場では、MBTIの理解を深めることで、より効率的で生産的な環境を築くことができました。このような実体験を通じて、MBTIの価値を再認識することができたのです。

MBTIの仕事できるタイプランキングTOP16!職場で欠かせない性格タイプを徹底解説!まとめ

MBTIの性格タイプは、職場での役割や適性を理解するのに役立ちます。

ランキングTOP16に挙げられたタイプは、それぞれに独自の強みを持ち、職場での成功に不可欠な要素を提供します。

ESTJの管理能力、ENTJのリーダーシップ、ISTJの実務能力、ENFJの人材育成能力など、各タイプが持つ特性を活かし、チームや組織の成長に貢献していくことが重要です。

MBTIを理解し、自分自身や同僚の性格タイプを知ることで、より効果的な職場環境を築くことができるでしょう。

このランキングが、皆さんの職場での人間関係構築やキャリア開発にお役立ていただければ幸いです。

ABOUT ME
この記事の監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo