16タイプ性格診断

MBTI診断を正確に行うためのコツとは?自分の性格を知る方法

MBTIとは、自分や他者の性格を16種類に分類するための心理学的ツールです。

MBTI診断は、自己分析やキャリア形成、人間関係の改善などに役立つとされていますが、正確に行うためには注意すべきポイントがあります。

この記事では、MBTI診断のやり方やコツ、診断結果の活用方法などを紹介します。

【正確】MBTI診断のやり方

【正確】MBTI診断のやり方

MBTI診断は、イギリスのNERIS Analytics社が運営するサイトで受けることができます。

診断テストは93の質問からなり、12分以内に回答する必要があります。質問は、自分の考えや感情、行動について、同意するか同意しないかを7段階で選択する形式です。診断結果は、以下の4つの要素の組み合わせで表されます。

– エネルギーのベクトル:内向的(I)か外交的(E)
– 情報の取り方:感覚的(S)か直観的(N)
– 意思決定の基準:思考型(T)か感情型(F)
– 生活態度:判断型(J)か知覚型(P)

これらの要素を組み合わせると、16種類の性格タイプが出てきます。例えば、内向的・感覚的・思考型・判断型の人はISTJと呼ばれ、管理者タイプとされます。各タイプの特徴や長所・短所、向いている仕事などは、サイトで詳しく見ることができます。

【正確】MBTI診断のコツ

【正確】MBTI診断のコツ

MBTI診断を正確に行うためには、以下のコツを覚えておきましょう。

– 中立の回答を避ける
– 正直に回答する
– 診断結果を鵜呑みにしない

中立の回答を避けるというのは、質問に対して「どちらとも言えない」という選択肢をなるべく使わないということです。中立の回答を多用すると、診断結果が曖昧になってしまう可能性があります。自分の考えや感情をはっきりと表現するようにしましょう。

正直に回答するというのは、自分の本音を素直に答えるということです。自分の理想像や他人の期待に合わせて回答すると、診断結果が歪んでしまう可能性があります。自分のありのままの姿を知るために、正直に回答しましょう。

診断結果を鵜呑みにしないというのは、診断結果を絶対的なものと考えないということです。MBTI診断は、自分の性格を知るための参考程度にとどめるべきです。診断結果によって自分の可能性や選択肢を狭めてしまうのはもったいないです。自分の性格は、診断結果だけではなく、他の性格診断や他己分析、自分の経験や興味などからも探っていくことが大切です。

【正確】MBTI診断の活用方法

【正確】MBTI診断の活用方法

MBTI診断を正確に行ったら、次はその診断結果をどう活用するかが重要です。MBTI診断の活用方法は、以下のようなものがあります。

– 自分の長所や短所を知る
– 自分に合ったキャリアを考える
– 他者との人間関係を改善する

自分の長所や短所を知るというのは、自分の性格タイプの特徴や強み・弱みを理解するということです。

自分の長所や短所を知ることで、自分の自信や自己肯定感を高めたり、自分の成長点や改善点を見つけたりすることができます。自分の長所や短所を知ることは、自己分析や自己啓発の第一歩と言えるでしょう。

自分に合ったキャリアを考えるというのは、自分の性格タイプに向いている仕事や職場環境を探るということです。自分の性格タイプに合わない仕事や職場環境に就くと、ストレスや不満が溜まってしまう可能性があります。自分の性格タイプに合った仕事や職場環境に就くと、仕事のやりがいや楽しさを感じたり、パフォーマンスを発揮したりすることができます。自分に合ったキャリアを考えることは、自分の将来の幸せや満足度に直結すると言えるでしょう。

他者との人間関係を改善するというのは、自分の性格タイプと他者の性格タイプの違いを理解し、コミュニケーションや協力の方法を工夫するということです。

自分の性格タイプと他者の性格タイプが異なると、意見や価値観の衝突や誤解が起こりやすくなります。

自分の性格タイプと他者の性格タイプの違いを理解することで、相手の考えや感情を尊重したり、相手に合わせた話し方や対応をしたりすることができます。

他者との人間関係を改善することは、仕事やプライベートの円滑な関係構築に役立つと言えるでしょう。

MBTI診断を正確に行うためのコツとは?自分の性格を知る方法【まとめ】

MBTI診断とは、自分や他者の性格を16種類に分類するための心理学的ツールです。

MBTI診断を正確に行うためには、中立の回答を避けて正直に回答することが大切です。

MBTI診断の診断結果を活用することで、自分の長所や短所を知ったり、自分に合ったキャリアを考えたり、他者との人間関係を築くことができるのです。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)