16タイプ性格診断

MBTI公式セッションとは?日本MBTI協会が認定するオンラインでの性格検査と体験

MBTIとは、人の性格を16種類に分類する性格診断テストです。

MBTIは、世界45カ国以上で活用されており、自分自身や他者の心を理解するための座標軸として用いられています。

MBTIを受けるには、日本MBTI協会が認定する公式セッションに参加する必要があります。

公式セッションは、オンラインで受けられるものと、対面で受けられるものがあります。

この記事では、オンラインでのMBTI公式セッションについて紹介していきます。

オンラインでのMBTI公式セッションの特徴

オンラインでのMBTI公式セッションの特徴は、以下のようなものがあります。

  • JPPというシステムを使って、自宅や職場などからオンラインでMBTIの検査が受けられる
  • MBTIの検査結果をもとに、自分のタイプについて詳しく学べる
  • MBTIのタイプに関する様々なトピックやワークショップに参加できる
  • MBTIの資格付与トレーニング講座に進むことができる

オンラインでのMBTI公式セッションは、JPPというシステムを使って、自宅や職場などからオンラインでMBTIの検査が受けられるという利点があります。JPPは、日本MBTI協会が認定する日本で唯一のオンラインMBTIシステムで、ZOOMというビデオ会議ツールを使って、講師と参加者がリアルタイムでコミュニケーションを取りながら、MBTIの検査やセッションを行うことができます。JPPを使うことで、時間や場所の制約を受けずに、MBTIを受けることができます。

オンラインでのMBTI公式セッションでは、MBTIの検査結果をもとに、自分のタイプについて詳しく学ぶことができます。MBTIの検査では、自分の性格特性を4つの指標(内向型・外向型、感覚型・直観型、思考型・感情型、判断型・知覚型)によって表現します。オンラインでのMBTI公式セッションでは、自分のタイプの特徴や強み・弱み、自分と異なるタイプの人との関係性やコミュニケーションの方法などについて、講師からフィードバックを受けたり、他の参加者とディスカッションしたりすることができます。自分のタイプを深く理解することで、自分の心の動きや行動のパターンを客観的に見つめ直すことができます。

オンラインでのMBTI公式セッションでは、MBTIのタイプに関する様々なトピックやワークショップに参加できます。MBTIのタイプは、自分自身や他者の心を理解するだけでなく、様々な分野やシーンに応用することができます。オンラインでのMBTI公式セッションでは、MBTIのタイプとコンフリクトマネジメント、MBTIのタイプとキャリアデザイン、MBTIのタイプとリーダーシップなどのトピックやワークショップが用意されています。これらのトピックやワークショップに参加することで、MBTIのタイプを活かして、自分の課題や目標に向き合うことができます。

オンラインでのMBTI公式セッションでは、MBTIの資格付与トレーニング講座に進むことができます。MBTIの資格付与トレーニング講座とは、MBTIの検査やセッションを自分で行うことができるようになるための講座です。MBTIの資格付与トレーニング講座に参加するには、オンラインでのMBTI公式セッションを受けたことが条件となります。MBTIの資格付与トレーニング講座に参加することで、MBTIの理論や実践についてさらに深く学ぶことができます。また、MBTIの資格を取得することで、自分の職場やコミュニティで、MBTIの検査やセッションを提供することができます。

MBTI公式セッションの実体験エピソード

**私の学生時代のある日、MBTIの公式セッションに参加したことがありました。**その日は、キャンパス内のカンファレンスルームで行われました。私はMBTIに興味を持っていたので、この機会を逃すわけにはいきませんでした。

セッションは、ファシリテーターが私たちにMBTIの基本的な概念を説明することから始まりました。彼は、16の異なるMBTIタイプがあり、それぞれが異なる特性や傾向を持っていることを説明しました。私たちは、自分自身がどのタイプに当てはまるのかを知るために、テストを受けることになりました。

テストの結果は、私がINTJであることを示していました。INTJは、分析的で論理的な思考を好むタイプであり、計画的で目標志向的です。私はこの結果に納得しましたが、同時に自分の弱点や成長の余地も考えるようになりました。

その後、私たちはグループに分かれて、自分のタイプについて話し合いました。私は他のINTJと意見を交換し、共通の特性や課題について議論しました。私たちのグループは、効率的な問題解決リーダーシップのスタイルについて熱心に話しました。

このセッションを通じて、私は自分自身と他の人々との違いを理解することができました。MBTIは、個々の違いを尊重し、協力して働くためのツールとして役立つことを学びました。学校でのこのエピソードは、私の人間関係やキャリアに対する視点を広げるきっかけとなりました。

MBTI公式セッションとは?日本MBTI協会が認定するオンラインでの性格検査と体験まとめ

以上が、MBTI公式セッションとは?日本MBTI協会が認定するオンラインでの性格検査と体験という記事でした。

MBTIは、人の性格を16種類に分類する性格診断テストで、自分自身や他者の心を理解するための座標軸として用いられています。

MBTIを受けるには、日本MBTI協会が認定する公式セッションに参加する必要があります。

公式セッションは、オンラインで受けられるものと、対面で受けられるものがあります。

この記事では、オンラインでのMBTI公式セッションについて紹介しました。

オンラインでのMBTI公式セッションでは、JPPというシステムを使って、自宅や職場などからオンラインでMBTIの検査が受けられるという利点があります。

また、MBTIの検査結果をもとに、自分のタイプについて詳しく学んだり、MBTIのタイプに関する様々なトピックやワークショップに参加したり、MBTIの資格付与トレーニング講座に進んだりすることができます。

オンラインでのMBTI公式セッションに興味のある方は、こちらからお申し込みください。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)