その他

MBTIとソシオニクスの違いと活用法について徹底解説!

MBTIとソシオニクスは、ともに人間の性格を16タイプに分類する理論ですが、その目的や特徴は異なります。

この記事では、MBTIとソシオニクスの違いとそれぞれの活用法について解説します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター)とソシオニクスは、人間の性格を16タイプに分類する理論であるが、それぞれの目的や特徴は異なる。
  • MBTIは、カール・ユングの理論に基づいて開発された性格診断法で、4つの心理的特性軸で人間の個性を評価し、16タイプを導き出す。
  • ソシオニクスは、16タイプと4つのサブタイプが存在し、情報要素によって定義される性格理論で、人間の相互理解を促す。

…etc

【MBTIとソシオニクスの違い】MBTIとは

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター)は、心理学者のカール・ユングの理論を基に開発された性格診断法です。

人間の個性を4つの心理的な特性軸(エネルギー取得源、情報処理方法、意思決定方法、生活スタイル)で評価し、各軸に2つのタイプが存在します。具体的には、以下のような構成となります。

  • エネルギー取得源:内向 (I) vs 外向 (E)
  • 情報処理方法:感覚 (S) vs 直観 (N)
  • 意思決定方法:思考 (T) vs 感情 (F)
  • 生活スタイル:判断 (J) vs 知覚 (P)

以上の組み合わせから、全16タイプ(例:ISTJ、ENFPなど)の性格タイプが導き出されます。各タイプはその人の思考や行動の傾向を示し、個々の性格理解や対人関係構築に活用されます。

【MBTIとソシオニクスの違い】ソシオニクスとは

ソシオニクスは、心理学者オーギュスチン・アウシュラ氏によって提唱された性格理論で、16タイプと4つのサブタイプが存在します。

各タイプは、情報代謝と相互理解を促す情報要素によって定義されます。16タイプは以下のようになります。

  • LII (INTj)
  • ESE (ESFj)
  • EIE (ENFj)
  • LSI (ISTj)
  • SEE (ESFp)
  • ILI (INTp)
  • ILE (ENTp)
  • SEI (ISFp)
  • ESI (ISFj)
  • LIE (ENTj)
  • IEI (INFp)
  • SLE (ESTp)
  • LSE (ESTj)
  • IEI (INFj)
  • SLI (ISTp)
  • IEE (ENFp)

さらに、各タイプは4つのサブタイプ(ドミナント、クリエイティブ、ノーマル、ハーモナイジング)に分けられ、人間の振る舞いや価値観の違いを詳細に探求することが可能です。これにより、より深い人間理解と相互理解が可能となります。

MBTIとソシオニクスの違い

MBTIとソシオニクスは、そもそも注目しているポイントが異なります。MBTIは、個々の人格特性を理解し、それを活用することで一人ひとりがより良い生活や仕事を送れるように役立てることが可能です。具体的には、

  • 自分の強みや弱みを認知し、成長のきっかけを作る
  • 他者の性格を理解し、コミュニケーションをスムーズにする
  • 自分に合った職業を見つけ、生活の満足度を上げる

といった目的で利用されます。一方で、ソシオニクスは、人間関係や相性の考察に特化した性格理論です。人々の間の情報交換プロセスを8つの情報要素に分け、これらが相互に作用することで人間関係が形成されると説明します。具体的には、

  • 異なるタイプ同士の相性や関係性を分析する
  • チームビルディングやパートナーシップの理解を深める
  • 人間の社会性や役割分担を考察する

といった目的で利用されます。また、ソシオニクスは16の基本タイプに加えて4つのサブタイプに分類することで、より細かい性格の違いを捉えることができます。

MBTIとソシオニクスの活用法

MBTIとソシオニクスは、それぞれの特徴に応じて、異なる活用法があります。

MBTIは、自己理解やキャリア形成に役立つ性格診断ツールとして利用できます。例えば、

  • 自分の性格タイプを知ることで、自分の強みや弱みを客観的に把握できる
  • 自分の性格タイプに合った仕事や環境を選ぶことで、ストレスを減らし、能力を発揮できる
  • 自分の性格タイプと異なる人とのコミュニケーションのコツを学ぶことで、対人関係のトラブルを防げる

といったメリットがあります。一方で、ソシオニクスは、人間関係や相性の改善に役立つ性格理論として利用できます。例えば、

  • 異なるタイプの人との相性や関係性を知ることで、相手の気持ちや行動を理解できる
  • チームビルディングやパートナーシップの理解を深めることで、協力や信頼を築ける
  • 人間の社会性や役割分担を考察することで、自分の適性や貢献方法を見つけられる

といったメリットがあります。

MBTIとソシオニクスに関する実体験エピソード

私は学生時代、MBTIとソシオニクスに興味を持ち、自分自身や友人たちのタイプを調査しました。MBTIはパーソナリティの側面を理解するためのツールであり、ソシオニクスは人々の相性やコミュニケーションスタイルを分析する理論です。

学校でのエピソードとして、友人たちとMBTIやソシオニクスについて話すことが多かったです。私たちは自分のタイプを共有し、どのように自分自身や他の人との相性を理解できるかを探求しました。友人たちはさまざまなタイプであり、それぞれの視点から興味深い議論が展開されました。

MBTIとソシオニクスは、人々の行動や相互作用を理解する上で有用なツールであり、学生時代の貴重な経験となりました。

MBTIとソシオニクスの違いと活用法について徹底解説!まとめ

MBTIとソシオニクスは、ともに人間の性格を16タイプに分類する理論ですが、その目的や特徴は異なります。

MBTIは、個人の発達に着目する性格診断法で、自己理解やキャリア形成に役立ちます。ソシオニクスは、人間関係や相性に着目する性格理論で、コミュニケーションやチームビルディングに役立ちます。また、ソシオニクスは、16の基本タイプに加えて4つのサブタイプに分類することで、より細かい性格の違いを捉えることができます。あなたは、どちらの理論に興味がありますか?

ぜひ、自分の性格タイプを知って、より豊かな人生を歩んでください。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)