INFJ(提唱者)

INFJはわがままなのか?心理学的に分析するINFJの特徴と対処法

INFJはMBTIの16タイプの中で最も稀少な性格です。

そのため、自分の感情や価値観を理解してくれる人が少なく、孤独感や不安感を抱えやすいと言われています。

INFJは自分の内面にこだわりが強く、自分の理想に合わないことには妥協できないところがあります。これが外から見ると「わがまま」に見えることもあるでしょう。

しかし、INFJはわがままなのでしょうか?INFJの性格の特徴や動機、そしてINFJと上手く付き合うための対処法について解説します。

INFJ(提唱者)とは?関連記事一覧はこちら

INFJの性格の特徴と動機

INFJは内向的直感(Ni)と外向的感情(Fe)を主な機能として持つタイプです。内向的直感(Ni)は自分の内面にある直感や洞察力を重視し、物事の本質や意味を探求する機能です。外向的感情(Fe)は他人の感情やニーズに敏感に反応し、調和や協調を重視する機能です。INFJはこの二つの機能のバランスをとることで、自分の理想と他人の幸せを両立させようとします。

INFJは自分の内面にある理想やビジョンを実現することに情熱を持っています。INFJは自分の直感や洞察力に従って、自分にとって意義のあることに取り組みます。INFJは自分の理想に合わないことには興味を示さず、妥協や流されることを嫌います。INFJは自分の価値観や信念に忠実であり、自分の内面と一致しないことには反発します。これがINFJの「わがまま」に見える原因の一つです。

INFJは他人の感情やニーズにも敏感です。INFJは他人の気持ちを察知し、共感や支援を示します。INFJは他人の幸せを自分の幸せと感じることができます。INFJは調和や協調を重視し、人間関係のトラブルや対立を避けます。INFJは自分の感情や意見を抑えて、他人に合わせることもあります。これがINFJの「わがまま」に見えない原因の一つです。

INFJは自分の理想と他人の幸せの間で葛藤することが多いです。INFJは自分の内面に忠実でありたいと思いながらも、他人の感情やニーズにも配慮したいと思います。INFJは自分の理想を追求することで、他人を傷つけたり、孤立したりするのではないかと心配します。INFJは他人に合わせることで、自分の本当の気持ちや価値観を失ったり、満足できない生活を送ったりするのではないかと不安になります。INFJはこのような葛藤を抱えながら、自分の理想と他人の幸せのバランスを探すことに苦労します。

INFJと上手く付き合うための対処法

INFJは自分の内面にこだわりが強く、自分の理想に合わないことには妥協できないところがあります。これが外から見ると「わがまま」に見えることもあるでしょう。しかし、INFJはわがままなのではなく、自分の価値観や信念に忠実であることを重視しているのです。INFJと上手く付き合うためには、以下のような対処法が有効です。

  • INFJの理想やビジョンを尊重してください。INFJは自分の内面にある理想やビジョンを実現することに情熱を持っています。INFJは自分の理想に合わないことには興味を示さず、妥協や流されることを嫌います。INFJにとって、自分の理想やビジョンは自分のアイデンティティの一部です。INFJの理想やビジョンを否定したり、軽視したりすると、INFJは深く傷つきます。INFJの理想やビジョンに共感したり、支援したりすると、INFJは感謝し、信頼し、親しみを感じます。
  • INFJの感情やニーズに配慮してください。INFJは他人の感情やニーズに敏感ですが、自分の感情やニーズには鈍感です。INFJは自分の感情やニーズを抑えて、他人に合わせることもあります。INFJは自分の感情やニーズを表現することが苦手です。INFJは自分の感情やニーむに気づいてもらえないと、孤独感や不安感を抱きます。INFJの感情やニーズを受け入れたり、励ましたり、満たしたりすると、INFJは安心し、幸せを感じます。
  • INFJの葛藤を解決してあげてください。INFJは自分の理想と他人の幸せの間で葛藤することが多いです。INFJは自分の理想を追求することで、他人を傷つけたり、孤立したりするのではないかと心配します。INFJは他人に合わせることで、自分の本当の気持ちや価値観を失ったり、満足できない生活を送ったりするのではないかと不安になります。INFJはこのような葛藤を抱えながら、自分の理想と他人の幸せのバランスを探すことに苦労します。

INFJはわがままなのか?心理学的に分析するINFJの特徴と対処法まとめ

INFJの性格の特徴や動機、そしてINFJと上手く付き合うための対処法について解説しました。

INFJは自分の内面にこだわりが強く、自分の理想に合わないことには妥協できないところがあります。これが外から見ると「わがまま」に見えることもあるでしょう。

しかし、INFJはわがままなのではなく、自分の価値観や信念に忠実であることを重視しているのです。

INFJは他人の感情やニーズにも敏感で、調和や協調を重視します。

INFJは自分の理想と他人の幸せの間で葛藤することが多く、自分の理想と他人の幸せのバランスを探すことに苦労します。

INFJに関する全記事はこちら

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)