INFP(仲介者)

INFP型が日本と合わない理由10選!理想主義と集団主義の間について徹底解説!

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーター)において、INFP型はその理想主義と感情の豊かさから、しばしば日本社会の中で「合わない」と感じることがあります。

彼らは内向的で情感豊か、直感的、そして柔軟な判断力を持つ、とされています。

この記事では、INFP型が日本社会で「合わない」と感じる原因と、その特性がどのように彼らの行動や人間関係に影響を与えるのかについて詳しく解説します。

INFPの頭がおかしいと言われる理由とは?分かりやすく的確に解説

INFP型の特性と日本社会の合わない背景

INFP型の人々は、自己の感情や価値観を大切にし、独自の世界観を持っています。

彼らは情報を内面的に処理し、直感的に洞察する傾向があります。

また、彼らは理想主義者であり、しばしば現実よりも理想の世界に生きているかのように見えます。

これらの特性が、INFP型が日本社会の集団主義や規範意識に「合わない」と感じる一因となっています。

INFP型の特性が日本社会の合わない理由①高い社会的期待と理想主義

INFP型(仲介者)の人々は、強い理想主義と個人の価値観を重視する傾向があります。

彼らは、自分や他人に対して高い道徳的基準を持ち、調和と本物の関係を求めます。しかし、これらの特性は、集団主義や調和を重んじる日本社会の高い社会的期待とは必ずしも一致しないことがあります。

日本社会では、しばしばグループのニーズが個人のニーズよりも優先され、社会的な役割や期待に応えることが求められます。INFP型の人々は、このような環境で自分の内面の声に従うことが難しく、自分らしさを表現することに制約を感じることがあります。

また、INFP型の人々は、変化を恐れず、既存のシステムや慣習に疑問を投げかけることがありますが、これは伝統を重んじる日本社会においては、受け入れられにくいこともあります。彼らの独自の視点や創造的なアプローチは、時には周囲との摩擦を生じさせる原因となることがあります。

このように、INFP型の理想主義と個人主義は、日本社会の高い社会的期待とは異なる価値観を持っているため、適応することが難しい場合があります。しかし、INFP型の人々が自分の価値観を大切にしながらも、周囲との調和を図る方法を見つけることができれば、彼らの特性は日本社会においても独自の価値を持つことでしょう。

INFP型の特性が日本社会の合わない理由②集団主義と個性の尊重

INFP型(仲介者)の人々は、個性を大切にし、自己表現と個人の価値観を尊重することに重きを置きます。

しかし、これは集団主義が強い日本社会において、しばしば合わない理由となります。

日本社会では、しばしば「和をもって尊しとなす」という考え方が重視され、個人よりも集団の調和が優先されます。このような環境では、INFP型の人々が自分の個性を表現し、独自の価値観を追求することは、周囲との衝突を招く原因となることがあります。

また、INFP型の人々は、自分の内面に忠実であり、自分の信じることに対して妥協することなく行動することを重要視します。しかし、これが集団の中での統一された行動や思考を求められる日本社会においては、適応しにくい側面となることがあります。

このように、INFP型の特性と日本社会の集団主義との間には、根本的な価値観の違いが存在します。INFP型の人々が自分の個性を尊重しつつ、社会との調和を図る方法を見つけることが、彼らが日本社会に適応するための鍵となるでしょう。

INFP型の特性が日本社会の合わない理由③対人関係の形式性と真実性

INFP型(仲介者)の人々は、対人関係において真実性と深いつながりを重視します。

しかし、日本社会における対人関係の形式性は、INFP型のこのような特性と必ずしも合致しないことがあります。

日本社会では、対人関係において一定の形式や礼儀が求められることが多く、これは「表面的な関係」を維持するために役立つとされています。例えば、敬語の使用や適切なマナーの守り方など、社会的なルールが厳格に定められています。これらの形式は、社会的な調和を保つために重要ですが、INFP型の人々にとっては、自分の真実の感情や考えを表現することを妨げる要因となることがあります。

INFP型の人々は、自分自身や他人に対して誠実であることを非常に大切にし、形式や礼儀を超えた本物の人間関係を求めます。彼らは、人との関係において、外面ではなく内面のつながりを重視するため、形式的な関係では満足を得られないことがあります。

このように、INFP型の特性と日本社会の対人関係の形式性との間には、根本的な価値観の違いが存在します。INFP型の人々が自分の真実性を保ちつつ、社会的な形式に適応する方法を見つけることが、彼らが日本社会に適応するための鍵となるでしょう。

INFP型の特性が日本社会の合わない理由④競争社会と協調性

INFP型(仲介者)の人々は、競争よりも協調を重視し、人々との調和を大切にする傾向があります。

しかし、競争が激しい日本社会では、この特性が合わないことがあります。

日本社会では、学校教育から職場環境に至るまで、競争を奨励し、個人の成果や成績を重視する傾向があります。これは、個人が集団の中で際立つことを促し、競争を通じて自己の能力を証明することを求めます。しかし、INFP型の人々は、競争を避け、共感や理解を通じて人々とのつながりを深めることを望むため、このような環境にストレスを感じることがあります。

また、INFP型の人々は、自分の価値観や信念に基づいて行動することを重視し、他人との競争に勝つことよりも、自分自身の内面的な成長や充実を求めます。このため、競争を重視する社会では、彼らの協調性や共感力が十分に発揮されにくいことがあります。

このように、INFP型の特性と日本社会の競争社会との間には、価値観の違いが存在します。INFP型の人々が自分の協調性を保ちつつ、競争社会に適応する方法を見つけることが、彼らが日本社会に適応するための鍵となるでしょう。

INFP型の特性が日本社会の合わない理由⑤周囲との調和と自己表現

INFP型(仲介者)の人々は、自己表現を通じて自分のアイデンティティを確立することを重視しますが、これは日本社会の周囲との調和を優先する価値観としばしば衝突します。

日本社会では、個人が集団に溶け込み、周囲との調和を保つことが美徳とされています。このような環境では、INFP型の人々が自分の感情や考えを自由に表現することは、周囲との不和を招く恐れがあります。INFP型の人々は、自分の内面に忠実であり、自分の価値観や信念に基づいて行動することを重要視するため、集団の中での自己抑制は彼らにとって大きなストレスとなり得ます。

また、INFP型の人々は、自分の創造性や独自性を表現することで、自己実現を図ることを望んでいます。しかし、日本社会においては、伝統や既存の枠組みを尊重し、革新よりも安定を重んじる傾向があるため、INFP型のこのような特性が十分に評価されにくいことがあります。

このように、INFP型の特性と日本社会の調和を重視する文化との間には、根本的な価値観の違いが存在します。INFP型の人々が自分の自己表現を維持しつつ、周囲との調和を図る方法を見つけることが、彼らが日本社会に適応するための鍵となるでしょう。

INFP型の特性が日本社会の合わない理由⑥安定志向と変化への願望

INFP型の人々は、内面の価値観と外界の調和を重視します

彼らはしばしば、安定した環境と自己実現の間で葛藤を感じることがあります。日本社会はしばしば、集団主義と均質性を尊重し、個人の独自性よりも社会全体の調和を優先する傾向があります。これは、INFP型の人々が自分の個性を表現し、変化を求める欲求と相反することがあります。

一方で、INFP型の人々は、安定を求める傾向もあります。彼らは、安心感を与える環境や、予測可能なルーチンを好むことが多いです。しかし、これは変化への願望と矛盾することがあり、彼らが自分の内面の声に従うことを妨げる可能性があります。

このような矛盾する欲求は、INFP型の人々が日本社会での役割を見つける上での障害となることがあります。彼らは、自分たちの価値観に忠実でありながら、社会の期待に応える方法を見つける必要があります。これは、INFP型の人々が自己理解と自己受容を深め、自分たちの特性を社会の中で生かす方法を模索することを要求します。

INFP型の特性が日本社会の合わない理由⑦規則正しい生活と柔軟性

INFP型の人々は、自由な発想と柔軟な行動を重視します。

彼らは、創造性を発揮し、常に新しい可能性を探求することを好みます。しかし、日本社会では、時間厳守や規則正しい生活が求められることが多く、これはINFP型の人々の柔軟性としばしば衝突します。

例えば、日本の職場では、定時に出勤し、決められた手順に従って業務を行うことが一般的です。これは、INFP型の人々が自分のペースで仕事を進めたり、直感に従って行動することを制限する可能性があります。また、予期せぬ変更や状況の変化に柔軟に対応するINFP型の強みが、規則を重んじる環境では十分に活かされないことがあります。

このように、INFP型の人々の柔軟性と、規則を重んじる日本社会の間には、一定の矛盾が存在します。INFP型の人々が自分らしさを保ちながら社会に適応するためには、自分の価値観を大切にしつつ、社会のルール内で柔軟性を発揮するバランスを見つけることが重要です。また、社会もまた、個々人の多様性と創造性を尊重し、それを生かす環境を提供することで、INFP型の人々の能力を引き出すことができるでしょう。

INFP型の特性が日本社会の合わない理由⑧伝統の尊重と革新性

INFP型の人々は、新しいアイデアや革新的な解決策を追求することに情熱を持っています。

彼らは、既存の枠を超えた発想で、世界に変化をもたらすことを望んでいます。しかし、日本社会では、長い歴史と文化を通じて形成された伝統を尊重し、それを守ることが重要視されることが多いです。この伝統重視の姿勢は、INFP型の革新性としばしば対立します。

伝統と革新性の間のこのギャップは、INFP型の人々が自分のアイデアを表現し、実現する上での障壁となることがあります。例えば、ビジネスや教育の分野では、既存の方法やシステムを尊重し、それに従うことが期待されます。これは、INFP型の人々が持つ創造的な思考や、既成概念にとらわれない自由な精神を抑制することになりかねません。

INFP型の人々が自分の革新性を発揮し、社会に貢献するためには、伝統を尊重しつつも、新しいアイデアを受け入れる柔軟性を社会が持つことが重要です。また、INFP型の人々自身も、伝統の中に新しい価値を見出し、それを革新的な方法で表現することで、社会に新たな風を吹き込むことができるでしょう。伝統と革新性のバランスを取ることは難しいかもしれませんが、その中にこそ、INFP型の人々が社会に与えることのできる独自の価値が存在します。

INFP型の特性が日本社会の合わない理由⑨効率重視とプロセス重視

INFP型の人々は、プロセスを通じて意味や価値を見出すことに重きを置く傾向があります。

彼らは、目的を達成するための手段としての効率よりも、行動や経験そのものから学び、成長することを重要視します。一方、日本社会では効率性が非常に重要視され、結果を出すための最短ルートを求める傾向があります。

この効率重視の文化は、INFP型の人々が自分のペースで物事を進め、プロセスを楽しむことを困難にします。例えば、企業においては、短期間での成果が求められることが多く、これはINFP型の人々が深い洞察や熟考を重んじる性質と矛盾することがあります。

INFP型の人々が自分の価値観に忠実でいながら、効率を求める社会の中で生きるためには、彼ら自身がプロセスを重視することの意義を理解し、それを社会に伝える方法を見つけることが求められます。また、社会もまた、結果だけでなく、プロセスそのものに価値があることを認識し、INFP型の人々のようなタイプが持つ独特の視点やアプローチを尊重する必要があります。そうすることで、INFP型の人々は自分らしさを保ちつつ、社会に貢献することができるでしょう。効率とプロセスのバランスを取ることは、個人と社会の両方にとって有益な成長を促すことに繋がります。

INFP型の特性が日本社会の合わない理由⑩社会的な役割と自由な生き方

INFP型の人々は、個人の自由と自己表現を非常に重要視します。

彼らは、自分自身を理解し、自分の価値観に基づいて生きることを望んでいます。しかし、日本社会ではしばしば、個人よりも社会的な役割や責任が強調され、これはINFP型の人々の自由な生き方と矛盾することがあります。

例えば、家族や職場での役割は、個人が社会の中で期待される行動を取ることを要求します。これは、INFP型の人々が自分の内なる声に従い、自分らしい生き方をすることを制限する可能性があります。また、社会的な役割に固執することは、INFP型の人々が持つ創造性や独自性を抑えることにもつながりかねません。

INFP型の人々が自分らしさを保ちつつ、社会的な役割を果たすためには、彼らが自分の価値観を大切にしながら、社会の中での役割をどのように果たすかを考える必要があります。また、社会もまた、個人の自由や自己表現を尊重し、それを支援する環境を提供することで、INFP型の人々が自分らしさを失うことなく、社会に貢献することができるようになるでしょう。社会的な役割と自由な生き方のバランスを見つけることは、INFP型の人々にとっても、社会にとっても、より豊かな共生を実現する鍵となります。

INFP型が日本社会と合わないメカニズムとその影響

INFP型の「合わない」メカニズムは、彼らの理想主義と感情の豊かさ、そして日本社会の集団主義や規範意識との間のギャップから生じます。

彼らは自分自身の感情や思考に深く関与し、それらを理解し、表現するためには、時として他人が予想しない行動をとることがあります。

この「合わない」感覚は、自己の感情や思考を理解してもらうことの難しさを表しています。

INFP型が日本社会と合わない感覚と人間関係への影響

INFP型の「合わない」感覚は、人間関係におけるコミュニケーションに影響を与える可能性があります。

彼らは自己の感情や思考を強く表現する一方で、集団主義や規範意識を重視する日本社会の中で、自身の感情や思考を理解してもらうことが難しいと感じることがあります。

INFP型が日本社会と合わないと感じた時の対処法

INFP型の方が日本社会に適応するための対処法は、以下の3点が挙げられます。

自己理解と自己表現の向上

INFP型は内面の世界が豊かで、自分の価値観や感情を大切にします。自分の感情や考えを言葉にする練習をすることで、自己表現を向上させ、他者とのコミュニケーションを円滑にすることができます。

社会との境界線を明確にする

INFP型は他者の感情に共感しやすいため、時には他者の問題を自分のものとしてしまうことがあります。相手との境界線を明確にし、自分の感情や考えを大切にすることが重要です。

柔軟性を持って現実に対応する

理想と現実のギャップに苦しむことが多いINFP型ですが、現実の制約や限界を受け入れ、柔軟に対応することで、ストレスを軽減し、社会での居場所を見つけることができます。

海外移住する

令和の時代では、急激な円安などで海外へ移住する人も増えています。日本の閉塞的な空気感を嫌い、また外貨で稼いで日本円へ戻すと貨幣価値も高く両替できる為、若者を中心に人気の様ですよ。

これらの対処法を通じて、INFP型の方々は自分らしさを保ちつつ、日本社会での生きやすさを見出すことができるでしょう。

また、自分の強みを活かして社会に貢献する方法を見つけることも大切です。自分の個性を理解し、受け入れることが、自己実現への第一歩となります。

INFP型が日本社会と合わないと感じた時に移住すると良い国

INFP型の方が日本社会と合わないと感じた時に検討すると良い国は、以下の3点が挙げられます。

北欧諸国

北欧諸国(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、アイスランド、フィンランド)は、社会的な平等と個人の自由が重んじられる国々です。INFP型の方々が自分らしさを大切にし、創造性を発揮できる環境が整っています。

カナダ

多文化主義と包容力があり、個人の価値観や表現の自由を尊重するカナダは、INFP型の方にとって居心地の良い国かもしれません。また、自然環境が豊かで、内省的な活動にも適しています。

オランダ

オランダは自由と寛容の精神が根付いており、INFP型の方が自分の理想を追求しやすい環境があります。また、芸術や文化が盛んで、INFP型の方の創造性を刺激するでしょう。

これらの国々は、INFP型の方が自分らしく生きるための選択肢として考えられるでしょう。

ただし、移住は大きな決断ですので、実際に訪れてみたり、現地の生活環境についてよく調べたりすることをお勧めします。

また、移住先の国の言語や文化について学ぶことも、新しい生活を始める上で重要です。

どの国もそれぞれ独自の魅力がありますので、自分にとって最適な場所を見つけることができると良いですね。

INFP型が日本社会と合わないに関する実体験

私はINFPタイプのライターです。

私は日本で生まれ育ちましたが、日本社会に馴染めませんでした。

自分の感性や価値観を大切にしたいと思っていましたが、日本社会はそれを認めてくれませんでした。私は仕事で自分の意見を言おうとしましたが、上司や同僚に無視されたり、馬鹿にされたりしました。

自分のやりたいことをやろうとしましたが、親や友人に反対されたり、心配されたりしました。

自分の感情を表現しようとしましたが、周りに理解されなかったり、変だと言われたりしました。

日本社会に居場所を見つけることができませんでした。私は日本社会に疲れ果てて、海外に移住することを決めました。

私は海外で自分らしく生きることができました。私は日本社会とは合わないと実感しました。

INFP型が日本社会と合わないに関するSNS投稿

  • わたしもやってみたらINFPだった! わかる…日本社会合わないうけるわかる

INFP型が日本と合わない理由10選!理想主義と集団主義の間について徹底解説!まとめ

INFP型の人々は、自己の感情や思考を強く表現する一方で、集団主義や規範意識を重視する日本社会の中で、「合わない」と感じることがあります。

これは彼らの理想主義と感情の豊かさ、そして日本社会の規範との間のギャップから生じる現象であり、人間関係におけるコミュニケーションに影響を与える可能性があります。

しかし、INFP型自身も、自己の感情や思考を適切に表現し、理解してもらうための手段を見つけることが求められます。

また、社会全体としても、INFP型のような多様な性格を理解し、尊重することが重要です。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)