ISFP(冒険家)

ISFPの性格が悪いって本当?メリットとデメリットについて徹底解説!

MBTIとは、人間の性格を16種類に分類する理論です。

MBTIでは、人間の性格は4つの指標によって決まります。

それぞれの指標は、以下のように対立する2つの傾向からなります。

– 内向(I)と外向(E)
– 直感(N)と感覚(S)
– 思考(T)と感情(F)
– 判断(J)と知覚(P)

これらの指標の組み合わせによって、16種類の性格タイプが生まれます。

その中でも、自分の感覚や感情に従って自由に生きる性格タイプがISFPタイプです。

ISFPタイプは、内向的で感覚的で感情的で知覚的な性格を持ちます。

ISFPタイプの人は、人口の約9%を占めています。

ISFPタイプの人は、性格が悪いと言われることがありますが、本当にそうなのでしょうか?

ISFPタイプの性格のメリットとデメリットを分析してみましょう。

ISFPの性格が悪いと言われる理由①社交的でない

ISFP(冒険家)は、内向的な性格で、自分の内面や感情に関心を持ちます。

大勢の人と接することや、自分のことを話すことが苦手です。

そのため、他人からは「社交的でない」「コミュニケーションが下手」と思われることがあります。

また、ISFP(冒険家)は、自分のペースで行動することを好みます。グループでの行動や、他人の意見に合わせることが苦手です。

そのため、他人からは「協調性がない」「自分勝手」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由②決断力に欠ける

ISFP(冒険家)は、感覚的で感情的な思考をします。

自分の直感や価値観に基づいて意思決定をする傾向があります。

そのため、多くの選択肢の中から最適な選択をすることに苦労することがあります。

また、ISFP(冒険家)は、自分の感情や他人の感情に敏感です。

自分や他人に不利益をもたらすような決断をすることができないことがあります。

そのため、他人からは「決断力に欠ける」「優柔不断」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由③繊細で傷つきやすい

ISFP(冒険家)は、感受性が豊かで繊細な性格です。

自分や他人の感情に深く共感することができます。

そのため、自分や他人の感情を傷つけるような言動に対しては敏感に反応することがあります。

また、ISFP(冒険家)は、自分の価値観や信念に基づいて生きることを大切にします。

自分の価値観や信念に反するような言動に対しては強い抵抗感を持つことがあります。

そのため、他人からは「繊細で傷つきやすい」「頑固で譲らない」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由④衝動的な行動

ISFP(冒険家)は、冒険心にあふれた性格です。

新しい経験や感覚を求めて、衝動的に行動することがあります。

そのため、計画に従わないことや、予期せぬ状況に対応することが多いです。

また、ISFP(冒険家)は、自分の直感に従って行動することがあります。

そのため、他人の意見や論理に基づいて行動することが少ないです。

そのため、他人からは「衝動的な行動」「計画性がない」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由⑤現実を見ない

ISFP(冒険家)は、創造的で芸術的な性格です。

自分の発想や世界観、感性に没頭することがあります。

そのため、目の前の現実に目を向けず、高い理想や想像を掲げることがあります。

そのため、他人からは「現実を見ない」「非現実的」と思われることがあります。

また、ISFP(冒険家)は、自分の価値観や信念に基づいて行動します。

そのため、他人の価値観や信念に合わせることができないことがあります。

そのため、他人からは「自分の世界に閉じこもっている」「他人との共感がない」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由⑥表現が豊か

ISFP(冒険家)は、感情豊かで直感的な性格です。

自分の感情や他人の感情に敏感に反応し、それを表現することができます。

そのため、さまざまな表現で他人に感情を伝えることがあります。

その様子を見て、他人からは「感情的だ」「表現が豊かすぎる」と思われることがあります。

また、ISFP(冒険家)は、自分の感性や創造性を活かした表現活動をすることがあります。

そのため、絵画や音楽、手芸など、自分に合った活動を見つけて楽しむことがあります。

その様子を見て、他人からは「芸術家気取りだ」「変わっている」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由⑦ルールを無視する

ISFP(冒険家)は、自由奔放な性格です。自分のペースで行動することを好みます。

そのため、決められたルールや制約を守らないことがあります。

そのため、他人からは「ルールを無視する」「自分勝手だ」と思われることがあります。

また、ISFP(冒険家)は、自分の価値観や信念に基づいて行動します。

そのため、他人の価値観や信念に合わないことをすることがあります。

そのため、他人からは「反抗的だ」「非協力的だ」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由⑧内向的な性格

内向的な性格 ISFP(冒険家)は、内向的な性格で、自分の内面や感情に関心を持ちます。

大勢の人と接することや、自分のことを話すことが苦手です。

そのため、他人からは「内向的な性格」「コミュニケーションが下手」と思われることがあります。

しかし、ISFP(冒険家)の内向的な性格は、自分の心を大切にすることを意味します。

自分の感情や考えを深く掘り下げることで、自分自身をより理解することができます。

また、ISFP(冒険家)は、自分の心を開くのに時間がかかりますが、信頼できる相手には自分の本音を話すことができます。

そのため、ISFP(冒険家)は、狭く深い人間関係を築くことができます。

ISFP(冒険家)は、自分の心を守りながら、本当に大切な人との関係を大切にしていきましょう。

ISFPの性格が悪いと言われる理由⑨感覚的で感情的な思考

ISFP(冒険家)は、感覚的で感情的な思考をします。

自分の直感や価値観に基づいて意思決定をする傾向があります。

そのため、多くの選択肢の中から最適な選択をすることに苦労することがあります。

また、ISFP(冒険家)は、自分の感情や他人の感情に敏感です。

自分や他人に不利益をもたらすような決断をすることができないことがあります。

そのため、他人からは「感覚的で感情的な思考」「論理的でない」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由⑩変化を好む

ISFP(冒険家)は、変化を好む性格です。

新しい経験や感覚を求めて、常に自分の興味や関心に従って行動します。

そのため、同じことやルーティンに飽きやすく、変化の多い環境や仕事に向いています。

その様子を見て、他人からは「変化を好む」「安定しない」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由⑪独立心が強い

ISFP(冒険家)は、独立心が強い性格です。

自分の価値観や信念に基づいて生きることを大切にします。

そのため、他人の意見や論理に基づいて行動することが少ないです。

その様子を見て、他人からは「独立心が強い」「自分の世界に閉じこもっている」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由⑫感性が豊か

SFP(冒険家)は、感性が豊かな性格です。自分の感覚や感情に敏感で、美しいものや感動するものに惹かれます。

そのため、芸術的な才能や趣味を持つことが多いです。

その様子を見て、他人からは「感性が豊かすぎる」「非現実的だ」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由⑬自分のペースで行動する

ISFP(冒険家)は、自分のペースで行動することを好みます。

自分の感覚や感情に従って、自分にとって楽しいことや興味のあることを優先します。

そのため、他人のペースや要求に合わせることが苦手です。

その様子を見て、他人からは「自分のペースで行動する」「協調性がない」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由⑭自分の感情をコントロールできない

ISFP(冒険家)は、自分の感情をコントロールできないことがあります。

自分の感情や他人の感情に敏感で、それに影響されやすいです。

そのため、感情の起伏が激しく、時には感情的になってしまうことがあります。そ

の様子を見て、他人からは「自分の感情をコントロールできない」「感情的だ」と思われることがあります。

ISFPの性格が悪いと言われる理由⑮自分のことを話さない

 ISFP(冒険家)は、自分のことを話さないことがあります。

自分の内面や感情に関心を持ちますが、それを他人に話すことが苦手です。

そのため、他人からは「自分のことを話さない」「コミュニケーションが下手」と思われることがあります。

ISFPタイプの性格のメリット:感性豊かで優しく柔軟

ISFPタイプの性格のメリット:感性豊かで優しく柔軟

ISFPタイプの性格のメリットの一つは、感性豊かで優しく柔軟という点です。

ISFPタイプの人は、自分の五感に敏感で、美や芸術に興味があります。

そのため、彼らは自分の感性を活かして、独自のスタイルや作品を生み出すことができます。
ISFPタイプの人は、音楽や映画やファッションなどの分野で活躍することができます。

ISFPタイプの人は、自分の感覚や感情に従って、自由に自分らしく生きます。

そのため、彼らは自分にも他人にも無理をせず、自然体で接することができます。

ISFPタイプの人は、他人の感情や立場にも配慮があり、優しく柔軟に対応することができます。
ISFPタイプの人は、人間関係において、信頼や好感を得ることができます。

ISFPタイプの性格のデメリット:社交的でなく決定力に欠ける

ISFPタイプの性格のデメリット:社交的でなく決定力に欠ける

ISFPタイプの性格のデメリットの一つは、社交的でなく決定力に欠けるという点です。

ISFPタイプの人は、内向的で自分の世界に没頭する傾向があります。

そのため、彼らは人との交流やコミュニケーションに苦手意識を持つことがあります。

ISFPタイプの人は、自分の考えや感情を言葉で表現するのが苦手で、行動で示すことが多いです。
しかし、それが相手に伝わらないこともあります。

ISFPタイプの人は、自分の感覚や感情に従って、自由に自分らしく生きます。

そのため、彼らは自分のペースや流れに合わせて、物事を進めることができます。

しかし、それが周りの人や状況に合わないこともあります。

ISFPタイプの人は、決断や計画をするのが苦手で、迷いや後悔をすることが多いです。

【ISFPの性格が悪いって本当?】ISFPの冷たさの見え方

ISFPの冷たさは内面の理想が高く見えることが原因かもしれない。ISFPは好きな人には興味を持ち、積極的に関わる。しかし、他の人たちとの接し方が違うため、自分のことを好きではないと思われることもある。ISFPは好きでもなく嫌いでもないという気持ちの表現方法に悩む。一緒にいる時は相手に興味があるような態度を取るが、実際には聞いていないことがある。

  • ISFPの冷たさは内面の理想が高く見えることが原因かもしれない
  • ISFPは好きな人には興味を持ち、積極的に関わる
  • 他の人たちとの接し方が違うため、自分のことを好きではないと思われることもある
  • 好きでもなく嫌いでもないという気持ちの表現方法に悩む
  • 一緒にいる時は相手に興味があるような態度を取るが、実際には聞いていないことがある

ISFPの性格が悪いに関するSNS投稿

  • ISFPだから温厚なはずなのになんでこんな、短気で性格悪い計画性がないとか怠惰とか悪いところだけかき集めたみたいな性格してる
  • 性格悪いやつなの笑 でも確かISFPと相性めちゃ良かったくない!?!?

ISFPの性格が悪いって本当?メリットとデメリットについて徹底解説!まとめ

ISFPタイプの性格は、感性豊かで優しく柔軟というメリットと、社交的でなく決定力に欠けるというデメリットがあります。
ISFPタイプの人は、自分の感覚や感情に従って、自由に自分らしく生きます。
そのため、彼らは自分の感性を活かして、独自のスタイルや作品を生み出すことができます。
しかし、それが周りの人や状況に合わないこともあります。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)