その他

MBTI本のおすすめ6選!自分や他人の性格を理解するために読むべき本は?

MBTIとは、人の性格を16種類に分類する心理学的なツールです。MBTIは、自分の性格や傾向を知るだけでなく、他人との相性やコミュニケーションの方法にも役立ちます。MBTIは、国際規格に基づいており、世界45カ国以上で活用されています。

しかし、MBTIについて学ぶには、どのような本を読めばいいのでしょうか?MBTIの本は、公式から何冊か出版されていますが、それ以外にも様々な角度からMBTIを解説した本があります。この記事では、MBTIについて学べるおすすめの本を6冊ご紹介します。

  • MBTIへのいざない―ユングの「タイプ論」の日常への応用
  • MBTIタイプ入門(第6版)
  • MBTIタイプ入門 タイプダイナミクスとタイプ発達編
  • MBTIタイプ入門 タイプとストレス編
  • 16タイプ別 性格BOOK 本当のあなたの探し方 育て方
  • 天生性格16种

MBTIについて学ぶなら、これらの本はぜひ読んでおきたいものです。以下で、各本の内容や特徴、おすすめの読者層について詳しく解説していきます。

MBTIへのいざない―ユングの「タイプ論」の日常への応用

まず最初におすすめするのは、『MBTIへのいざない―ユングの「タイプ論」の日常への応用』です。この本は、MBTIの基礎となるユングのタイプ論をわかりやすく解説し、MBTIの16種類の性格タイプの特徴や強み、課題を詳しく紹介しています。また、MBTIを日常生活や仕事、人間関係に応用する方法や事例も豊富に紹介しています。

この本のメリットは、以下のようにまとめられます。

  • MBTIの基本的な概念や用語を丁寧に説明しているので、初心者でも理解しやすい。
  • MBTIの16種類の性格タイプの特徴や強み、課題を具体的に示しているので、自分や他人のタイプを把握しやすい。
  • MBTIを日常生活や仕事、人間関係に応用する方法や事例を豊富に紹介しているので、実践的に活用できる。

この本のデメリットは、以下のようにまとめられます。

  • 本が分厚くて読み応えがある反面、値段も高い。
  • 翻訳本なので、訳が堅苦しくて読みづらいと感じる人もいるかもしれない。

この本は、以下のような人におすすめです。

  • MBTIを本気で勉強したい人。
  • 読み応えのある本が好きな人。
  • MBTIを実践的に活用したい人。

MBTIタイプ入門(第6版)

次におすすめするのは、『MBTIタイプ入門(第6版)』です。この本は、MBTIの4つの指標と16種類の性格タイプを簡潔に紹介し、自分のタイプを見つけるためのヒントや質問を提供しています。また、自分のタイプを肯定することや、他のタイプとの違いを受け入れることの重要性を説いています。

この本のメリットは、以下のようにまとめられます。

  • MBTIの基礎知識がコンパクトにまとまっているので、手軽に読める。
  • 自分のタイプを見つけるためのヒントや質問があるので、自己分析に役立つ。
  • 自分のタイプを肯定することや、他のタイプとの違いを受け入れることの重要性を説いているので、自己肯定感や他者理解を高めることができる。

この本のデメリットは、以下のようにまとめられます。

  • 値段の割に本が薄い。
  • MBTIのセッションに参加するともらえるので、買う必要がないかもしれない。

この本は、以下のような人におすすめです。

  • MBTIの基礎を学びたい人。
  • 簡単な本から始めたい人。
  • MBTIのセッションに参加する予定がない人。

MBTIタイプ入門 タイプダイナミクスとタイプ発達編

3冊目におすすめするのは、同じ『MBTIタイプ入門』シリーズの『MBTIタイプ入門 タイプダイナミクスとタイプ発達編』です。この本は、MBTIのタイプダイナミクスという概念を詳しく解説し、各タイプの心の機能や態度、発達段階を紹介しています。また、タイプダイナミクスを自分の成長や発展に活かす方法や事例も紹介しています。

この本のメリットは、以下のようにまとめられます。

  • MBTIのタイプダイナミクスという概念を詳しく解説しているので、MBTIの奥深さや面白さを知ることができる。
  • 各タイプの心の機能や態度、発達段階を紹介しているので、自分や他人のタイプの特徴や課題を理解しやすい。
  • タイプダイナミクスを自分の成長や発展に活かす方法や事例を紹介しているので、実践的に活用できる。

この本のデメリットは、以下のようにまとめられます。

  • 値段の割に本が薄い。
  • MBTIのセッションのアドバンス編に参加するともらえるので、買う必要がないかもしれない。
  • 内容が専門的で難しいと感じる人もいるかもしれない。

この本は、以下のような人におすすめです。

  • MBTIのタイプダイナミクスに興味がある人。
  • MBTIの奥深さや面白さを知りたい人。
  • MBTIのセッションのアドバンス編に参加する予定がない人。

16タイプ別 性格BOOK 本当のあなたの探し方 育て方

4冊目におすすめするのは、『16タイプ別 性格BOOK 本当のあなたの探し方 育て方』です。この本は、MBTIの16種類の性格タイプの特徴や強み、課題をイラストや図表でわかりやすく紹介し、自分のタイプを見つけるためのチェックリストや診断テストを提供しています。また、自分のタイプに合った生き方や仕事、人間関係のコツやアドバイスも紹介しています。

この本のメリットは、以下のようにまとめられます。

  • MBTIの16種類の性格タイプの特徴や強み、課題をイラストや図表でわかりやすく紹介しているので、視覚的に理解しやすい。
  • 自分のタイプを見つけるためのチェックリストや診断テストがあるので、自己分析に役立つ。
  • 自分のタイプに合った生き方や仕事、人間関係のコツやアドバイスがあるので、実践的に活用できる。

この本のデメリットは、以下のようにまとめられます。

  • MBTIの基本的な概念や用語の説明が少ない。
  • イラストや図表が多い分、文章が少なくて深みがないと感じる人もいるかもしれない。

この本は、以下のような人におすすめです。

  • MBTIの16種類の性格タイプの特徴や強み、課題をイラストや図表でわかりやすく紹介しているので、視覚的に理解しやすい。
  • 自分のタイプを見つけるためのチェックリストや診断テストがあるので、自己分析に役立つ。
  • 自分のタイプに合った生き方や仕事、人間関係のコツやアドバイスがあるので、実践的に活用できる。

天生性格16种

5冊目におすすめするのは、『天生性格16种』です。この本は、中国の著者がMBTIの16種類の性格タイプの特徴や強み、課題を中国の文化や社会と結びつけて解説し、自分のタイプを見つけるための診断テストを提供しています。また、自分のタイプに合った恋愛や結婚、仕事、人間関係のコツやアドバイスも紹介しています。

この本のメリットは、以下のようにまとめられます。

  • MBTIの16種類の性格タイプの特徴や強み、課題を中国の文化や社会と結びつけて解説しているので、中国人にとって親しみやすい。
  • 自分のタイプを見つけるための診断テストがあるので、自己分析に役立つ。
  • 自分のタイプに合った恋愛や結婚、仕事、人間関係のコツやアドバイスがあるので、実践的に活用できる。

この本のデメリットは、以下のようにまとめられます。

  • 中国語で書かれているので、日本語が母国語の人にとっては読みづらいかもしれない。
  • MBTIの基本的な概念や用語の説明が少ない。
  • 中国の文化や社会と結びつけて解説しているので、他の国や地域の人にとっては当てはまらないかもしれない。

この本は、以下のような人におすすめです。

  • 中国語が得意な人。
  • 中国の文化や社会に興味がある人。
  • MBTIを恋愛や結婚、仕事、人間関係に活用したい人。

MBTIタイプ入門 タイプとストレス編

最後におすすめするのは、同じ『MBTIタイプ入門』シリーズの『MBTIタイプ入門 タイプとストレス編』です。この本は、MBTIのタイプとストレスというテーマに焦点を当て、各タイプがストレスを感じる原因や症状、対処法を紹介しています。また、タイプとストレスの関係を自分の健康や幸福に活かす方法や事例も紹介しています。

この本のメリットは、以下のようにまとめられます。

  • MBTIのタイプとストレスというテーマに焦点を当てているので、自分や他人のストレスに対する理解を深めることができる。
  • 各タイプがストレスを感じる原因や症状、対処法を紹介しているので、自分や他人のストレスを軽減することができる。
  • タイプとストレスの関係を自分の健康や幸福に活かす方法や事例を紹介しているので、実践的に活用できる。

この本のデメリットは、以下のようにまとめられます。

  • 値段の割に本が薄い。
  • MBTIのセッションのアドバンス編に参加するともらえるので、買う必要がないかもしれない。
  • ストレスに関する内容が多いので、ネガティブな気分になる人もいるかもしれない。

この本は、以下のような人におすすめです。

  • MBTIのタイプとストレスというテーマに興味がある人。
  • 自分や他人のストレスを軽減したい人。
  • MBTIのセッションのアドバンス編に参加する予定がない人。

MBTI本のおすすめ6選!自分や他人の性格を理解するために読むべき本は?まとめ

この記事では、MBTIについて学べるおすすめの本を6冊ご紹介しました。MBTIについて学ぶなら、これらの本はぜひ読んでおきたいものです。以下で、各本の内容や特徴、おすすめの読者層についてまとめておきます

  • MBTIへのいざない―ユングの「タイプ論」の日常への応用:MBTIの基礎となるユングのタイプ論をわかりやすく解説し、MBTIの16種類の性格タイプの特徴や強み、課題を詳しく紹介しています。また、MBTIを日常生活や仕事、人間関係に応用する方法や事例も豊富に紹介しています。この本は、MBTIを本気で勉強したい人や、読み応えのある本が好きな人におすすめです。
  • MBTIタイプ入門(第6版):MBTIの4つの指標と16種類の性格タイプを簡潔に紹介し、自分のタイプを見つけるためのヒントや質問を提供しています。また、自分のタイプを肯定することや、他のタイプとの違いを受け入れることの重要性を説いています。この本は、MBTIの基礎を学びたい人や、簡単な本から始めたい人におすすめです。
  • MBTIタイプ入門 タイプダイナミクスとタイプ発達編:MBTIのタイプダイナミクスという概念を詳しく解説し、各タイプの心の機能や態度、発達段階を紹介しています。また、タイプダイナミクスを自分の成長や発展に活かす方法や事例も紹介しています。この本は、MBTIのタイプダイナミクスに興味がある人や、MBTIの奥深さや面白さを知りたい人におすすめです。
  • 16タイプ別 性格BOOK 本当のあなたの探し方 育て方:MBTIの16種類の性格タイプの特徴や強み、課題をイラストや図表でわかりやすく紹介し、自分のタイプを見つけるためのチェックリストや診断テストを提供しています。また、自分のタイプに合った生き方や仕事、人間関係のコツやアドバイスも紹介しています。この本は、視覚的に理解しやすい本が好きな人や、MBTIを実践的に活用したい人におすすめです。
  • 天生性格16种:中国の著者がMBTIの16種類の性格タイプの特徴や強み、課題を中国の文化や社会と結びつけて解説し、自分のタイプを見つけるための診断テストを提供しています。また、自分のタイプに合った恋愛や結婚、仕事、人間関係のコツやアドバイスも紹介しています。この本は、中国語が得意な人や、中国の文化や社会に興味がある人におすすめです。
  • MBTIタイプ入門 タイプとストレス編:MBTIのタイプとストレスというテーマに焦点を当て、各タイプがストレスを感じる原因や症状、対処法を紹介しています。また、タイプとストレスの関係を自分の健康や幸福に活かす方法や事例も紹介しています。この本は、MBTIのタイプとストレスというテーマに興味がある人や、自分や他人のストレスを軽減したい人におすすめです。

以上が、MBTIについて学べるおすすめの本の紹介でした。MBTIは、自分や他人の性格や傾向を知ることができる有用なツールですが、それだけで人を判断することはできません。人は、MBTIタイプによって決まるだけではなく、個人的な経験や環境によっても影響されます。また、MBTIタイプは、固定的なものではなく、変化する可能性もあります。

したがって、MBTIについて学ぶことは、自分や他人を理解するための一つの手がかりとして使うことができますが、それにとらわれることなく、柔軟に対応することが大切です。MBTIについて学ぶことで、自分の個性や強みを発揮し、幸せに生きることができます。

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)