その他

思考型と感情型の違いと相性をMBTIについて徹底解説!

MBTIとは、人の性格を16タイプに分類する心理学的な理論です。

この記事では、MBTIの判断機能と呼ばれる指標の一つである思考型と感情型の違いと相性について紹介します。

思考型と感情型とは

思考型と感情型とは

MBTIでは、人の性格を4つの次元で評価します。それぞれの次元は、以下のような対立する2つの特徴からなります。

– 外向性(E)と内向性(I):人との交流にエネルギーを得るか、自分の内面にエネルギーを得るか
– 感覚性(S)と直感性(N):具体的で実際的な情報を重視するか、抽象的で理論的な情報を重視するか
– 思考性(T)と感情性(F):論理的で客観的な分析を行うか、人間関係や感情を大切にするか
– 判断性(J)と知覚性(P):計画的で几帳面な行動を好むか、柔軟で自由な行動を好むか

思考型と感情型とは、第3の次元である思考性(T)と感情性(F)の違いを表しています。思考型と感情型とは、以下のような性格を持つことを意味します。

– 思考型(T):論理的で客観的な分析を行い、公平さや正確さを求める。自分の意見や主張をはっきりと伝えることができる。感情よりも事実や理由を優先する。
– 感情型(F):人間関係や感情を大切にする。他人の気持ちやニーズに配慮することができる。感情的で主観的な判断を行う。事実や理由よりも価値観や信念を優先する。

思考型と感情型の違いと相性

思考型と感情型の違いと相性

思考型と感情型は、考え方や判断基準が異なるため、相性が良いとは言い難いです。

思考型と感情型の間には、以下のような違いや問題が生じる可能性があります。

-感情型が感情的で合理的でないと感じる。感情型は、思考型が冷たくて無慈悲だと感じる。
– 感情型が自分の気持ちやニーズを言葉で伝えないと不満に思う。感情型は、思考型が自分の気持ちやニーズを読み取ってくれないと不満に思う。
– 感情型が人に左右されやすいと思う。感情型は、思考型が人に影響を与えられないと思う。
– 感情型が細かいことにこだわりすぎると思う。感情型は、思考型が大事なことを見落とすと思う。

思考型と感情型が上手く付き合うには、以下のような方法が有効です。

  •  感情型の感情を尊重し、傷つけないように気をつける。感情型は、思考型の論理を理解し、否定しないように気をつける。
  • 感情型の感情表現や読み取りを学ぶ。感情型は、思考型の意見や主張を聞く。
  •  感情型の人間関係や価値観を大切にする。感情型は、思考型の効率性や合理性を大切にする。
  • 感情型の長所や魅力を認める。感情型は、思考型の長所や魅力を認める。

思考型と感情型の違いに関するSNS投稿

  • MBTI診断結果、一番レアなINFJ(提唱者)だった。 自分使命は何かとか、特別な使命があるなんて全然考えたことがないし、感情思考どちらか言えば後者だ思ってる(数字も4%違い感情になってる。誤差範囲内?)

思考型と感情型の違いと相性のまとめ

思考型と感情型は、MBTIの判断機能と呼ばれる指標の一つで、論理的で客観的な分析を行うか、人間関係や感情を大切にするかという違いを表しています。

思考型と感情型は、考え方や判断基準が異なるため、相性が良いとは言い難いですが、互いの違いを理解し、尊重し、学ぶことで、良い関係を築くことができます。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)