その他

MBTIとは何の略?心理学的性格指標の基礎知識について徹底解説!

MBTIという言葉を聞いたことはありませんか?

MBTIは、人間の性格を16種類に分類する心理学的指標です。

MBTIは、自分や他人の性格や相性を知ることができるというメリットがあります。

しかし、MBTIとは何の略なのでしょうか?MBTIの歴史や理論、活用方法について、この記事で解説します。

MBTIとは何の略?

MBTIとは、Myers-Briggs Type Indicatorの略称です。直訳すると、「マイヤーズ=ブリッグスのタイプ指標」という意味になります。マイヤーズとブリッグスとは、MBTIの考案者であるイザベル・ブリッグス・マイヤーズとその母親であるキャサリン・クック・ブリッグスの姓です。タイプ指標とは、人間の性格をタイプに分ける指標という意味です。

MBTIは、スイスの心理学者カール・ユングが提唱した心理学的類型に基づいています。ユングは、人間の性格は4つの心理学的機能(感覚、直観、思考、感情)と2つの態度(外向、内向)によって決まると考えました。ブリッグスとマイヤーズは、ユングの理論を発展させ、さらに2つの機能(判断、知覚)を加えて、4つの二分法(外向・内向、感覚・直観、思考・感情、判断・知覚)を作りました。そして、これらの二分法を組み合わせて、16種類の性格タイプを定義しました。

MBTIの性格タイプとは?

MBTIの性格タイプとは、4つの二分法によって表される16種類の性格のことです。各二分法は、人間の心の働き方や行動傾向に関する選好を示しています。選好とは、好き嫌いではなく、自然に使いやすいと感じる方向性のことです。例えば、右利きの人は左手で書くこともできますが、右手で書く方が選好です。同様に、MBTIの二分法は、人が自分と反対の選好を持つこともできますが、自分の選好の方が使いやすいと感じることを示しています。

MBTIの性格タイプは、以下のように4文字のコードで表されます。

  • 外向・内向(E・I):自分のエネルギーを得る源は、外的な世界との相互作用か、内的な世界との瞑想か
  • 感覚・直観(S・N):自分が重視する情報は、現実的で具体的なものか、抽象的で理論的なものか
  • 思考・感情(T・F):自分が決断する基準は、論理的で客観的なものか、倫理的で主観的なものか
  • 判断・知覚(J・P):自分の生活スタイルは、計画的で組織的なものか、柔軟で自由なものか

例えば、ENFPという性格タイプは、外向・直観・感情・知覚の4つの選好を持つことを意味します。ENFPの人は、社交的で創造的で情熱的で自由奔放な性格と言えます。逆に、ISTJという性格タイプは、内向・感覚・思考・判断の4つの選好を持つことを意味します。ISTJの人は、内省的で現実的で合理的で責任感の強い性格と言えます。

MBTIの活用方法とは?

MBTIを知ることで、どのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは、MBTIを活用する方法を、以下の3つの分野に分けて紹介します。

  • 自己理解と自己成長
  • 人間関係とコミュニケーション
  • 職業とキャリア

自己理解と自己成長

MBTIを知ることで、自分の性格や傾向を深く理解することができます。自分の性格タイプに合った強みや弱み、興味や動機、価値観や目標などを明確にすることができます。また、自分の性格タイプとは異なる選好に挑戦することで、自分の可能性や成長を広げることができます。自分の性格タイプに応じた適切な学習方法やストレス対処法なども知ることができます。

人間関係とコミュニケーション

MBTIを知ることで、他人の性格や傾向を理解することができます。他人の性格タイプに合った強みや弱み、興味や動機、価値観や目標などを推測することができます。また、他人の性格タイプとは異なる選好に対応することで、他人の可能性や成長を支援することができます。他人の性格タイプに応じた適切なコミュニケーション方法やコンフリクト解決法なども知ることができます。

職業とキャリア

MBTIを知ることで、自分に合った職業やキャリアを見つけることができます。自分の性格タイプに合った仕事の内容や環境、役割や責任、報酬や評価などを考慮することができます。また、自分の性格タイプとは異なる職業やキャリアに挑戦することで、自分のスキルや経験を増やすことができます。自分の性格タイプに応じた適切なキャリアプランやキャリアチェンジの方法なども知ることができます。

MBTIとは何の略のまとめ

MBTIとは、Myers-Briggs Type Indicatorの略称で、人間の性格を16種類に分類する心理学的指標です。

MBTIは、自分や他人の性格や相性を知ることができるというメリットがあります。MBTIは、ユングの心理学的類型に基づいて、ブリッグスとマイヤーズによって考案されました。MBTIの性格タイプは、4つの二分法によって表される16種類の性格のことです。各二分法は、人間の心の働き方や行動傾向に関する選好を示しています。MBTIの性格タイプは、8つの認知機能から成るダイナミクスを持っており、それぞれの性格には強みや弱み、興味や動機、価値観や目標などがあります。MBTIを活用する方法は、自己理解と自己成長、人間関係とコミュニケーション、職業とキャリアの3つの分野に分けられます。MBTIを知ることで、自分に合った学習方法やストレス対処法、コミュニケーション方法やコンフリクト解決法、キャリアプランやキャリアチェンジの方法などを見つけることができます。MBTIは、自分や他人を理解し、自分をより生かすための座標軸として用いることができる有用なツールです。

 

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)