ESTP(起業家)

ESTPの性格悪いと言われる理由15選!その真相と対処法について徹底解説!!

ESTPとは、MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インディケーター)という性格分類法で、外向的・感覚的・思考的・柔軟なタイプの人を指します。

ESTPは、行動力があり、冒険好きで、現実的で、合理的な人です。

しかし、ESTPには、性格が悪いと言われることも多くあります。

なぜESTPは性格が悪いと言われるのでしょうか?

そして、ESTPと上手く付き合うにはどうすればいいのでしょうか?

この記事では、ESTPの性格の特徴と長所・短所、そしてESTPとのコミュニケーションのコツを紹介します。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

ESTPの性格特徴:

  • 行動力があり、問題に即座に対応する。
  • 冒険好きで新しいことに挑戦する。
  • 現実的で具体的な事実に基づいて判断する。

…etc

ESTPが頭おかしいと言われる理由30選!行動的で冒険好きな性格の裏側

ESTPの性格悪いと言われる理由1.衝動的な行動

ESTPの性格が「悪い」と言われる一因として、衝動的な行動が挙げられます。

ESTPはエネルギッシュで行動的な性格であり、新しいことに対する興味や関心が強いため、思いついたことをすぐに行動に移す傾向があります。

この即座に行動に移す性質は、多くの場合、ポジティブな結果をもたらすことがありますが、計画性を欠いたり、周囲の状況を考慮しない場合があるため、時には周囲に迷惑をかけたり、無責任な印象を与えることがあります。

また、ESTPは現在の状況に応じて柔軟に対応する能力がありますが、長期的な視野に欠けることが指摘されることもあります。短期的な目標や刺激に焦点を当てることが多く、長期計画を立てるのが苦手な面があるため、衝動的な行動が「性格が悪い」と捉えられることがあるのです。

このような衝動的な行動は、ESTPが持つエネルギーと情熱の表れであり、彼らの行動力や決断力の源泉です。しかし、チームでの協調や共同作業が求められる状況では、他者との調和を図りながら行動することが重要になります。ESTPの方々は、自己の行動が周囲に与える影響を意識し、バランスを取ることで、より良い結果を生み出すことができるでしょう。

ESTPの性格悪いと言われる理由2.注意散漫

ESTPは、現実的で実践的な解決策を好む性格タイプです。

彼らは瞬間を生き、刺激を求める傾向があります。そのため、長期的な計画や詳細なスケジュールを立てることにはあまり関心がなく、時には「注意散漫」と見なされることがあります。

例えば、学校でのプロジェクトや課題に取り組む際、ESTPは新しいアイデアや興味深い活動にすぐに飛びつくかもしれませんが、それが長期的な目標や全体の流れから逸脱している場合があります。このような行動は、計画性や一貫性を重視する人々からは、注意散漫や無責任と捉えられることがあります。

しかし、この特性はESTPの柔軟性や適応能力の表れでもあります。彼らは変化に迅速に対応し、新しい状況にすぐに適応することができるため、予期せぬ問題や緊急事態に対処する際には非常に有効です。したがって、注意散漫という特性は、状況によってはESTPの強みとなり得るのです。

ESTPの性格を理解し、彼らの強みを活かしながら、計画性や集中力を高める方法を見つけることが重要です。そうすることで、ESTPは自分の能力を最大限に発揮し、周囲との協力関係を築くことができるでしょう。

ESTPの性格悪いと言われる理由3.イライラしやすい

ESTPタイプが「イライラしやすい」と言われる理由は、彼らの性格が非常に行動指向であり、目標達成に対する強い意欲を持っているためです。

ESTPは、自分のペースや目標に合わないことに直面すると、忍耐力や協調性に欠ける傾向があります。

ESTPはエネルギッシュで、やりたいことに対して情熱的です。彼らは社会や世の中を変えるような大きな行動を起こすことができる力を持っていますが、その反面、忍耐や冷静さに欠けることがあります。また、自分が持つ情熱を周囲にも同じように求める傾向があるため、次のステップに移りたいときに周囲がついてこないとイライラすることがあります。

このような性格特性は、ESTPが目標に向かって直線的に進む力となりますが、チームでの協力や共同作業が必要な状況では、他者との衝突を引き起こす原因となることもあります。ESTPタイプは、自分の行動を貫こうとする強い意志を持っているため、時には周囲との調和を欠くことがあり、それが「性格が悪い」と捉えられることもあるのです。

したがって、ESTPタイプがイライラしやすいと言われるのは、彼らの行動的で目標志向の性格が、周囲との協調性や忍耐力を必要とする状況での対応に影響を与えるからと言えるでしょう。

ESTPの性格悪いと言われる理由4.自己中心的

ESTPタイプは、外向的で現実的、論理的、そして柔軟性を持つ性格として知られています。

彼らは行動的で、瞬間的な判断力や問題解決能力に優れていることが多いです。しかし、これらの特性が時に「自己中心的」と見なされることがあります。

ESTPが自己中心的と見なされる理由の一つは、彼らの強い自己主張と自信です。ESTPは自分の考えや意見をはっきりと伝えることができ、自分の能力に対する信頼が高いため、他人の意見や感情を軽視してしまうことがあります。また、彼らは目の前の事実やデータに基づいて判断するため、感情よりも論理を重視する傾向があり、これが共感の欠如と捉えられることもあります。

さらに、ESTPは行動が先行することが多く、思い立ったらすぐに行動に移す性質があります。この即時行動は、周囲の人々の意見や状況を十分に考慮しないと見なされることがあり、自己中心的な行動と解釈されることがあります。

しかし、ESTPの行動力や決断力は、チームやプロジェクトにおいて非常に価値のあるものです。彼らの能力を理解し、適切に導くことで、ESTPのポジティブな側面を引き出し、自己中心的と見なされることを減らすことができます。ESTPの性格を理解し、彼らの強みを活かすことが重要です。

ESTPの性格悪いと言われる理由5.感情的

ESTPの性格が「感情的」と言われる理由には、彼らのエネルギッシュで情熱的な性質が関係しています。

ESTPは、その場の雰囲気や刺激に強く引き寄せられ、感情に基づいて行動することが多いです。

このような感情の起伏が激しい傾向は、一時の感情に振り回されやすいとも言えます。喜怒哀楽がはっきりしており、その表現が豊かであるため、「面白い人」と思われることもありますが、同時に「性格に難あり」と捉えられることもあるのです。

また、ESTPは感情的な問題に対する理解が乏しいと見なされることもあります。彼らは自分や他人の感情にあまり関心がなく、それが利己的な行動に繋がることもあるためです。長期計画を立てるのが苦手で、現在の状況に応じて行動することを好むため、将来のことを考えることが少ないとも言われています。

このように、ESTPが「感情的」と言われるのは、彼らの行動や反応が感情に強く影響されること、そして感情をコントロールするのが苦手であることが原因です。しかし、これはESTPのダイナミックで直感的な性格の一面であり、彼らの行動力や決断力の源泉でもあります。感情的であることは、必ずしも否定的な特徴ではなく、状況によっては大きな強みとなることもあるのです。

ESTPの性格悪いと言われる理由6.協調性がない

ESTPの性格が「協調性がない」と言われる理由について、以下のように拡張して説明できます。

ESTPは、自分の意思に沿って直感や感情をベースに行動する傾向があります。彼らは、まわりの意見を聞いたり、空気を読んだりすることが苦手で、自分の行動を貫こうとするところがあります。

このような性質は、チームワークが重要な仕事やプロジェクトにおいて、他のメンバーとの調和を乱す可能性があります。特に、周囲が反対していたり否定意見が多かったりしても、自分の考えを変えずに行動するため、協調性がないと見なされることがあります。

また、ESTPは自分の行動や考えに対して情熱を持っており、それを否定されたり軽視されたりすることを好まないため、他人の意見や提案に対して抵抗を示すこともあります。これが、彼らが協調性がないと捉えられる一因となっています。

しかし、ESTPの行動の背後には、新しいアイデアや解決策を迅速に実行に移すという強みもあります。彼らは、状況に応じて柔軟に対応し、即座に問題を解決する能力を持っています。この点は、チームや組織にとって価値ある貢献となることも多いです。

ESTPの性格を理解し、彼らの強みを活かしながら、他者との協調を促進する方法を見つけることが、より良いチームワークを築く鍵となるでしょう。ESTPの人々が、自分の行動が周囲に与える影響を意識し、他者の意見に耳を傾けることで、協調性を高めることが可能です。

ESTPの性格悪いと言われる理由7.ルールを守らない

ESTPの性格が「悪い」と言われる理由の一つに、「ルールを守らない」という点があります。

ESTPは、MBTI性格タイプの中で、起業家型とも呼ばれ、エネルギッシュで行動的な特徴を持っています。彼らは自由を愛し、新しい体験や冒険を求める傾向があります。そのため、既存のルールや規範に縛られることを好まず、時には自分の信じる道を進むためにルールを破ることもあります。

ESTPがルールを守らない理由は、彼らが目的達成を非常に重視するからです。彼らにとって、目的を達成することが最優先であり、その過程でルールを破ることがあっても、それは目的のための手段として正当化されることがあります。ESTPは、自分の目で見たものや経験したことに基づいて行動を決定するため、他人が作ったルールよりも自分の判断を信じる傾向が強いのです。

しかし、このような行動は周囲の人々にとっては予測不可能であり、時には迷惑や混乱を招くこともあります。チームでの協力や共同作業が必要な状況では、ESTPのこのような特性が問題となることがあり、彼らの性格が「悪い」と捉えられる原因になることもあるのです。

ESTPの性格を理解し、彼らの強みを活かしながら、ルールを守る重要性について対話を促すことが、彼らとの良好な関係を築く鍵となります。また、ESTP自身も、自分の行動が周囲に与える影響を意識し、時にはルールを尊重する柔軟性を持つことが求められるでしょう。

ESTPの性格悪いと言われる理由8.内向的な人を見下す

ESTPの性格が悪いと言われる理由の一つに、「内向的な人を見下す」という点があります。

これは、ESTPが直感的で即決できる性格であるため、決断力や判断力を重視し、それが自身と異なる「熟考する人」や「決めかねる人」に対して、見下すような態度を取ることがあるとされています。

内向的な人々は、MBTIの性格タイプで頭文字が「I」(Introverted)で表されることが多く、物事をじっくりと考える傾向があります。ESTPはこのような内向的な性格を持つ人々に対して、自分たちとは異なるアプローチを取ることを理解しにくいため、彼らの行動を効率が悪いと捉え、価値を低く見積もることがあります。これは、ESTPが活動的で外向的な性格のため、内向的な人々の静かで思慮深い行動を、時として非効率的または非生産的と誤解することに起因しています。

さらに、ESTPは自己主張が強く、自分の意見やアイデアを積極的に表現することが得意ですが、これが内向的な人々とのコミュニケーションにおいて、彼らを圧倒してしまうこともあります。その結果、内向的な人々が自分の意見を述べる機会を失ったり、自分の価値を十分に発揮できない状況が生まれることもあるのです。

このような相違は、ESTPが内向的な人々との関係を築く際に、相互理解と尊重を深めるための課題となります。ESTPが他者の視点を理解し、異なる性格タイプの価値を認めることで、より協力的で調和の取れた関係を築くことが可能になるでしょう。

ESTPの性格悪いと言われる理由9.言い方がキツい

ESTPタイプが「言い方がキツい」と言われる理由は、彼らの直接的で率直なコミュニケーションスタイルにあります。

ESTPは現実的で合理的な思考を持ち、状況を素早く把握し、即座に行動に移す能力があります。この行動力と自信に満ちた姿勢が、時には他人に対して攻撃的または無神経に映ることがあります。

ESTPは感情よりも事実や論理を重視するため、他人の感情やニュアンスを見落としがちです。彼らは自分の意見をはっきりと述べることができ、時にはそれが周囲を傷つけることもあります。感情的な面での配慮が足りないことは、人間関係の中でトラブルの原因となることがあります。

また、ESTPは自分の信念や価値観を守ることを優先し、対立を恐れない姿勢を持っています。彼らは自分の考えを強く主張することがあり、この直接的で攻撃的に見える態度は、他人にとって「言い方がキツい」と感じられることがあります。

しかし、ESTPのこのようなコミュニケーションスタイルは、真実を追求し、問題を迅速に解決するためのものです。彼らの言葉がキツく感じられることがあっても、その背後には効率的で実用的な解決策を提案する意図があることを理解することが大切です。ESTPの性格を理解し、彼らの強みを活かすことが重要です。

ESTPの性格悪いと言われる理由10.迷惑をかけることが多い

ESTPの性格が「迷惑をかけることが多い」と言われる理由には、いくつかの要因があります。

ESTPはエネルギッシュで行動的な性格であり、新しいアイデアや挑戦に対する情熱が非常に強いです。このため、自分の興味や目標を追求する際に、周囲の状況や他人の感情を十分に考慮しないことがあります。

また、ESTPは自己中心的な傾向があるとも言われています。彼らは自分の欲求や目的を優先し、それを達成するためにはリスクを取ることをいとわないため、その結果として他人に迷惑をかけることがあります。特に、計画性を欠いた行動や、瞬間の感情に流されやすい性質が、無意識のうちに他人に負担を強いる結果を招くことがあるのです。

さらに、ESTPは短期的な視野に偏りがちで、長期的な計画を立てるのが苦手な面もあります。そのため、目の前の楽しさや興味に集中しすぎて、将来にわたる影響を見越した行動を取りにくいという特徴も、迷惑をかける原因となっています。

これらの特性は、ESTPが持つ行動力や決断力の源泉であり、彼らの魅力の一部でもあります。しかし、他者との協調や共同作業が求められる状況では、自己の行動が周囲に与える影響を意識し、バランスを取ることが重要です。ESTPの方々が、自分の強みを活かしつつ、他者の意見や感情にも配慮することで、より良い人間関係を築くことができるでしょう。

ESTPの性格悪いと言われる理由11.責任感がない

ESTPの性格が「責任感がない」と言われる理由については、ESTPの行動パターンと価値観に起因するところが大きいです。

ESTPは現実主義者であり、即座に行動を起こすことを好む性格です。彼らは瞬間的な判断や直感を重視し、その場の状況に応じて柔軟に対応する能力に長けています。しかし、このような特性が、長期的な計画や細かい責任を伴うタスクに対しては、あまり適していないと見なされることがあります。

ESTPは、短期的な成果を重視し、目の前の課題に集中する傾向があるため、長期的な視点での責任感を持つことが難しいとされています。また、彼らは変化を求める性質があり、一つのことに長くコミットすることを苦手とすることも、責任感がないと捉えられる一因です。さらに、ESTPはリスクを取ることを恐れず、冒険的な行動を好むため、計画性や安全性を重視する状況では、責任感の欠如と見なされることがあります。

しかし、ESTPが責任感がないと一概に言えるわけではありません。彼らは自分の行動に対する責任はしっかりと理解しており、自分の選択や決断には自信を持っています。問題は、他人が定めたルールや期待に対して、同じように責任を感じないことがある点です。ESTPは、自分の価値観や信念に基づいて行動するため、他人の基準に従うことに対しては抵抗を感じることがあります。

ESTPの性格を理解し、彼らの強みを活かしながら、長期的な責任感を育む方法を見つけることが、彼らとの良好な関係を築く鍵となります。ESTP自身も、自分の行動が周囲に与える影響を意識し、時には他人の期待に応える努力をすることが求められるでしょう。

ESTPの性格悪いと言われる理由12.短気で我慢が苦手

ESTPの性格が「短気で我慢が苦手」と言われる理由には、彼らの行動指向と即時の結果を求める傾向が関係しています。

ESTPはエネルギッシュで行動的な性格タイプであり、物事を迅速に進めたいという願望が強いため、プロセスに時間がかかることや予期せぬ遅延に対して短気になりやすいとされています。

彼らは現実的で具体的な結果を重視するため、長期的な計画よりも短期的な成功や成果に焦点を当てがちです。このため、目の前の課題に対して即座に取り組みたいという衝動が強く、その衝動を抑えることが苦手なのです。

また、ESTPは感情的な起伏が激しいこともあり、一時的な感情に流されやすい傾向があります。これが、短気になりやすい性格として表れることもあるでしょう。彼らは情熱的で、やりたいことに対しては非常に積極的ですが、その反面、忍耐力や冷静さに欠けることがあり、我慢することが苦手な印象を与えることもあります。

このような性格特性は、ESTPがストレスを感じやすい環境や状況では特に顕著になります。彼らは自分のペースで物事を進めることを好むため、他人のペースに合わせることや、自分の意志とは異なる状況に対しては、特に短気になりやすいと言えるでしょう。

ESTPの性格を理解し、彼らの行動指向や即時の結果を求める性質を考慮に入れることで、彼らとのコミュニケーションや協力関係をよりスムーズにすることができます。

ESTPの性格悪いと言われる理由13.感情に振り回されがち

ESTPタイプが「感情に振り回されがち」と言われる理由は、彼らの行動的で即座に反応する性質に起因しています。

ESTPはエネルギッシュで、瞬間の感情や刺激に強く引かれる傾向があります。このため、衝動的な行動を取ることがあり、感情に基づいて即座に決断を下すことが多いです。

ESTPは現実的で合理的な思考を持つ一方で、感情的な問題に対する理解が乏しいとされることがあります。彼らは自分や他人の感情にあまり関心がなく、それが利己的な行動に繋がることもあります。また、長期計画を立てるのが苦手で、現在の状況に応じて行動することを好むため、将来のことを考えることが少ないと言われます。

このような特性は、ESTPが感情に流されやすいと見なされる一因となっています。彼らは瞬間の感情に流されやすく、長期的な計画を立てるのが苦手であるため、感情の起伏によって行動が左右されることがあります。しかし、この衝動性は新しい体験や学びにつながる源泉でもあります。ESTPはリスクを恐れず、新しいことに挑戦することで高揚感と達成感を得ることができます。

ESTPの性格を理解し、彼らの強みを活かすことが重要です。彼らの即座の反応や行動力は、多くの場合、チームやプロジェクトにとって大きな推進力となります。ESTPの性格を肯定的に捉え、彼らのエネルギーと行動力を適切に導くことで、感情に振り回されることなく、その能力を最大限に発揮させることができるでしょう。

ESTPの性格悪いと言われる理由14.継続が大の苦手

ESTPの性格が「継続が大の苦手」と言われる理由は、彼らの行動指向と刺激を求める性質にあります。

ESTPはエネルギッシュで、新しい経験や刺激に対する好奇心が非常に強いです。彼らはその瞬間瞬間に最大限の楽しさや満足を求め、新鮮な体験を追い求めるため、一つのことに長く集中するのが苦手とされています。

また、ESTPは現実的で即興的なアプローチを好むため、長期的な計画を立てることが苦手です。彼らは瞬間の感情や興味に基づいて行動することが多く、物事がすぐに結果に結びつかないとき、簡単に興味を失うことがあります。このような性格特性は、長期的な目標や計画に対する継続力が低いと捉えられることがあります。

さらに、ESTPは多様な刺激を求める傾向があるため、単調な作業やルーティンワークに飽きやすく、注意散漫になりがちです。これが、一つのことに長く取り組むことが難しいと見られる理由の一つです。

しかし、この「継続が苦手」という特性は、ESTPが新しいアイデアや解決策を素早く見つけ、変化に柔軟に対応できるという長所にも繋がっています。彼らの行動力や即決力は、特定の状況や職業で非常に価値があると言えるでしょう。ESTPの性格は、継続力の欠如という短所だけでなく、その瞬間瞬間を最大限に生きるという長所も含んでいるのです。

ESTPの性格悪いと言われる理由15.他人の感情に無頓着

ESTPの性格が「他人の感情に無頓着」と言われる理由には、彼らの行動や意思決定が自己中心的であると捉えられることがあります。

ESTPは外向的で行動的な性格を持ち、瞬間的な刺激や興奮を求める傾向があります。このため、自分の目的や欲求を追求する際に、他人の感情や反応を十分に考慮しないことがあります。

また、ESTPは現実的で客観的なアプローチを好むため、感情よりも事実や結果を重視する傾向があります。これが、他人の感情に対して無頓着に見える原因となることがあります。彼らは自分や他人の感情にあまり関心がなく、それが利己的な行動に繋がることもあるとされています。

さらに、ESTPは短期的な視野に偏りがちで、長期計画を立てるのが苦手です。そのため、将来のことを考えるよりも現在の状況に応じて行動することを好むため、他人の感情に無頓着に見えることがあります。

しかし、これらの特性はESTPの行動力や決断力の源泉であり、彼らの魅力の一部でもあります。ESTPの人々が、自分の行動が周囲に与える影響を意識し、他者の意見や感情にも配慮することで、より良い人間関係を築くことができるでしょう。ESTPの性格を理解し、彼らの強みを活かしながら、他者との協調を促進する方法を見つけることが、より良いチームワークを築く鍵となるでしょう。

ESTPの性格の特徴と長所・短所

ESTPは、以下のような性格の特徴を持っています。

  • 行動力があり、目の前の問題に即座に対応します。
  • 冒険好きで、新しいことに挑戦するのが好きです。
  • 現実的で、具体的な事実や経験に基づいて判断します。
  • 合理的で、論理的に物事を分析します。
  • 柔軟で、状況に応じて自分の態度や行動を変えます。
  • 人と話すのが得意で、場を盛り上げるのが上手です。
  • 自信があり、自分の意見や感情をはっきりと表現します。

ESTPの性格の長所は、以下のようなものがあります。

  • 危機管理能力が高く、困難な状況でも冷静に対処できます。
  • 創造力が豊かで、既存の枠にとらわれずに新しいアイデアを出せます。
  • 決断力があり、迷わずに行動に移せます。
  • リーダーシップがあり、人を引っ張っていけます。
  • 楽観的で、ポジティブな姿勢で物事に取り組めます。
  • 社交的で、人との関係を広げやすく、人気者になれます。
  • 自立心が強く、自分の人生を自分で切り開けます。

一方、ESTPの性格の短所は、以下のようなものがあります。

  • 規則や約束を守るのが苦手で、自分のやりたいことを優先します。
  • 計画性や継続性がなく、目先の楽しみに流されやすいです。
  • 感情的な面や人間関係の面を軽視し、他人の気持ちを傷つけることがあります。
  • 批判や反対に対して敏感で、自分の正しさを主張しすぎることがあります。
  • 頑固で、自分の考えややり方を変えるのが嫌いです。
  • 飽きっぽく、興味がなくなるとすぐに投げ出すことがあります。
  • 自己中心的で、自分の利益や欲求を優先します。

ESTPとのコミュニケーションのコツ

ESTPと上手く付き合うには、以下のようなコミュニケーションのコツがあります。

  • ESTPは、直接的で率直な言葉が好きです。遠回しに言ったり、ぼかしたりすると、信頼されません。ESTPに話しかけるときは、はっきりと自分の意見や要求を伝えましょう。
  • ESTPは、具体的で現実的な話が好きです。抽象的な話や理論的な話には興味がありません。ESTPに話すときは、事実や経験に基づいた話をしましょう。
  • ESTPは、新しいことや刺激的なことが好きです。同じことの繰り返しや退屈なことには飽きます。ESTPに話すときは、変化や挑戦を提案しましょう。
  • ESTPは、自分の感情や価値観を尊重してほしいと思っています。ESTPの考えや行動を否定したり、批判したりすると、反発します。ESTPに話すときは、理解や賞賛を示しましょう。
  • ESTPは、人との交流が好きです。ESTPと話すときは、楽しくやりとりしましょう。ESTPのユーモアや冗談に笑ってあげたり、自分の面白い話をしたりしましょう。

ESTPの性格悪いに関する実体験エピソード

私はESTPの性格タイプで、活動的で社交的な性格ですが、時には衝動的で競争心が強いため、周りと衝突することもあります。

ある日、学校でグループプロジェクトがありました。私は自分のアイデアが最も効果的だと信じていたので、他のメンバーの意見を聞かずに進めようとしました。しかし、これがグループ内での緊張を生み、結局プロジェクトは思うように進まなくなりました。

この経験から、私は自分の行動が他人にどのような影響を与えるかを考えるようになりました。ESTPとしての強みを活かしつつ、他人の意見に耳を傾け、協調性を持って行動することの大切さを学んだのです。このように、自己認識と成長の機会を提供してくれるのが、ESTPの性格の一面です。

ESTPの性格は本当に悪いのか?その真相と対処法について徹底解説!まとめ

ESTPは、行動力があり、冒険好きで、現実的で、合理的な人です。

しかし、ESTPには、性格が悪いと言われることも多くあります。

ESTPの性格の長所と短所を理解し、コミュニケーションのコツを使えば、ESTPとの関係は良好になります。

ESTPは、自分のやり方に自信がありますが、他人の意見や感情も尊重できるようになれば、さらに魅力的な人になれます。

ESTPが頭おかしいと言われる理由30選!行動的で冒険好きな性格の裏側

ABOUT ME
この記事の監修者
MBTIラボ編集部。2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTIラボ」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA