その他

MBTIは科学的に信頼できるのか?その信頼性と根拠について徹底解説!

MBTIとは、Myers-Briggs Type Indicator(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター)の略称で、人間の性格を16タイプに分類する性格診断ツールです。

MBTIは、スイスの心理学者カール・ユングのタイプ論をもとに、アメリカの母娘キャサリン・ブリッグスとイザベル・マイヤーズが開発しました。MBTIは、自分や他人の性格を理解し、コミュニケーションやキャリア、恋愛などに役立てることができるとして、世界中で広く利用されています。しかし、MBTIは本当に科学的に信頼できるのでしょうか?

この記事では、MBTIの歴史と根拠について、以下の4つの観点から解説します。

  • MBTIの歴史と開発過程
  • MBTIの理論と構成要素
  • MBTIの信頼性と妥当性
  • MBTIの利用方法と注意点

【科学的根拠】MBTIの歴史と開発過程

MBTIの歴史と開発過程としては、以下のような点があります。

  • ユングのタイプ論の影響。MBTIの原型となったのは、ユングのタイプ論です。ユングは、人間の心理的な傾向を、外向型と内向型、感覚型と直観型、思考型と感情型の3つの対立軸によって分類しました。ユングは、これらの傾向は生まれつきのものであり、人間の行動や思考に影響を与えると考えました。ユングのタイプ論は、1921年に出版された『心理学的類型』という著書で紹介されました。
  • ブリッグスとマイヤーズの研究と開発。MBTIの開発者であるブリッグスとマイヤーズは、ユングのタイプ論に強い関心を持ちました。ブリッグスは、自分や家族、友人の性格をユングのタイプ論で分析し始めました。マイヤーズは、第二次世界大戦中に、自分に合った仕事を見つけることができる性格診断ツールの必要性を感じました。ブリッグスとマイヤーズは、ユングのタイプ論をもとに、自分の性格タイプを判定できる質問票を作成しました。彼女たちは、1940年代から1970年代にかけて、質問票の改良や検証を繰り返しました。彼女たちは、ユングのタイプ論に、判断型と知覚型という4つ目の対立軸を加え、16タイプの性格分類を完成させました。彼女たちの作成した質問票が、MBTIの原型となりました。
  • MBTIの普及と発展。MBTIは、1975年に初めて出版されました。その後、1985年と1998年に改訂版が出版されました。MBTIは、アメリカを中心に、教育や企業、カウンセリングなどの分野で広く利用されるようになりました。MBTIは、世界中で約2000万人以上が受けており、30以上の言語に翻訳されています。MBTIは、現在も研究や開発が続けられており、最新の心理学や統計学の知見を取り入れています。

【科学的根拠】MBTIの理論と構成要素

MBTIの理論と構成要素としては、以下のような点があります。

  • MBTIの理論。MBTIの理論は、人間の性格は、4つの対立する傾向の組み合わせによって表されるというものです。これらの傾向は、以下のように呼ばれます。
    • 気質(エネルギーの向き)。外向型(E)と内向型(I)の対立軸です。外向型は、外部の世界にエネルギーを向け、人との交流や行動を好みます。内向型は、内部の世界にエネルギーを向け、独りで考えたり静かな環境を好みます。
    • 情報収集(知覚の機能)。感覚型(S)と直観型(N)の対立軸です。感覚型は、具体的で現実的な情報を収集し、五感や経験に基づいて判断します。直観型は、抽象的で理論的な情報を収集し、想像力やひらめきに基づいて判断します。
    • 意思決定(判断の機能)。思考型(T)と感情型(F)の対立軸です。思考型は、論理的で客観的な意思決定をします。感情型は、倫理的で主観的な意思決定をします。
    • 生活態度(外界への態度)。判断型(J)と知覚型(P)の対立軸です。判断型は、計画的で組織的な生活態度をとります。知覚型は、柔軟で自由な生活態度をとります。
  • MBTIの構成要素。MBTIの構成要素は、以下のようになります。
    • 質問票。MBTIの質問票は、93から144の質問からなります。質問は、自分の性格に関する2つの選択肢から、より当てはまる方を選ぶ形式です。質問は、4つの対立する傾向のうち、どれにより近いかを測定します。
    • タイプ表。MBTIのタイプ表は、4つの対立する傾向の組み合わせによって、16タイプの性格を表します。タイプ表は、4つの文字のコードでタイプを示します。例えば、外向型・感覚型・思考型・判断型のタイプは、ESTJというコードになります。タイプ表は、各タイプの特徴や相性などを説明します。
    • レポート。MBTIのレポートは、質問票の回答に基づいて、自分の性格タイプやその特徴を詳しく説明する文書です。レポートは、自分の性格タイプの強みや弱み、コミュニケーションやキャリア、恋愛などの分野での傾向やアドバイスなどを提供します。レポートは、自分の性格タイプを深く理解し、自分の成長や発展に役立てることができます。

【科学的根拠】MBTIの信頼性と妥当性

MBTIの信頼性と妥当性としては、以下のような点があります。

  • 信頼性。信頼性とは、同じ測定を繰り返しても、同じ結果が得られるかどうかを表す指標です。MBTIの信頼性は、一般的に高いと言われています。MBTIの信頼性を測る方法としては、再テスト法や内部整合性法などがあります。再テスト法とは、同じ人に同じ質問票を2回以上受けさせて、結果の一致度を測る方法です。内部整合性法とは、同じ質問票の中の似たような質問の回答の一致度を測る方法です。MBTIの再テスト法による信頼性は、約75%から90%と言われています。MBTIの内部整合性法による信頼性は、約0.7から0.9と言われています。これらの数値は、信頼性の高い測定としては、十分な水準と言えます。
  • 妥当性。妥当性とは、測定が本当に測ろうとしているものを測っているかどうかを表す指標です。MBTIの妥当性は、一般的に低いと言われています。MBTIの妥当性を測る方法としては、構成概念妥当性や基準関連妥当性などがあります。構成概念妥当性とは、測定が理論的に正しいかどうかを測る方法です。基準関連妥当性とは、測定が他の測定や現実と関連しているかどうかを測る方法です。MBTIの構成概念妥当性は、ユングのタイプ論が科学的に証明されていないことや、4つの対立する傾向が連続的なスペクトラムではなく、二分的なカテゴリーとして扱われていることなどにより、低いと言われています。MBTIの基準関連妥当性は、MBTIの結果が、仕事や学業の成績や満足度などの客観的な指標と関連がないことや、MBTIの結果が、自己評価や他者評価と一致しないことなどにより、低いと言われています。

【科学的根拠】MBTIの利用方法と注意点

MBTIの利用方法と注意点としては、以下のような点があります。

  • 利用方法。MBTIの利用方法としては、以下のような方法があります。
    • 自己理解や自己啓発のために利用する。MBTIは、自己理解や自己啓発のために利用することができます。MBTIは、自分の性格タイプやその特徴を知ることで、自分の強みや弱み、改善点や発展点を見つけることができます。MBTIは、自分の性格タイプに合った仕事や趣味、パートナーなどを選ぶことで、自分にとっての幸せや満足感を高めることができます。
    • 他人理解や人間関係の改善のために利用する。MBTIは、他人理解や人間関係の改善のために利用することができます。MBTIは、他人の性格タイプやその特徴を知ることで、他人の行動や思考の背景を理解することができます。MBTIは、他人の性格タイプに合わせたコミュニケーションや対応の方法を学ぶことで、他人との関係やコミュニケーションをスムーズにすることができます。
  • 注意点。MBTIの注意点としては、以下のような点があります。
    • MBTIは、性格タイプの可能性を示すものであり、性格タイプの決定的なものではないということを忘れないでください。MBTIは、性格タイプの可能性を示すものであり、性格タイプの決定的なものではないということを忘れないでください。MBTIは、自分や他人の性格を理解するためのツールであり、自分や他人の性格を固定化するためのラベルではありません。MBTIは、自分や他人の性格に対して、柔軟で開かれた態度を持つことが大切です。
    • MBTIは、科学的に信頼できるという証拠がないことを忘れないでください。MBTIは、科学的に信頼できるという証拠がないことを忘れないでください。MBTIは、信頼性や妥当性という測定の基本的な指標において、低い水準にあると言われています。MBTIは、自分や他人の性格を知るための参考程度にとどめることが大切です。

MBTIは科学的に信頼できるのか?その信頼性と根拠について徹底解説!まとめ

MBTIは、人間の性格を16タイプに分類する性格診断ツールです。

MBTIは、ユングのタイプ論をもとに、ブリッグスとマイヤーズが開発しました。MBTIは、自分や他人の性格を理解し、コミュニケーションやキャリア、恋愛などに役立てることができるとして、世界中で広く利用されています。しかし、MBTIは本当に科学的に信頼できるのでしょうか?MBTIの信頼性や妥当性は、一般的に低いと言われています。MBTIは、自分や他人の性格を知るためのツールであり、性格タイプの決定的なものではないということを忘れないでください。

MBTIは、自分や他人の性格に対して、柔軟で開かれた態度を持ち、参考程度にとどめることが

ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー取得。現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)