INFP(仲介者)

INFPと相性悪いタイプTOP16!仲介者タイプについて徹底解説!!

MBTIの中でも特に独特な感性を持つINFPタイプは、理想主義者であり、内省的な性格をしています。

しかし、その繊細さが時として他のタイプとの相性の悪さを生むことも。

今回は、INFPと相性が悪いとされるタイプをランキング形式でご紹介します。

INFPの方々が日常生活や職場で遭遇するかもしれない、相性の難しさを感じるタイプを、その理由と共に掘り下げていきます。

第16位:ESTJ – 管理者タイプ

ESTJタイプは組織や秩序を重んじるタイプです。

彼らはルールや伝統を尊重し、それに従うことを期待します。

一方、INFPは自由を愛し、規則よりも個人の価値を大切にします。

この基本的な価値観の違いが、両者の間に摩擦を生む原因となります。

第15位:ENTJ – 指導者タイプ

ENTJタイプは強いリーダーシップを発揮し、目標達成に向けて効率的な方法を模索します。

そのため、感情よりも論理を重視する傾向があります。

INFPは感情を大切にするため、ENTJの合理的なアプローチに圧倒されることがあります。

第14位:ESTP – 実行者タイプ

ESTPタイプは現実的で、即座に行動を起こすことを好みます。

彼らは冒険を求め、刺激を楽しむ傾向があります。

一方でINFPは内向的で、深く考える時間を必要とします。

この行動パターンの違いが、相性の悪さを引き起こすことがあります。

第13位:ESFJ – 社交的な支援者タイプ

ESFJタイプは外向的で、人々との調和を大切にします。

彼らはグループ内での結束を重んじ、規範に従うことを期待します。

INFPは個人の価値を尊重し、集団よりも個人の自由を重視するため、ESFJの集団主義とは相性が悪いです。

第12位:ISFJ – 守護者タイプ

ISFJタイプは保守的で、安定と秩序を求めます。

彼らは変化を好まず、既存のシステムを守ることに尽力します。

INFPは新しいアイデアや創造性を重視するため、ISFJの保守的な姿勢とは相性が悪いです。

第11位:ESFP – 自由奔放な芸術家タイプ

ESFPタイプは社交的で、現在の楽しみを追求します。

彼らは周囲の人々との交流を楽しみ、常に活動的です。

INFPは内省的で、一人の時間を大切にするため、ESFPの外向的な性格とは相性が悪いです。

第10位:ENFJ – 教育者タイプ

ENFJタイプは他者を励ますことに情熱を注ぎ、集団の調和を重視します。

彼らは人々の成長を支援し、ポジティブな影響を与えることを目指します。

しかし、INFPは自分の内面の世界に重きを置き、外部からの圧力に敏感です。

ENFJの強い社会的期待は、INFPにとって負担となることがあります。

第9位:INTJ – 戦略家タイプ

INTJタイプは独立心が強く、長期的な計画を立てることに優れています。

彼らは自己のビジョンに従い、効率的な方法で目標を達成しようとします。

INFPはその場の感情や直感を大切にするため、INTJの計画性とは相性が悪いです。

第8位:INFJ – カウンセラータイプ

INFJタイプは理想を追求し、深い洞察力を持っています。

彼らは人間関係において深い意味を求め、個人の成長を促進します。

しかし、INFPは自分の価値観に基づいて行動するため、INFJの理想主義とは時に衝突します。

第7位:ISTP – 職人タイプ

ISTPタイプは現実的で、手に職を持つことを重視します。

彼らは具体的な結果を出すことに焦点を当て、実用性を追求します。

INFPは理想を追い求める傾向があり、ISTPの実務的なアプローチとは相性が悪いです。

第6位:ISFP – 冒険家タイプ

ISFPタイプは自由を愛し、瞬間の美を追求します。

彼らは芸術的な表現に価値を見出し、感情を通じて世界を体験します。

しかし、INFPはより内向的で、自己の内面に焦点を当てるため、ISFPの即興的な行動とは相性が悪いです。

第5位:INTP – 論理学者タイプ

INTPタイプは理論的で、知識を追求することに情熱を持っています。

彼らは論理的な思考を重視し、新しいアイデアを探求します。

INFPは感情を重んじ、人間関係においては直感を信じるため、INTPの分析的な性格とは相性が悪いです。

第4位:ENFP – チャンピオンタイプ

ENFPタイプは情熱的で、新しい可能性を常に探しています。

彼らは創造性を発揮し、周囲を鼓舞することを得意とします。

しかし、INFPは自分の内面の世界を大切にし、外部からの刺激に敏感です。ENFPの外向的なエネルギーは、INFPにとって過剰なことがあります。

第3位:ENTP – 発明家タイプ

ENTPタイプは革新的で、常に新しい可能性を探求します。

彼らは議論を愛し、知的な刺激を求めます。

INFPは対立を避け、調和を重視するため、ENTPの挑戦的な性格とは相性が悪いです。

第2位:ESTP – 実行者タイプ

ESTPタイプは現実的で、即座に行動を起こすことを好みます。

彼らは冒険を求め、刺激を楽しむ傾向があります。

一方でINFPは内向的で、深く考える時間を必要とします。

この行動パターンの違いが、相性の悪さを引き起こすことがあります。

第1位:ENTP – 発明家タイプ

ENTPタイプは革新的で、常に新しい可能性を探求します。

彼らは議論を愛し、知的な刺激を求めます。

INFPは対立を避け、調和を重視するため、ENTPの挑戦的な性格とは相性が悪いです。

INFPと相性悪いタイプに関する実体験エピソード

学校での私の実体験エピソードとして、INFPと相性が悪いと感じたタイプについてお話しします。

私はINFPの性格を持っており、感情豊かで理想主義的な性格です。しかし、ある時、ESTJのクラスメートとのグループプロジェクトで衝突がありました。

ESTJのクラスメートは非常に実務的で、効率と結果を重視するタイプでした。私たちのプロジェクトでは、私は創造的なアイデアを出すことに熱心でしたが、ESTJのクラスメートはそれらのアイデアが現実的でないと感じ、すぐに実行に移せる計画を求めていました。

ある日、私が提案したアイデアをESTJのクラスメートが却下した時、私たちは意見の不一致で大きな議論になりました。私は自分のアイデアが理解されないことに落胆し、ESTJのクラスメートはプロジェクトの遅れにイライラしていました。

最終的に、私たちはお互いの違いを認め、互いの長所を活かす方法を見つけることができました。私はESTJのクラスメートの組織力を認め、彼は私の創造性を尊重するようになりました。この経験から、相性が悪いと感じるタイプとも、お互いの価値観を尊重し合えば、協力して目標を達成することができると学びました。

INFPと相性悪いに関するSNS投稿

  • INFP相性悪いってよく言われるんだけど、 旦那も仲良い子もほとんどINFPだから多分そんなことない← 喧嘩したらやばそうだけどね
  • 1番INFPだいすきなのに 1番INFP相性悪いESTJになった
  • 相性悪いっぽいINFPになんでかよく好かれるENFPです。 ISTPが相性最高なのに全然おらんです。

INFPと相性悪いタイプTOP16!仲介者タイプについて徹底解説!!まとめ

INFPタイプは独自の価値観と感性を持ち、それが他のタイプとの関係性に影響を与えることがあります。

今回紹介した相性の悪いタイプとは、必ずしも避けるべきというわけではありません。

相互理解と尊重を深めることで、異なるタイプ同士でも豊かな関係を築くことができます。

INFPの方々がより良い人間関係を築くための一助となれば幸いです。

ABOUT ME
この記事の監修者
MBTIラボ編集部。2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTIラボ」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者) X(旧Twitter):@jp_16labo

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA