その他

心理機能診断サイトの見方まとめ完全版と16タイプ性格診断の方法について

秘書(ENTP)
秘書(ENTP)
心理機能ってなんですか?
管理人(INFJ)
管理人(INFJ)
スイスの心理学者カール・ユングが提唱した概念で、人間が脳で情報を処理する方法や傾向を指しているんだ。それを心理機能読んでいる。

MBTIは、個人の性格を16のタイプに分類する心理学的ツールです。

この記事では、MBTIの心理機能診断について解説し、各タイプの特徴を理解するためのサイトを紹介します。

心理機能の理解は、自己理解と他者理解の深化に寄与します。注意点を押さえつつ、16タイプそれぞれの性格診断についても考察していきます。

忙しい方向けに、本記事の内容を私がまとめると以下の通りです。

  • MBTIの心理機能には外向的感覚、内向的感覚、外向的直感、内向的直感、外向的思考、内向的思考、外向的感情、内向的感情の8つがあり、それぞれの機能が個人の行動や嗜好に影響を与える。
  • 心理機能診断を通じて、自己理解を深めることができるが、個人の全てを表すものではないことを理解する必要がある。
  • 心理機能診断の結果を柔軟に捉え、自己発見や他者との関係改善に活用することが推奨されている。

学校で心理機能診断を行った際の実体験についてお話しします。

私が教鞭をとっていた時、学生たちの自己理解を深めるために心理機能診断を導入しました。学生たちは自分たちのMBTIタイプを知ることに興味を持ち、診断に積極的に参加しました。

診断結果が出た後、学生たちは自分のタイプに基づいて、グループディスカッションを行いました。例えば、「ENFP」タイプの学生はアイデアに富んだ議論を展開し、「ISTJ」タイプの学生は具体的な計画を提案しました。異なるタイプの学生が協力することで、グループワークはより創造的で実践的なものになりました。

この活動を通じて、学生たちは自分と他者の性格の違いを理解し、それを尊重することの大切さを学びました。また、自分の強みを活かし、チームとしての目標達成に向けて協力することの重要性を実感しました。

心理機能診断は、学生たちにとって自己理解を深めるだけでなく、他者とのコミュニケーションを改善し、協力する力を育むための貴重なツールとなりました。この経験から、学生たちは自分自身と他者をより深く理解し、互いの違いを受け入れることの価値を学びました。

このエピソードは、心理機能診断が個人の自己理解を促進するだけでなく、集団の中での相互理解と協力を深めるための有効な手段であることを示しています。学生たちは、自分の性格タイプを理解することで、自分の強みを活かし、他者との関係をより良いものにする方法を見つけることができました。心理機能診断は、学校教育においても、学生たちの成長と発展に寄与する重要なツールです。ですから、このような診断を通じて、学生たちの自己理解と相互理解を促進することをお勧めします。

【MBTI】心理機能診断サイトの見方まとめ完全版

心理機能診断に関しておすすめのサイト

心理機能診断に関しておすすめのサイトをいくつかご紹介します。

16Personalities

このサイトは、無料で性格診断テストを提供しており、MBTIに基づいた詳細な性格タイプレポートを得ることができます。直感的で使いやすいインターフェースが特徴です。

MBTI×パーソナリティー

こちらのサイトでは、内向的感情や外向的思考など、MBTIの8つの心理機能の強さを測る診断テストがあります。自分の心理機能の傾向を知るのに役立ちます。

キャリアジャーナル

無料で受けられる性格診断サイトやツールを多数紹介しており、MBTI診断を含む様々な性格診断が可能です。

これらのサイトは、自己理解を深めるための出発点として非常に有用です。ただし、心理機能診断はあくまで一つのツールであり、個人の全てを表すものではないことを念頭に置いてください。診断結果を参考にしつつ、自分自身や他者との理解を深めるために活用することをお勧めします。どうぞ、これらのサイトで楽しく、かつ有意義な自己探求の時間をお過ごしください。

秘書(ENTP)
秘書(ENTP)
これら以外にもたくさんあります。

心理機能診断とは

心理機能診断とは、スイスの精神科医カール・ユングによって提唱された理論に基づいています。

この診断は、人々の意思決定プロセスや情報処理のスタイルを理解するために、8つの異なる心理機能を評価するものです。これらの心理機能は、以下の4つの対に分類されます:

  1. 外向的感覚内向的感覚:現実世界の具体的な情報をどのように処理するか。
  2. 外向的直感内向的直感:可能性や未来の予測に関する情報処理。
  3. 外向的思考内向的思考:論理的、客観的な判断のプロセス。
  4. 外向的感情内向的感情:価値観や感情に基づく判断。

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)は、これらの心理機能を用いて、16の異なる性格タイプを定義しています。個人の主要な心理機能と補助的な心理機能の組み合わせによって、その人の性格タイプが決定されます。

心理機能診断は、自己理解を深めるためのツールとしてだけでなく、他者とのコミュニケーションや対人関係を改善するための手がかりを提供します。しかし、この診断はあくまでガイドラインであり、個人の複雑さや成長の可能性を完全には捉えきれないことを理解することが重要です。ですから、心理機能診断の結果を柔軟に捉え、自己発見の一環として活用することをお勧めします。

管理人(INFJ)
管理人(INFJ)
自分の考え方や情報を処理する時の癖みたいなものが分かるんだ。

【心理機能診断】各心理機能の説明

MBTIの心理機能には、以下の8つがあります。

これらは、私たちが世界をどのように知覚し、情報を処理するかを示すものです。

外向的感覚(Se)

現在の環境や経験に焦点を当て、具体的な事実や詳細を通じて世界を知覚します。

内向的感覚(Si)

過去の経験や記憶に基づき、安定性や予測可能性を重視して情報を処理します。

外向的直感(Ne)

可能性やアイデアを探求し、隠された意味や関連性を見つけ出すことに興味を持ちます。

内向的直感(Ni)

直感を通じて将来のビジョンや洞察を得ることに重点を置き、内面の世界で情報を処理します。

外向的思考(Te)

論理的で客観的な判断を行い、効率性や組織化を通じて外の世界に秩序をもたらします。

内向的思考(Ti)

精密さや正確さを求め、内面の論理的な枠組みを構築することに焦点を当てます。

外向的感情(Fe)

社会的な調和や他者の感情を重視し、人間関係を円滑にするための行動を取ります。

内向的感情(Fi)

個人の価値観や感情に基づいて判断し、自己の内面の調和を大切にします。

これらの心理機能は、MBTIの16の性格タイプを理解する上で重要な要素です。

各個人はこれらの機能を異なる程度で使用し、それが個々の行動や嗜好に影響を与えます。

心理機能診断を通じて、自己理解を深めることができるでしょう。

ただし、これらの診断はあくまで一つの指標であり、個人の全てを表すものではありません。

それぞれの特性を理解し、肯定的な視点で自己と他者を見つめることが大切です。

【心理機能診断】読み方と見方

心理機能診断の読み方についてご説明します。

心理機能診断の結果は、個人の性格タイプを理解するための重要な手がかりを提供します。MBTIでは、各個人が8つの心理機能を異なる程度で使用し、それが性格タイプを形成します。診断結果を読む際には、以下の点に注意してください。

主要機能と補助機能

各性格タイプは、主要機能(ドミナント機能)と補助機能(オーキシャリー機能)を持ちます。これらは、その人が情報をどのように処理し、意思決定を行うかを示します。

機能の順位

主要機能は最も自然に使われる機能であり、個人の行動や嗜好に大きな影響を与えます。補助機能は、主要機能をサポートし、バランスを取る役割を果たします。

ストレス時の機能

ストレスや疲労時には、通常はあまり使われない機能(劣位機能)が現れることがあります。これにより、普段とは異なる行動が見られることがあります。

成長と発展

MBTIは、個人の成長と発展の過程を理解するためのツールでもあります。時間とともに、異なる心理機能が発達し、よりバランスの取れた性格へと成長することができます。

全体的なパターン

診断結果の個々の機能よりも、それらがどのように組み合わさって全体的な性格パターンを形成するかを理解することが重要です。

心理機能診断の結果は、自己理解を深めるための出発点として非常に有用ですが、個人の全てを表すものではありません。

診断結果を柔軟に捉え、自己発見の一環として活用することをお勧めします。

また、他者とのコミュニケーションや対人関係を改善するための手がかりとしても役立ちます。

心理機能診断を通じて、自分自身や他者との関係をより良いものにする方法を見つけていただければと思います。

【心理機能診断】心理機能とMBTIの関係性は?

心理機能とMBTIの関係性について説明します。

MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ指標)は、カール・ユングの心理機能の理論を基に作られた性格類型理論です。MBTIでは、人々の行動や嗜好、意思決定のプロセスを理解するために、以下の8つの心理機能を用います:

  1. 外向的感覚(Se)
  2. 内向的感覚(Si)
  3. 外向的直感(Ne)
  4. 内向的直感(Ni)
  5. 外向的思考(Te)
  6. 内向的思考(Ti)
  7. 外向的感情(Fe)
  8. 内向的感情(Fi)

これらの心理機能は、個人が情報をどのように受け取り、処理し、そして世界に対してどのように反応するかを示します。

MBTIでは、これらの心理機能を組み合わせて、16の異なる性格タイプを定義しています。

各性格タイプは、主要機能(ドミナント)、補助機能(オーキシャリー)、第三機能、劣位機能の順に、これらの心理機能を異なる順序で使用します。

例えば、INTJタイプの人は「内向的直感」を主要機能として使用し、これが彼らの直感的な洞察力や将来に対するビジョンを形成します。

補助機能としては「外向的思考」を使用し、論理的で効率的な意思決定を行います。

心理機能とMBTIの関係性を理解することは、自己理解や他者理解を深める上で非常に有用です。

しかし、これらの性格タイプはあくまで傾向を示すものであり、個人の全てを完全には表現していないことを理解することが重要です。

心理機能診断は、自己発見のツールとして活用することができますが、個人差を尊重し、柔軟な思考を持つことが大切です。

【心理機能診断】注意点

心理機能診断を行う際の注意点について述べます。

個人差を尊重する

心理機能診断は、個人の性格を理解するためのツールですが、全ての人が同じパターンに当てはまるわけではありません。個々の独自性と個人差を尊重することが重要です。

診断結果の固定観念に陥らない

診断結果はあくまで傾向を示すものであり、その人の全てを定義するものではありません。結果に固執しすぎず、柔軟な思考を持つことが大切です。

成長と変化を認識する

人は時間と共に成長し変化します。心理機能診断はある時点でのスナップショットであり、変化する可能性があることを理解する必要があります。

ラベリングを避ける

性格タイプをラベルとして使用することは避け、それによって人を制限したり、評価したりすることは避けるべきです。

自己理解のツールとして利用する

心理機能診断は、自己理解を深め、他者との関係を改善するための手がかりを提供するものです。自己発見の一環として活用しましょう。

専門家の意見を求める

心理機能診断の結果について不明瞭な点や疑問がある場合は、専門家の意見を求めることが有効です。

これらの点を念頭に置きながら、心理機能診断を行うことで、より有意義な洞察を得ることができるでしょう。

また、他者とのコミュニケーションや対人関係を改善するための手がかりとしても役立ちます。

心理機能診断を通じて、自分自身や他者との関係をより良いものにする方法を見つけていただければと思います。

【心理機能診断】実際にMBTIをやってみる

MBTIを実際にやってみることは、自己理解を深めるための有益なプロセスです。MBTI診断は、オンラインや書籍、専門家を通じて受けることができます。以下に、MBTI診断を実際に行う際のステップをご紹介します。

信頼できるソースを選ぶ

診断を受ける際は、信頼できるソースを選ぶことが重要です。公式のMBTI診断ツールや、心理学の専門家が推奨するサイトを利用しましょう。

正直に回答する

診断テストでは、多くの質問に答える必要があります。自分自身に正直に、直感的に回答することが大切です。

結果を深く掘り下げる

診断結果が出たら、それを深く掘り下げてみましょう。主要機能や補助機能など、自分の心理機能の傾向を理解することが重要です。

専門家と相談する

より詳細な分析やアドバイスを求める場合は、MBTIの専門家と相談することをお勧めします。

成長のために活用する

MBTIの結果は、自己成長のためのツールとして活用できます。自分の強みを活かし、改善すべき点に取り組むことで、個人的な成長を促進することができます。

MBTI診断を実際にやってみることは、自分自身をより深く理解するための第一歩です。

このプロセスを通じて、自分の性格の特徴や傾向を知り、それを生活や仕事に活かすことができるでしょう。

また、他者との関係を改善するための手がかりとしても役立ちます。

心理機能診断を通じて、自分自身や他者との関係をより良いものにする方法を見つけていただければと思います。

fi 心理機能とは

Fi、または内向的感情とは、MBTI(マイヤーズ・ブリッグス・タイプ・インジケーター)における心理機能の一つで、個人の内面に対して主観的に感情を判断する機能です。この機能は、自分や他人が本当に感じている感情や、表面上は見えにくい深い価値観に気づく能力を持っています。

Fiを持つ人々は、以下のような特徴があります:

  • 自分の感情や価値観に忠実であり、それらを自分の行動や決定に反映させようとします。
  • 他人の感情や価値観を尊重し、親身になって相手に寄り添うことができます。
  • 繊細で思慮深く、相手の言動がその人の内面と一致しているかを敏感に察知します。
  • 個人の信念や道徳に基づいて行動し、一貫性を持って生きることを重視します。

Fiは、ISFPやINFPなどのタイプで主機能として働き、これらのタイプの人々が自分自身や他人との関係をどのように築いていくかに大きな影響を与えます。Fiは、個人の内面の世界を豊かにし、自分や他人の本質的な価値観や感情に深く共感する力を持っています。ただし、Fiが未発達の場合、自分の本当の感情や価値観に気づかず、外の世界に振り回されることもあります。

MBTIの心理機能は、個人の性格を理解するための有用なツールですが、それはあくまで一つの側面に過ぎず、個人の全てを表すものではありません。Fiを含む心理機能を理解することで、自己理解を深め、より充実した人生を送ることができるでしょう。また、心理機能の発達度を測ることで、自分の強みや成長の可能性を知ることができます。

心理機能診断に関する実体験

職場での心理機能診断の実体験についてお話しします。

ある日、私たちのチームはコミュニケーションとチームワークを向上させるために、MBTI心理機能診断を導入することにしました。

全員が診断を受け、その結果を共有するワークショップを開催しました。

最初は皆、自分のタイプを知ることに興味津々でしたが、同時に少し緊張もしていました。

診断結果が出たとき、多様な性格タイプが明らかになり、それぞれの強みと弱みが話し合われました。

例えば、あるメンバーは「INTJ」タイプであり、戦略的思考が得意でしたが、感情表現には苦手意識がありました。

別のメンバーは「ESFP」で、チームのムードメーカーとしての役割を果たしていましたが、計画性に欠けることが時に課題となっていました。

この診断を通じて、私たちは互いの違いを理解し、尊重することの重要性を学びました。

また、個々のメンバーがチームにどのように貢献できるかを再認識する機会となりました。

特に印象的だったのは、異なるタイプのメンバー同士が協力することで、新たなアイデアや解決策が生まれる瞬間でした。

この経験から、私たちは個々の性格の違いを活かしながら、より効果的に協力する方法を見つけることができました。

心理機能診断は、私たちの職場において、自己理解と相互理解を深め、チームとしての成長に大きく寄与しました。

このエピソードは、心理機能診断が個人だけでなく、チーム全体のダイナミクスを理解し、改善するための有効なツールであることを示しています。

それぞれのメンバーが自分の強みを活かし、チームの一員として貢献することの大切さを、私たちは実感しました。

心理機能診断は、私たちの職場におけるコミュニケーションと協力の質を高めるための一歩となりました。ですから、このような診断を通じて、チームワークを促進することをお勧めします。

心理機能診断に関するFAQ

Q.心理機能診断で質問の意味を理解するのが難しい時はどうしたらいいですか?

A. 心理機能診断で質問の意味を理解するのが難しい場合は、以下のステップを試してみてください。

  1. 質問をゆっくりと何度も読む: 時には、質問を何度か読み返すことで、より深い理解が得られることがあります。
  2. 具体例を考える: 抽象的な質問に対しては、自分の経験や具体的な状況を思い浮かべてみると、理解がしやすくなることがあります。
  3. 質問の意図を考える: 質問が何を尋ねているのか、どのような情報を求めているのかを考えてみてください。
  4. 他の資料を参照する: 質問の背景にある理論や概念について、書籍やインターネットで追加の情報を探してみると良いでしょう。
  5. 専門家やコミュニティに相談する: MBTIに関するフォーラムやコミュニティに参加して、他の人の意見や解釈を聞いてみるのも一つの方法です。

心理機能診断は自己理解を深めるためのツールですが、個々の質問がすべての人にとって明確であるとは限りません。質問の意味が不明瞭な場合は、焦らずにじっくりと向き合い、自分なりの解釈を見つけることが大切です。また、心理機能診断の結果はあくまで一つの指標であり、個人の全てを表すものではないため、柔軟な捉え方をすることが推奨されています。

Q.MBTIって当たるんですか?

【MBTI】心理機能診断サイトの見方まとめ完全版と16タイプ性格診断の方法についてまとめ

心理機能診断は、MBTIの理解を深め、自己成長に繋げるための有効なツールです。

この記事を通じて、各タイプの性格診断についての理解を深め、より豊かな人間関係を築くための一助となれば幸いです。

心理機能の知識を活用し、自己理解と他者理解の架け橋としてください。

 

無料書籍でMBTIを知る

【完全版】MBTIとは何か?わかりやすく解説 Kindle Unlimitedへ加入すると、無料で課金せずに、70近いMBTI本やその他漫画雑誌が読み放題!!
※1か月間の無料期間内で解約した場合に限ります。

MBTI性格診断のランキング・あるある

MBTI 性格悪い ランキング MBTI 生きづらさランキング MBTI 性格良いランキング
MBTI 嫌われる ランキング MBTI 怒ると怖い ランキング MBTI 珍しいランキング
MBTI ランキングいろいろ MBTI メンタルランキング MBTI 可愛いランキング

MBTIに関する注目記事

ペルソナ診断 領事館 MBTI INFP-T やばい
INTJ 殺意の目 ISTP 女 特徴 INFJ女性 特徴
ENTP 頭おかしい INFJ-T やばい ESTP 頭おかしい
ABOUT ME
執筆者・監修者
2015年から心理学を学習。心理カウンセラー資格取得。 現在はMBTIについて専門とする「MBTI MAGAZINE」を運営中。 自身のMBTIの診断結果はINFJ(提唱者)